やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

村岡希美

【観劇】終わりのない

終わりのない

終わりのない

原典: ホメロス『オデュッセイア』
監修: 野村萬斎
脚本・演出: 前川知大
出演: 山田裕貴、仲村トオル、村岡希美、奈緒、安井順平、浜田信也、大窪人衛、清水葉月、盛隆二、森下創
観劇日: 2019年10月29日(火) 19:00 ※初日
上演時間: 2時間(休憩なし)
劇場: 世田谷パブリックシアター
チケット代: S席 7,500円(2階B列) [パンフレット代:1,300円]


【感想】

古代ギリシアの叙事詩『オデュッセイア』をヒントに作られたとのこと。
事前に勉強しとかないと難しいかなと思いましたが、それは杞憂に終わりました。

主人公・悠理(山田裕貴さん)は、9才の時、溺れて死にそうになった経験があります。
ある日(2020年8月21日)、両親(仲村トオルさん、村岡希美さん)と幼馴染(大窪人衛さん、清水葉月さん)と一緒にキャンプにやってきますが、そこで再び溺れた悠理が目を覚ましたのは……。

円形の八百屋舞台というシンプルなセットで展開する時空を超えた物語です。
パラレルワールドとかタイムリープとか惑星移住とかクローンとか、まあよくあるっちゃあよくある題材ですが、それが一人の青年の人生にリンクし、融合していく辺りは、さすがに前川知大さんだと感じ入りました。
途中、村岡希美さんが説明してくれる「量子論」も面白く、ストーリーに説得性を持たせてくれてます。

山田裕貴さんが、自身に起きたことに戸惑いを感じながらも、最後は力強く立ち直っていく(立ち向かっていく)様を好演。
また、仲村トオルさんと村岡希美さんの、ちょっとトボけたやり取りが、ちょうどいい緩和剤になって、場を和ませてくれました。

そのおかげか、「人類を救えるのは人類だけ」「自分を変えられるのは自分だけ」みたいなベタなメッセージも、素直に受け取ることができました。

【観劇】イーハトーボの劇列車

イーハトーボの劇列車

イーハトーボの劇列車 イーハトーボの劇列車

作:
 井上ひさし
演出: 長塚圭史
出演: 松田龍平、山西惇、岡部たかし、村岡希美、土屋佑壱、松岡依都美、天野はな、紅甘、小日向星一、福田転球、中村まこと、宇梶剛士
観劇日: 2019年2月10日(日) 13:30
上演時間: 第1部(105分) / 休憩(15分) / 第2部(90分)
劇場: 紀伊國屋ホール
チケット代: 8,800円(S列) [パンフレット代:1,000円]


【感想】

正直、これといった盛り上がりもなく、動きも少なくて、地味だし……でも、それが宮沢賢治の世界観のようにも感じられ、観終わった後にほっこりとする舞台でした(関係ないけど上演時間も長かった)。

物語は、宮沢賢治(松田龍平さん)が上京した後のエピソードを、フィクションも織り交ぜて、オムニバスのように描いていきます。
そして、各エピソードの最後には、車掌(岡部たかしさん)が現れ、死んでいった人たちの「思い残し切符」を賢治に託していき……。

キャストは12人もいますが、全員がわっと登場するのは、各エピソードをつなぐ列車のシーンくらいで、そこでの走行音などを宮沢賢治独特の擬音で表現したりします。
それ以外は、2〜4人くらいでのガッツリとした会話劇(時には議論)
しかも、ずっと向かい合って座ったままで話し続ける場面も多々あります。
こう書くと何だかつまらなそうに聞こえますが、そこでの会話が面白くって……。

松田龍平さんが、朴訥としたというか、抑揚がないというか……ちょっと何を考えているか分からない表情で、冷静に相手の揚げ足をとったり、矛盾を突いたりします。
そんな賢治に対し、山西惇さんや土屋佑壱さんが激昂したり、言葉に詰まったり……この両者の対比が際立っていました。

特に、賢治と父親(山西惇さん)のシーンは見もの。
父親が劣勢になりながら、賢治の掲げる理想も決して完璧ではないということを認めさせるあたりは、賢治の人間臭さが感じられて、印象に残りました。

最後、様々な原因で亡くなった人たちが、「思い残し切符」を車掌に渡していきます。
そこで、この芝居の構成や「劇列車」というタイトルの意味が分かったわけですが(もしかしたら、冒頭にも説明があったかもしれませんが)、賢治が理想に向かってひた走っていた想いなどが、一気に腑に落ちてくるようでした。

「思い残し」というと「未練」や「後悔」のような後ろ向きのイメージもありますが、この劇では「未来に希望を託す」のように描かれていたため、観終わった後は、温かい気持ちになれました。

【観劇】百年の秘密(ナイロン100℃ 45th SESSION)

百年の秘密

百年の秘密

作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演: 犬山イヌコ、峯村リエ、みのすけ、大倉孝二、松永玲子、村岡希美、長田奈麻、萩原聖人、泉澤祐希、伊藤梨沙子、山西惇、廣川三憲、安澤千草、藤田秀世、猪俣三四郎、菊池明明、小園茉奈、木乃江祐希、伊与勢我無
観劇日: 2018年4月19日(木) 19:00
上演時間: 第1部(1時間45分) / 休憩(15分) / 第2部(1時間25分)
劇場: 本多劇場
チケット代: 6,900円(E列) [パンフレット代:1,600円]


【感想】

舞台中央には、物語のシンボルとなる楡の木がそびえています。

ティルダ(犬山イヌコさん)とコナ(峯村リエさん)の友情を中心に、ベイカー家に起きた(悲喜こもごもの)出来事を長年にわたって描いた話です。

場所は、ベイカー家の中庭のようですが、シーンによっては室内(リビング)としても使われます。

女中・メアリー(長田奈麻さん)が、ストーリーテラーとして登場し、時間軸を巻き戻したり、早めたりしながら、話を進めていきます
なので、皆さん、それに応じて、若返ったり年をとったりしますが、これがちっとも違和感ありませんでした。

特に犬山イヌコさんと峯村リエさん、ティルダとコナを12歳から78歳まで演じます

世代が変わっていくので、子供役の人が年老いた時には、親役だった人が、逆に子供や孫になるといった、ちょっとややこしい設定にもなりますが、これもあまり混乱せずに観られました。

ところで、犬山イヌコさんはティルダ以外にティルダのひ孫役(4歳?)も演るのですが、その時の声がどこか聞き覚えのあるような…………わかりました!『となりのトトロ』のメイちゃんにそっくり!。
一旦気づくと、何だか気になって、集中力が欠けてしまいました(笑)。

物語は、昔の話がその後の伏線になっていたり、逆に時間を進めた時に描かれる話の謎が、巻き戻した時に解けたりと、単純に時系列で進行されない面白さもありました。

オープニングのタイトルバックこそ、プロジェクションマッピングなどを用いた結構派手な演出でしたが、本編?はオーソドックスな芝居で、3時間25分(休憩15分含む)という時間も、そんなに長くは感じませんでした。
まるで、自分が楡の木になってベイカー家を眺めている(見守っている?)ような……。

観終わった後、感動とはちょっと違って、長編小説を読み終えた読後感に近い?なんかこうジワジワくる舞台でした。


※ 本多劇場へ行くために、久しぶりに下北沢へ。
いつも通り、劇場に近い「南口」へ向かうも、何故か「南口」が見つからない……。
とりあえず、改装されたばかりの「南西口」から外へ出たら、「旧南口方面はこちら→」という看板が……「え?旧?」と思いつつ矢印の方向に進むと、なんと駅改造のため、「南口」が無くなっていました。知らなかった……。
現時点では、本多劇場へは「南西口」か「北口」から出るといいみたいです。
時間ギリギリに行ってたらヤバかったかも……。
最終的には(来年?)「東口」というのができて、ここが最寄り口になるみたいですが、南とか北とか東とか、方位感覚がおかしくなりそうです(笑)。

【観劇】三文オペラ

三文オペラ

三文オペラ 三文オペラ 三文オペラ

作: ベルトルト・ブレヒト
音楽: クルト・ヴァイル
演出・翻訳・上演台本: 谷賢一
音楽監督・訳詞: 志磨遼平(ドレスコーズ)
出演: 松岡充、吉本実憂、峯岸みなみ、貴城けい、村岡希美、高橋和也、白井晃、青柳塁斗、相川忍、今村洋一、小出奈央、小角まや、奈良坂潤紀、西岡未央、野坂弘、早瀬マミ、平川和宏、峰﨑亮介、森山大輔、和田武
演奏: 有島コレスケ、板倉真一、福島健一、堀嵜ヒロキ
観劇日: 2018年1月26日(金) 14:00
上演時間: 第1部(1時間50分) / 休憩(20分) / 第2部(50分)
劇場: KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
チケット代: S席 7,800円(6列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

何が起きるのか、予想がつかないドキドキの舞台でした。

チラシにもあった「KAAT滅亡」の言葉通り、ステージは乞食たちの城となっています。
センターから客席中央まで花道が伸びており、上手と下手にはP席(乞食商会の社員として舞台に参加する観客の席)が設けられています。
このセットを見ただけで、何だかワクワクします。

『三文オペラ』は、あの有名な曲『マック・ザ・ナイフ』くらいしか知りませんでしたが、各場の最初に、これから始まる場のあらすじが、電光掲示板に表示されるので、置いてけぼりになることはありませんでした。

歌は20曲くらいあったのですが、(私が)初めて耳にする曲ばかりだったからでしょうか、メロディアスな曲は少なかったように感じました。
また、松岡充さん、貴城けいさん以外は、歌唱力的にもちょっと……(笑)。
これも、「オペラ」とか「ミュージカル」といった先入観が強すぎたからかもしれません。

でも、芝居は、とことん楽しかったです。
破茶滅茶なストーリーの中に、富裕層への皮肉や批判が盛り込まれ、「労働者を安い賃金でこき使い、生殺しにする大企業と、ナイフで一息に殺す小悪党、どちらが罪でしょうか?」とか「金のある者の横暴を見過ごして、なぜ金のない者の些細な盗みを罰するのでしょうか?」といったメッキー・メッサーのセリフは、心に残りました。

※ 劇場に着くと、ロビーではP席の観客への事前指導(「ピーチャム商会の新入社員説明会」と書かれていました)が行われていました。
三文オペラ
ずっと見てるとネタバレしてしまうかなと思ったのですが、面白くて、結構長い時間見てました。
ちなみに、P席の人は、上演中、立ちっぱなしだったので、さぞやお疲れだったと思います。
でも、何だか楽しそうで、ちょっと羨ましくなりました。

【観劇】ちょっと、まってください(ナイロン100℃ 44th SESSION)

ちょっと、まってください

ちょっと、まってください ちょっと、まってください

作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演: 三宅弘城、マギー、犬山イヌコ、大倉孝二、峯村リエ、水野美紀、村岡希美、みのすけ、遠藤雄弥、廣川三憲、藤田秀世、木乃江祐希、小園茉奈
観劇日: 2017年11月14日(火) 19:00
上演時間: 第1部(1時間35分) / 休憩(15分) / 第2部(1時間20分)

劇場: 本多劇場
チケット代: 6,900円(G列) [パンフレット代:1,800円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

パンフレットには、別役実氏を意識した「不条理喜劇」とありましたが、シュールなやり取りに、脳みそがムズムズするような面白さがありました。

まず、演者のいでたちですが、全員、顔におしろい?を塗っています。
物語は、ホームレスの家族(実は他人の集まり)が、徐々にお金持ちの家族(実は借金まみれ)の中に入り込んでいくというもので、時折、ストーリーテラーとして使用人役のマギーさんが話を繋げていきます。

繰り広げられる会話が、絶妙に噛み合わず、そのスカしっぷりに大いに笑いました。

特に、三宅弘城さん(お金持ちの主人役)と犬山イヌコさん(その妻役)のやり取りが格別で、観ているこちらの頭の中が何か痒くなってくる感じがしました。
どことなくパンクブーブーの漫才に似てるなぁと思ったのは、私だけでしょうか?
とにかく、この二人が秀逸で、大倉孝二さんも、ちょっと影に回ってしまったという印象を受けるほどでした。

別役実氏の不条理劇は、その奥の深さを読み取るのが困難ですが、この劇も、どんなテーマが隠されていたのか結局分かりませんでした(そもそも奥深いテーマがあったのかさえ分かりませんが)。
最初は、笑いながらも何とか探ろうと思っていたのですが、不条理すぎるやり取りに、だんだんと思考力も削がれていってしまいました(笑)。

屋敷の中と外で物語は進行しますが、時系列が微妙に食い違っていたりするところもあり、そういう部分も謎です。

あまり深く考えずに、笑いながら観ることをお勧めします。

ただ、休憩15分入れて3時間10分は……ちょっと長かったです(笑)。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ