坂本企画の舞台裏

「嘘をつくひと」をテーマに芝居を作る、『坂本企画』の舞台裏
坂本企画 15 『寝室百景』 2018年2月23日(金)〜25日(日) シアトリカル應典院
webサイトはリニューアル工事中です

カテゴリ: 北岡悠

画像11

キャスト宣伝動画第二弾!

今回は
実は動画撮影が大の苦手
北岡悠さんです 

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

北岡です。

 

本日は、序盤から繊細なシーンの稽古が続きました。

相手役と息を合わせること。

敢えてズレを生じさせること。

 

身体と言葉をもって物語を創り上げていく演劇は、

実に絶妙なバランスを保っていて、奥が深い。美しい。

そんなの毎回のことですが。

今回も改めて痛感しました。

 

さながら薄氷の上を歩くように。

もしくは水面を疾走するバシリスクトカゲのように。

 

繊細さを極めた稽古の先には、奇跡のシーンが成立するのです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

北岡と申します。
坂本企画でお世話になるのも、今回で4度目です。

先日、就職活動のしがらみから解放され、
残された約半年の学生という猶予期間を、
まずは公演に向けて費やしていきたいと思います。


さて。今回の戯曲を読んでいて、
ひとつ思い当たるエピソードがあるのですが。
私が幼い頃…恐らく、保育園児の頃からの習慣です。

ベッドに寝転がって、無心になって掌を見つめて。
親指を折り曲げ、伸ばす。
人差し指を折り曲げ、伸ばす。
中指。
薬指。
小指も同様に。
曲げては伸ばし、曲げては伸ばす。
暫く続けていると、
何だか自分の手が自分の手じゃない気がして怖くなる。
自分の頭で命じて体を動かしているはずなのに、
それが本当かどうか信じられなくなる。
同時に、目前で動く手が妙にリアルに感じられて。
生きている感覚が湧き上がってくる。

私だけの経験かも知れないけれど、
普段意識の下にあるものを呼び起こし、そうすることで、
他人も、そして自分も生々しい人間であることを思い知るんです。
何だか気持ち悪くて、すぐに意識を霧散させるのですが。

感覚が研ぎ澄まされるような、麻痺してしまうような。

今回のお芝居はそんなことを感じながら、役を模索しています。




あ、ちなみに今日のお昼はトンカツ定食でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ