ととろぐ

仙台のラーメン大好き人間、toto郎のあっちこっち食べある記

極太麺の味噌ラーメンが食べたくなって、久しぶりに麺屋恵比寿へ。
人気No.1で、店長お薦めの、辛味噌ラーメン辛さ3倍をいただきました。
image

見た目、結構辛そうなスープをすすると、辛さよりも味噌と出汁の旨味が広がります。
3倍という辛さは、この旨味を引き締めるため?という感じで、ビリビリするような辛いラーメンではないです。
辛さを前面に出しているラーメンを期待すると、拍子抜けするかもしれないですが、僕はこのスープ、気に入りました。
美味い!と思います。

麺は、ムチムチの極太麺。
以前はこの麺を中盛(大盛り)で楽しんだものでしたが、最近は普通盛りで十分になってしまったtoto郎です。
一抹の寂しさはあるものの、適量で楽しむ事に慣れて来ました。
その分、しっかり味わって食べることができて来たかな、と思います。
だからこそ、この美味い麺に愛おしさを感じながら食べられると言うものです。

「特製」のトッピングはチャーシュー、味玉ですが、これまた美味いです。
こちらも相変わらず!です。

たっぷりのもやしも、味が浸みたシャキシャキ熱々。
昔はそんなに入れるの?と思ったものですが、最近のドカ盛りの「アレ系」のラーメンが来たので、常識的な盛りに思えるようになりました。

アツアツ、ウマウマの一杯で、大満足のtoto郎なのでした。(^ν^)

秋田県の大館市に出張しました。
雪が降るなか、お昼にラーメンです。

あさりというお店で、煮干中華をいただきました。
image

丁寧に仕込まれたのがわかる、えぐみのないスープ。
何度もすすってしまいます。

麺は中太で、食感がいいストレート麺。
スープとの組み合わせがいいです。

濃厚な煮干のコクを楽しみながら、あっという間に完食でした。

大崎市鹿島台に出かけました。
お昼に、ずっと気になっていたお店で、ランチをいただきました。
町外れにあるカフェ、レイナマリアというお店でした。
ランチのコースで、パスタを。
スープとサラダです。
野菜の旨味が豊かなミネストローネでした。
image


こちらはパスタ。
牡蠣とほうれん草のクリームパスタです。
image

ぷりぷりの牡蠣と、牡蠣の旨味が溶け込んだクリームソースがめちゃくちゃ美味いです。

組み合わせが選べるデザートの2種盛り合わせ。
image

ガトーショコラとキャラメルアイスをいただきました。
単品で頼んだら400円とかの、しっかりしたケーキですが、小さくカットはしてありますが、食後にいただくデザートとしては、質の高さで大満足です。

ランチの価格で、この内容は、凄いコスパです。
ここまで来た甲斐がある、というものでしょう。(^o^)v

風邪がいつまでも跡をひいてます。
最近かかりやすくて、なかなか治らないという、流行にはいち早く反応し、どっぷり浸かるタイプになってます。
(´・ω・`)

そんなんで、またまた食べる風邪薬です。
治らないので、効いてないとも思われるのですが、「いや、病は気からだ!」などと意味不明なこじつけで、また食べちゃいます。

年に一度は無性に食べたくなる、キツーい一杯、麺屋八の味噌ラーメンです。
今回は、なんと、辛味噌までつけちゃいました。
image

この味噌ラーメン、見た目とは裏腹に、結構キツイです。
スープをすすると、超濃厚です。
その上山椒と思われる痺れる刺激があります。
あれ、前よりきつくなってない?これ?

さすがに卓上のポットに入った割スープをつぎたしました。

麺は自家製の太縮れ麺。
食感、味わいは秀逸で、痺れるスープに負けない個性を発揮します。

辛味噌を投入すると、辛シビ濃厚味噌ラーメンになり、キツさが強烈になります。

汗だくになりながら完食すると、風邪に効いたようなキモチになります。

辛くて痺れるラーメン、他にもあったな、などと、また他の店も思い出しちゃうtoto郎、まな風邪にかこつけて食べる魂胆なのであります。

なかなか風邪が治りません。(T_T)
日曜日のお昼に、一人で抜け出して、食べる風邪薬を食べに出かけました。(^w^)
image

角田市に、気になるお店があるので行きました。
予想に反して、びっくりするほど小さなお店でしたが、この辛味噌ラーメンもびっくりする美味さでした。


辛味噌がトッピング されたり、ラー油がかかっているのではなく、唐辛子がまぶされているビジュアルにも、新鮮な驚きです。

スープはそれほど辛くは感じないのですが、食べ進むと、汗が吹き出します。
麺は、札幌系特有のむっちりした黄色い中太縮れ麺。
この食感は大好きです。

失礼ながら、店構えを凌駕する美味さでした。

こん次は、普通の味噌ラーメンにしてみたいお店でした。(^-^)v

image

風邪ひいちゃいました。(^o^;)

病院に行って、帰りに食べる風邪薬、味噌ラーメンを。

白石では珍しい札幌系のお店、「すすきの一番」で、一番の人気という辛味噌ラーメンをいただきました。

味噌ラーメンとしてオーソドックスなビジュアルです。

辛味噌を溶かす前のスープは、今の基準としたらあっさりめ。
しかし旨味はしっかり出ています。

麺は、最近の味噌ラーメンとしては細めの、黄色みがかった緩い縮れ麺。
スープとのバランスが良いので、美味しくいただけます。

いよいよ辛味噌を溶かすと、辛味と共にニンニクも香り、更に食欲をそそります。
昔、札幌で食べた、美味い味噌ラーメンを思い出させてくれます。

トッピングは、多過ぎないモヤシ、でかいキクラゲ、濃いめな味付けのチャーシュー。
初めて食べるのに、何故か郷愁を感じさせる味噌ラーメンです。

考えてみれば、最近はこういう味噌ラーメンが逆に少なくなっているような気がします。

他に、ジャガバター塩ラーメンなどがラインナップされ、北海道色を強く感じさせます。

余談ですが、ここのご店主は、かなりの矢沢永吉ファンらしく、前面にアピールしてます。
矢沢ファンって、ことさらにアピールする傾向が強いですよね。
クルマやいろんなところにステッカー貼っちゃったり、して。
他のアーティストのファンとは、その辺が違うところですが、最近は、矢沢永吉本人がテレビに良く出ているので、昔と違って余り違和感を感じなくなっちゃいました。(^w^)

義母を連れて紅葉狩に出かけました。
人気は鳴子のようですが、以前チャレンジして、紅葉にたどり着く前に、ものすごい渋滞に敵前逃亡した経験もあり、足が痛い義母には、クルマから降りて歩くのも苦になるので、高速山形道を走って車窓からの紅葉狩でした。
山形、尾花沢から加美町へ抜ける峠道もきれいな紅葉を楽しめました。

せっかく加美町に来たので、美味しいラーメンが食べたいというご希望に応えて、麺屋齋虎に。

義母とニョーボには、鶏が効いた醤油ラーメン。
僕は限定のもち豚野菜味噌ラーメンを。
image

スープは、どちらかというと、あっさりめ。
もち豚のバラ肉としゃきしゃき野菜がたっぷりのってます。

麺は太めの縮れ麺。
塩や醤油の麺とは違う麺ですが、これはこれで美味いです。(^o^)v

鶏の旨味が効いた醤油ラーメンは、義母にもニョーボにも大好評でした。

してやったり❗のtoto郎でした。

水戸でラーメン三昧だったので、蕎麦が食べたくなりました。

岩沼の萬之助で、早目のお昼です。
昼を過ぎるとめちゃめちゃ混んじゃうので、この時間の入店でラッキーでした。
image

僕は20食限定という十割蕎麦。

ニョーボは、ゲソ板でした。
image

ゲソ天はシェアしていただきました。


十割蕎麦は、蕎麦の甘い風味が楽しめる、思ったより固くない食感です。
良い感じです。

ニョーボの板そはの方がガッチリした食感で、コシがあります。
何割か入っているであろう繋ぎの小麦粉から出るコシなんだと思います、

十割のほうが固いとの予想は見事に覆されましたが、どちらも美味しくいただきました。
(^o^)v

水戸からの帰り道、お腹が空いたので、磐越道の阿武隈高原SAに立ち寄りました。

軽くパンでも、と思っていたのですが、喜多方焼き味噌ラーメンなんて見つけてしまったので・・・(^_^;)
image

スープをすすると、味噌のコクを感じますが、「焼き」で出てるのかは普通の味噌ラーメンと食べ比べていないので、わかりません。

麺は太めの平打ち麺。
水戸のラーメンを散々食べて来たので、食感は柔らかく感じますが、こちらは喜多方ラーメンの味なのでしょうね。

ワカメがトッピングされていて、なんとなく味噌汁感が強くなりますが、東北の味噌ラーメン!って感じで、「ただいま〜。」感を演出します。

茨城と福島、隣の県なんですが、ことラーメンには違う個性、お国柄を感じます。
2日の間に4食のラーメンを楽しんだtoto郎でした。(*^^*)

水戸出張の2日めのお昼です。

何か憑かれたようにラーメン食べまくりのtoto郎ですが、水戸に来てる時しか、水戸のラーメンは食べられないのですから、いつ食べるの?今でしょ!!( ゜o゜)ってことで、こんどは、中華そばのお店を見つけたので・・・。( ^ω^ )
image

スープは、出汁がしっかり効いた醤油の切れ味が美味い、まさに中華そばのお手本のようなスープ。

麺はキュッとした歯応えが嬉しい、中華そばとしては太めの中太麺。
美味いです。

ありがちな中華そばですが、今まで食べてきた中華そばとはひと際違います。

水戸でのラーメン、どこも麺が個性的で、僕の好みの固めの食感というのが共通する点でした。
違うタイプのラーメンを食べても、三者三様で美味かったです。

水戸でのラーメン三昧、楽しませてもらいました。

水戸に出張でした。

水戸駅前の、あじ平で、味噌ラーメンで晩御飯です。
image

ずいぶん前に食べたのですが、うまかった記憶がありました。
その時食べた味噌ラーメンを、またいただきました。

濃いめの味わいのスープに、食感が固めの中太麺が美味いです。

ニンニクがたっぷり入った餃子をテイクアウトして、ホテルでつまみにして呑みました。

美味くて、つい呑み過ぎちゃいました。
(^o^;)

水戸出張の初日のお昼に通りがかった、横浜家系のお店に。
水戸なら、スタミナラーメンが名物ご当地ラーメンでしょうが、美味い家系もしばらくご無沙汰なので。(^w^)
そこで目に付いたのが、家系ラーメンに、なんと、とろろがトッピング!
普通のラーメンにとろろがのってるのだって見たことがないのに、家系にとろろですと?!
これは食べてみるしかないですよ。

いつ食べるの?今でしょ!!( ゜o゜)

てことで、これです!
image

当たり前ですが、ホントに家系にとろろがのってます。
スープは、まさに家系。
そこに、丁寧に摺られたふわっふわのとろろ。
合うのでしょうか?
スープととろろを一緒にすくってすすってみると・・・

合うんです!( ̄0 ̄;
これは、水戸ならではの家系ラーメンですよ。
こってりした家系のスープにとろろが合うなんて、驚きです‼

固めで頼んだ麺は、まさに僕好み。
とろろを絡めてすすると、初めてのコラボながら、絶妙な美味さです。

良い経験をさせてもらいました。

出張の前の夜は、寄り道してラーメンを食べて帰りました。
その存在は気になりながら、何故か食べに行ったことがなかった、麺喰へ。
image

激戦区愛子にあって、個性を醸し出すこのお店で、味噌ラーメンをいただきました。

スープはこく深く、出汁の旨味が味噌とガッツリタッグを組んでいます。
麺は手打ちらしく、太さにばらつきがある太めの平打ち麺。
味噌スープに良く合います。
店名から、麺がウリらしいのは明白ですが、驚きはチャーシューです。
分厚く柔らかなチャーシューは優れものです。

辛味噌も付いてきて、たっぷりと投入すると、味わいが一変して、一杯で二度美味しい!です。

激戦区で勝負できているのは、訳があり!と実感です。