坂本企画の舞台裏

「嘘をつくひと」をテーマに芝居を作る、『坂本企画』の舞台裏
坂本企画 15 『寝室百景』 2018年2月23日(金)〜25日(日) シアトリカル應典院
webサイトはリニューアル工事中です

さて、ついに登場です。
坂本企画の規格外、もといフラワーロードの根無し草、奥田宏人です。

最近ホームページを作る技術を習得し、さらにレベルが上がったようです。
せっかくなのでね。コレです。

坂本企画特設ページ

この公演のあとにぼくの主催する千本なぐりの公演があるので、それ用に作ったついでに作ったものです。本編は、

千本なぐりホームページ

おいおいこちらもご覧ください。

ふむ。

稽古の方もようやく人が集まり始めまして、これから一気に加速していきそうな様相です。

「夏☆飛躍!!」

かつてそんなフレーズを掲げ、「陸奥(みちのく)のタイガーウッズ」こと中野聡と甲山を走りこみ、過酷な筋力トレーニングに励み、一日13時間にも及ぶ稽古に費やした夏がありました。

今年は再びそのフレーズを掲げての、ピルココ、坂本企画、千本なぐりと、三公演続けてのフルパフォーマンスを誓っております。

伝説がまた始まるのです。
ぜひ、見届けてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

北岡と申します。
坂本企画でお世話になるのも、今回で4度目です。

先日、就職活動のしがらみから解放され、
残された約半年の学生という猶予期間を、
まずは公演に向けて費やしていきたいと思います。


さて。今回の戯曲を読んでいて、
ひとつ思い当たるエピソードがあるのですが。
私が幼い頃…恐らく、保育園児の頃からの習慣です。

ベッドに寝転がって、無心になって掌を見つめて。
親指を折り曲げ、伸ばす。
人差し指を折り曲げ、伸ばす。
中指。
薬指。
小指も同様に。
曲げては伸ばし、曲げては伸ばす。
暫く続けていると、
何だか自分の手が自分の手じゃない気がして怖くなる。
自分の頭で命じて体を動かしているはずなのに、
それが本当かどうか信じられなくなる。
同時に、目前で動く手が妙にリアルに感じられて。
生きている感覚が湧き上がってくる。

私だけの経験かも知れないけれど、
普段意識の下にあるものを呼び起こし、そうすることで、
他人も、そして自分も生々しい人間であることを思い知るんです。
何だか気持ち悪くて、すぐに意識を霧散させるのですが。

感覚が研ぎ澄まされるような、麻痺してしまうような。

今回のお芝居はそんなことを感じながら、役を模索しています。




あ、ちなみに今日のお昼はトンカツ定食でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
完全復活、となるハズでしたが、そう甘くはありませんでした。出来によっては、ひょっとするとこのままいられるんじゃないかなとも思っていましたが…。

こういうところが、青いって言われるんでしょうね。

先生とは、放送前の試写でお会いしたっきり。あまりお話もできずでした。

やっぱり、出来が気に入らなかったんでしょうか。魂を揺さぶるものに仕上がった自信はあったんですが。

それとも、僕が、あんなこと言ったからか…。

あんな壮大なドッキリにハマってしまって。なんだか恥ずかしいです。でも、〆切までに出来上がって。

いい台本でした。


とにかく、僕は、事業部へ異動になったんです。



イベントとか、舞台とかを手掛ける部署です。最近じゃ、テレビ局も積極的に力を入れてるんです。


舞台を手掛ける敏腕プロデューサーになるべく、がんばっていきたいと思います。


さてさて、僕が手掛ける一本目は、『セ ニ ハ ラ ヲ』という舞台作品です。
詳細はこちらです。

http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/hubc1396/

そうそう!あの役者の二人も出てくれるんですよ。杉村仁さんと、泉川京子さん。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ