やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

北村有起哉

【観劇】唐版 風の又三郎

唐版 風の又三郎

唐版 風の又三郎

作:
 唐十郎
演出: 金守珍
出演: 窪田正孝、柚希礼音、北村有起哉、丸山智己、江口のりこ、石井愃一、山崎銀之丞、金守珍、六平直政、風間杜夫、大鶴美仁音、えびねひさよ、広島光、申大樹、林勇輔、染野弘考、小林由尚、加藤亮介、三浦伸子、渡会久美子、傳田圭菜、佐藤梟、日和佐美香、清水美帆子、本山由乃、寺田結美
観劇日: 2019年2月14日(木) 19:00
上演時間: 第1部(45分) / 休憩(10分) / 第2部(45分) / 休憩(15分) / 第3部(60分)
劇場: シアターコクーン
チケット代: S席 10,500円(A列) [パンフレット代:1,600円]


【感想】

はっきり言って、ストーリーはほとんど追えませんでしたが、アングラ特有の勢いや迫力に押し切られた舞台でした。

あらすじは一応こうです。
精神病院から抜け出してきた青年・織部(窪田正孝さん)の前に現れたエリカ(柚希礼音さん)を、織部は自分をどこかに連れて行ってくれる「風の又三郎」だと思ってしまいます。
エリカは、自衛隊の練習機で逃亡した恋人を探していますが……。

その後は、夢なのか何なのかよく分からない状況が続きます。
いきなり「夜の男」(北村有起哉さん)が登場してエリカを連れて行こうとしたり……。
風間杜夫さん、六平直政さん、金守珍さん、石井愃一さんたちが、何者なのかもいまいち掴めないし……。
第二幕の始まりの時には、六平直政さんが「二幕は織部の耳の中の世界」と説明しますが……。

とにかく、よく分からないけど、でも不思議と舞台には引き込まれてしまいました。
ところどころ、おどろおどろしい場面があったりするものの、幻想的で美しいシーン(第三幕の電話ボックスとか)もあります。
アジテーション気味に喋るモノローグもリズミカルで、聴いていて心地よくなってきます。
これがアングラの魅力なんでしょうか?

主役のお二人(窪田正孝さん、柚希礼音さん)が、あまりアングラ感が強くなかったおかげで、ちょうどいい具合に中和されているのも良かったです。
窪田正孝さんはナイーブな青年がピッタリで、柚希礼音さんの歌と踊りは見事でした。
そして、脇を固める(かなり目立つ脇ですが)風間杜夫さんを筆頭としたベテラン勢、贅沢なキャスティングです。

コクーンで上演しているせいか、セットは結構大掛かりになっていましたが、これを本来のテントで演るとどうなるのか、ちょっと観てみたい気もしました。


※ 二幕・三幕に、カタツムリが印象的に登場します。
二幕は「織部の耳の中の世界」ということだったので、「そうか蝸牛管を表しているのか」と思っていましたが、パンフレットを読んでみると、美術の宇野亜喜良さんが「昔からカタツムリの何だかよく分からない感じが好きで、よく描いていた」とのこと。
深読みしてしまいました(汗)。
二幕のカタツムリは、すごくゆっくりと(じっと見てても分からないくらい)移動しています。
途中から、そっちばかり気になってしまいました(笑)。

【観劇】大人のけんかが終わるまで

大人のけんかが終わるまで

大人のけんかが終わるまで

作: ヤスミナ・レザ
翻訳: 岩切正一郎
上演台本: 岩松了
演出: 上村聡史
出演: 鈴木京香、北村有起哉、麻実れい、板谷由夏、藤井隆
観劇日: 2018年7月26日(木) 19:00
上演時間: 1時間45分(休憩なし)
劇場: シアタークリエ
チケット代: 9,000円(12列) [パンフレット代:1,600円]


【感想】

タイトルに「大人のけんか」とありますが、ちょっと違う印象を受けました(確かに言い争う場面は多いんですが)。

原題は『Bella Figura』で、パンフレットを見ると、元々はイタリア語の表現で「表向きにいい顔をする」とか、うまくいっている風に、顔に出さず「毅然とする」といった意味があるそうです。
なるほど、この劇の本質は、こっちの方がピンとくる感じがします。

話は、ボリス(北村有起哉さん)とアンドレア(鈴木京香さん)が、車でレストランにやってくるところから始まります。
二人は不倫関係。ボリスが「このレストランは妻のお薦め」と言ったことに、アンドレアは怒っています。
険悪なムードの中、何も食べずに帰ろうとしたところ、誤って老女(イヴォンヌ:麻実れいさん)を轢いてしまいます。
幸い怪我はなかったものの、一緒にいたイヴォンヌの息子夫婦(エリック:藤井隆さん、フランソワーズ:板谷由夏さん)と偶然にも知り合いだったボリスは、成り行きからイヴォンヌの誕生祝いに同席することに。
しかし、フランソワーズは、ボリスの奥さんの友人で……。

ここから、登場人物が総当たり的な感じで、それぞれの間でいざこざが発生します。

このやり取りが、この舞台のキモだと思うのですが……魅力的なキャストが勢揃いしている割には、なんかこう、いまいち乗り切れないというか……(苦笑)
それは、演技がどうという訳ではなく、外国もの特有の世界観 ー 例えば、ジョークとかで「だから俺はジョニーに言ったのさ、奴にはブロッッコリーがお似合いだってね。HAHAHA!」みたいな、日本人には???の世界観 ー のようなものが、私には気になったからかもしれません。

でも、男女の価値観のズレ(エリックはしきりに料理のことを気にしますが、フランソワーズはそんなこと今どうでもいいと言ったりします)や、ボリスが早く帰りたがっているのに、アンドレアはどこ吹く風といった態度で居座るとこなんかは、「あるある」といった感じで笑いました。

また、情緒不安定で、精神安定剤のようなものを常用しているアンドレアと、痴呆気味のイヴォンヌの二人が、妙に心が通じ合うところに、ちょっとほっこりもしました。

様々ないざこざの裏に「Bella Figura」があると思うと、なんとなく納得する感もあります。

この舞台、男性と女性とでは、見方や共感するところが、かなり違うかもしれません(私は料理を気にするエリックに、おおいに共感です! 笑)。

【観劇】ハムレット

stage20170407_0001

原作: ウィリアム・シェイクスピア
翻訳: 松岡和子
上演台本: ジョン・ケアード、今井麻緒子
演出: ジョン・ケアード
音楽・演奏: 藤原道山
出演: 内野聖陽、貫地谷しほり、北村有起哉、加藤和樹、山口馬木也、今拓哉、壌晴彦、村井國夫、浅野ゆう子、國村隼、大重わたる、村岡哲至、内堀律子、深見由真
観劇日: 2017年4月7日(金) 19:00  ※プレビュー公演・初日
上演時間: 第1部(95分) / 休憩(15分) / 第2部(90分)
劇場: 東京芸術劇場 プレイハウス
チケット代: S席 8,000円(H列) プレビュー公演 [パンフレット代:1,500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

初日(プレビュー公演)だったせいか、ちょっと皆さん緊張気味?の印象を受けました。
ところどころ間やテンポが「おやっ?」と思う場面がいくつか……。
またマイク無しだったため、客席に背を向けて台詞をいう時には、ちょっと聴きづらいこともありました。

でも、そんなことを凌駕するとてもエネルギッシュな舞台でした。

國村隼さんはシブく、内野聖陽さんは相変わらずセクシー、他にもそうそうたる演者の方々で、贅沢なキャスティングでした。

セットはいたってシンプルで、舞台の下手側に客席を設けた構成は、シェイクスピアが生きていた頃の舞台を俯瞰して見ている感じもしました(BGMも尺八の生演奏のみ)。
IMG_0030IMG_0034

シェイクスピアの作品は、話の筋は比較的単純ですが、台詞に普段使われることが少ない言葉(私の生活の中では)を用いている場合が多いので、時々聞き取れない箇所もあり、自分の国語力の無さを猛省しました(例えば「ニソウイン」が「尼僧院」と気付くまでタイムラグがあったとか)。

上演時間は休憩15分を含めて約3時間20分。
19時開演で22時20分までの長丁場で観応え十分でした。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

【観劇】豚小屋 ~ある私的な寓話~

stage20170109

作: アソル・フガード
翻訳・演出: 栗山民也
出演: 北村有起哉、田畑智子
観劇日: 2017年1月8日(日) 14:00
上演時間: 1時間55分(休憩なし)
劇場: 新国立劇場 小劇場
チケット代: 6,500円(B3列) [パンフレット代:500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

2017年、最初の観劇です。
ある脱走兵が、戦場から逃げてきて、自宅の豚小屋に何十年も隠れて暮らすという、年初にしては、ちょっと重たいテーマです。

舞台セットは薄暗い豚小屋で、気のせいか、臭いまでも漂っているように感じました(藁や土のすえたような臭い)。
途中、主人公の男(北村有起哉さん)が、どうしても外の空気を吸いたくて、二人で夜明け前に外出する場面があります(観客席が外という設定なので、舞台を降りて来ます)。ここだけ、少し笑えるやり取りがあるのですが、他の場面は豚小屋に閉じこもっている狂気や緊張が続きます。

小劇場で二人芝居のため、その緊張感がひしひしと伝わってきました。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ