2008年07月19日

騙されない投資信託で 老後は安定した資産を構築! 投資信託解体新書

 長期で堅実に資産を運用をしていくには、投資信託がベストです。
 FXやデイトレードなどが流行っている中、なぜ今、投資信託なのか?
 その理由は3つあります。
 
 1.投資信託(投信、ファンド)は、種類が豊富にあります。
 国内株式をはじめ、海外の株式や債券、不動産に投資するものなど、これらを好きなように組み合わせることができます。
 さまざまな種類の投資信託に、資産を分けて長期投資をすることで、価格変動のブレを押さえ、安定させることができるのです。

 2.ほとんどの投資信託が、少額で購入できます。
 たいてい、1万円から購入することができます。

 3.投資信託は、高い分散効果が期待できます。
 例えば、株式投資信託は、たくさんの株式から構成されています。
 ですから、これらの株式すべてに、分散投資できることになります。 

 「小額で始められ、リスクも低く抑えられる」
 まさに、理想的な投資商品と言えるでしょう。 

 しかし、一口に投資信託と言っても、その種類は、本当にたくさんあります。
 なので
 「一体、どの投資信託にすればいいの?」
 「何を基準に選べばいいの?」 と、迷ってしまうことと思います。
 同じような投資信託も多いですし。

 また、同じような投資信託に投資しても、人によって何百万、何千万と、結果に差が出てしまう場合があります。
 
 「え? 何百万、何千万!?」
 本当ですよ。

 投資信託解体新書のホームページの、前半4分の1辺りまで進んだところに、具体的なシミュレーションがあります。

 これよると、
 「どんな投資信託を選ぶのかによって、6000万円くらいの差が出る」
 という結果が出ています。

 特に初心者の方は、銀行からのおすすめ商品や、マネー雑誌で特集されている投資信託を「何となく良さそう」という理由から、よく調べずに買ってしまい、「悪い投資信託」を持っている場合が多いのです。
 そして、大きな利益を逃していることにまったく気付かず、投資を続けている人もいます。
 ちょっと投資信託を変えるだけで、将来は何百万、何千万と儲けられるはずなのに、そのチャンスを逃してしまっているのです。
 こんなにもったいない話はありません。

 そこで、投資信託解体新書です。 
 この教材は、個人投資家の立場から、「どの投資信託を選んで、投資すればよいのか?」ということについて、徹底的に分析して、解説してあります。
 具体的に、15の「おすすめ投資信託」の名前と、8つの「おすすめ証券会社」をあげているので、この中から投資信託・証券会社を選べば、初心者の方でも、「最高の投資」をすることができます。

 なので

 ●あなたに合った証券会社がどこなのかわかる

 ●最小の時間と知識、労力で、最大効果の投資が実行できる

 ●あなたも25年後には、トップ10%の勝ち組に入れる
  (過去50年間のデータで証明済み)

 ●投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏の推薦する投資法を、あなたも始めることができるようになる

 ●日々の価格変動を気にせずに、ずっと投資を続けられる

 ●新しいファンドが出たとき、それが良いものなのかどうかを、あなたは自分で判断できる実力がつく

 ●今後も継続的に、ファンドや証券会社の最新情報を、受け取ることができる

 ●面倒な投資手続きなどを、あなたは完全自動化(ほったらかし)できる

 ●もう、悪質な投資信託の勧誘、広告にだまされなくなる

 ●これからは、無駄な手数料を、一円も払わずに済むようになる

 ●100冊以上の本、数百時間の調査、7年間の研究と経験から生み出された、長期投資のキモとなる情報を入手できる

 ●一般の書籍からでは入手困難な、投資家の立場から見た本音の投資情報が手に入る

 ●無料相談を活用して、あなたの投資に関する悩みを、すべて解決できる

 ●将来の年金、老後資産の不安を解消できる

 ●真の長期投資家を目指して、あなたは力強い第一歩を踏み出せる

 ただし、気を付けて頂きたいのですが、投資信託解体新書でご案内しているのは、あくまで「長期的な、長い目で見た投資方法」です。
 FXや信用取引のように、デイトレードなどで「短期間で、爆発的な利益」を得ることはできません。
 また、投資の作業を「ほったらかし」にすることはできますが、基本的には「毎月3万円ずつ(最低でも1万円)」、定期的な投資資金の追加が必要です。
 さらに、結果が大きく出るのは10年後、億単位の利益を生み出すには、(投資資金にもよりますが)30年くらいかかるそうです。
   
 しかし
 「時間がかかってもいいので、リスクの低い投資で、資産を構築したい」
 「若いうちから、老後の資金をたっぷり準備しておきたい」
 といった方には、ピッタリの教材だと思います。
 
 今まで、「投資」と言っても、「まとまった資金もないから無理」と諦めていた方も、多いと思います。
 しかし、毎月1万円なら、何とかなりそうだと思いませんか?
 (中には、5000円のファンドもありますし。)

 投資信託解体新書では、今まで、将来のこと、投資なんて考えていなかった方、また、投資信託についてよく分からなかった、という方など、投資初心者の方にも分かりやすく解説しています。
 「長期投資、資産の運用について勉強したいが、何から始めたらいいのか・・・・」という方にも、ピッタリの内容になっています。
 
 毎月1〜3万円、同じ金額を投資するとしても、「何に投資するのか」その種類によって、結果は天と地ほどに違ってきます。
 投資信託の銘柄1つで、経済的に余裕のない、将来の不安な老後。
 または、お金を使っても使っても、投資の利益で資産が増えてしまう人生、と大きく変わってきます。

 また、「勝ち組」「負け組」の違いも、「知っているか」「知らないか」、これに尽きると思います。
 この投資情報を知っているか知らないか、そして、「やるか」「やらないか」、これだけです。
 勝ち組から負け組になるのも、また、負け組から勝ち組になるのも、本当に、紙一重のことなのです。   

 関連リンク:投資信託解体新書

tou_shintaku at 15:49|Permalink