February 29, 2012

2月29日、閏の日に思ったこと。

2012年の2月29日ですね。
閏 ですね。
そんな一日に、ひょっこり時間が生まれました。 
雪で仕事はお昼でおわりました。
そのあと、桜花園行ってタツミさんと陽太と昼の暖をとり、帰ってYEBISU金と白、つまみにイカワタしながらパソコンに向かっています。
これから大切なことをするために、出かけなきゃ!


さて、ピースニックの発表はチェックしていますか?!

すんごいグルグルしてるけど、本気で遊ぶために寝る時間を少なくして、でもなるべくビールは呑めるようにして、
がんばっています。
ぜひ!チェックしては、みんなに教えてあげてください。よろしくね、友よ!

HP → http://peacenic.s-s-d.jp/
Facebook → http://www.facebook.com/Peacenic.festival
Twitter → http://twitter.com/#!/Peacenic2010


今週末は2日からmama!milkさんとの春の三夜ツアーがはじまり、
3日の黄金町nitehi worksさんでのライブは是非です!
とっておきです!

で、翌4日は、茅ヶ崎kiponさんでの一二三ちゃんのライブをブッキングさせてもらいました。
こちらも、ほんとに是非!おすすめです。

で、で、
今晩、ピースニック第三弾の発表なんですが、ちょっと思うことがあって書きます。


ぼくがピースニックを創る上で大切にしていることのひとつに、
作家さん、お店さん、ごはんを作ってくれる人たちとちゃんと向き合うこと。

つまり、生活にかかせないモノを作り続けている人たちを、
疎かにしない、というのがあります。

それがちゃんと伝わっているかどうか、それはもう、それでしかないのですが、
とにかく、そのこと、その人たち、そのモノたちとは、ちゃんと向き合って進めることにしています。
どうしても、雑なところもあってしまってますが、それはご愛嬌で!なんてね。

すこし見方を変えて皮肉っぽく聞こえるかもしれませんが、
ミュージシャンを特別視しない、ということもぼくは否定はしません。
お客さんを呼ぼう、集まろうぜって、声を挙げてくれることに、優劣をつけれないということです。
そこにはピースニックへの想いを感じるからです。


そんなことを思いながら、、
想いを込めて、たくさんのお店やアーティストの参加者を発表することとなりました。

いつもどおり、といえば、そうですが、
でも、ちょっと今回は違かったなぁ、というのが当事者のぼくの感じたことです。

みんながみんな、同じ場所にはいない。

ということを身に染みて感じました。
それはそうです、2011年、あんな大変なことがあったから、それはとても自然なことです。
ひとりひとりに、ぼくは想いを寄せてから、うむん、っと呑み込みました。
みんなの新天地での活躍を願うばかりです。
できたら、またすぐ遊ぼうね!!!っと、ちっちゃくメールしたりもしちゃったけどね。


今晩、ぼくはシタール奏者のひでくんのイベントにデコレーション参加をします。
写真家のマーシーとともに。

でも、シタール奏者のひでくんはその場にはいません。
彼はこの世から旅立ちました。

ぼくは彼と生前、すごく仲が良かったとか、そういうわけではありません。
ぼくは彼を一人のアーティストとして知っていて、彼にとってぼくは一人のオーガナイザーでした。

約束をしたことが忘れられなくて、今日の参加を決めました。

「いつかイベントをやろうね。」

約束を守れなかったことが、訃報を聞いた瞬間から、ひたすら繰り返し後悔しています。

だから今日ぼくは、手に持てるだけのデコレーションを掴んで、デコをさせてもらいます。
今日の機会を作ってくれたchitchatのれいくんに感謝します。

マーシーも同じ想いだと思います。


生きてるうちに、

そんなことはもういやだな。

ピースニックをつづける本当の意味は、こういう一日に強く再確認します。

それでは、いってきまーす!!!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/toto463/52932455