2008年01月30日

Live Act Tulip 2007−2008 run5

run

 センチュリーホールのTulipのコンサートに行ってきた。6時30分スタートだが、仕事は5時30分までなので、3時の休憩のうちに、作業服をスーツに着替え、定時と同時に飛び出せるようにしておいた。

 いつもは定時で帰ることのないぼくが早々に帰ろうとするので、不思議に思ったバイトさんに、「今日はどうして早いの?」と聞かれ、「コンサートに行くから」と答えると、「誰の?」と続けて聞く。「チューリップ」と言うと、「何それ?」と不思議そうな顔をするので、「そういうバンドがあるの」とだけ答えておいた。まったくTulipを知らないなんて、ふてえ奴だと言いたい所だが、20歳そこそこでは無理もないか。

 センチュリーホールに着くと開演10分前。とりあえず、前回のコンサートで気に入った『約束』『逆回転』の収録されている『Upside−down』と、高校時代に繰り返し聴いた『無限軌道』、それに、最新作の『run』とを買った。別に「4500円以上お買い上げの方にトートーバッグプレゼント!」って文句に惹かれた訳じゃないからね。

Upside-down 

無限軌道

 『心を開いて』で始まり、曲目はほぼ前回12月1日と同じ。

 『悲しきレイン・トレイン』は高校時代にはそれほど、いい歌だとは思わなかった。ただ、この歌が『心の旅』の後日談ならいいなあとは思っていた。

♪やがて時がおとずれて 僕の夢をつかんだら、

 そのとき君に手紙をかくよ 東京ゆきの切符を入れて

 という歌詞があるからだ。今日、改めて聴いて、やっぱりこれは『心の旅』で離ればなれになった二人のその後を歌った曲なのだと、ぼくは思うことにした。

 Tulipの歌を聴いたのは、『心の旅』が初めてだった。当時は『学生街の喫茶店』『君の誕生日』『ロマンス』という歌を歌っていたガロというグループがいて、ぼくは当初はガロの方が好きだった。でもシングルレコードは、ガロもTulipも買っていた。多分、『ぼくがつくった愛のうた』から、ぼくはTulipへ転向したのではないかと思う。

 Tulipは、『心の旅』『夏色の思い出』『銀の指輪』(の順だっけ?)と姫野さんのボーカルが続いたのに、『青春の影』では財津さんがボーカルを務めた。、姫野さんの甘い声を聞き慣れていたぼくは、「辛気くさいおっさんみたいな歌い方をする奴だなあ」と思ったものだ。

 でも、今日コンサートを聴いてみて、Tulipがこれほどまでに長く愛される一つの理由には、個性の違う二人のボーカリストを擁していたことが挙げられるのではないかなと思った。

 あと、例えば、『夢中さ君に』『銀の指輪』『あの娘は魔法使い』などを聴いて、今ではそれほど言われることもないが、Tulipは確かにビートルズの影響を受けたバンドで、グループサウンズ(GS)の雰囲気をも持ち合わせていたのだなあとも思った。もっとも、ぼくはGSの歌を生で聴いて育った訳ではないし、音楽の専門的知識もないので、的はずれな印象なのかもしれないが…。

 一番よかったのは、『約束』。前回初めて聴いたときも涙が出そうになったが、今回は本当に泣けてきた。多分CDで聴くよりも、生で聴いた方がずっと心に沁みわたるんだろうね。

 残念だったのは、今回も『サボテンの花』が聴けなかったことだ。

 市村正親さんのコンサートに出かけて、いつも期待するのが『オペラ座の怪人』なのだが、これまで歌ったのは、芸能生活30周年記念リサイタルの一度きりだ。その時、市村さんが、劇団四季との絡みで、簡単に歌うことはできないというようなことを言っていた。

 『サボテンの花』にも、何かしがらみがあるのかなあ?

 最後にメンバーが手をつないで挨拶をする場面を見ていて、涙がこぼれそうになった。

 全国ツアーはこれが最後かもしれないけど、また、気が向いたら5人で名古屋に来て歌ってほしいなあ。もっとも、それはぼくだけではなく、全国のTulipファンの願いでもあるだろうけど。

 帰りに、もう2枚、今度はベストアルバムを買ってしまった。しめて1万5千円以上。給料日から5日しか立っていないのに、お、お小遣いが…。シクシク

Tulip おいしい曲すべて 1972-2006 Young Days~
Tulip おいしい曲すべて 1972-2006 ~Mature Days
 このアルバムもビートルズの赤盤、青盤を意識しているのかな?

 コンサートはあと、長野と大阪を残すのみ。Tulipの皆さん、あと2回頑張って下さい

    <Tulip関連の以前の日記>

チューリップ コンサート「Tulip Live Act 2007 run」(2007年12月1日)

『サボテンの花』チューリップ(2007年11月28日)

 



touch3442 at 23:49│Comments(7)TrackBack(0)MUSIC−Tulip | MUSIC

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆうみん   2008年02月02日 16:34
mixiの足跡からきました。
「誰のコンサートに行くの?」って子供達に聞かれて答えられなかった私・・。
仕方ないよね。。

でも驚いた事に 私の通っているスポーツクラブで友達から「この間コンサート行ったの!チューリップって知ってる?」って逆に聞かれたの〜!
「知ってるよ!私 5列目にいたもん!」ってもちろん答えました。
お互いにビックリ(笑)
2. Posted by touch3442   2008年02月02日 20:27
ゆうみんさん

こんばんは。ようこそ、いらっしゃいませ。

お子さんはまだ小さいのですか?
だとしたら、チューリップと言っても♪咲いた、咲いた、チューリップの花が〜、だと思われてしまいそうですね。

意外な所でチューリップのファンを見つけましたね。
グループの名前は知らなくても、『心の旅』や『サボテンの花』を聴いたことのあるという人は多いのではないかと思います。
3. Posted by エルねぇ   2008年02月04日 23:44
5 こんばんわ

素敵なブログを読ませていただきました
読んでいて またそのときの興奮を思い出したりしました

若い頃 チューリップのコンサートに行って 何十年ぶりかの解散コンサートでした
やっぱり生で聴くのはいいですね
最後の大阪も行きたいくらいですが・・・先立つものもないし 我慢します

チュメール 登録しました
今回ファンになったドラムの上田さん情報があるといいなって思ったりしてます
4. Posted by touch3442   2008年02月04日 23:59
エルねぇさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

若い頃は、お金がなかったせいか、コンサートに行くよりCDを買って繰り返し聴いた方がいいという考えでした。
でも、中島美嘉さんのコンサートや、今回のチューリップのコンサートに出かけて、考えを改めました。

『約束』も『逆回転』も、生で聴いたからこそ、その素晴らしさがより伝わったのだと思います。
お金がないのは、今も一緒ですが、これからは機会を作っては好きなアーティストのコンサートに出かけてみようと思っています
5. Posted by サリー   2010年05月24日 11:14
昨日はTudipライブ&打ち上げをご一緒できて楽しかったです♪

TULIPカテをずっと読んでおりました

この日のライブ私も遠方の友達に誘われての初TULIPでした
最初で最後なんだ〜と感慨深いライブだったことを思い出しました
悲しきレイン・トレインは私も同じく思っています

それではまたご一緒できる日を楽しみにしています
PS
名前を中々覚えられずすいませんでした^^;;;
6. Posted by touch3442   2010年05月24日 23:53
サリーさん

コメントありがとうございます。

サリーさんも、ラストコンサートで、初めてTULIPのステージをご覧になったんですか。
最後だと聞くと、何となく気になりますよね。

> 悲しきレイン・トレインは私も同じく思っています

共感して下さってうれしいです。

ところで、前回のカラオケは3時間ずっとTULIPでした。
今回はサリーさんたちが中島みゆきさんの歌を歌って下さったおかげで、その縛りが取れたようで、いろいろな曲を聴くことが出来て、これまた楽しかったです。

> PS
> 名前を中々覚えられずすいませんでした^^;;;

どうぞ、お気になさらずに。

では、また。
7. Posted by touch3442   2010年05月24日 23:54
サリーさん

コメントありがとうございます。

サリーさんも、ラストコンサートで、初めてTULIPのステージをご覧になったんですか。
最後だと聞くと、何となく気になりますよね。

> 悲しきレイン・トレインは私も同じく思っています

共感して下さってうれしいです。

ところで、前回のカラオケは3時間ずっとTULIPでした。
今回はサリーさんたちが中島みゆきさんの歌を歌って下さったおかげで、その縛りが取れたようで、いろいろな曲を聴くことが出来て、これまた楽しかったです。

> PS
> 名前を中々覚えられずすいませんでした^^;;;

どうぞ、お気になさらずに

では、また。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字