正しいオトナたち

正しいオトナたち

作: ヤスミナ・レザ
翻訳: 岩切正一郎
演出: 上村聡史
出演: 真矢ミキ、近藤芳正、中嶋朋子、岡本健一
観劇日: 2019年12月22日(日) 13:00
上演時間: 1時間45分(休憩なし)
劇場: 東京グローブ座
チケット代: S席 9,500円(E列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

ヤスミナ・レザさんの作品は、これまでに2つほど観てました。



どちらも、カップル(夫婦など)2組を中心としたケンカ劇。
そして、この芝居も同じ構成で……。

ウリエ夫妻(ヴェロニック:真矢ミキさん、ミシェル:近藤芳正さん)の家に招かれたレイユ夫妻(アネット:中嶋朋子さん、アラン:岡本健一さん)。
レイユ夫妻の子供が、ウリエ夫妻の子供を怪我させた(前歯を二本折るほどの)件で、話し合いをしています。
ウリエ夫妻は被害者側でありながら、お茶などでもてなし、穏便に事を治めようとしますが、弁護士のアランは、ひっきりなしにかかってくる電話の応対に忙しい。
そのうち、そんな旦那の様子に、アネットのイライラが積もり積もって……。

最初は穏やかに、それこそ"正しいオトナ"の対応をしていた4人ですが、徐々にその仮面が剥がれて、子供じみた諍いに発展していく様が笑えました。
それに伴って、服装にも乱れが……スカートやズボンにきちんと入れていたシャツが、だんだんだらしなくはみ出してきます(初めは演出じゃなくて、ハプニング?かと思いました)。

そして、目まぐるしく変わるパワーバランス
夫婦vs夫婦、女vs男、アランvs3人、妻vs妻(旦那同士は馬鹿話)などなど。
その中で、それぞれ夫婦二人きりの時には、こんな感じなんだろうなあ、ということが見えてくるのも、なかなかに上手い作りでした。

途中、ハムスターを逃した件で言い争っている時には、「今、何の件で揉めてるの?」と思わないでもなかったですが、人のケンカは見ていて面白い!

4人の掛け合いが見事な舞台でした。


※ ひとつ思ったのは、この芝居は、もう少し小さい劇場で観たかったかな、ということ。
劇場(ステージ)の大きさは、その舞台が描いている世界(シチュエーションとか人数とかではなく)と比例した方がいいんじゃないかと。
夫婦二組の小さな小さな諍いは、シアタートラムとかシアターイースト・ウエストくらいの小ささが丁度いいんじゃないかと思いました。