やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

大倉孝二

【観劇】ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜

ドクター・ホフマンのサナトリウム

ドクター・ホフマンのサナトリウム ドクター・ホフマンのサナトリウム

作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
振付: 小野寺修二
出演: 多部未華子、瀬戸康史、音尾琢真、大倉孝二、村川絵梨、犬山イヌコ、緒川たまき、渡辺いっけい、麻実れい、谷川昭一朗、武谷公雄、吉増裕士、菊池明明、伊与勢我無、王下貴司、菅彩美、斉藤悠、仁科幸
演奏: 鈴木光介(Tp)、向島ゆり子/高橋香織(Vn)、伏見蛍(Gt)、関根真理(Per)
観劇日: 2019年11月21日(木) 18:30
上演時間: 第1部(1時間45分) / 休憩(15分) / 第2部(1時間30分)
劇場: KAAT神奈川芸術劇場 ホール
チケット代: S席 9,500円(7列) [パンフレット代:1,800円]


【感想】

カフカの不条理とケラさんの不条理がクロスした、どこか夢を見ているかのような舞台でした。

時は現代(2019年?)。
ブロッホ(渡辺いっけいさん)は、幼い頃にカフカと親交のあった祖母(麻美れいさん)が持っていた"カフカの未発表原稿"を見つけ、出版社へ売り込もうとしています。
カフカのことを何も知らないブロッホは、図書館で『カフカ入門』を借りてきますが、誰かのイタズラで中身は『やさしい道の迷い方』に差し替えられていました。
そうとは気づかず『やさしい道の迷い方』を読んでしまったブロッホ。
やがてブロッホは親友(大倉孝二さん)と一緒に、時代を越えて、不思議な世界へ迷い込みますが……。

現代と未発表原稿の小説の世界、そして1924年(カフカが生きていた世界)を行ったり来たりしながら物語は進みます。
ちょっとややこしそうにも思えますが、気持ちのいいややこしさで、観ている間は全く苦痛ではありませんでした。
でも後からやっぱり、「ん?あれはどういうこと?」という疑問も湧き出て来て……まあそれはそれで楽しい後味でした。

多部未華子さんは主に、未発表小説に出てくるカーラという女性を演じています。
凛として物怖じしないキャラをうまく表現していましたが、私は彼女のよく通る澄んだ声質も大好きです。

声質といえば、緒川たまきさんや犬山イヌコさんも独特のものがあり、少し冷たくて取っつきにくいようにも聴こえる声が、私には心地よく感じられます

それから麻美れいさんの千変万化!老婆から少女まで違和感なくこなしていたのに驚きです。
少女役の時には、最初、麻美れいさんとは気づかなかったくらい(笑)。

そして、相も変わらぬ大倉孝二さんのボケっぷりも顕在で、大いに笑わせてもらいました。

プロジェクションマッピングのようなスクリーンへの映像投影、エッシャーの階段を思わせる騙し絵のような舞台セット、小野寺修二さん振付の不思議なムービング……物語もさることながら、すべてが観客を不条理な世界へ迷い込ませるような演出で、3時間半が短く感じた舞台でした。

【観劇】美しく青く

美しく青く

美しく青く

作・演出: 赤堀雅秋
出演: 向井理、田中麗奈、大倉孝二、大東駿介、横山由依、銀粉蝶、秋山菜津子、平田満、駒木根隆介、森優作、福田転球、赤堀雅秋
観劇日: 2019年7月24日(水) 19:00
上演時間: 2時間15分(休憩なし)
劇場: シアターコクーン
チケット代: S席 10,000円(D列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

いま日本各地で起きている様々な問題をぎゅっと凝縮し、それを赤堀さんらしくリアルな日常で描いた舞台でした。

震災から8年経った被災地。
畑の作物や港の魚貝が、人馴れした猿に荒らされる被害が続いています。
青木保(向井理さん)は自警団のリーダーで、役場の担当者・箕輪(大倉孝二さん)らと一緒に、何とか被害を食い止めようと奔走しますが、なかなか成果を上げられずにいます。
保の妻・直子(田中麗奈さん)は、認知症の実母(銀粉蝶さん)の介護に明け暮れ、一方、自警団のメンバーは、順子(秋山菜津子さん)の営む居酒屋に集まっては、愚痴をこぼす日々……。

獣害、高齢化、介護、震災のトラウマなど様々な問題を孕み、一見、何気ない日常が、危ういバランスで保たれているような状況です。
大倉孝二さんが登場すると、一気に場が和みますが、それでもどこかにヒリヒリする緊張感は漂っていました

向井理さんは、見た目は爽やかなんですが、時々見せるひねた感じというか、ちょっとブラックな態度が、意外とハマってました。

田中麗奈さんの"追い詰められた"感や、秋山菜津子さんのあっけらかんとした強さも良く、それぞれの個性が、とてもうまく表現されていたように思います。
秋山菜津子さんのセリフ「生きてくのって面倒くさいわねー」(うろ覚え)が、何故か刺さりました。

ベテランの銀粉蝶さん、平田満さんは、舞台全体に深みを持たせる貫禄の安定感。

その中で、横山由依さんは奮闘していましたが、ちょっと一人だけトーンが違うというか……発声一つとっても、他の役者さんたちと差があったかなぁ(偉そうですみません)。

赤堀雅秋さん演出というとスナックのシーンが多いですが、今回はスナックではなく居酒屋(集まる人数が多かったからでしょうか)。
自身は、その居酒屋の店主ですが、最後まで一言も喋ることなく……それでも存在感たっぷりでした。

物語自体は、かなりシビアな問題を突きつけていますが、それでも(面倒臭くても)生きていく人間のしぶとさに清々しさを感じました。
片足をなくし、群れを離れ、凶暴化した「ハナレザル」が、心にそれぞれの傷を持つ集落の人々と重なって見えたのは私だけでしょうか。

【観劇】百年の秘密(ナイロン100℃ 45th SESSION)

百年の秘密

百年の秘密

作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演: 犬山イヌコ、峯村リエ、みのすけ、大倉孝二、松永玲子、村岡希美、長田奈麻、萩原聖人、泉澤祐希、伊藤梨沙子、山西惇、廣川三憲、安澤千草、藤田秀世、猪俣三四郎、菊池明明、小園茉奈、木乃江祐希、伊与勢我無
観劇日: 2018年4月19日(木) 19:00
上演時間: 第1部(1時間45分) / 休憩(15分) / 第2部(1時間25分)
劇場: 本多劇場
チケット代: 6,900円(E列) [パンフレット代:1,600円]


【感想】

舞台中央には、物語のシンボルとなる楡の木がそびえています。

ティルダ(犬山イヌコさん)とコナ(峯村リエさん)の友情を中心に、ベイカー家に起きた(悲喜こもごもの)出来事を長年にわたって描いた話です。

場所は、ベイカー家の中庭のようですが、シーンによっては室内(リビング)としても使われます。

女中・メアリー(長田奈麻さん)が、ストーリーテラーとして登場し、時間軸を巻き戻したり、早めたりしながら、話を進めていきます
なので、皆さん、それに応じて、若返ったり年をとったりしますが、これがちっとも違和感ありませんでした。

特に犬山イヌコさんと峯村リエさん、ティルダとコナを12歳から78歳まで演じます

世代が変わっていくので、子供役の人が年老いた時には、親役だった人が、逆に子供や孫になるといった、ちょっとややこしい設定にもなりますが、これもあまり混乱せずに観られました。

ところで、犬山イヌコさんはティルダ以外にティルダのひ孫役(4歳?)も演るのですが、その時の声がどこか聞き覚えのあるような…………わかりました!『となりのトトロ』のメイちゃんにそっくり!。
一旦気づくと、何だか気になって、集中力が欠けてしまいました(笑)。

物語は、昔の話がその後の伏線になっていたり、逆に時間を進めた時に描かれる話の謎が、巻き戻した時に解けたりと、単純に時系列で進行されない面白さもありました。

オープニングのタイトルバックこそ、プロジェクションマッピングなどを用いた結構派手な演出でしたが、本編?はオーソドックスな芝居で、3時間25分(休憩15分含む)という時間も、そんなに長くは感じませんでした。
まるで、自分が楡の木になってベイカー家を眺めている(見守っている?)ような……。

観終わった後、感動とはちょっと違って、長編小説を読み終えた読後感に近い?なんかこうジワジワくる舞台でした。


※ 本多劇場へ行くために、久しぶりに下北沢へ。
いつも通り、劇場に近い「南口」へ向かうも、何故か「南口」が見つからない……。
とりあえず、改装されたばかりの「南西口」から外へ出たら、「旧南口方面はこちら→」という看板が……「え?旧?」と思いつつ矢印の方向に進むと、なんと駅改造のため、「南口」が無くなっていました。知らなかった……。
現時点では、本多劇場へは「南西口」か「北口」から出るといいみたいです。
時間ギリギリに行ってたらヤバかったかも……。
最終的には(来年?)「東口」というのができて、ここが最寄り口になるみたいですが、南とか北とか東とか、方位感覚がおかしくなりそうです(笑)。

【観劇】ちょっと、まってください(ナイロン100℃ 44th SESSION)

ちょっと、まってください

ちょっと、まってください ちょっと、まってください

作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演: 三宅弘城、マギー、犬山イヌコ、大倉孝二、峯村リエ、水野美紀、村岡希美、みのすけ、遠藤雄弥、廣川三憲、藤田秀世、木乃江祐希、小園茉奈
観劇日: 2017年11月14日(火) 19:00
上演時間: 第1部(1時間35分) / 休憩(15分) / 第2部(1時間20分)

劇場: 本多劇場
チケット代: 6,900円(G列) [パンフレット代:1,800円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

パンフレットには、別役実氏を意識した「不条理喜劇」とありましたが、シュールなやり取りに、脳みそがムズムズするような面白さがありました。

まず、演者のいでたちですが、全員、顔におしろい?を塗っています。
物語は、ホームレスの家族(実は他人の集まり)が、徐々にお金持ちの家族(実は借金まみれ)の中に入り込んでいくというもので、時折、ストーリーテラーとして使用人役のマギーさんが話を繋げていきます。

繰り広げられる会話が、絶妙に噛み合わず、そのスカしっぷりに大いに笑いました。

特に、三宅弘城さん(お金持ちの主人役)と犬山イヌコさん(その妻役)のやり取りが格別で、観ているこちらの頭の中が何か痒くなってくる感じがしました。
どことなくパンクブーブーの漫才に似てるなぁと思ったのは、私だけでしょうか?
とにかく、この二人が秀逸で、大倉孝二さんも、ちょっと影に回ってしまったという印象を受けるほどでした。

別役実氏の不条理劇は、その奥の深さを読み取るのが困難ですが、この劇も、どんなテーマが隠されていたのか結局分かりませんでした(そもそも奥深いテーマがあったのかさえ分かりませんが)。
最初は、笑いながらも何とか探ろうと思っていたのですが、不条理すぎるやり取りに、だんだんと思考力も削がれていってしまいました(笑)。

屋敷の中と外で物語は進行しますが、時系列が微妙に食い違っていたりするところもあり、そういう部分も謎です。

あまり深く考えずに、笑いながら観ることをお勧めします。

ただ、休憩15分入れて3時間10分は……ちょっと長かったです(笑)。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

【観劇】世界

stage20170129

作・演出: 赤堀雅秋
出演: 風間杜夫、大倉孝二、早乙女太一、広瀬アリス、青木さやか、和田正人、福田転球、赤堀雅秋、梅沢昌代、鈴木砂羽
観劇日: 2017年1月27日(金) 19:00
上演時間: 2時間10分(休憩なし)
劇場: シアターコクーン
チケット代: S席 10,000円(B列) [パンフレット代:1,500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

何故か観入ってしまう舞台でした。

小さな街の普通の人々の小さな「世界」を描いているだけなのに、何故こんなにも面白いのでしょうか。
よくありそうだけど、実際にはあまり体験しないような絶妙な物語で、とても惹きつけられました。

登場人物は、クセはあるけど、そんなに強烈なキャラクターでもなく、どこにでもいるような、でも、実際にはあまり会わないような人たちで、それぞれをキャストの皆さんが魅力的に演じていました。
特に、早乙女太一さんの「最近の若者」風なキャラ(でも、なんか憎めない)が、いい味出してました。

※よく食べ、よくタバコをふかす舞台でもありました。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ