2008年11月21日

『シンデレラ・ティース』坂木司著(光文社)4

シンデレラ・ティース
シンデレラ・ティース
 9日に愛知県図書館に行き、『妖怪アパートの幽雅な日常』の2巻を借りようと思ったら、貸し出し中だった。2巻は予約をして、3巻、4巻と一緒に借りてきたのが、この本だ。

 「品川デンタルクリニック」という、歯医者を舞台にした連作短編集である。

 叶咲子は19歳の大学2年生。子どもの頃にかかった歯医者での体験がトラウマとなって、歯医者が大嫌いになった。夏休みのアルバイトを探していたところ、ひょんなことから歯医者の受付嬢をすることになってしまった。咲子の働くクリニックには、咲子の他に8人が働いている。

 歯科医師は院長をはじめ三人。一人は咲子の叔父である叶唯史。四十代前半にしては恰幅がよく、歯医者というよりもコックのイメージに近い。院長の品川知之は中肉中背で年齢的にはギリギリおじいさんの手前といったところ。優しそうな人ではあるが、結構口が悪い。もう一人は、腕は良さそうだが、ちょいとセクハラキャラの成瀬吉人。

 歯科衛生士は女性が三人。男性を悩殺するセクシー系の三ノ輪歌子。色白で優しそうな美人の中野京子。童顔でアニメ声の春日百合。

 窓口事務を一手に引き受けるのが、いかにもやり手といった感じの葛西瑞枝。

 そして、歌子曰く、ばりばりのオタクの歯科技工士、四谷謙吾。

 受付として働きはじめた咲子の前に、様々な患者が現れる。

 電話ではすごく優しくて感じがいいのに、いざ来院すると、ぶっきらぼうで、ろくに口も利こうとしない患者や、診察室にまで秘書と一緒でなければ入ろうとしない患者。また、治療に時間がかかりすぎる上、薬が多すぎるとクレームをつけてくる患者の関係者。

 そうした患者にまつわる謎を、一見パッとしない四谷が解き明かしていく。

 何というのか、歯医者の理想郷を描いたような作品である。とことん患者の立場に立った腕のいい医師に、それぞれ異なった魅力のある歯科衛生士、そして、職人気質の歯科技工士。こんな歯医者があるなら、ぼくも是非通いたい。右の奥歯がシクシク痛むから…

 ミステリーとしては、「日常の謎」シリーズに分類されるのだろうが、歯医者を舞台にしているだけあって、真相はなかなかユニークである。

 咲子にとっては、軽い気持ちで始めた夏休みのアルバイトであるが、このクリニックでの体験を通して、彼女は、何事にも受け身だった自分を反省し、自ら新しい一歩を踏み出す。

 軽やかな作品集ではあるが、歯科医療の最先端や、オーラルケアの大切さなども勉強することができて、面白かった。 (11月21日読了)



touch3442 at 23:35│Comments(2)TrackBack(2)BOOK−ミステリー | BOOK−坂木司

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. シンデレラ・ティース 坂木司  [ 苗坊の読書日記 ]   2008年11月23日 11:43
5 シンデレラ・ティース オススメ! サキは大学二年生。歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになってしまった。 個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。 都心のオフィ....
2. シンデレラ・ティース  [ うませんの独り言 ]   2015年06月22日 05:42
坂木司著「シンデレラ・ティース」 この物語は、小さい頃から歯医者が大嫌いな大学生の女の子・咲子が、 ひょんな事から夏休みの間だけ叔父の勤める歯科クリニックの受付のバイトをすることから始まります。 様々なお客様のちょっとした謎や、スタッフとのやり取りを

この記事へのコメント

1. Posted by 苗坊   2008年11月23日 11:46
こんにちは。TBとカキコありがとうございました。
理想郷…確かに。こんな歯医者だったら、怖がらずに入れますね。
新技術についても驚きました。
特にあの女の子の話は、多分実話に近いですよね?
こんな技術があるのかと驚きました。
サキちゃんと四谷さんの恋も微笑ましくて好きでした。
最初はお嬢様っぽかったサキちゃんも、何だか大人っぽくなった気がします。
2. Posted by touch3442   2008年11月23日 12:54
苗坊さん、こんにちは。

会社のアルバイトの男の子が、「あの歯医者さんはいいですよ」と教えてくれた歯医者さんがあるのですが、その理由は、「受付の人も、歯科衛生士もキレイな人ばかりですから」。
男性が歯医者さんを選ぶ基準はそこかい、とツッコミを入れたくなります。

歯医者さんに行くと、当然のように歯を削られるのですが、原形を留めないほどやせ細った歯を見てショックを受けたことがあります。
このクリニックなら、そんなことがないのだろうなあと、うらやましくなりました。

サキちゃんと四谷さんはお似合いですね。この二人なら、お互いを思いやり、2年のブランクも無事乗り越えられるでしょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字