東京(中野正貴写真展) 東京(中野正貴写真展)

開催期間: 2019年11月23日〜2020年1月26日
場所: 東京都写真美術館
入場料: 1,000円

【感想】

いわゆるアートのような写真も嫌いじゃないですが、やっぱしカッチリ撮った風景・建物・人物・動物などの方が、私は好きです
この展覧会は、見慣れた東京の街を、様々な切り口で捉えた、とても面白い写真展でした。

特に目を引いたのは、誰もいない東京の街を写した「TOKYO NOBODY」
本当に誰一人、車一台も走っていない銀座や新宿があり、まるで映画のようなパラレルワールドのような感じです。
もしかして長時間露光で、人や車を消したのかなとも思いましたが、信号機のライトを見ると、ちゃんと写っているので、本当にこんな瞬間があるんだと驚きました。

もうひとつ面白かったのは、部屋の中から窓越しに切り取った東京の風景「東京窓景」
窓の外には近代的な東京の景色、窓の内側には生活感あふれる部屋が写し出され、その二つの世界を窓が分割しています。
なかなかシュールな光景です。

8x10の大判カメラで撮った写真を、これまた大きく引き伸ばし、迫力のある展覧会になっていました。

入り口で、約7分のビデオが上映されているので、是非、これを観てから入ることをお勧めします。