ととろぐ

仙台のラーメン大好き人間、toto郎のあっちこっち食べある記

DSC_0003
桃を買いに福島県の国見町へ出かけました。

去年オープンした、道の駅で、ブランチ。
以前は移動販売だった国見バーガーが、カフェになって開店していました。

サバの味噌煮の挟まった、元祖の国見バーガーをいただきました。
椏久里コーヒーという、何やらこだわりがありそうなコーヒーとセットで600円。
国見の、サバの味噌煮のは美味しい魚屋さんと、国見のパン屋さんのコラボで生まれたというご当地バーガーは、日本一になったとかで、人気のご当地グルメになったんだそうな。

ガブリと一口。
甘めのサバ味噌と、レタス、パンが、不思議な組み合わせで、口の中でひしめき合います。
これがまた、絶妙に美味いんです。

柔らかなサバの味噌煮はもちろんの美味さですが、ベースのパンがこれまた美味い!
日本一になったというのも納得の一品です。


山形で、なぜかお仕事3日目です。
今日はクルマの外気温表示が39度!ですよ!
猛暑の中、辿り着いたのは、一昨日から冷やしラーメンを提供している「らー麺Do・Ni・Bo」です。
一昨日はそれ程暑いわけではなかったので、熱いラーメンをいただけましたが、今日はもう無理です。
DSC_0002
迷わず、「冷やし」で・・・・!

スープをすすると、煮干しというより昆布?の旨味を感じる不思議なスープ。
温と冷で完全にスープを作り分けているようです。

麺は・・・あらら、佐野ラーメンのような太めの平打ち縮れ麺です。
冷やしても、あまり固くないしなやかな歯ごたえは、山形の冷やしラーメンのなかでも珍しいのでは?

トッピングがチャーシューではなく、「肉そば」と同じ歯ごたえのある古鶏のスライス。
コリコリした食感は、肉そばを彷彿とさせます。

実は2日目に、別なお店で鶏中華の冷たいのを食べて、すっごく美味しかったのですが、修理中のスマホの代替え機で撮って、SDカードに保存せずに返しちゃうという大失敗をやらかしてまして、残念なことに記事をアップできませんでした。

鶏中華と冷やしラーメンを合体させたような、この一杯はかなり画期的なのではないか、と思います。

ますます山形のラーメン、恐るべしです。


このページのトップヘ