やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

渡辺えり

【観劇】風博士(日本文学シアターVol.6 坂口安吾)

風博士

風博士

作: 北村想
演出: 寺十吾
音楽: 坂本弘道
出演: 中井貴一、段田安則、吉田羊、趣里、林遣都、渡辺えり、松澤一之、内藤裕志、大久保祥太郎
観劇日: 2019年12月17日(火) 19:00
上演時間: 1時間50分(休憩なし)
劇場: 世田谷パブリックシアター
チケット代: S席 9,000円(A列:最前列) [パンフレット代:1,000円]


【感想】

坂口安吾と言えば、昨年の野田地図でもモチーフになった『桜の森の満開の下』とか『夜長姫と耳男』とか、独特の世界観で、ちょっと分かりにくいのかなとも思いましたが、この舞台は坂口安吾の『風博士』に着想を得て、北村想さんがオリジナルで書いた戯曲とのこと。
原作の方は分かりませんが、この作品は、爽やかで、ほのぼのして、笑いあり、悲しみや怒りややるせなさもある素晴らしい舞台でした。

戦時中の大陸(中国?)。
女郎屋の主人をしているフーさん(中井貴一さん)は、以前は、風船爆弾を研究していた気象学者。
そんなフーさんの周りには、様々な人が集まってきます。
ある日、広瀬大尉(段田安則さん)からサッちゃん(趣里さん)という女の子を預かって欲しいと頼まれ……。

戦争中の話なのに、前半は、それをあまり感じさせない、のんびりした雰囲気で始まります。
随所に演者が歌う音楽劇でもあり、そのせいか、ちょっと井上ひさしさんの舞台にも似た雰囲気を感じました。

演者の皆さんは、それぞれ役柄にぴったりで。
フーさんを演じる中井貴一さんは、いかにもフーさんって佇まいだし(どこがどうって上手く言えないけど)、19歳の初年兵を演じる林遣都さんは、まさしく初年兵って初々しさだし(ほんとに19歳に見えてくる)。
趣里さんの全力の感情表現や、吉田羊さんの気風のいい姉御肌なところにも引きつけられました。

途中、悲しい涙のシーンもありましたが、全体を通じて、フーさんのように、どこか軽やかな風が吹いているかのような舞台でした。


※ 戦局が悪化して大陸から逃げ出そうとするシーンで、渡辺えりさんと趣里さんを連れている中井貴一さんに、段田安則さんが「たぬきとカッパを連れていくのか」と言うんですが、その時、中井貴一さんがボソッと「懐かしいな」と。
一瞬遅れて、ああ、某クレジットカードのCMねと気づきました(笑)。

【観劇】私の恋人(オフィス3○○)

私の恋人

脚本・演出: 渡辺えり
原作: 上田岳弘『私の恋人』(新潮社)
出演: 小日向文世、のん(能年玲奈)、渡辺えり、多岐川装子、松井夢、山田美波、那須野恵
ピアノ: 三枝伸太郎
観劇日: 2019年9月5日(日) 19:00
上演時間: 100分(休憩なし)
劇場: 本多劇場
チケット代: S席 8,300円(G列) [パンフレット代:1,300円]


【感想】

原作は読んでないですが、おそらく読んでいても、理解するのは難しかったのでは?という舞台でした。
でも、次々と繰り広げられるシーンについて「なんだこれは?」と楽しんでいるうちに時間が過ぎていきました(全体的に若干チープな感じはしましたが)。

話は多分こんな感じ……。
井上ユウスケ(のんさん)の前世は、ネアンデルタール人やナチス強制収容所にいたユダヤ人で、ずっと運命の女性「私の恋人」を探しています。
一方、井上の担当医・高橋陽平(小日向文世さん)は、余命いくばくも無い中、「行き止まりの人類の旅」に出かけて行き……。

これは現実なのか夢なのか?それとも妄想なのか?
時間や空間、人種や性別を行き来しながら、時にはミュージカルで、時にはダンスで、時にはパントマイム?で繋いでいきます。
その不思議な世界観は、ルネ・マグリットのシュルレアリスムの絵のようです。

小日向文世さん・渡辺えりさんというベテランに、のんさんがどう絡んでいくのかというのも興味がありました。
とてつもない透明感に、ちょっと不安定なお芝居と歌……どこかアンバランスな感じが、この舞台に合っていたように思います。

『あまちゃん』を観ていない私は、のんさんのお芝居を観るのはこれが初。
でも最近TV放送されていた『この世界の片隅に』を観て、その独特の空気にいたく感動しました。
声優としては決して上手ではないと思うのですが、その"こなれていない感"の魅力が、この舞台にもあるように感じました。

さて、タイトルにもなっている「私の恋人」というのは、当然、何かのメタファーなんでしょう。
理想とか平和とか真実の愛とか?……人類が何周も旅をしながら、未だ見つけることができないもの……と私は勝手に解釈しました。

【観劇】黒塚家の娘

CCI20170523_5

作: 北村想
演出: 寺十吾
出演: 風間俊介、趣里、渡辺えり、高橋克実
観劇日: 2017年5月31日(水) 18:30
上演時間: 80分(休憩なし)
劇場: シアタートラム
チケット代: 7,500円(D列 ※3列目) [パンフレット代:500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

客席に入ると、既にうっすらとスモークがたかれ、妖しいBGMが流れています。
これから始まる話が恐ろしいものであることを想像させます。

が、いざ芝居が始まると、オープニングこそ不気味な雰囲気を醸し出していますが、ところどころコミカルなやりとりが……。
まさに、コワ面白い、そしてオモシロ不気味な舞台でした。

ナレーションやモノローグが多く、ちょっと説明的な場面もありますが、まるで日本昔話を聞いているようにも感じられました。
でも、「昔話」ではなさそうで……。
わらじを履いているので、かなり昔の設定かと思いきや、「自動ドア」とか「携帯の電波が入らない」とかいったセリフもあり、いつの話なのかよく分かりません。このへんも、この物語が夢か現かはっきりしない不思議さがあります。

そして演者4人が、それぞれとても素晴らしい!
特に、渡辺えりさんと趣里さん。

渡辺えりさんは、冒頭の老婆役では声色まで変えて、見事に観客を物語へ誘っていました。

趣里さんは、観るたびに凄みを増してくるような気がします。
今回、エキセントリックなメイクも相まって、存在感バツグンの演技でした。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

【観劇】鯨よ!私の手に乗れ

stage20170131

作・演出・振付: 渡辺えり
出演: 木野花、久野綾希子、桑原裕子、銀粉蝶、土屋良太、広岡由里子、鷲尾真知子、渡辺えり、小出奈央、川口龍、原田菜奈、佐藤友紀、岩崎浩太郎、坂梨磨弥、吉田芽吹、小川知、秋山日登美、町田達彦、石井幸、宮本翔太、菊池祥子
観劇日: 2017年1月30日(月) 19:00
上演時間: 1時間55分(休憩なし)
劇場: シアタートラム
チケット代: 6,800円(F列) [パンフレット代:1,000円(サイン入り)]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

チラシには「老人たちのシェアハウスを舞台にしたドタバタ劇!」とありましたが、介護施設(まあシェアハウスのようでもありますが)を舞台に、介護・老人問題だけでなく、色んな話を盛り込んだ悲喜劇で、とても楽しかったです。

実際に渡辺えりさんが体験されたエピソード(実家で大切に保管していた演劇のポスターが、義妹に捨てられたこととか)もまじえ、男性社会への風刺、難民問題、アングラ劇へのオマージュ等、様々な問題が提起されていたように感じました。

キャストには、当初、田根楽子さんが入っていたそうですが(チラシにも田根さんが載ってます)、体調を崩されたそうで、急きょ、銀粉蝶さんが代役になったそうです。初日まで1週間くらいしかないところから稽古に入られたとの事でしたが、そんな事は感じさせない見事な存在感でした。
また、広岡由里子さんは相変わらず面白く、久しぶりに久野綾希子さんの歌が聴けたのも嬉しかったです。

※アフタートークは、大竹しのぶさんと永井愛さんでした。渡辺えりさんが喋り過ぎるのを、大竹しのぶさんが仕切っていました。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

【観劇】狸御殿

狸御殿

演出・脚本: 宮本亜門
脚本: 齋藤雅文
音楽: 服部隆之
出演: 尾上松也、渡辺えり、小倉久寛、青木さやか、翠千賀、瀧本美織、あめくみちこ、大地洋輔、土屋佑壱、赤井英和、柳家花緑、城南海 他
観劇日: 2016年8月20日(土) 16:30 [e+貸切公演]
劇場: 新橋演舞場
チケット代: 13,000円(4列)・弁当付き [パンフレット代: 1,500円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

原作は昭和14年に作られた(日本初のミュージカル?)との事。

はっきり言って、話の筋はシンデレラと白雪姫のパクリで、登場人物の設定が狸である必要性も感じられませんでしたが、宮本亜門さん演出により、楽しく仕上がっていました。

尾上松也さんは言うに及ばず、改めて渡辺えりさんが舞台映えのする女優さんだと感じました。

クライマックスで、翠千賀さんと城南海さんのバトルがあるのですが、オペラ対島唄の見事な歌声対決で圧巻のシーンでした。

カーテンコールでの城南海さんの「さくら」には聞きほれてしまいました。

※ただ、チケット代はもう少し安くして欲しいものです。


※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1
写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ