やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

奥貫薫

【観劇】渦が森団地の眠れない子たち

渦が森団地の眠れない子たち

渦が森団地の眠れない子たち 渦が森団地の眠れない子たち  渦が森団地の眠れない子たち

作・演出: 蓬莱竜太
出演: 藤原竜也、鈴木亮平、奥貫薫、木場勝己、青山美郷、太田緑ロランス、岩瀬亮、蒲野紳之助、辰巳智秋、林大貴、宮崎敏行、伊東沙保、田原靖子、傳田うに
観劇日: 2019年10月14日(日) 13:30
上演時間: 第1部(75分) / 休憩(15分) / 第2部(65分)
劇場: 新国立劇場 中劇場
チケット代: 10,800円(6列) [パンフレット代:1,600円]


【感想】

大人の演者が小学生の扮装をして、思いっきり小学生を演じると言えば……二年ちょっと前、同じスタイルで上演された三谷幸喜さんの『子供の事情』(会場も同じ新国立劇場・中劇場)が思い出され、ついついコメディを想像してしまいましたが、テイストは全然違っていて……。

大きな地震があって間もない(まだ余震が頻発している)頃のとある団地「渦が森団地」が舞台です。
田口圭一郎(鈴木亮平さん)と月子(青山美郷さん)の兄妹は、地震で被災したため、母・景子(奥貫薫さん)と共に、この団地に引っ越してきます。
そこには、「キング」と呼ばれる佐山鉄志(藤原竜也さん)が、ガキ大将として君臨していました。
鉄志の母(奥貫薫さん・二役)と景子は姉妹(鉄志と圭一郎はいとこ同士)ということがわかり、鉄志は圭一郎を依怙贔屓するようになりますが、ある出来事をきっかけに二人は対立するようになり……。

大人になった圭一郎が、昔を振り返るという形で、物語がスタートします。

藤原竜也さん、もともとヤンチャなガキ大将っぽいイメージがあるので、小学生を演っても全然違和感がありません(褒めてます)。
エアガンを撃ちまくったり、改造自転車にまたがったりする姿が、何だか生き生きと見えました。

一方の鈴木亮平さん、ガタイはデカイのに、少し気が弱くて、言いたいことがなかなか言えない少年の雰囲気が、これまた似合っていました。

木場勝己さんは、団地の自治会長という大人の役で登場しますが、子供にイライラさせられ、でも必死に自制しようとする葛藤を、とてもリアルに伝えてきます。

私は、団地で暮らしたことがないためか、この舞台にあまりノスタルジーを感じませんでした。
でも理由はそれだけではなく、この話、繰り広げられるのは子供の世界ですが、そっくりそのまま大人の世界にも当てはまるように思えるからか……。
「ガキ大将=独裁者」と見ると大げさですが、ひょんなことで力関係が逆転することはありますし、イジメや派閥形成なんかは大人になってもやってることばかりです。
というか、最近の大人がひどく子供じみているとも言えるのかも知れません(某小学校教員のイジメのニュースとか)。

いろいろいがみ合ったり喧嘩をした鉄志と圭一郎ですが、最後はまた子供らしく笑える場面などもあって、ちょっとしんみりしたラストの後味は悪くなかったかな。

【観劇】No.9 ー不滅の旋律ー

No.9 ー不滅の旋律ー

No.9 ー不滅の旋律ー

演出: 白井晃
脚本: 中島かずき
音楽監督: 三宅純
出演: 稲垣吾郎、剛力彩芽、片桐仁、村川絵梨、奥貫薫、羽場裕一、長谷川初範、鈴木拡樹、岡田義徳、深水元基、橋本淳、広澤草、小川ゲン、野坂弘、山崎雄大
ピアノ: 末永匡、富永峻
コーラス: (ソプラノ)泉佳奈、小塩満理奈、關さや香、髙井千慧子、髙橋桂、竹田理央、(アルト)南智子、小山由梨子、中川裕子、長谷川友代、(テノール)石福敏信、岩田元、斎木智弥、佐藤慈雨、外崎翼、吉川響一、(バス)黒田正雄、今井学、酒井俊嘉、比嘉誉
観劇日: 2018年11月28日(水) 19:00
上演時間: 第1部(1時間10分) / 休憩(20分) / 第2部(1時間40分)
劇場: 赤坂ACTシアター
チケット代: S席 12,000円(2階B列) [パンフレット代:2,000円]


【感想】

3年前の初演の時は、チケット争奪戦に敗れて、観られませんでした。
なので、今回が初観です(吾郎ちゃんを生で拝見するのも初めて)。

話は、ベートーヴェンが「第九」を作るまで、と聞いていましたが、「第九」だけに焦点が当てられているわけでもなく、どちらかと言うと、家族やピアノ工房、ウィーンの街の人たちとの人間模様が中心に描かれていたように思います。

ステージ両端には、本物のピアノが2台(2人のピアニストが演奏します)。
天井からはピアノの弦に見立てたものでしょうか、何本ものロープ?が下がっています。
シンプルだけどスタイリッシュで、白井晃さんらしくて、私は好きです。

稲垣吾郎さん、モジャモジャのヘアスタイルがベートーヴェンそのもの
見た目だけでなく、偏屈で自己中で横柄で自信家で……でも繊細で孤独で臆病で……そんな天才の心の機微を、まるでベートーヴェンが乗り移ったかのように演じられていました

ピアノ工房を営む夫婦の奥さん・ナネッテ(自身もピアノの製作をしている)役に、村川絵梨さん
ピシッと筋の通った職人という感じで、ひときわ目を引きました。

ときおり奏でられる生ピアノ2台による演奏も素敵でしたし、何より群衆として登場するコーラスの皆さんによる「第九」が圧巻でした。

こういう偉人の伝記ものって、最後はちょっと悲しい結末を迎えたりするものですが、この舞台は「歓喜」の歌声の中、高揚した気分で終わります。
思わず、こちらまで(歌詞も知らないのに)歌い出したくなってしまいました。

【観劇】嗚呼いま、だから愛。

嗚呼いま、だから愛。

嗚呼いま、だから愛。

作・演出: 蓬莱竜太
出演: 川上友里、古山憲太郎、奥貫薫、太田緑ロランス、小林竜樹、西條義将、津村知与支、生越千晴
観劇日: 2018年4月26日(木) 19:00
上演時間: 1時間45分( 休憩なし)
劇場: シアターイースト
チケット代: 3,000円(LA列) [パンフレットなし]


【感想】

蓬莱竜太さんの作品が好きです。
でも、「モダンスイマーズ」は観たことがありませんでした。

主人公は、多喜子(川上友里さん)。
お笑い芸人を志し、相方で今は旦那の一貴(古山憲太郎さん)と上京しましたが、現在は、漫画を描いて暮らしています(旦那は、電車の整備士)。
二人は、もう2年もセックスレスの状態で、多喜子は、そのことが常に心にひっかかっています。
そんな折、親友夫婦(太田緑ロランスさん&小林竜樹さん)がパリに移住することになり、お別れ会を開くことになりました。
姉で女優をしている慎子(奥貫薫さん)や担当編集者(西條義将さん)たちも、多喜子の家に集まりますが、酒が進むにつれ、それぞれの心の中でわだかまっていた感情が、次第に溢れ始め……。

やっぱり蓬莱竜太さんの話は面白いです。
何か大きな事件が起きるという訳ではないのですが、じっと惹きつけられるような磁力があります。

姉とは違って、自分の容姿にコンプレックスをもっている多喜子のモヤモヤとかイライラとかが、とてもよく伝わってきました。
ときどき、そこまでこじらせなくても……と思う場面もありましたが。

終盤に姉から言われる「あんたはブスだけど、それはあんたのせいじゃない!」というセリフ……言葉は結構、残酷ですが、奥貫薫さんがビシッと言うと、どこか救いのようにも感じます

最後まで観終わって、『嗚呼いま、だから愛。』というタイトルがストンとおちた舞台でした。

【観劇】星回帰線

12320161020

作・演出: 蓬莱竜太
出演: 向井理、奥貫薫、野波麻帆、高橋努、岩瀬亮、生越千晴、平田満
観劇日: 2016年10月19日(水) 14:00
劇場: 東京芸術劇場シアターウエスト
チケット代: 7,500円(G列[C列が最前列]) [パンフレット代:1,500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

緊張と緩和、笑いと涙のバランスが見事な素晴らしい舞台でした。

イケメン産婦人科医(向井理さん)があるコミュニティに訪れることで、次第にそこに住む人々の関係性が崩れていく様が、各人の抱えてる背景や過去と共に丁寧に描かれていました。
冒頭のシーンでの平田満さんと向井理さんのちょっとズレたやり取りが、これから起きることを予兆しているかのようでした。

このような人間関係は、どこでも起こり得ることで、それだけにとてもリアルで怖くなりました。
でも最後には「救い」があり、思わずグッときてしまいました。

相変わらず高橋努さんがいい味を出していて、「イケメンの傲慢だ」というセリフには妙に納得しました。




※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ