坂本企画の舞台裏

「嘘をつくひと」をテーマに芝居を作る、『坂本企画』の舞台裏
坂本企画 15 『寝室百景』 2018年2月23日(金)〜25日(日) シアトリカル應典院
webサイトはリニューアル工事中です

2011年08月

さて、今日は南船北馬さんの仕込みでcan tutkuへ
can tutku照明環境改善計画を引き受けている関係で
管理さんのようなことをしに行きます

デジタル制御できる常設回路(β版)の本稼動一本目なので
機材たちのご機嫌を取りにいかねばならんわけです

もっとも、
この構成にしてからトラブルが起きたことは無いので
専ら仕込みの手伝いに終始することになろうかとは思います
そうありたいものです

can tutkuは劇場には珍しく白壁で
そこが魅力でもあるのですが
水性・油性にかかわらずスモークが御法度なこともあり
照り返しを管理するのが腕の見せ所だったりします

反面、生明かりの映え方はちょっと類を見ない感じなので
なるべくシンプルに使いこなせるようになりたいものです

今日の仕込みはプロのプランナーさんなので
何かしらワザを盗んでこれればいいのですが

そんなわけで、
我らがcan tutkuは演劇のみならず
カジュアルな室内楽なんかにもぴったりなはずです
もし、お手頃なスペースをお探しなら
ぜひとも一度お越しくださいませ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

MONO語り、はじめます、と言っておいて何ですが。


今、映画のシナリオも書いてます。

vol.3『さよなら ルーシィ』が
非常に好評をいただいてまして、
なかでも、「明地 望」という男が、
なぜだかモテておりまして、
vol.5『月光グールド』
なんて続編も出来てしまったのですが、

さらに、
彼を主人公に映画を撮っていただく事になりました。


こちらとしては大変ありがたいお話ですが、
非常にダメな男として造形した明地なる男が、
なぜこれほどモテるのか、
少々納得いかない思いでもあるのです。
あんなにダメな男なのに……


さて、それに先立ち、
映画を撮って頂く方々の上映会のために、
映画と映画の間のMC替わりになるような映像を
作ってはどうかということに。


それならと、
今、坂本企画イチオシの『カフェ+シアター』に
懐かしのLucy's cafeの面々を再集合させました。

また明地です。
憎いあンちくしょう三度、です。
番外編なのでやりたい放題です。

おそらくは、作家の書くドライな明地像ではなく、
役者・中野聡氏が想定するウェットな方の明地です。


おそらく、明地がここまで愛されるのは、
役者・中野聡氏の力だと思います。
彼の演じる明地は、非常にウェットで、
それでいて、非常に飄々としています。

私は、ドライでありながら、
かなり陰湿な個性として想定していたので、
『さよなら ルーシィ』の稽古はとても面白い手触りでした。

おそらく、書き手と、演じ手の、性格の差でしょう。
どちらが魅力的かは、言うまでもありませんね。


『月光グールド』の際に販売した戯曲をお持ちの方は、
ぜひとも読み返してみてください。
果たして、あなたの中の明地は、どんな性格でしょうか。


上映会用の短編映像
並びに、
明地を主人公とした映画は、
そろそろと動き出したところで、
まだシナリオも私の手を離れていません。


おそらく、お目にかけることができるのは、
今年の冬以降、
おそらくは来年のことになると思いますが、
その折には、またお知らせさせていただきたく思います。


その頃には、舞台版の方も、
ブラッシュアップして再演をしたいねと
中野氏とも言っているのですが、
どうなることやら。


3年を経ずして、
さよならしたくともできない演目と
キャラクターを持てたことに感謝しつつ、
憎たらしいあの男の人生に付き合わざるをえない日々に、
もうしばらく悩まされそうです。

さよなら ルーシィ1
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ