やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

小日向文世

【観劇】私の恋人(オフィス3○○)

私の恋人

脚本・演出: 渡辺えり
原作: 上田岳弘『私の恋人』(新潮社)
出演: 小日向文世、のん(能年玲奈)、渡辺えり、多岐川装子、松井夢、山田美波、那須野恵
ピアノ: 三枝伸太郎
観劇日: 2019年9月5日(日) 19:00
上演時間: 100分(休憩なし)
劇場: 本多劇場
チケット代: S席 8,300円(G列) [パンフレット代:1,300円]


【感想】

原作は読んでないですが、おそらく読んでいても、理解するのは難しかったのでは?という舞台でした。
でも、次々と繰り広げられるシーンについて「なんだこれは?」と楽しんでいるうちに時間が過ぎていきました(全体的に若干チープな感じはしましたが)。

話は多分こんな感じ……。
井上ユウスケ(のんさん)の前世は、ネアンデルタール人やナチス強制収容所にいたユダヤ人で、ずっと運命の女性「私の恋人」を探しています。
一方、井上の担当医・高橋陽平(小日向文世さん)は、余命いくばくも無い中、「行き止まりの人類の旅」に出かけて行き……。

これは現実なのか夢なのか?それとも妄想なのか?
時間や空間、人種や性別を行き来しながら、時にはミュージカルで、時にはダンスで、時にはパントマイム?で繋いでいきます。
その不思議な世界観は、ルネ・マグリットのシュルレアリスムの絵のようです。

小日向文世さん・渡辺えりさんというベテランに、のんさんがどう絡んでいくのかというのも興味がありました。
とてつもない透明感に、ちょっと不安定なお芝居と歌……どこかアンバランスな感じが、この舞台に合っていたように思います。

『あまちゃん』を観ていない私は、のんさんのお芝居を観るのはこれが初。
でも最近TV放送されていた『この世界の片隅に』を観て、その独特の空気にいたく感動しました。
声優としては決して上手ではないと思うのですが、その"こなれていない感"の魅力が、この舞台にもあるように感じました。

さて、タイトルにもなっている「私の恋人」というのは、当然、何かのメタファーなんでしょう。
理想とか平和とか真実の愛とか?……人類が何周も旅をしながら、未だ見つけることができないもの……と私は勝手に解釈しました。

【観劇】オーランドー

オーランドー

オーランドー オーランドー

原作: ヴァージニア・ウルフ
翻案・脚本: サラ・ルール
翻訳: 小田島恒志、小田島則子
演出: 白井晃
出演: 多部未華子、小芝風花、戸次重幸、池田鉄洋、野間口徹、小日向文世
演奏: 林正樹、相川瞳、鈴木広志
観劇日: 2017年9月27日(水) 19:00
上演時間: 第1部(55分)/休憩(20分)/第2部(60分)
劇場: KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
チケット代: S席 8,500円(16列) [パンフレット代:1,500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

とても不思議な物語です。

16世紀、エリザベス一世(小日向文世さん)はじめ、様々な女性と浮名を流す詩人・オーランドー(多部未華子さん)。
ある日、突然、長い眠りに落ち、目覚めると女になっています。
女になった後、今後は、多くの男性の目を惹く存在になります。

面白いのは、オーランドーが年をとるスピードと、時代が流れるスピードが全く合っていないことです。
16世紀から始まり20世紀まで、300年以上も続くおとぎ話のような設定です。

舞台セットは、下手にピアノ、上手に木琴?などの楽器が置かれているだけで、他には何もありません。
舞台の奥行きが大きく取られているため、かなりガラーンとした感じです。

衣装はチラシにあるように派手ですが、セットは椅子やテーブルなどを演者が動かすだけの簡素なもので(背景のスクリーンが時々変わったり映像投影されますが)、衣装とセットとのギャップが、より不思議な雰囲気を醸し出しています
こういったオシャレな演出は、さすが白井晃さんです。

物語は、演者が順々に「語り」を繋いでいく形で進行します。

エキセントリックな姿のエリザベス一世(小日向文世さん)に目を奪われがちですが、戸次重幸さん、池田鉄洋さん、野間口徹さんらの微妙な女性役も個人的にはツボです。

また、小芝風花さんのサーシャも美しいですが、オーランドーが女性に変わる時の多部未華子さんが、とにかく色っぽいです。
それまでボーイッシュな格好をしていた多部さんが、一転、ロングヘアーでシーツを身にまとっただけの姿に変わり、息を飲むほどの美しさでした。

物語自体は、先にも書きましたが、おとぎ話のような不思議な話で、特に教訓めいたようなものは感じられませんでしたが、観終わった後は、その物語と同様、不思議な余韻が残りました

小道具のひとつに9本の白い旗があり、演者によって、その旗が色々な場所に移動されるのですが、あれは何を表現していたのでしょうか?(パンフレットを読むと、雁だったのかな?)
意味するところは分かりませんでしたが、とても印象的なシーンでした。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ