ととろぐ

仙台のラーメン大好き人間、toto郎のあっちこっち食べある記

福島県北部の、伊達市、伊達郡でお仕事でした。
image


遅いお昼に、新しく開店したらしい、新生どさん子の桑折店で金練りをいただきました。

白石のお店で、赤、白、金といただきましたが、それ以外の新生どさん子のお店は初めてです。

金練りのウリの濃厚な味噌スープは、熱々で、芳醇な味噌の香りが食欲をそそります。

むっちりした食感の太い平打ち麺は、スープに絡んで美味い!です。

店の特徴がでると思われるチャーシューは、肉の旨味たっぷりの炙りチャーシューです。
野菜もしゃきしゃきで美味いスープとの組み合わせも絶妙です。

店ごとのばらつきもあるでしょうが、新生どさん子は、イケテるんじゃないでしょうか。(^w^)

会社の帰りに、ラーメンを食べて来ました。
image

気になっていたお店、味噌ラーメン専門店の味噌三礎で、黒味噌ラーメンをいただきました。

スープは濃厚な味噌味にマー油で更にコクが深まる構成です。
山椒と思われる香りが味を引き締めます。

麺は、キュっとした食感のもちもちの中太麺。
太過ぎないこの麺が、濃いめのスープに負けずに存在感を発揮しています。

シャキシャキ野菜もスープの味わいを楽しませてくれます。

また食べたいと思わせる、奇をてらわない実直な作りが印象的な一杯でした。

ニョーボが鹿島台のデリシャストマトを買いたいというので、ちょいとひとっ走りです。

お昼に鹿島台に到着したので、以前ランチがすごく美味しかったレイナマリアに再訪問です。
今回もデザート付きの、パスタのランチをいただきました。
僕はまたまた牡蠣のクリームソースパスタですが、今回のランチパスタはキノコとの組み合わせでした。
image

クリームソースには、牡蠣の旨味がたっぷり溶け込んでいて、あっつあつの茹で揚げパスタに絡んで、めちゃくちゃ美味いです。(^o^)v

パスタの前に、自家製のパンと、サラダ、パンプキンスープです。
image


こちらはデザート。
期間限定バレンタインスペシャルだそうです。
選べるケーキは、チーズケーキ。
image


ガテマラの本日のコーヒーも美味しいです。
image


鹿島台に来た目的が、ホントはトマトよりもこっちだったの?ってほどの満足感でした。

新潟市に宿をとったので、晩御飯は新潟のラーメンです。
久しぶりの新潟で、しかも新潟市のお店の情報は不覚にも調べてなかったです。
行き当たりばったりで、煮干し中華そばの店を見つけて入りました。
image

家族連れが安心して食べられるお店、という感じで、小さなお子さんを連れたファミリーが来ています。

デフォルトの煮干し中華そばにしたんですが、スープはかなり熱めです。
それでいて、煮干しの味わいがガツンと来ます。
食感の良い中太麺は、熱々の煮干しスープに良く合います。

煮干しがいい感じに前面に出て、それでいて極端なクセのない一杯は、美味いです。

新潟県で美味いラーメンに出会えて嬉しい出張になりました。(^_^)v

新潟県の新発田市でお仕事1日目です。
大雪も心配でしたか、この時期には珍しい雨でした。
新発田市の人気店、ちゅんりというお店で、お昼です。
image

鶏白湯の塩味のラーメンです。
鶏の味は濃厚ですが、臭みは全くありません。
上品な旨味たっぷりの白湯スープは、何度もすすってしまいます。

麺は中太というよりは少し細め。
歯ごたえも秀逸で、美味いスープに良く絡みます。

チャーシューは味付けが薄味で、その分肉の味わいがストレートに出ています。
ラーメンには珍しい、細かなあられのトッピングも楽しめます。。

ともすると、味が濃かったり、くどくなりがちな白湯スープのラーメンですが、こちらの白湯スープは味わいしっかり、味付けは薄く、という感じで、美味い!という一言では表現しきれない一杯でした。

年末にアゴ出汁の醤油ラーメンを食べて、美味しかったゴッツで、今度は牛骨出汁のみそタンメンをいただきました。
味噌に限らず、牛骨のラーメンは初のチャレンジです。
image

辛味の味噌ラーメンが、券売機で誘惑しますが、まずは牛骨スープをデフォルトでいただくために、タンメンをいただくことにしました。

スープをすすると、魚介系とも豚骨系とも、鶏系とも違う味わいに襲われます。
しっかりと した旨味ながら 、更に強い個性を主張しています。
独特の強さと奥深さを感じるスープで、何度もすすってしまいます。

モヤシだけではないシャキシャキ野菜の下から出てきた麺は、縮れ中太麺。
しなやか さとコシがある麺は、独特なスープによくからんで口の中に飛び込んで来ます。

チャーシューも赤身ながらほろほろと解ける柔らかさながら、旨味と八角香りが豊かな優れもの。

オーソドックスな味噌ラーメンのようですが、しっかり新しいトレンドを主張する一杯です。

牛骨の旨味がしっかりと支える、味噌ラーメンに辛味が加わったらどんなラーメンになるのか、次は辛味噌系にチャレンジしてみたいと思ってしまいます。

大崎市でお仕事、2日目。
気になるお店の「麺屋奏」にお初で行ってみました。
濃厚鶏そばをいただきます。
image

小さめのどんぶりになみなみ盛られて登場です。
麺が200gというメニュー記載なので、これは意外なビジュアルです。

背脂が浮かぶスープをすすると、まさに濃厚な「鶏!」です。
トロリとしたスープは鶏そのもの、という鶏味です。

そして麺は、太いストレート麺。
となりの先客の豚そばを見ていたら、極太麺だったので、どんな麺かなと、ワクワクして待っていたのですが、違う麺ながら、かなりの太麺で、コシも強めです。

香ばしく炙られたチャーシューも、デカイです。
しかも、美味い!

黄身とろとろの味玉も優れもの。

古川のニューウェーブのお店として注目度が高いようですが、この一杯はタダモノでは無いことをしっかりとアピールしています。

あっさり系のメニューもおおいに気になるお店です。

大崎市でお仕事でした。
大崎市古川と言ったら富士屋!です。
いつもはラーメン大盛りばかり食べてましたが、今回は入店客のほとんどが食べているワンタンメンにしてみました。
会社でも、毎日カップのワンタンを食べるヤツがいるので、ヒトが食べてるのを見ると食べてみたくなる、というのもあります。
image

え?大盛り?というボリュームで登場です。

スープはあっさり中華そばの典型、とも言える旨味と醤油の絶妙なバランスの美味いスープ。
麺は細めのツルツル麺。
チャーシューも適度に味が染みたロース系の肉感タップリのもの。
噛むほどに旨味が広がり、すかさずスープをすすると、ラーメンを食べる幸せを感じます。

それにプラスして魅力的なのがタップリのワンタン。
ちゅるんとした皮に具の旨味に絶品スープの味が加わって、まさに「雲を呑む」口福感。
人気なのも納得ですね。

ワンタンメンに対する印象が変わる一杯でした(^_^)v

3連休に、味噌ラーメンが食べたくて、あるお店に行ってみたもののお休みでした。

それじゃ、ってことで次の店に行ってみたものの、こっちもお休み。

ということで、遠出することになりましたが、園芸センターの「仙台とんこつラーメン」を謳う、こちら、一番堂まで来ちゃいました。
太麺でとんこつラーメンが楽しめるこのお店で、気になる「味噌」をいただきました。
image

園芸センターの食堂?のような立地ですが、提供されるのは、まさに「仙台とんこつ」を名乗るのに恥じない「本格家系」ラーメンです。
今回は味噌にチャレンジです。

前回の黒ラーメンとは違って、辛味噌が添えられて登場です。
トロリとした味噌スープが美味いです。( ^ω^ )

太麺がスープに絡んで、これまた美味い!

バラチャーシューもトロトロで、仙台雪菜のトッピングが絶妙です。
お店では謳っていないんですが、まさに家系を彷彿とさせる海苔トッピングに、ごはんが無料サービスということは、この海苔でごはんをたくさんいただける、家系ラーメンのお楽しみが堪能できます。
(僕には、ラーメンだけで充分ですが)

広い店内、駐車場、4時までの営業時間というごはん無料サービスの家系ラーメンのお店は、外回りで頑張る営業マンにはありがたいお店だと思います。

応援したいお店です。(^_^)v

遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年も、みなさまにとって良い年でありますよう、お祈り申し上げます。

image

遅ればせながら、初詣に塩釜神社へ行きました。

塩釜のお楽しみ、といったら海鮮なんですが、今年は「塩竈まぐろ直売・食堂」の営業時間内に間に合ったので、仲買丼をいただきました。

新鮮な生まぐろの刺身とすき身、イクラがほかほかのご飯にのっています。

こちらはニョーボが食べた二色丼です。
image

生まぐろ刺身と、中トロの炙りがのっています。

わさびを醤油に溶いて、かけまわしていただきました。

まぐろのお吸い物も付いて、780円はあいかわらずのコスパです。

お土産にまぐろの刺身を買って帰って、義母とムスコ小toto郎にも味あわせてあげました。

忘年会の翌日のあっさりラーメン。
ラーメンWalkerに気になるお店が出ていたのを思い出して、行きました。

仙台大学の近くの新店、GOTTSU(?)というお店。
image

トビウオの焼き干し、アゴで出汁を取ったという「しょうゆラーメン」をいただきました。
(前夜のシメもアゴ出汁だったのですが…)

円錐状の底の深い丼で登場です。
スープをすすると芳醇な出汁の香り。
疲れた胃に優しく染み渡ります。

麺は細めながらシットリしっかりした歯応えが楽しいストレート。
澄んだスープとの組み合わせはこの手のラーメンの王道です。

さっぱりしていながら、旨味が豊かで、麺、スープと、どんどん食べ進んでしまいます。
美味い!

味噌ラーメンは牛骨出汁らしいので、近いうちに再訪したいお店を見つけました。

image

登米市でお仕事2日目。
以前、登米に来たときには良く食べていた、味よしで、五目堅やきそばをいただきました。

こんなにボリュームあったっけ?って言うほどの、たっぷりアンがパリパリの揚げ太麺にかかっていますよ!

あっつあつのしゃきしゃき野菜と豚肉、エビ、イカ。

パリパリの麺が、食べ進んでいくうちに、アンを吸って柔らかな食感に変化するるのも楽しめる一品です。(^o^)v

付け合わせのスープがしょっぱく感じるほど、あっさりめのアンは、どんどん食べ進んじゃいます。

完食すると、満足満腹です。

また食べたいけど、なかなか来る機会がないというのが、残念な登米市です。

今年もやたら風邪をひいたtoto郎でした。
「食べる風邪薬」として食べる機会が多かったのが、味噌ラーメンでした。

今年初めに食べた、こちらが味噌ラーメンの年を象徴することになりました。
image

「麺屋しょうみん」の味噌ラーメン 。
西山製麺と自家製麺の2麺から選べちゃうんですが、後で 食べた自家が美味かった。

image

角田の「たら福」の辛味噌ラーメン。
店構えからインパクトがありましたが、この一杯には驚きました。

image

「中華そば中々」の黒味噌ラーメンも美味かったです。

味噌ラーメンに関してはまだまだMIRはありますが、また来年にも引き続き再食していきたいと、思います。

そして驚きの一杯はこちら。
image

水戸で食べた、とろろをトッピングした「横浜家系ラーメン匠家」のラーメン。
仙台ではありえない組み合わせでしたが、今年、出張して食べられる県外のラーメンとして忘れられない一杯になりました。

今年も美味しいラーメンに出会えて幸せな一年になりました。
あっさり系が主流の食べ歩きでしたが、この傾向は更に進みそうです。
来年も楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします。(^O^)/