April 21, 2013

「ぼくは染めで絵を描きたいんだ。」Yoguのこと。

598995_340993622683917_1106950492_n



染色家のYoguとは、何度か旅に出たことがある。

旅といっても日帰りか一泊か二日、あとはキャンプをするくらいの小さな旅。
彼の地方への出店や、どなたかのウェディングパーティーのデコレーション、
あとは楽しそうな匂いがプンプンするお祭りごとへ、ぼくらピースニックと合体して彩りをしにいく。

しかしまぁ、どのちいさな旅も、ものすごく印象に残っている。
なんていうか、ぼくら二人でちゃんとしようと思うと、なぜだかうまくいかない。
へらへら、ほいほい、やーやー、あーあー、いよっと!、うんうん、まーまー、よいよい。
とか、そんなぼくらは得意な擬音語を用いて、彼なりの空間を作り上げていく。

電話でのやりとりは、こうだ。
「テンテン?!」
「パリパリ!!!」「やぁ、元気?」

あまりにも準備が段取りどおりうまくいかないので「テンパリーズ」という名前を自分たちにつけた。
(ちなみにメンバーはもうひとり、奈良のめぐちゃん(一二三)も。)

という、珍道中を共にする友の話し。

:::::

そんなYoguが、魔法展ツアーに出るという。

それは楽しいね、何か創って持って行くよ。また遊べるね、おっけー!

ぼくらは、ヘンテコな人形をYogu染めの生地を使って創ることにした。
仕事を終えた平日の夜、リュックに生地と綿をパンパンに詰めて、
以前彼の住んでいた海沿いの町を自転車漕ぎ、ポツポツ集まった。
今、彼は南の島に引っ越しているけど、
彼の人柄か、今日までのアート活動の賜物か、なんだかみんな気持ちよく率先して協力しては笑顔で創ってくれた。
彼はこのちいさな海の町で染め続けていたんだもんね、そりゃね。

Yoguの魔法展ツアーは、兵庫からはじまり浜松へ、そして東京を辿っている。
どこもへんてこな感想に溢れている。
つまり、大成功だってことなんだと思う。

明後日、4/23-30まで、
東京は三宿のMiTHiN(ミシン)というトラットリアレストランをフルに使って展示が始まります。

ぼくたちの宇宙を創ろう!そんな意気込みです。

ぜひ、ほんとうにぜひ見てほしいので、いらしてください。
圧倒的なセンスのアパレルブランド「ひひひ」もやってくるよ!


:::::::

Yoguの驚くべきところはお客さんとのやりとりにあったりする。
(彼は客とは捉えず、友だと思っていると思うけど。)

「うーん、うーん、そうですね、似合わないですね!笑」
と言ってみたり、
「なんでしたっけ?!」と色々話したあとに、けろりと言ってのける。 

一人一人に対する接客時間の長さは、どの作り手よりも一番長い。
(これはぼくがフェスで出店管理などをした経験から言っても圧倒的に。)
とにかく、長い。おわらない感じがずっとつづいている。迷路のような。
それに、お客さんもすごい。

彼は洋服を染めては売って、だいたい暮らしている。
それでいて、オーダー待ちのお客さんは、時に二年待っていたりする。
染めて送ってしまえばいいのに、ってみんな思ってるけど、彼はそうしたりはしない。
時が熟したときに、これ!っていう染めの魔法をかけて、
とっておきのあなたに届ける。

Yoguくんから届いたよー!
とっておきの笑顔の友だちを知っている。

彼とお客さんとの話しの中で印象的な言葉がある。


「ぼくは染めで、絵を描きたいんです。」

彼は学生時代には絵を描いていたらしい。
それからペンを染めに持ち替えて、アート活動を続けている。

ひょんなことから、彼の初期作品のタペストリー(染め生地)がうちのリビングに飾ってある。
それはドギツイ色合いの茶緑とピンクで構成された、暗闇に咲き暴れる花が、途方もないパワーによってちぎれたような、
そんな作品で、つまり、きれいだけど美しくはない一枚。
葛藤といえば、他人事のようだけど、Yoguのその時代の作品。


Yoguは今、染めで子どもたちの顔を描いているんだと思う。

ひとりひとり、ばらばらの、愉快で笑ってもう!
そんな顔を描いている。

南の島の家族と仲間たちとの生き方と、
ずっと持ち続けている「絵」への探究心。


すごい展覧会になりそうで、ぼくはテンテン?!と電話をもらってから今日までずっと、
グルグルしてはパリパリしつづけている。

そういえば、このまえぼくが「やぁ元気? 」といったら、

「まっほー!!!」

って返事がきたよ。


「YES!まっほー!!!」
by まっほーくん


399914_10201125096795800_2104215774_n

::::::

Yoguの♪☆魔法展☆♪TOUR

4/23(火)〜30(火)
@MiSHiN
☆ひひひ☆も展示会も同時開催!!

trattoria & cafe MiSHiN

154-0002
東京都世田谷区下馬1-37-7 1F/2F
03-5787-5990

4/30は☆クロージングパーティ☆
☆魔法祭☆@MiSHiN17:00ごろ〜

LIVE Koshino Ryuta(らぞく/(仮)ALBATRUS)&specialguest

びっくりDJ 骨山きし夢

facebook https://www.facebook.com/trattoriamishin?ref=hl


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/toto463/53045197