やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

田中圭

【観劇】CHIMERICA チャイメリカ

CHIMERICA チャイメリカ

CHIMERICA チャイメリカ

作:
 ルーシー・カークウッド
演出: 栗山民也
翻訳: 小田島則子
出演: 田中圭、満島真之介、倉科カナ、眞島秀和、瀬戸さおり、池岡亮介、石橋徹郎、占部房子、八十川真由野、富山えり子、安藤瞳、阿岐之将一、田邉和歌子、金子由之、増子倭文江、大鷹明良
観劇日: 2019年2月22日(金) 18:30
上演時間: 第1部(105分) / 休憩(15分) / 第2部(70分)
劇場: 世田谷パブリックシアター
チケット代: S席 8,300円(B列:最前列) [パンフレット代:1,300円]


【感想】

私がまだ学生だった頃に起こった「天安門事件」。
事件自体もさることながら、戦車の前に立ちはだかる男の写真・映像に驚愕したのを覚えています。

舞台は、まさに、その瞬間から始まります。
その写真を撮影したカメラマン・ジョー(田中圭さん)と、ジョーの友人で、デモに参加していた中国人・ヂァン(満島真之介さん、池岡亮介さん)。
※ 実際にあの写真を撮影したのは、ジェフ・ワイドナーというカメラマンだそうです。
時は流れ、「戦車男《タンクマン》」が、現在どうなっているのか、捜し出そうとするジョーですが……。

天安門事件があった1989年と現在(2012年)を行ったり来たりしながら物語が展開されます。

とても衝撃的な写真ですが、不思議に思うことがたくさんあります。
どうやって戦車男は、誰にも邪魔されず、あの戦車の前まで行くことができたのか?
買い物袋のようなものを下げているが、何が入っていたのか?
戦車によじ登り、兵士と言葉を交わしたようだが、何を話したのか?
そして、この後、戦車男はどうなったのか?
この劇では、最後、これらの謎のいくつかが解き明かされます(もちろんフィクションでしょうが)。

2012年のヂァンを演じる満島真之介さんが、素晴らしい!
途中、田中圭さん(ジョー役)を中心に話が進んでいきますが、ラストで満島真之介さんが、全部持って行ってしまうくらいです。

2012年のヂァン(満島真之介さん)と一緒に、1989年当時のヂァン(池岡亮介さん)と妻(瀬戸さおりさん)のエピソードがオーバーラップされる演出も、印象的でした。

また、戦車男を轢き殺さなかったため、”もう一人のヒーロー”と言われる「戦車を操縦していた兵士」に触れているところも、抜かりがありません。

最近では経済発展も目覚ましく、経済的には資本主義的な中国ですが、政府に対する批判については、当局が情報規制したり、外国人(日本人含め)がスパイ容疑などで拘束されたりするニュースを見ると、あらためて社会主義なんだなあと思わされます。

ジョーは悪気なく戦車男の行方を捜しているんでしょうが、その姿は、内側の深刻さが実感できない我々の無神経さを言われているようにも感じました。

【観劇】サメと泳ぐ

サメと泳ぐ

サメと泳ぐ サメと泳ぐ

原作: ジョージ・ホアン
上演台本: マイケル・レスリー
演出: 千葉哲也
翻訳: 徐賀世子
出演: 田中哲司、田中圭、野波麻帆、石田佳央、伊藤公一、小山あずさ、千葉哲也
観劇日: 2018年9月4日(火) 13:30
上演時間: 第1部(95分) / 休憩(15分) / 第2部(70分)
劇場: 世田谷パブリックシアター
チケット代: 8,800円(I列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

主要キャストはたったの3人(田中哲司さん、田中圭さん、野波麻帆さん)なのに、休憩入れて3時間が、あっという間の濃密な人間ドラマでした。

オープニング。ビバルディの四季(夏)が流れる中、フードを被った男が椅子に座っている男にピストルを向けています。
一瞬の暗転の後、オフィスのシーンに切り替わります。
そして、この破滅的結末に向かって、物語が始まります。

大手映画会社の大物プロデューサー・バディ(田中哲司さん)のもとに、映画好きの青年・ガイ(田中圭さん)が、アシスタントとしてやってきます。
ガイは脚本家を志していましたが、仕事はバディからのパワハラ的な命令に従うことばかり。
フリーのプロデューサー・ドーン(野波麻帆さん)と恋人になったガイに、ある日、バディは「ドーンの企画を俺たちでやろう」と持ちかけますが……。

映画界を舞台にしたゴタゴタ、プロデューサーのパワハラ・セクハラ・無理難題。
あれっ?これって先日観た『シティ・オブ・エンジェルズ』と同じじゃん!(プロデューサーの名前「バディ」まで一緒!)
描き方は正反対だけど……。

田中哲司さん、パワハラ上司を演らせたら一番ってくらいピッタリです。(褒めてます)

田中圭さん、純粋な夢を抱いていた青年が、野望を抱くように変わっていく様や葛藤を、実にうまく表現されていました。(田中圭さん人気でしょうか、3階の立ち見席まで満席でした)

野波麻帆さん、一人だけブレない信念を持ちながら、でもここに来るまで色んなことがあったんだろうな、と思わせるミステリアスな感じが艶っぽくカッコよかったです。

それにしても、彼らは、何故あんなにも野望を持ちたがるのでしょう。
出世?名声?金?いろんな欲があるとは思いますが、やはり一番は、「でかいことを成し遂げた」とか「あまたいるライバルに勝った」みたいな競争心を満足させたいということなんだと思います。
単純に「いい映画を作りたい」と思っていた青年が(おそらくバディでさえ最初はそう思っていたはず)、ビジネスの世界で生きていくうちに、いつしか”競争に勝つ”という快楽に溺れていくんじゃないかと感じました。

そして、これは大小の差はあれ、我々の世界(普通の会社)にも当てはまるんじゃないかと……。
パワハラとかセクハラとかのシーンが目立ちましたが、私には「何のために仕事をしているのか」と問われているように思いました
そう思うと、テーブルの上でちょこまか動いていたゼンマイ仕掛けのオモチャが、とても象徴的で、どこか哀れにも滑稽にも感じられました。

【観劇】江戸は燃えているか 〜TOUCH AND GO〜

江戸は燃えているか

江戸は燃えているか

作・演出: 三谷幸喜
出演: 中村獅童、松岡昌宏、松岡茉優、高田聖子、八木亜希子、磯山さやか、田中圭、藤本隆宏、飯尾和樹、妃海風、中村蝶紫、吉田ボイス
観劇日: 2018年3月5日(月) 18:00
上演時間: 第1部(75分) / 休憩(35分) / 第2部(80分)
劇場: 新橋演舞場
チケット代: 一等席 13,000円(2列) [パンフレット代:1,800円]


【感想】

豪華キャストによる一大コントのような舞台でした。

「新橋演舞場史上、もっとも笑えるコメディ」というスローガンでしたが、その通り。
ただ、三谷幸喜史上とまではいかなかったかな……(笑)。

話は、江戸無血開城を題材にした歴史フィクション。
西郷(藤本隆宏さん)が、江戸城受け渡しの交渉のため、勝海舟(中村獅童さん)に会いに来ることになりましたが、勝は気が小さいため、会いたくないと言い出します。
何とか平和的にことを運びたい勝家と使用人たちは、庭師の平次(松岡昌宏さん)に、勝になりすまして西郷と和平交渉をさせようとしますが……。

本物とニセモノが入れ替わって起きるドタバタコメディです。
まあ、よくある設定といえば、よくある設定です。

中盤くらいまでは、フリがあってオチがあるものの爆発的に面白いとまではいきませんでしたが(いや、面白いのは面白いですが)、さすがに三谷さん、終盤30分くらいに入ると、それまでに散りばめていたフリを次々と再回収して、まさに「新橋演舞場史上」の笑いを起こしていました。

中村獅童さん、ひとり汗びっしょりになりながら(ちょっと心配になるくらい)周りにツッコンでいました(周りからは汗のことをツッコマれてましたが)。

三谷幸喜さんの作品らしく、他のキャストの方々にも、それぞれ見せ場が作られていましたが、特に良かったのは西郷役の藤本隆宏さん。
ニセの勝海舟と気づかれないように周りがドタバタする分、受けの西郷はどっしりとしていなければいけません。
藤本隆宏さんは、見た目もさることながら、薩摩弁も流暢で、イメージ通りの西郷さんでした。

ラストシーンだけ、ちょっと???な部分が……あれは必要だったのかなあ?

【観劇】僕だってヒーローになりたかった

僕だってヒーローになりたかった

作・演出: 鈴木おさむ
出演: 田中圭、真野恵里菜、松下優也、手塚とおる、五十嵐諒、金田明、西山将太、有馬健太、景山慶一、小玉祐毅、福田和也
観劇日: 2017年7月6日(木) 19:00
上演時間: 1時間45分(休憩なし)
劇場: 俳優座劇場
チケット代: 8,500円(13列) [パンフレット代:2,000円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

2021年、東京オリンピックが終わった日本は、国民が次の目標を失い無気力感が蔓延しています。
政府は、ある目論見を狙って、悪のテロリスト集団とそれに対抗する自衛隊の両方をプロデュースし、国民に恐怖と危機感を植え付けます。
テロリストのリーダーは田中圭さん、自衛隊の隊長は松下優也さんです。

物語は、田中圭さんとその妻・真野恵里菜さんが書いた本(手記)を紹介する形で進みます。
なので、中盤くらいまでは、会話よりモノローグ的なセリフが多いです。

かなりのセリフ量ですが、田中圭さん、真野恵里菜さんは、淀みなく演技していました。
このお二人の演技は、本当にうまいです(特に真野恵里菜さん)。

鈴木おさむさんらしい、笑って泣けて、毒のある話でした(途中、かなりキワドイ話題で笑いをとる場面も)。

それにしても、この日の手塚とおるさん、どうしちゃったんでしょうか?
噛むは、セリフは飛ぶは(演技だったらすみません)、ボロボロでした(笑)。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

【観劇】かもめ

stage20161111

作:
 アントン・チェーホフ
翻訳・上演台本: 木内宏昌
演出: 熊林弘高
出演: 満島ひかり、田中圭、坂口健太郎、渡辺大和、あめくみちこ、山路和弘、渡辺哲、小林勝也、中嶋朋子、佐藤オリエ
観劇日: 2016年11月10日(木) 14:00
劇場: 東京芸術劇場 プレイハウス
チケット代: 8,000円(P列) [パンフレット代:1,200円]


【感想 (あくまでも個人的なものです)】

「かもめ」は色んな人によって何度も上演された舞台ですが、今まで観たことがありませんでした(話の筋も知りませんでした)。
チェーホフの作品は何だか難しそうで、食わず嫌いだったのですが、今回、観に行って良かったです。

100年以上も前に描かれた戯曲なのに、現代の話のようにも感じました。

冒頭、頭上から落ちてくる紙(原稿)が、その後、撃ち落とされるカモメを暗喩しているようにも思え、クライマックスでの満島ひかりさんの静かな熱演が凄く、グッと引き込まれました。

今度、また別のチェーホフ作品も観てみたいと思いました。



※昨年から、私の観劇記録は「レビューぴあ」にも投稿しています。よければ、合わせてご覧ください。
https://r.pia.jp/review/pia/list/reviewr/20832/insert_date/1

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ