ととろぐ

仙台のラーメン大好き人間、toto郎のあっちこっち食べある記

またまた利府町の中華そばです。
なんとあの伊藤商店が、利府にも出店しています。

しかも、利府町で有名な行列店が2店もすぐそこにある、激戦地帯ですよ。

伊藤商店と言えば、「金の中華そば」なのですが、限定麺の「はまぐり中華そば」をいただかいちゃいます。
image

澄んだスープは、磯の香る塩味。
塩が少し強めですが、細麺に絡んで旨味をしっかり感じさせます。

お酒大好きtoto郎には嬉しい一杯でした。(^o^)v

利府町でのお仕事。

今度は、醤油の美味しそうなお店へ。

中華そばのお店のようですが、まぜそばもウリのようです。

この日は細麺のみ、ということで中華そばに味玉付で、何故かチャーシューご飯付でいただきました。
image

スープはすっきり澄んだ醤油スープですが、驚くほど出汁がきいています。
魚介と動物系を上手に煮出して得られる味わいには脱帽です。
うまくて何度もすすってしまいます。

麺にもこだわっているようで、宮城県産の「ゆきちから」で打った特製とのこと。
かっつりとした歯ごたえを感じさせつつ、博多の細麺のようなバリ固とはまったく違う、美味い細麺です。
小麦の香りを感じられるように、固めに茹でているそうです。
旨味がしっかりしたスープに、美味い細麺。
かなりのこだわりを、しっかり感じさせます。

味玉は、別皿で提供され、ほのかにニンニクが香るタレがついて、スープに入れる前に一口。
美味いです。

これからは中華そば、というトレンドに合った一杯でした。

このスープ、脂がきいた「こってり」もあり、また、でっかいすり鉢に6玉の麺で作る「大食いチャレンジ」とかもやってるそうで、ガッツリ系好きにも対応しています。

僕には、縁のないメニューですが、ね。(^w^)

定禅寺ジャ好天にズフェスティバルに行きました。
好天に恵まれすごい人出。

通り一本入ったところで、カフェを見つけて、ランチにしました。
カフェなんてものには、とんと縁の無かったtoto郎ですが、ジャズフェスのムードにのせられ入店です。

テレビでは良く見かけるガパオライスなんてモノをいただいちゃいます。
image

初めてなんで、他との比較もできませんが、正直、美味いです。
もっとスパイスが利いて、エスニック感が強いのかと思っていましたが、特にとんがった味付けもなく、ナチュラルな美味さです。

こういう食事をしてみようと思わせる、特別な一日を彩る、良いお店に出会いました。(^-^)v

利府町でお仕事でした。
ラーメンショップのお店へ、かなり久しぶりに行きました。
お店自慢のネギ味噌ラーメンをいただきました。
image

名前の通りのたっぷりネギです。

正直なところ、ラーメンショップって、どこも同じなのかと思っていましたが、このお店、どこか一味違う感じです。

スープをすすると、どこか懐かしい味と、新鮮な味とがいりまじたった印象を与えます。
安心感のある美味さとでもいう、味噌ラーメンの郷愁を感じます。

麺は中太で、緩い縮れのもっちり食感。

この組み合わせは、味噌ラーメンのど真ん中、という感じです。

たっぷりネギと絡めて、ズルズルと一気に完食です。(^o^)v

懐かしくて、新鮮な美味い一杯、いただきました。

日本海ドライブに行きました。
この前仕事で新発田に行った帰り道で海に沈む夕日を見ることができたので、今度は行ってみたかった笹川流れ方面に足を伸ばしました。
道の駅笹川流れのレストランでお昼です。
image
限定の藻塩地海苔ラーメンと、夏が旬という岩牡蠣をいただきました。

ラーメンには、生海苔がタップリトッピングされています。
スープはあっさりながら、柔らかな塩味で、海鮮出汁の旨味が広がります。

麺は一般的な中華そばの細めの縮れ麺。
スープに絡んで美味いですよ。

柔らかなチャーシューもスープに合わせて、味付けは控えめながら、旨味はしっかりしています。

麺に絡めてすする海苔がこれまた美味いです。
値段は高めですが、日本海の風景を眺めながらいただく一杯は文句無しです。
こちらが岩牡蠣。
ぷりぷりの大ぶりな身にポン酢を付けて、モミジおろしとネギを乗せてレモンをしぼっていただきました
松島の牡蠣とはひと味違う夏場の牡蠣、癖の無い味わいです。
笹川流れの岩牡蠣は、秘密のケンミンショーでも出ていた新潟の名物だったので、食べる機会を得てラッキーでした。

海も穏やかで、天気にも恵まれ、日本海のドライブを楽しんで来ましたよ。


image
新発田でお仕事2日目。
お昼をイオンの中にあるこのお店でいただきました。

平日の昼過ぎでも満席です。
一番人気のからし味噌らーめんを。

どんぶりは小さめですが、中身はしっかり。

辛味噌を溶かす前のスープは、味噌ラーメンのそれとしては甘めですが、出汁も利いて旨味がしっかりしています。

麺は太めのモチモチ食感。
味噌ラーメンのための麺、という感じです。

トッピングされた辛味噌を溶かすと、いい感じの刺激が加わって「からし味噌」の本領発揮です。
まだ訪問先があるので、ニンニクを投入出来ないのが残念です。

 「ちゃーしゅうや」の名の通り、柔らかで美味いチャーシューも優れモノです。

山形、仙台の「辛味噌」とはひと味違う新潟の辛味噌ラーメンをいただきました。( ^ω^ )

image
新発田でお仕事1日目。

前回の出張で食べた「ちゅんり」に再訪です。
前は「塩」が好印象だったので、今回は「味噌」で。

「塩」同様アラレがトッピングされています。

スープは出汁が利いたマイルドな味噌味。
引き込まれるように、何度もすすってしまいます。

麺は固めの中太ストレート。
こちらも個性が光ります。
白湯スープに合っています。
こういう麺とスープの組み合わせは、面白いです。

厚めのチャーシューはとろりと柔らかで、旨味も豊かです。

県外出張で出会える、美味しいラーメンでしたよ。(^o^)/


七夕まつり前日の昨日、準備で賑わう一番町へかなり久しぶりに行きました。

お腹が空いたので、初めて「牛カツ」を食べてみました。
細かくカットされた、中はレアな牛。
初めての僕たちには、食べ方のレクチャー付きでした。
ワサビを乗せて出汁醤油、山椒塩、ソース・・・そして半熟卵。

小さくカットされていますが、赤身の牛肉はそれなりに食感があり、噛み応えのある一切れを咀嚼していると、旨味が出てきます。
レアな牛肉にワサビが良く合います。
初めての山椒塩も、肉の旨味を上手く引き立てます。

出汁がかかった半熟卵を溶いて、付けて食べるとこれまた不思議な味わいです。
すきやき?かつ丼?
これが麦飯(おかわり自由)とよく合います。
ご飯が進む君です。
しっかりおかわりをいただきました。

一切れごとに味が変えられるので、最後の一切れまで、今度は何を付けて食べようかと楽しめてしまいます。

肉の食感も楽しめながら、食べやすさを狙ったこの薄切りの牛カツ、良いです。
とんかつのようなボリューム感は無いですが、油っこくなくて、ヘルシーなカツで、僕らのような年代の人には丁度いいなと思いました。
ニョーボもかなり気に入ったようで、LaLa長町にもあるというこのお店、また食べる機会がありそうです。




先先週、お仕事で山形市に行った。
なんと車外温度が40℃!!
image
何て暑いんだ山形!!
僕にとっても初の40℃体験でした。

こんな「暑い山形」と言えば、「冷やしラーメン」ですよ。
「元祖」という「栄屋本店」で遅めのお昼。
image
キュウリやカマボコがのった多めの具材に氷の浮いた冷たいスープ。
味も濃すぎず良い塩梅で、出汁もしっかり利いてます。

麺は太めのストレート。
キンキンに冷えたスープに締められて、引き締まった食感が独特です。

冷やしラーメンは今迄細麺のものに出会ったことが多かったので、この麺は新鮮な印象ですが、これが「元祖」という事ですから、細麺の方が後から出てきたという事でしょうね。

この暑い山形が生んだ「ご当地ラーメン」は、この気温で更に美味しくいただけるというものです。( ^ω^ )

灼熱の白石でお仕事でした。こんなに暑くとも、あっつあつの味噌ラーメンが食べたくなっちゃうtoto郎です。
久しぶりに、九十九の魚出汁の味噌ラーメンをいただきました。
image

サイコロ状のチャーシューと肉味噌状のひき肉がたっぷり。

出汁のきいたスープはもちろんあっつあつ。

コシのある太麺が、あっつあつスープに絡んで、もうたまりませんって。
吹き出す汗と格闘しながらあっつあつの味噌ラーメンを食べるのは、Mっぽくもありますが、まさに真夏のラーメンの醍醐味です。

一度は行ってみたかった福島県は南会津の大内宿に行きました。
37℃の気温でしたが、かなりの人出で賑わっていましたよ。
江戸時代の町並みがそのまま現代に残ったような景観は、オトナウケするようで、アダルトなテーマパークのようです。

お目当ては、長ネギを箸の代わりに使って食べる高遠そばです。
三澤屋というお店が有名なようで、入ってすぐの場所にあったので、順番待ちの予約をして、大内宿を散策して、戻ったころにちょうど順番&お昼時になりました。
茅葺の古民家でいただく名物そばがこちら。
image

長ネギが突き刺さったおろし蕎麦です。
風習通り、長ネギに蕎麦をひっかけて持ち上げ、それをずずっとすすります。
口に蕎麦を吸い込んだら、その長ネギをガリっとかじるという面白い食べ方ですが、確かにこれが美味い!
大根おろしの辛味と、ネギの辛味が、素朴な蕎麦を極上の味わいにします。
古民家で食べるという組合せが、この素朴な一杯を、思い出深いものにします。

見た目以上にボリュームがあるのか、この一杯で満腹です。

ありがたいことに、ノンアルコールビールもメニューにあるので、炎天下の大内宿散策のあとに、ドライバーも安心して一杯ひっかけられました。

ノンアルビールと蕎麦で、大満足できる「良い処」で、人気のスポットになるのも納得でした。

image

またしても「今さら?」ですが、錦が丘のアウトレットに初めて行きました。

規模は小さいながらも、懐に優しいお店があり、良い感じです。

遅めのお昼に、アジアンレストランに行ってみました。
こういうエスニックなお店ての食事は久しぶりです。

インドカレーやガパオライス、フォーなどメニューにあり、いろんなアジアンテイストが楽しめそうです。

10年以上ぶりに、グリーンカレーをいただきました。
辛さも選べる設定で、無難な辛さと思われる「3」にしてみました。

でっかいナンが付いて来ましたよ。
しかも、このナン、おかわりが出来るんです。
さすがに、おかわりはできませんでしたが・・・。

カレーは、緑色ですよ!って当たり前ですが。
一口目、旨味と香りが豊かで、余り辛くないかな?と思っていると後から、辛さが追っかけて来て、エスニックを食べてるんだ〜と感じさせます。

昔、北仙台に出来たカレーの店(もう無いですが)で食べたグリーンカレーとはだいぶ違う味です。
これ、美味しいじゃないですか。

ワンドリンクも付いて、ナンもおかわりOKなら、このランチセットは、かなりのコスパだと思います。


岩沼でのお仕事2日めは、午前中に終了で、仙台に戻りながらお昼です。
image

いつも通りかかるのに、何故か食べる機会が無かった「長町ラーメン」でいただきました。

今さら?ですが・・・(^o^;)

味玉がのった長町ラーメンです。

スープは出汁のきいた醤油。
濃いめの味付けのお店なのでは?と勝手に思いこんでいたので、意外な感じです。

麺は細めながらコシがあり、醤油スープには王道と思われる組み合わせ。

これもまた僕の好みにズドンとストライクですよ!

何で今まで食べなかったんだろう?
( ̄0 ̄;