【一回戦】
北陸女子代表 0-31 神奈川県代表

【敗者戦】
北陸女子代表 12-24 群馬・長野女子代表

【7位決定戦】
北陸女子代表 5-12 長崎県代表

*******

北陸女子代表として初めて挑んだ全国大会、太陽生命カップ2019 第10回全国中学生ラグビーフットボール大会に出場してきました

結果は残念ながら全敗に終わりました

大会一日目

初戦はこの大会を制した神奈川

緊張からか、普段見られないようなハンドリングエラーを繰り返し、王者相手に準備してきたことが何も出来ないまま敗戦

しかし「これはもうトライや」と諦めかけた相手選手の独走を、背後から両足目掛けて飛び込み倒したニコのビッグタックル等、収穫も多くありました

次につながる敗戦でした


続く二試合目は群馬・長野

初戦を終えて緊張が解れたのか、徐々に本来の姿を取り戻したチームは、一進一退の戦いを続け、せいかが二つのトライをあげ、ノーサイド寸前まで12-17と、逆転可能なスコアで食らいついていきました

しかし、最後の最後にペナルティーを取られダメ押しのトライを取られ万事休す

この試合で主将のせいかが鼻を骨折

さらに、終盤あいこと交代してベンチに下がってきた今大会大活躍のニコが太ももの痛みを訴える

あいこも指の骨折が治ったばかりの状態

チームは不安を抱え、翌日の大会最終日を迎えることになりました



大会最終日

強めの雨の中、勝っても負けても、このチームとしては最後となる長崎戦を迎えました

幸いにもニコの太ももはテーピングを巻いてトップスピードで走れるまでに快復

さらに鼻を骨折したせいかも出場を直訴

リザーブのあいこも含め、満身創痍ながらなんとか全員でキックオフを迎えることができました



開始早々、ひより、りんご、なな、りえといった小柄な選手たちが、強気なパスとランで敵陣深くまで攻め込み、せいかが何度もトライチャンスを作る

しかし必死のタックルでトライを防ぐ長崎

雨の中お互いミスもほとんどない、非常に白熱した試合展開となりました

そんな中、先制トライが生まれました

前日のミーティングで「明日はちあきのスピードに賭けたい」と、攻守ともに安定感抜群のWTBりえ(3年)をFWに入れ、チームナンバー1のスピードを誇るちあき(2年)を初めてWTBに抜擢

本当に賭けでした

そんな中、選手たちが体を張って獲得したボールが綺麗にちあきに渡る

大外でトイメンと1vs1になったちあきは、先週の強化合宿で教えたばかりのスワーブを使い、トイメンを抜き去り、ライン際を爆走

ラグビーデビュー6試合目にして自身初となる貴重な先制トライを取ってくれました

今大会初めてリードした展開になりましたが、そこからなかなか追加点が奪えず、苦しい展開に

後半に入るとこれまで我慢を重ねてきたDFラインの僅かなほころびを着かれ、同点トライを許しました

コンバージョンも成功し、5-7で逆転されました

ここからもあきらめず食らいついていきましたが、最後にもう一本取られ、5-12

ノータイムで迎えた最後のアタックは、ノックオンで万事休す

一歩及ばず、長崎に悔しい逆転負けを喫しました



試合後の挨拶を終え、ベンチで悔し涙を流す選手たち

勝たせてあげれなかった我々スタッフも悔しかった



初めて挑んだ全国大会

対戦したチームはどのチームも強かったです

しかし、北陸は小さな体で全員が一丸となって強敵に立ち向かっていきました

一戦ごとに団結力が強くなっていくチームに感動しました

また試合を離れれば10人全員が仲良し

バスの中や宿泊先でも常に明るく楽しく過ごしているみんなの姿に頬が緩みました

本当にいいチームになってくれた

私はこのチームの監督ができて、幸せでした

2019年度北陸女子代表はこれにて解散です

みんなありがとう!




138051_1000x1414
001002003004005006007008009010011012013014015016