やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

木場勝己

【観劇】渦が森団地の眠れない子たち

渦が森団地の眠れない子たち

渦が森団地の眠れない子たち 渦が森団地の眠れない子たち  渦が森団地の眠れない子たち

作・演出: 蓬莱竜太
出演: 藤原竜也、鈴木亮平、奥貫薫、木場勝己、青山美郷、太田緑ロランス、岩瀬亮、蒲野紳之助、辰巳智秋、林大貴、宮崎敏行、伊東沙保、田原靖子、傳田うに
観劇日: 2019年10月14日(日) 13:30
上演時間: 第1部(75分) / 休憩(15分) / 第2部(65分)
劇場: 新国立劇場 中劇場
チケット代: 10,800円(6列) [パンフレット代:1,600円]


【感想】

大人の演者が小学生の扮装をして、思いっきり小学生を演じると言えば……二年ちょっと前、同じスタイルで上演された三谷幸喜さんの『子供の事情』(会場も同じ新国立劇場・中劇場)が思い出され、ついついコメディを想像してしまいましたが、テイストは全然違っていて……。

大きな地震があって間もない(まだ余震が頻発している)頃のとある団地「渦が森団地」が舞台です。
田口圭一郎(鈴木亮平さん)と月子(青山美郷さん)の兄妹は、地震で被災したため、母・景子(奥貫薫さん)と共に、この団地に引っ越してきます。
そこには、「キング」と呼ばれる佐山鉄志(藤原竜也さん)が、ガキ大将として君臨していました。
鉄志の母(奥貫薫さん・二役)と景子は姉妹(鉄志と圭一郎はいとこ同士)ということがわかり、鉄志は圭一郎を依怙贔屓するようになりますが、ある出来事をきっかけに二人は対立するようになり……。

大人になった圭一郎が、昔を振り返るという形で、物語がスタートします。

藤原竜也さん、もともとヤンチャなガキ大将っぽいイメージがあるので、小学生を演っても全然違和感がありません(褒めてます)。
エアガンを撃ちまくったり、改造自転車にまたがったりする姿が、何だか生き生きと見えました。

一方の鈴木亮平さん、ガタイはデカイのに、少し気が弱くて、言いたいことがなかなか言えない少年の雰囲気が、これまた似合っていました。

木場勝己さんは、団地の自治会長という大人の役で登場しますが、子供にイライラさせられ、でも必死に自制しようとする葛藤を、とてもリアルに伝えてきます。

私は、団地で暮らしたことがないためか、この舞台にあまりノスタルジーを感じませんでした。
でも理由はそれだけではなく、この話、繰り広げられるのは子供の世界ですが、そっくりそのまま大人の世界にも当てはまるように思えるからか……。
「ガキ大将=独裁者」と見ると大げさですが、ひょんなことで力関係が逆転することはありますし、イジメや派閥形成なんかは大人になってもやってることばかりです。
というか、最近の大人がひどく子供じみているとも言えるのかも知れません(某小学校教員のイジメのニュースとか)。

いろいろいがみ合ったり喧嘩をした鉄志と圭一郎ですが、最後はまた子供らしく笑える場面などもあって、ちょっとしんみりしたラストの後味は悪くなかったかな。

【観劇】民衆の敵

民衆の敵

民衆の敵 民衆の敵

作: ヘンリック・イプセン
翻訳: 広田敦郎
演出: ジョナサン・マンビィ
出演: 堤真一、安蘭けい、谷原章介、大西礼芳、赤楚衛二、外山誠二、大鷹明良、木場勝己、段田安則、内田紳一郎、西原やすあき、本折最強さとし、目次立樹、西山聖了、石綿大夢、四柳智惟、中山侑子、木下智恵、穴田有里、安宅陽子、富山えり子、阿岐之将一、香取新一、島田惇平、竹居正武、寺本一樹、中西南央、石川佳代、滝澤多江、田村律子、中根百合香、林田惠子、大西由馬、松本晴琉
観劇日: 2018年12月3日(月) 18:30
上演時間: 2時間15分( 休憩なし)
劇場: シアターコクーン
チケット代: S席 10,500円(B列) [パンフレット代:1,600円]


【感想】

100年以上前に書かれたとは思えない、現代にも通じる様々な示唆に富んだ舞台でした。

温泉が発見され、それを観光資源として復興し始めたノルウェーの田舎町。
ある日、温泉事業の立役者でもある医師・トマス(堤真一さん)は、水質が汚染されていることを突き止めます。
兄である市長・ペテル(段田安則さん)に進言するも、温泉の引き直しには莫大な経費がかかるため、その事実を公にしないように言われます。
新聞社の協力も得られないトマスは、集会を開いて民衆に訴えかけますが……。

と、あらすじだけを読むと、私欲のために真実を隠蔽しようとする人々に立ち向かう「正義の男」……というイメージですが、ちょっと違った感じです。

違和感を感じたのは、トマスが水質汚染を発見した時。
「すごい発見だ!」と喜んでいたんです。
トマスにしてみれば、「悪いところが分かったから直せばいい。これで皆の健康被害を無くせる」という、科学者的な純粋さからの想いなんでしょうが、仮にも温泉事業に携わっている関係者として「マズイ!大変だ!」と慌てるのが普通なんじゃないかと思います。
特に、現代なら「水質検査もせずに温泉を引いたのか」という責任問題にも発展しかねません。
それをトマスは「このことを発表したら、皆から感謝される」と思ってしまいます。
集会でも、集まった民衆をバカにしたり……かなりズレているという感じを受けました。

でも、よくよく考えると、都合の悪いことが分かって「マズイ!」とか「大変だ!」とか思ってしまうのは、「それを隠蔽しなきゃ」という考えに至ってしまう最初の一歩なのかもしれません。

家族とともに孤立しながらも、「自分の正義」は曲げないという姿勢を、堤真一さんが怒涛の如く演じていました
特に、段田安則さんとの口論や集会での演説の場面には釘付けです。

20人以上の民衆が登場するのも迫力満点で、場面転換の際に行われるパフォーマンス?も、不穏な雰囲気を醸し出していて、面白い演出でした(外国の演出家の方って、こういうの好きなのかな?)。

【観劇】プレイヤー

プレイヤー

作: 前川知大
演出: 長塚圭史
出演: 藤原竜也、仲村トオル、シルビア・グラブ、峯村リエ、高橋努、安井順平、村川絵梨、長井短、大鶴佐助、本折最強さとし、櫻井章喜、木場勝己、真飛聖
観劇日: 2017年8月4日(金) 19:00 ※初日
上演時間: 第1部(1時間5分) / 休憩(15分) / 第2部(1時間30分)
劇場: シアターコクーン
チケット代: S席 10,500円(XC列:最前列) [パンフレット代:1,500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

ある地方の劇場(稽古場)が舞台です。
死者が生きた人間の口を借りて話す『プレイヤー』という芝居のリハーサルをしています。
つまり、『プレイヤー』という劇中劇です。

「プレイヤー」とは、死者の記憶や魂を「再生する人」のことですが、劇中劇の『プレイヤー』という芝居が、亡くなった脚本家の未完成作品という設定のため、その脚本家の言葉を「役者(プレイヤー)」が「再生(プレイ)」しているということにもかけています。

ちょっとややこしそうですが、ほとんど劇中劇のリハーサルシーンで、時々、演出や休憩のためにカットが入ります。
その時、劇中劇の登場人物の心情や背景をディスカッションしたりするので、観ているこちらも理解しやすいです。

でも、後半、アドリブで(劇中劇の中の設定で)芝居を続けたり、制作や演出家(真飛聖さん)が演技に加わってきたり、何だか現実と芝居の境が曖昧になってきます。

上演時間は、休憩15分入れて2時間50分。
勝手に、休憩なしで2時間くらいと予想していたので、思いのほか長かったです。

でも、本当のリハーサル風景を見ている感じもあり(ラッキーなことに最前列でしたし)、それだけでも飽きませんでした。
演出が長塚圭史さんですし、もしかして難しいかなと心配していましたが、そんなこともありませんでした。

死者の言葉を話すという瞑想サークルを、環境保護団体の代表(仲村トオルさん)が主催しているという設定も、何となくリアリティがありますし、だんだんと狂気を孕んでくる藤原竜也さんや高橋努さん、村川絵梨さんらの姿が、とても怖ろしく感じました。

いわゆるオカルト的な恐さというより、人が集団で洗脳されていく恐怖でした。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

【観劇】鱈々

12320161025

作: 李康白
演出: 栗山民也
出演: 藤原竜也、山本裕典、中村ゆり、木場勝己
観劇日: 2016年10月24日(月) 14:00
劇場: 天王洲 銀河劇場
チケット代: 9,800円(N列) [パンフレット代:1,500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

とてもアイロニカルな芝居だと感じました。

とある倉庫の中だけで物語は進みます。
届けられた箱を決められた通りに積み、指定された箱をトラックに運ぶ、それだけの仕事を「真心こめて」する男(藤原竜也さん)と「そんな事に何の意味があるんだ」と疑問を持つ男(山本裕典さん)。そこに、箱を運送してくるトラック運転手(木場勝己さん)とその娘(中村ゆりさん)が絡む四人芝居です。

この日は、藤原さんと山本さんのアフタートークもありました。
そこでお二人も言ってましたが、見る人によって捉え方が色々できる舞台だったと思います。

箱の中身も分からず(箱の中のものが何に使われるのかも知らず)、ただひたすら決められた通りに箱を運ぶ男は、私には多くの会社員(私も含め)の姿に重なって見えました。

元々この芝居は、韓国の李康白さん作で、1993年に韓国で上演されたそうです。
アフタートークでもちらっと話が出ましたが、韓国では、倉庫の内と外が38度線のこちら側と向こう側と捉える考えもできるそうで、上演される国の情勢によっても本当に様々な見方ができるのだなと思いました。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ