ととろぐ

仙台のラーメン大好き人間、toto郎のあっちこっち食べある記

遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年も、みなさまにとって良い年でありますよう、お祈り申し上げます。

image

遅ればせながら、初詣に塩釜神社へ行きました。

塩釜のお楽しみ、といったら海鮮なんですが、今年は「塩竈まぐろ直売・食堂」の営業時間内に間に合ったので、仲買丼をいただきました。

新鮮な生まぐろの刺身とすき身、イクラがほかほかのご飯にのっています。

こちらはニョーボが食べた二色丼です。
image

生まぐろ刺身と、中トロの炙りがのっています。

わさびを醤油に溶いて、かけまわしていただきました。

まぐろのお吸い物も付いて、780円はあいかわらずのコスパです。

お土産にまぐろの刺身を買って帰って、義母とムスコ小toto郎にも味あわせてあげました。

忘年会の翌日のあっさりラーメン。
ラーメンWalkerに気になるお店が出ていたのを思い出して、行きました。

仙台大学の近くの新店、GOTTSU(?)というお店。
image

トビウオの焼き干し、アゴで出汁を取ったという「しょうゆラーメン」をいただきました。
(前夜のシメもアゴ出汁だったのですが…)

円錐状の底の深い丼で登場です。
スープをすすると芳醇な出汁の香り。
疲れた胃に優しく染み渡ります。

麺は細めながらシットリしっかりした歯応えが楽しいストレート。
澄んだスープとの組み合わせはこの手のラーメンの王道です。

さっぱりしていながら、旨味が豊かで、麺、スープと、どんどん食べ進んでしまいます。
美味い!

味噌ラーメンは牛骨出汁らしいので、近いうちに再訪したいお店を見つけました。

image

登米市でお仕事2日目。
以前、登米に来たときには良く食べていた、味よしで、五目堅やきそばをいただきました。

こんなにボリュームあったっけ?って言うほどの、たっぷりアンがパリパリの揚げ太麺にかかっていますよ!

あっつあつのしゃきしゃき野菜と豚肉、エビ、イカ。

パリパリの麺が、食べ進んでいくうちに、アンを吸って柔らかな食感に変化するるのも楽しめる一品です。(^o^)v

付け合わせのスープがしょっぱく感じるほど、あっさりめのアンは、どんどん食べ進んじゃいます。

完食すると、満足満腹です。

また食べたいけど、なかなか来る機会がないというのが、残念な登米市です。

今年もやたら風邪をひいたtoto郎でした。
「食べる風邪薬」として食べる機会が多かったのが、味噌ラーメンでした。

今年初めに食べた、こちらが味噌ラーメンの年を象徴することになりました。
image

「麺屋しょうみん」の味噌ラーメン 。
西山製麺と自家製麺の2麺から選べちゃうんですが、後で 食べた自家が美味かった。

image

角田の「たら福」の辛味噌ラーメン。
店構えからインパクトがありましたが、この一杯には驚きました。

image

「中華そば中々」の黒味噌ラーメンも美味かったです。

味噌ラーメンに関してはまだまだMIRはありますが、また来年にも引き続き再食していきたいと、思います。

そして驚きの一杯はこちら。
image

水戸で食べた、とろろをトッピングした「横浜家系ラーメン匠家」のラーメン。
仙台ではありえない組み合わせでしたが、今年、出張して食べられる県外のラーメンとして忘れられない一杯になりました。

今年も美味しいラーメンに出会えて幸せな一年になりました。
あっさり系が主流の食べ歩きでしたが、この傾向は更に進みそうです。
来年も楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします。(^O^)/

image

味噌ラーメンの気分なので、久しぶりに、せん家で、いただきました。

ムチムチの太麺が、美味いです。
油が多めですが、スープは濃いめではなく、たっぷりのねぎとモヤシを絡めて食べる味噌ラーメンは美味い!

最近、仙南で美味い味噌ラーメンが食べられるので、何処に行こうか迷うようになりました。(^-^)v

はやいもので、今年もあっという間に年末です。
昨年の忘年会をしたのが、ついこの前のような気がしますが、もう今年もそんな時期ですね。
暴飲暴食は控えて、穏やかな正月を迎えたいものです。

と、なると今年も「ととしゅらんMIR」です。

今年は、けがをしてから行っていなかった出張も復活して、宮城県以外のラーメンも食べられました。
他所のラーメンを食べてみて、宮城のラーメンを食べるとその美味さ、ありがたさがより一層実感できました。
また、経年劣化であまりこってりしたラーメンに食欲がわかなくなったtoto郎にとって、新たなラーメン探究の方向性に目覚めた年でもありました。

今年のtoto郎のラーメンは、あっさり系か、味噌ラーメンに関心が向いていました。

今年のラーメンのトレンドとしては、鶏出汁、もしくは煮干し出汁のラーメンで、美味しいお店に出会うことが増えたように思えます。
一世を風靡していた、濃厚魚介とんこつ系に代わる「あっさり系」が、僕の嗜好に関わらず、流行った年ではないかと思います。
一方、毎日帰り道で見かける、ラーメン二郎の行列の凄さからも、二郎系の人気も仙台に定着してきているんだな、と思いました。
ま、僕としては、もはやそっち系は敬遠気味ですが・・・。

まず、鶏出汁のラーメンで気に入ったのが、こちらでした。
image

加美町の麺屋斎虎の、鶏チャーシュー麺(塩味)です。
惜し気もなく盛られた鶏チャーシューもですが、塩味で鶏の旨味を前面に出したスープも絶品でした。

また、鶏出汁のラーメンとしては、こちらも忘れられない一杯です。
image

火鳥の鶏中華。
太麺と出汁の利いたスープが美味かったです。

煮干し出汁も、いろいろ食べましたが、種類や濃度によって、こんなにも個性が変わるものなのかと、煮干し出汁の奥深さを実感したものです。
image

大館出張で食べた、あさりの煮干し中華、良かったです。

煮干しではなく、焼き干しを使っていた、年老いた盛岡の親父と食べたこの一杯も、別な意味で強く印象に残りました。
image

焼き干しらーめん渡り家の、あっこく正油らーめんです。
めったにラーメンの外食ができない親父が感激していたのが、僕にとっては忘れられないラーメンです。

つづく・・・φ(.. )

登米市でお仕事でした。
お昼に、前から気になっていた、「麺屋ふうる」というお店へ。

こじんまりとしたセンスの良さを感じさせる新しいお店で、ご夫婦(?)で切り盛りしてるような。
こういうお店は、だいたい「当たり‼」が多いのは、経験上知っています。

鳥塩ラーメンをいただきました。
image

レモンスライスが目を引きます。

スープをひとすすり。
かなりあっさりめ。
しかし薄味ではなく、鶏の旨味がしっかり出ていて、ほんのり香る柑橘系が味にアクセントを加えています。

麺は細めながら、しっかりした食感。
柔らかめの麺が多い(?)登米市のラーメンの中では、固めの歯ごたえの美味い麺です。
あっさりスープと良いコンビネーションで、どんどん食べ進んじゃいます。

鶏の臭みが全く無いチャーシューも高レベルな仕上がりです。

美味いラーメン店が多い登米市の中でも、しっかりした存在感のあるお店です。

季節限定の「焼き醤油ラーメン」という一杯も気になります。

また来たいな・・・と思いつつお店を後にしたのでした。

先日買ったラーメンwalkerに気になるお店があった。
天使に送るクリスマスプレゼントの買い物に出かける途中、いただきました。
とんこつラーメンベースにマー油がたっぷり。
image

マー油でコクが増したトロリとしたスープは美味い!です。

太麺で大盛をオーダーしました。

美味いスープが絡んだ、もっちりした太麺は、ドツボにはまります。

チャーシューは柔らかく、味付けは濃くないので、たぶんこの店のどのラーメンにも合うように仕上げられているのでしょう。

珍しいトッピングの雪菜も、あっさりしていて、濃いめのスープに浸して食べると、これまた美味いです。

園芸センター利用者の食堂?の店舗ですが、このラーメン目当てで来るラーメン好きを呼び込んで園芸センターの目玉として集客に一役買うのではないか、と思わせるに十分な一杯でした。

これからは、こちら方面に用事ができるのが楽しみになります。(^w^)

image

美里町でお仕事。
昼飯も食べる時間が無かった1日目よりは、少し余裕がある2日目。

中華料理の味和居というお店へ。

この店では、以前、酸辣湯麺を食べて美味い上に、そのコスパに驚いたものでした。

この日は、あんかけ焼きそばの気分なので、チョット気張って「海鮮」あんかけにしてみました。

出てきたのを見たら、野菜たっぷりで、隣りのじいさんが食べてる「五目」と同じ?
と思ったら、
野菜の下から、プリプリの海老やホタテ、イカがゴロゴロと出てきました。
味付けも良い感じの熱々のアンに、カリッと焼き目のついた麺が絡んで、美味いです!

仙台で食べたら、1000円越えは当たり前の「海鮮」あんかけ焼きそばが、この店ではなんと800円!
海鮮とは言いながら野菜もタップリなんですが、美味くてヘルシーでボリュームもある事を考えると、凄いコスパだと思います。

image

出張前日、クルマで帰るのだが、そんな時は普段行けない店に行く。
西多賀のみなもと屋で、中華そばを。
よせばいいのに、麺を大盛りにしてしまうのは、ここも「とがし」のシステムで、同料金で麺大盛りを選べちゃうから。

やっぱり多い・・・って当たり前だが。

スープは煮干しが効いている。
「とがし」グループでは唯一あっさり系だ。
最近はめっきりこんなラーメンを食べるようになったが、ラーメン好きは辞められない。

麺は縮れの効いた平打ち太麺。
あっさりスープに良く合う美味い麺を、大盛りでいただく幸せは、ラーメン大好き人間にはたまりませんって。
(^ν^)

厚さ1cmはあろうかというチャーシューは、豚そばの恩恵か。
スープであっためられて、ホロホロと崩れる柔らかさ。

味玉は黄身がトロトロ。

太めのメンマも美味いです。

僕の「とがし」もコッチにシフトしているのかな、と思ってしまう一杯でした。

image

ニョーボのアッシーで雪がちらつく泉へ。

こんな日は、味噌ラーメンでしょ!という事で、泉インター近くの中々で、マー油が利いている黒味噌ラーメンをいただきました。
スープをひとすすりすると、甘味とも感じる味噌の旨味とマー油、揚げニンニクの香りが絶妙なバランスで、口に広がります。
食感の良い太麺とも良いコンビネーションで、これは美味いです。(^o^)v


以前は中華そばをいただきましたが、味噌系もかなりイケテると思いました。
◯郎系の豚そばなるものも人気のようです。
この麺なら、さぞかし美味いだろうと思いますが、最近あのボリュームにはコシが引けてしまうtoto郎です。(^o^;)

アメブロが、急に従来のアカウント、パスワードでログインできなくなりました。
ASUKAじゃなくても、アメブロに依存度が高ければ、パニックになるかもしれないですね。

メールでの復旧も機能せず、それでもダメなら、というアイコンをクリックしても、また最初の画面に戻ってしまうという情けなさ。
めんどくさいので、もういいかなって感じで、このままアメブロからフェイドアウトかなって思っています。

こちらのブログを食べ歩きに特化するつもりで、クルマのネタをアメブロに、自作料理をペコリで投稿して来ましたが、もういいかなって思っています。

僕は警察に通報するつもりも無いので、逮捕されることも無いでしょうが、ASUKAもアメブロをやってたとしたら、彼の逮捕も、これが原因だったのかもしれませんね。
彼にとっては、不幸な出来事ですが、有名人御用達ブログに傾倒するアメブロとしては、ひとつのお手柄だったのかもしれませんね。

まあ、勝手にやっててください、というところです。(*'ω'*)

極太麺の味噌ラーメンが食べたくなって、久しぶりに麺屋恵比寿へ。
人気No.1で、店長お薦めの、辛味噌ラーメン辛さ3倍をいただきました。
image

見た目、結構辛そうなスープをすすると、辛さよりも味噌と出汁の旨味が広がります。
3倍という辛さは、この旨味を引き締めるため?という感じで、ビリビリするような辛いラーメンではないです。
辛さを前面に出しているラーメンを期待すると、拍子抜けするかもしれないですが、僕はこのスープ、気に入りました。
美味い!と思います。

麺は、ムチムチの極太麺。
以前はこの麺を中盛(大盛り)で楽しんだものでしたが、最近は普通盛りで十分になってしまったtoto郎です。
一抹の寂しさはあるものの、適量で楽しむ事に慣れて来ました。
その分、しっかり味わって食べることができて来たかな、と思います。
だからこそ、この美味い麺に愛おしさを感じながら食べられると言うものです。

「特製」のトッピングはチャーシュー、味玉ですが、これまた美味いです。
こちらも相変わらず!です。

たっぷりのもやしも、味が浸みたシャキシャキ熱々。
昔はそんなに入れるの?と思ったものですが、最近のドカ盛りの「アレ系」のラーメンが来たので、常識的な盛りに思えるようになりました。

アツアツ、ウマウマの一杯で、大満足のtoto郎なのでした。(^ν^)