image天の光とすべての私ヴィジュアル終演



『天の光とすべての私』
9/26(土)20:00まで好評配信中です!
料金:1500円
上演時間:60分
アーカイブ視聴期間:2020/09/26 20:00まで
チケット販売終了時刻:アーカイブ終了期限の2時間前
画像は初演時のwebフライヤーと終演後のサンクスビジュアルです。

今回の小野村優さん出演の2020年版の演出は、
2017年版とは大きく、また細かく違っています。

しかし、演出の私のなかの、作品に対する原風景というか、
目指す読後感は最初のこのイメージから動いていません。

旅立った「私」にとっても、旅立たなかった「私」にとっても、
二枚目の娘と二人空を見上げるこのイメージが
先に旅立った307名の「私」とは違う人生のよすがになればいいと思いました。

それはポジティブな意味だけではないかもしれません。
時には、傷として、痛みとして、自分を苛むものであるでしょう。

それでも、それを肯定するのだという決断が、人生には必要だと思うのです。

このお話は、主人公が自分と対話するために、クローン技術や意識のダビングといった
SF(Science Fiction)的ガジェットをたしかに必要としました。

でも、お話のメインディッシュはそこにはありません。
Solitary Fictionと名付けたように、たった一人の、あり得べき物語のために、それらが必要だっただけです。

生きることは可能性を捨てること、捨てることは悲しいことかもしれませんが、
選んだものを愛すること、選ばなかったものに恋することを肯定できる人生のために、
この物語はあるのです。