ととろぐ

仙台のラーメン大好き人間、toto郎のあっちこっち食べある記

盛岡の実家に来ています。
最近出歩くことも少なくなった父母を連れて、雫石にあるジェラートの専門店へ。

牧場が作っているお店で、凄く混んでます。
image

ラムレーズンとアーモンドのダブルでいただきました。

ミルクが自慢のジェラートは、濃厚な味わいながら甘味が抑えられ、スッキリしています。
人気店というだけあって、次々とお客さんがやってきます。

アイスクリーム消費1位の県の専門店は、山の中でも行列が出来る・・・恐るべし、です。

佐野ラーメン三昧3杯目。
新しいお店で、人気店になっているらしい、らーめん大金というお店です。
こちらは醤油のみの構成です。
遅い昼食で、思わず大盛でオーダーしちゃいました。
image

黄金に透き通るスープに、たっぷりの縮れ太麺。
忠実に佐野ラーメンの特徴を備えています。
柔らかなチャーシューは薄めですが、肉の味わいがしっかりしています。

スープも麺も佐野ラーメンのジャンルを外していませんが、高度なレベルに仕上げた一杯は、数ある佐野のラーメン店の中でも人気店というのも納得ですね。

今回2日間で3軒のラーメンを食べる事が出来ましたが、3者3様の佐野ラーメンを食べさせてもらえました。
佐野ラーメンの幅の広さと奥深さを感じることが出来て、幸せなtoto郎なのでした。

佐野ラーメン三昧の、二杯目。
晩ご飯にいただきました。

佐野市と足利市の境にある国道沿いのお店です。
醤油と塩のバリエーションにトッピングが選ぶことができます。

生姜ラーメンを醤油で。
image

たっぷりの生姜がのってます。
佐野ラーメンのお約束、澄んだスープと平打ち太麺。

スープは、やはりあっさりしていますが、旨味はしっかり感じます。
生姜が絶妙に合います。

平打ち太麺は、しっとりしたコシがあり、あっさりスープとの絡みも良いです。
太さが均一なので、こちらほ手切りではなく機械切りなのかも。
ランダムな太さも楽しいですが、製麺機の麺に慣れている僕らには、こちらも良いと思います。

驚きはチャーシューです。
厚さが1cmもあろうかという凄いボリュームです。
箸で切れる柔らかさで、あっさりした味付けが絶品です。

メンマも長い、柔らかい穂先のメンマで、これまた美味いです。

佐野ラーメンという括りでも、お店によって違う個性が光ります。
市内に信じられないくらいある佐野ラーメンのお店がそれぞれ違う美味さが味わえるとしたら、佐野ってなんて幸せな街なあでしょうか。

佐野市てお仕事です。
toto郎が佐野市に、来た〜〜‼
・・・ということは、とーぜん佐野ラーメン三昧ですよ!
最初の一杯です。
老舗の森田屋総本店で、中華そばをいただきました。
image

すっきり澄んだスープに青竹打ち平打ち太縮れ麺。
佐野ラーメンの典型的な一杯です。

ナミナミのスープをすすると、ホントにあっさりしてます。
旨味をしっかりと感じさせるスープですが、味が薄い訳ではなく、深みというか奥行きを感じます。

麺は、手打ちと一口でわかる、太さにばらつきがあり、食感が楽しめます。

素朴なチャーシューは味付けが薄く、肉本来の味が出ています。

佐野ラーメンの老舗のこのお店、団体客も受け入れられそうな席数と、広大な駐車場を備えているのですが、お昼のピーク時間を外したのに、お客さんがいっぱいです。

佐野ラーメン一杯目のお店としては、ベストな選択でしょう。(^-^)v

今日はニョーボのお供で泉へ。
東北絆祭りで規制と混雑が予想されるので、高速を使って早目に到着です。

朝ごはん、食べずに出かけてきたので、買い物がてらタピオで朝昼ごはんです。
「うな丼と蕎麦のセット」に惹かれて、初めてのお店に入ってみました。
image

蕎麦は少な目ですが、うな丼の方がメインのようなので、ヨシとするとして、セットモノの蕎麦としてはいい感じです。

メインのうな丼、美味いです。
斜めにはす切りされた、身の厚いうなぎは柔らかく、タレも適度な塩梅です。
特筆すべきは、ご飯の美味さです。
農家から直に米を購入する我が家ですが、こんなに上手くはなかなか炊けません。
ご飯が、美味いので、うなぎのタレが余りかかっていないにも関わらず、あっさりとしたうな丼として楽しめてしまいました。
ご飯が多過ぎ、というニョーボのご飯も半分もらって食べちゃいました。

やっぱり日本人は、ご飯が決め手になりますね。(^-^)v

月イチの病院通いで白石へ。
検査の日だったので 、朝から何も食べずに腹ペコで麺屋九十九に行きました。
狙いはいつもの魚介の味噌でしたが、限定で「魚の豚そば」が・・・。
しかも太麺を使用ときたら、抗う術もなく頼んじゃいます。( ^ω^ )
image

チャーシューの上に味噌ラーメンのようにひき肉がトッピングされています。
スープをすすると、煮干し系の魚介出汁が香りますが、すぐにトンコツが追いかけてきます。
味はかなり濃い目です。
僕的には、もう少し醤油を抑えた方が好きです。

麺は、僕が好きな、ここの太麺。
しっかりしたコシと歯応えが嬉しいです。
濃い目のスープに負ける事なくしっかり存在感をアピールしています。

チャーシューはムチっとした歯応えと、しっかりした肉の味わいが楽しめます。
粗めのひき肉もパサつく事なくジューシーで、濃い目のスープとの相性がいいです。

この店では珍しい、魚介豚骨濃厚ラーメンでした。
限定という事なので、また食べる機会は無さそうですが、太麺との相性が良いので、醤油をもう少し抑えてレギュラー化してほしいかな、と思うtoto郎なのでした。


厄払いに定義さんに行って来ました。
定義さんと言ったらこれでしょう!の大定番。
三角油揚げ、焼きおにぎり、焼き団子です。
image

他のところで売ってても、まず食べないであろうこの3点セットですか、定義さんでは必食です。(^o^)v


登米市でお仕事2日めです。
仕事に関連して、検索したら見つけたお店です。
前日に引き続き「三浦」つながりですが、親戚ではなさそうです。
外観は普通の「商店」ですが、「中華そば」が売りの新店です。
珍しい店舗なので伺ったら、以前はタバコと日用品のお店だったのだそうで、その名残にお店の前には、確かにタバコの自販機がありました。
お若いご店主が、改装して今年中華そばのお店を開いたのだそうです。

看板メニューの「中華そば」をいただきました。
image

透き通るスープが目を引きます。
ビジュアルは、まさにオーソドックスな「中華そば」。
何の奇をてらわない、真っ向勝負のど真ん中ストレート!です。

スープをすすると、柔らかな醤油の風味に、これまた出汁の旨味が柔らかに広がる、「美味い!」スープです。
「美味い中華そば」の絶対必要条件の「ど真ん中」スープです。(^o^)v
とにかくバランスが良く、旨味が重なりあって何かの味が突出していることもなく、ただひたすら美味いスープに仕上がっています。

麺は、極普通の中華そばの麺に見えますが、食感が秀逸です。
どちらかというと、柔らかい麺に遭遇することが多い県北のラーメンですが、こちらの麺は、固くもなく柔らかくもなく、ちょうど良いコシがあり、歯切れも歯ごたえもいい美味い麺です。
スープとのバランスがホントに良くて、この中華そばを「美味い中華そば」に仕上げています。

小ぶりながら、ジュワっと柔らかなチャーシューも、この中華そばを引き立てています。

この極普通で美味い中華そば、これから地元の人に支持されて、人気のお店になるのでは?と期待させます。

白石の「中華亭」や、栗原市の「みよし食堂」のようにオーソドックスながら、行列のできる店になってほしいと思いながら「また来年も来たいな」と、店を後にしたのでした。

登米市でお仕事1日めでした。
市内を駆けずり回って、遅いお昼になりました。
こだわりの手打ち蕎麦の店、直利庵三浦屋で、「十一蕎麦」をいただきました。
この日の限定最後の1食に間に合ったのはラッキーでした。
image

日替わりで産地の違う蕎麦粉で打つ、十割プラス打ち粉も蕎麦粉の十一割、というお蕎麦。
この日は「越後」の蕎麦だそうです。
蕎麦が好きとはいえ、産地までは判別できないので、ただひたすらいただきます。

透き通るようなキレイな蕎麦。
細めですが、しゃきんとしています。
ツユに付けないですすると、爽やかに蕎麦と香ります。

このスッキリした蕎麦に組み合わされるツユは少し甘めで、蕎麦の風味を引き立てる味わいになっているようです。

蕎麦とツユだけでも十分美味いのですが、薬味に、わさび、ネギの他に、大根おろしと、刻み海苔がたっぷり付いてます。

美味い十一蕎麦を、十二分に堪能させてもらいました。(^-^)v

午前中大崎市でお仕事でした。
11時から昼前まで時間が空いたので、先に昼飯を。
11時から開いているお店を検索したら、ありがたいことに「麺屋奏」が出てきた。
速攻向かうと、駐車場は一台分だけ空いていた。
こんな時間から、もうこんなにお客さん?
人気の程が伺えます。
店に着くと、レギュラーメニューは自家製麺になったんだとか。
先客がオーダーした奏そばは、「黒」と「白」の醤油が選べ、かつ、それぞれ「あっさり」と「こってり」がチョイスできるとの説明を受けている。

それなら、白醤油をあっさりで。
image

700円という値段で、でかいチャーシューと味玉の丸がトッピングされています。

透き通るスープをすすると、魚介系の出汁が香り旨味が広がります。
あっさりといっても適度な油が浮いています。
僕好みの濃度で、何度もすすっちゃいます。

麺は、中太のストレート。
しっかりしたコシがありながら、歯切れが良く、食感が楽しい美味い麺です。
「野菜マシ」とかの「あれ系」の「豚そば」もメニューに揃えるこのお店、自家製の極太麺もあるらしく、そっちの麺も興味がありますが、最近大盛も辛くなってきている身では、手を出せないのが淋しいところです。

チャーシューがまた優れモノで、適度な厚みが、むっちりした食感を生み、口の中に、肉の旨味を広げます。

味玉はお約束の黄身トロ。
こりゃ文句なんか無しでしょ。


いつまでも、この美味い一杯を楽しんでいたいのに、無情にも仕事が・・・。
後ろ髪引かれるは思いで、そうそうに平らげて、店を後にしたのでした。

浜松に行く途中に、宇都宮SAで一休み。
そこで「宇都宮焼きそば」をいただきました。
image

モッチモチの極太麺に、甘めのソースが特徴的で、これは美味い!
作り置きではない、焼き立てのアッツアツなのが美味さをさらに引き立てます。

先日の宇都宮出張で、餃子の店同様焼きそばの店が目についていたのですが、食べず終いだったのですが、こうして食べる機会があって、その美味さを知る事ができました。

餃子が有名な宇都宮ですが、美味しいラーメンもさる事ながら、宇都宮焼きそばも美味い事が分かって、また来るのが楽しみになりました。

天使のいる浜松から帰って来ました。
浜松では、ラーメンは食べられず、静岡県の人気レストラン「さわやか」でげんこつハンバーグ、道中の休憩に立ち寄った恵那郷で美味しいひつまぶしとざるそばを食べたのに写真を撮らずに食べてしまいました。

仙台に出かけたので、久しぶりに「麺屋薫寿」で、鯛だしの塩ラーメン「薫寿そば」をいただきました。
image

あっさりながら、しっかり出汁が旨味を前面に押し出してくるスープには、ついつい何度もすすってしまいます。

最近の基準では、細めながら食感のいい麺もスープに良く合う優れモノ。
このスープに麺の組み合わせは、あっさり系ラーメンの中でも秀逸だと思います。

途中、「お好みで・・・」という練りわさびを投入すると、味わいがキリリと引き締まり、また別な美味さが楽しめます。

チャーシュー、メンマ共に癖の無い美味さで、あっさりラーメンをしっかりサポートしています。

仙台の美味しいあっさり系ラーメンの中でも、個性の光る一杯だと思います。
残ったスープに白飯を入れて、鯛茶漬け風にして食べたい衝動に駆られます。

気になったのは、新メニューと思われる、「烏賊出汁ラーメン」。
魚介系ラーメンは数あれど、烏賊のラーメンは食べた事がありませんよ。

機会があれば、この次に是非とも食べてみたいと思います。

宇都宮でお仕事の2日目のお昼です。
今度は、久しぶりの家系のラーメンです。
家系のお店で頼む時は大体このオーダーです。
こってり目のスープを少し軽くして、麺を固めで。
image

こちらのお店は、ほうれん草ではなくたっぷりの刻みネギがのってます。
ノリは3枚。
大きめのチャーシューが存在をアピールしています。
味玉はオプションのトッピングでした。

スープをすすると、しっかり醤油の味がしますが、とんこつスープに包まれてマイルドな味わいです。
固めの太麺は、コシがしっかりしていて、このスープに絡んで、美味いです。
平塚で食べた家系を思い出します。
仙台で遭遇する家系とは、ちょっと違うかなぁ。

こちらのチャーシューも、柔らかさと旨味が備わり、美味いですよ!!
味玉も黄身のトロトロ感が良い感じです。

いや〜、宇都宮のラーメン、恐るべし。
タイプが違う美味いラーメン3連チャンで、少し弱っていた感のある「ラーメン食いたい」欲求が戻ってきたかも、というtoto郎なのであります。

というところで、GWは浜松だ〜〜!!٩(^‿^)۶

宇都宮市でお仕事1日目の晩飯です。
宇都宮の人気ランキング1位という、麺藏藏(めんざざ)と言うお店へ。
何故か住宅地の一画にある、というのは、昼にいただいた「ぐるまん野州男」と共通している不思議な立地だ。

夜ごはんにラーメンというのも久しぶりだが、この時間に満席です。
券売機で食券を購入する前に、ご丁寧な説明を受ける。
バジルやトマト、といったイタリアンのようなメニューにも引かれつつ、お初のお店なので、一般的な「味噌」に味玉のトッピングをした「みそたま」をセレクトしてみました 。
image

平べったい丼に、キレイなビジュアルで登場です。
スープをひとすすりすると、うわっ!美味いです!
もはや何の出汁だかわからないくらいの豊かな味わいに、味噌の甘味を感じます。
こんな味噌ラーメンは初めてですよ。

麺は太過ぎないコシとしなやかさを合わせ持つ、食感の優れたモノ。
スープに絡んだこの麺は絶品です。

びっくりポンなのは炙られてほんのり焼き目がついたチャーシューです。
箸で摘もうとすると、ほろほろと崩れる柔らかさながら、肉の旨味がしっかりしています。
こんなチャーシューも滅多にお目にかかれません。

単品で頼むと150円と、味玉としては高価な味玉は、指定養鶏場の卵を使用しているそうで、あ、チャーシューも指定ブランドの豚だそうです。
美味いのにはワケがある、という事ですね。

昼、夜と、宇都宮の高級?ラーメンをいただいちゃいました。
出張だから、ちょっと贅沢しちゃったのでした。( ^ω^ )