ととろぐ

仙台のラーメン大好き人間、toto郎のあっちこっち食べある記

三連休に、天使のいる浜松に来ています。
image

以前から天使のママがお薦めのお店でしたが、ケンミンショーにも登場して、ママのお薦めにしたがって今回遅ればせながら初入店です。(^o^)v

日曜日の5時半の入店でも、40分待ち!
それにもめげずに、食べました!
もちろん、げんこつハンバーグです!

登場のビジュアルもインパクトありますが、お店のスタッフによる半分カットパフォーマンスも圧巻です!
image

中は赤身が残ったレアな牛100%繋ぎ無しのハンバーグを 半分にして、あっつアツの鉄板にぎゅうって押し付けて、熱を通します。
image

繋ぎ無しで、赤身が残ったハンバーグでしたが、ミディアムレアながら、旨味たっぷりで、未だかつてない激うまハンバーグをいただきました。
(^o^)v
これは、大行列も納得の美味さです。

食事中に天使にグズられて、どうなるかと思いましたが、お店のスタッフさんたちの対応も良く、最後まで気持ち良く食事を楽しめました。

また、浜松に来たら、絶対もう一度来たいお店でした。(*^^*)

三連休に天使に会いに浜松に走るtoto郎。
佐野サービスエリアで、休憩です。
佐野のサービスエリアには、もちろん佐野ラーメンがあるわけで、食べずには素通りできないワケで・・・
image

当然、いただきました。(^o^)v

オーソドックスな佐野ラーメン。
あっさりめのスープに、手打ち平打ち縮れ麺は絶品です。
生姜と間違えておろしニンニクを入れちゃいましてが、美味しくいただきました。(^o^)v

この日は蔵王町と白石市の仕事でした。
まともな時間にお昼を食べ損ねて、昼からの通し営業で、外回りの営業マンには大いに助かる「どさん子白石店」で、前々から気になる存在の「塩バターラーメン」です。
image

予想通りに、あっさりながらしっかりした旨味にバターの風味が加わり激うまです!

コストパフォーマンスもですが、こういうトラディショナルなラーメンが健在だということに大きな意味があると、思うtoto郎なのであります。

今日は、仙南でプチ仕事。
かねてより行ってみたかった千寿庵というお蕎麦屋さんへ。
「田舎の蕎麦処」と自ら謳うだけあって、農家の自宅に店を開いている、というお店です、
地場産の蕎麦を使ってこだわりの蕎麦を提供しているようです
その極みと思われる「十割蕎麦」をいただきました。
image

出てきたのは、驚愕の「極太」、いや「超極太」の蕎麦です。
image

割りばしの太さ、とは伺ってましたか、それはきっと茹でる前の話でしょう。
toto郎史上最太の蕎麦です。(^o^;)
麺というよりスティック?とても「すする」ことは不可能です。
この蕎麦をすすって食べられるのはダイソンの掃除機なみの吸引力を持っている人でしょう。
並みの人類の僕は、ひたすら1本ずつモグモグといただきますが、この食感と風味が病み付きになります。

昔、ひとりでクルマで放浪して、「ひとりの時間」を楽しんでいた頃、青森の十三湖の近くで「しじみラーメン」を出しているお店を目指したことがありました。
男鹿半島の突端で前泊して、朝出発したものの、結局営業時間に間に合わず食べられなかったのが、いまだに心残りでした。
今日は仕事で秋田市に行ってました。
秋田で、シジミラーメンを出しているお店を見つけて、超遅いお昼にいただきました。
image

たっぷりのシジミはスープに沈んで黒い影として写っていますが、その存在は味にしっかり出ています。
出汁はマグロだそうですが、シジミの旨味との相性が良く、あっさりした塩味が双方の味わいを引き立てています。
麺は固めの食感の細麺。
これまた、スープに良く合います。

「二日酔いの強い味方」みたいなウリ文句ですが、仙台にあったら助かるヒトも少なくないでしょう。
正直、仙台にも絶対あって欲しいお店だと思うtoto郎なのでした。

風邪対策第二弾。
今度は、最近のお気に入り、「どさん子」の「新生味噌ラーメン」です。
「金練」「赤練」「白練」の3種類を一通り食べたので、「金練」に戻ります。
小ぶりな丼とでっかいレンゲがアンバランスなビジュアルですが、この小ぶりさが、まざに適量です。
image

スープは、しっかり味噌が主張しながらも、しょっぱさは抑えられています。
多すぎない野菜も良い感じです。

新しい麺は、コシ太さともに僕の好みのドツボです。

ニンニクとショウガをたっぷり入れさせていただき、風邪の野郎に一撃を食らわせてやりました。

先週風邪をひいちゃいました。
今回の風邪は自己管理がちゃんとできれば避けられたので、おおいに反省しなければなりません。

でもひいちゃった風邪を治すにには、まずは病院。
そして、toto郎的特効薬、味噌ラーメンです。
「うんじゃらげ」で、「とんこつ辛味噌」を太麺大盛りに。
image

にんにくもたっぷり入れさせてもらいました。
辛すぎない辛味噌と、しつこすぎない豚骨のスープに、この店の太麺はよく合います。

半分も食べ進むと、汗がじとっと出てきます。
喉もすっきりして、やっぱり風邪をひいたら味噌ラーメン!ですよ。

image

ソフトクリームでは物足りないので、ラーメンを食べることに。

偶然、美味しそうなお店を見つけたので、入ってみました。

冷やしラーメンが食べたくなる陽気だったので、中華そばが看板メニューのこのお店で、冷たいラーメンをいただきました。

油っけがまったく無い澄んだスープは、あっさりとしながら鶏と昆布と思われる出汁が効いていて美味いです!
すっきりあっさりなスープに、適度なコシのある細麺は米沢ラーメンらしい縮れがあり、スープをまとって美味いです!

チャーシューは脂身が無く肉の質感をしっかり保ちながら、冷たいスープに良く合います。

山形の冷やしラーメンは、やっぱり美味い!です。

気晴らしに、ちょっと山越えドライブしてきました。
久しぶりに山形の高畠ワイナリーへ。
すごい人出、僕らは何か食べたかったのですが、腹の足しになりそうな出店は無し。

暑かったので、ソフトクリームを・・・。
さくらんぼの佐藤錦入りのソフトがこれ。
image

ニョーボは、ワイン「まほろばの貴婦人」入りのソフトです。
image

美味しくいただきました。

image

仙台駅でやってる南東北フェアで売っていたカレーパンを買ってみました。
以前、銀山温泉には立ち寄ったことがありましたが、その時は気がつかなかったのですが、すごい人気のようで僕が仕事帰りに通りがかると、売り切れていたのですが、この日は帰りがはやかったので、何個か残っていました。

カツカレーのパンなんて珍しいので、思わず購入して、帰りのバスの中でいただきました。

image

こんな袋がおしゃれです。

もっちりしたパンの中にカツカレーが入っています。

カレーではなく、カツカレーって所が贅沢です。
ちょっとリッチなカレーパンですね。
(^ー^)ノ

白石でお仕事でした。
味噌ラーメンの気分なので、新生どさん子の残りひとつのメニュー、白練に挑戦です。
白練にしようと思っていたら、会計している先客が、白練バターコーンを支払っているのが聞こえてきて、ついこちらも、バターコーンをオーダーしてしまったのでした。
image

生姜をちょこんとトッピングされていて、これがいい感じて効いています。

白味噌のスープは、あっさり目。
生姜が溶けると白味噌に刺激が加わり、深みが増します。

麺は中太の程よい縮れ麺で、いい塩梅のコシで食感、のど越しが良いです。
この太さの麺では、まさに僕の好み。
美味いです。
昔、第6ススキノで、味噌ラーメンを食べていた頃の懐かしいバターコーンです。
北海道出身の同級生は、これにラー油をドバがけして、見てビックリしている僕らに、
「これが、北海道流だよ!」
と、うそぶいていたのを思い出す。

なんて、思って、隣の客が食べているのをチラ見していたら、ラー油をドバがけ、その上酢をドバドバ、見ていて、嘘だろーと思っていたら、その上山椒をパラパラではなく、中蓋まで外して、これもドバドバがけ・・・。
どんな味になっているんだろう、こいつの味覚は大丈夫か?
ヒトの好みなんて千差万別、他人がなんだかんだと言うべきものではないにしろ、ビックリしてしまった。

昔懐かしさを感じさせるラーメンを食べながら、昔見たショッキングな食べ方を思い出すtoto郎なのでした。

夏を思わせる暑い日でしたが、松島に行ってました。みました。
震災後の閑散とした松島も、すっかり賑わいを取り戻しています。
たいかん亭の洋食、玉屋でランチをいただきました。
image

落ち着いた店内で、ホテルクオリティのランチ、美味しくいただきました。

登米市でお仕事2日目。
またまたラーメンを食べてしまうtoto郎です。
image

紺のれんというお店で、イチオシというねぎ豚ラーメンを。


メニューの写真では、かなりボリュームがあるように見えたのですが・・・(^o^;)

中太麺をチョイスしましたが、どちらかというと細めの麺でした。
細麺はもっと細いということでしょう。
昨日のチャグチャグ宝介の麺に似ています。
登米の皆さんの好みを反映しているのかな?
登米で以前に食べた時も、太麺にはお目にかかりませんでしたが。

それでも、こってりめのスープにも負けない個性はあります。
とろとろのバラのチャーシューもスープに絡んで美味いです。



昨日から、仙台では余りお目にかからないラーメンに出会えて幸せを噛みしめるtoto郎でした。