DSC01346
日々

DSC01352
書き換わる記憶

DSC01358
劇的な変化

DSC01376
「あなたがいればそれで」

 
DSC01394
二週間

DSC01405
「待つことはできます」

DSC01423
「あなたは考えなければいけない」

DSC01428
最初の部屋へ

DSC01430
「先生」と呼ばれる理由

王国編ミドル
「私の妻です」

王国編ミドル03
「彼女も『寝室百景』なんです」

DSC01469
「変な人だな」

DSC01483
「やめたほうがいい」

DSC01488
「そんなこと言わないで」

王国編ミドル02
「また来てもいいかしら」

王国編ミドル03
「『寝室百景』の方と人生をともにしていただくだけの施設でもないのです」

王国編ミドル04
訪れ

王国編ミドル05
叔母とフィアンセ

王国編ミドル06
「ごめんなさい」

王国編ミドル07
「それは本当に甥なのですか」

王国編ミドル08
「どういうことですか」

王国編ミドル09
「私から彼を奪わないでください」

王国編ミドル10
「眠りとは恐ろしいものですね」

王国編ミドル11
「おはよう」

王国編ミドル12
「誰だと思う?」

王国編ミドル13
思い出の日々

王国編ミドル14
「私の名前、呼んで」

王国編ミドル15
「いなくなっちゃった」

王国編ミドル16
「おやすみ」を言うまで

王国編ミドル17
終演