やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

栗山民也

【観劇】月の獣

月の獣

月の獣

作: リチャード・カリノスキー
翻訳: 浦辺千鶴
演出: 栗山民也
出演: 眞島秀和、岸井ゆきの、久保酎吉、升水柚希
観劇日: 2019年12月15日(日) 13:00
上演時間: 第1部(60分) / 休憩(15分) / 第2部(70分)
劇場: 紀伊國屋ホール
チケット代: 8,800円(C列) [パンフレット代:1,200円]


【感想】

オスマン帝国におけるアルメニア人虐殺を背景とした、とても重いテーマ。
でも、焦点はそこではなく、そんな過去を持つ男女が家族を築き上げていく物語でした。

第一次世界大戦の終戦から3年後のアメリカ・ミルウォーキーが舞台。
アメリカへ亡命し、写真屋を営んでいるアルメニア人のアラム(眞島秀和さん)は、施設から送られてきた写真だけで選んだ同じアルメニア人の孤児・セタ(岸井ゆきのさん)を妻として迎えます。
きれいな家に住めると大喜びのセタ。
しかしそこには、奇妙な家族写真(アラムの顔だけが貼られ、残り4人の顔は切り抜かれている)が飾ってありました。
セタはまだ15歳。
子供を作ろうと迫るアラムでしたが……。

老紳士(久保酎吉さん)がストーリーテラーとして登場し、時代背景などを説明してくれるので、予備知識がなくても大丈夫です(「月の獣」が何を意味するのかも)。
この老紳士の正体はいずれ明かされるので、ここでは内緒のままで。

第一幕では、アラムのモラハラっぷりが目について、いやーな感じが満載です。
でも、アラムにも何か胸に秘めているものがあるように受け取れます。
ここら辺の眞島秀和さんの演技がとてもうまかった。

一方、セタの方は、岸井ゆきのさんが童顔なので、15歳という年齢で連れてこられた彼女が、余計に可哀想に見えてしまいます。
最初の幼くて無邪気な感じから、後半、年月が過ぎて、大人の女性になった時の演じ分けもなかなかのものでした。

そんなに嫌なら離婚すれば……と普通なら思うところですが、家族も亡くし(虐殺され)、故郷もないセタにとっては、アラムのもとで生きていくしかなかったんでしょう。
それでも次第に近くなっていく二人。しかし子供はできません。

第二幕では、セタが路上生活をしていた少年・ヴィンセント(升水柚希くん)を、アラムに黙って家にあげ、一悶着も二悶着もあります。
そして、クライマックスで語られるアラムの過去……。
奇妙な家族写真を大切に飾っていた訳、父のコートでふざけていたヴィンセントに激怒した理由……それらが分かり始めると涙が溢れてきます

家族を亡くし、辛い過去を背負った3人が、幸せに生きていくことを願わずにはいられないラストでした。

【観劇】カリギュラ

カリギュラ

カリギュラ

作: アルベール・カミュ
翻訳: 岩切正一郎
演出: 栗山民也
出演: 菅田将暉、高杉真宙、谷田歩、橋本淳、秋山菜津子、原康義、石田圭祐、世古陽丸、櫻井章喜、俵和也、野坂弘、坂川慶成、石井淳、石井英明、稲葉俊一、川澄透子、小谷真一、小比類巻諒介、西原やすあき、髙草量平、原一登、平野亙、峰﨑亮介、吉澤恒多
観劇日: 2019年11月17日(日) 13:00
上演時間: 第1部(70分) / 休憩(20分) / 第2部(70分)
劇場: 新国立劇場 中劇場
チケット代: 10,800円(6列) [パンフレット代:1,800円]


【感想】

登場人物は大勢いましたが、まるで一人舞台のような圧倒的な存在感の菅田将暉さんでした。

人徳にも富んだ非の打ちどころのないローマ皇帝・カリギュラ(菅田将暉さん)。
しかし、最愛の妹を亡くし、放浪の末、3日後に宮殿に戻ってくると、残虐非道な行為の数々を繰り広げるようになります。
初めは恐れていた貴族たちも反旗を翻そうと策謀しますが……。

カリギュラといえば、無茶苦茶な暴君というイメージしかなかったですが、その背後には悲しみ、苛立ち、怒り、そして絶望を秘めているのだと知りました。
まあ実際やってることは許されないですが、単に私腹を肥やすような私利私欲で動いているようには見えず(少なくともこの舞台では)、それが逆にカリギュラの純粋さを表しているようで、悲しくもあり、恐ろしくもありました。

人を動かすのに必要なのは「正面の理、側面の情、背面の恐怖」という中坊公平氏の言葉がありましたが、カリギュラの場合は「正面の恐怖、側面の情、背面の理」といったところでしょうか。
決して恐怖だけで支配しているのではなく、時には情も見せ、相手の痛いところを突く理屈で説き伏せることもやっています。

絶望感を抱きながら暴虐の限りを尽くし、そして言葉でも相手をやり込める……そんなカリギュラを菅田将暉さんが、まさに魂の激演!
TVや映画でいろんな役をされてますが、やはり『あゝ、荒野』とか『ディストラクション・ベイビーズ』のようなエネルギーが暴走するような役はピカイチだと思います。
この舞台では、更に複雑な感情を加えるという難しさもありましたが、見事と言うほかありません。
特に冒頭の打ちひしがれて帰ってくるシーン。
あの悲観があればこそ、その後のカリギュラの振る舞いにも説得力が出てきます。

そして、そんな暴走を受け止める秋山菜津子さん(セゾニア役)や谷田歩さん(エリコン役)のベテランも流石

終始ピンと張り詰めた緊張感で、激しい動きこそありませんが、さぞ体力や精神力を消耗する舞台じゃないかと。
カーテンコールはスタオベでしたが、何度も出てきてもらうのが、何だか申し訳ないくらいでした。

【観劇】組曲虐殺

組曲虐殺

組曲虐殺

作: 井上ひさし
演出: 栗山民也
出演: 井上芳雄、上白石萌音、神野三鈴、土屋佑壱、山本龍二、高畑淳子
音楽・演奏: 小曽根真
観劇日: 2019年10月9日(水) 18:30
上演時間: 第1部(1時間40分) / 休憩(15分) / 第2部(1時間20分)
劇場: 天王洲 銀河劇場
チケット代: S席 9,000円(D列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

今回で再々演となる作品。
これまでに数々の演劇賞を受賞した名作とのことなので、ならば観てみるしかないとチケットを取りました。

小林多喜二 ーー 蟹工船 ーー プロレタリア文学

「作者と関係ある作品・語句を線で結びなさい」という国語のテストには正解できても、『蟹工船』を読んだこともなければ、小林多喜二がどんな人生を歩んだのかも知りませんでした(私は結構こういうのが多いです)。
なので、事前に色々調べ、小林多喜二が29歳4ヶ月という若さで死んだこと、しかも、おそらく特高警察の拷問によって殺されたことを知り、愕然としました。

話は、小林多喜二(井上芳雄さん)がプロレタリア文学の旗手となり、特高に目をつけられてから、亡くなるまでを描いています。

井上芳雄さんが、繊細ででも意思の固い小林多喜二を、とても粛然と演じています。
歌もあるんですが、声高に張り上げるような曲は少なく、静かに密やかに歌う姿が印象的でした(伴奏が生ピアノ1台だけっていうのも効果的)。

途中、特高の二人(土屋佑壱さん、山本龍二さん)との関係性が良好になった時には、明るく笑えるシーンもありましたが、後半の地下に潜っていくようになってからは緊迫感が増していきます。
言いたいことが言えないというのは、本当に息が詰まる世界です。

そう言えば、"赤狩り"とか"拷問"とかって、先日観た『死と乙女』もそんな背景だった……。

少なくとも現在の日本において、そういう政治的弾圧はないと思いますが(そう信じたいですが)、「表現の不自由展」のいざこざなんかを見ていると、真の自由主義とは何なのかということも考えてしまいます。

小林多喜二が命を賭してまで書いた『蟹工船』は、やっぱし一度読むべきだな


※ この日は「井上ひさしメモリアル10(没後10周年)」ということで、こんなステッカーをいただきました。

組曲虐殺

【観劇】人形の家 Part2

人形の家 Part2

人形の家 Part2

作: ルーカス・ナス
翻訳: 常田景子
演出: 栗山民也
出演: 永作博美、山崎一、那須凜、梅沢昌代
観劇日: 2019年8月25日(日) 13:00
上演時間: 105分(休憩なし)
劇場: 紀伊國屋サザンシアター
チケット代: 8,000円(9列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

イプセンの名作『人形の家』の15年後を描いた作品(アメリカの劇作家ルーカス・ナスが2017年に発表)。
この舞台、男性が観た場合と女性が観た場合で、だいぶ感想が異なるのでしょうか?
男目線から観た私は、最後までノラに共感することはできませんでした。

ノラ(永作博美さん)が、トルヴァル(山崎一さん)の留守を狙って、15年ぶりに扉を開けるところから始まります。
しかし、出迎える乳母のアンネ・マリー(梅沢昌代さん)と話をしている最中、トルヴァルが帰ってきてしまい……。

イプセンの『人形の家』では、自立していったノラに、多くの人が拍手喝采したんでしょうが(子供を置いていってしまうことは別として)、この舞台のノラには意見が分かれるんじゃないでしょうか。
トラヴァルと再会するやいなや、言い合いが勃発します。
まるで昨日まで一緒にいたかのような夫婦喧嘩です。
ここで、ノラの言い分に、どれだけの人がシンパシーを感じることができるでしょうか
家を出ていった後、苦労しながらも作家としての成功をおさめた点は、素直に素晴らしいとは思いますが……。

『人形の家』では、ノラのせいで窮地に立たされたトラヴァルでしたが、今度はトラヴァルのせいでノラの方が窮地に立たされるというのも皮肉なもの(トラヴァル自身も自分で自分の首を絞めることになってますが)。

ノラは、それをなんとかしようと、子供のエミー(那須凛さん)にも取り入ろうとします。
最初、「戻ってくるのに15年って長過ぎやしない?」「作者はなんで15年という設定にしたんだろう」と思っていましたが、おそらく成人したエミーと対決させるための時間だったんでしょう。

登場人物は4人ですが、ノラvs誰かというふうに、対決は1体1で行われます。
そのおかげで、ノラは3人から同時に責められることはないですが……その構図があれば、ノラへの同情もあったかもしれません。

一番可哀想だったのはアンネ・マリーでしょうか。
ノラがいなくなった後、子供達やトラヴァルの面倒をみてきたのに、ノラからは感謝の言葉もありません。
なんか、ここらへんで、私の心はノラから完全に離れていってしまいました。

女性の自立の大変さ、生き方を貫くためのエゴ、家族との繋がりなどなど……様々なテーマがある中で、ある種、主人公をヒール的にも見えるような描き方が、正解をひとつに絞っていない感じがして良かったです。

床が大きく下手側に傾いたステージが、この舞台を象徴しているようでもありました。

【観劇】母と惑星について、および自転する女たちの記録

母と惑星について、および自転する女たちの記録

作:
 蓬莱竜太
演出: 栗山民也
出演: 芳根京子、鈴木杏、田畑智子、キムラ緑子
観劇日: 2019年3月10日(日) 13:00
上演時間: 第1部(65分) / 休憩(15分) / 第2部(65分)
劇場: 紀伊國屋ホール
チケット代: 8,500円(E列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

初演も観に行きましたが、待望の再演です。
こういう芝居、大好きです。

母(キムラ緑子さん)の突然の死。
娘三人(長女:田畑智子さん、次女:鈴木杏さん、三女:芳根京子さん)は、ある目的のためにイスタンブールに来ています。
三者三様、母親との確執を胸に旅を続けますが……。

初演の時から、母親(斉藤由貴さん)と三女(志田未来さん)が変わっていますが、今回のキャスティングも良かったです。

娘三人を中心に描いていますが、そこから垣間見える母親の人生にも想像が膨らみます。
自身も母親を疎ましく感じていたからこそ、自分が死ぬ時は、あっさりと、しかも葬儀の準備までしていたことに(お寿司まで注文していたことに泣けます)、何だかんだ言いながら、娘たちのことを想っていた気持ちが現れていたように感じます。

タイトルの『母と惑星について、および自転する女たちの記録』は、最初、何のこっちゃ?と思いましたが、観終わった後はナルホドと……
娘たちは、決して母親の衛星ではない。
自転しながら(衛星も自転しますが)、自分たちの軌道を描く惑星なんだ、ということでしょうか。

芳根京子さんは、舞台で拝見するのは初めてかと思っていましたが、2015年の『幕が上がる』にも出演されていたようで……まだ朝ドラ出演のブレイク前だったためか、気づきませんでした。
でも、他のベテラン三人と堂々と渡り合って、後半の母親とやりあうシーンや、最後の一言が母親を死なせてしまったと慟哭する場面などは、胸が詰まる思いで観ていました

母親のことを恐れ、毛嫌いしながらも、憎みきれずに愛情を求めてしまう娘たち。
ラストシーンは、そういった複雑な想いが昇華していくようで、とても後味のいい終わり方でした。
写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ