やっぱし舞台が好き!

芝居、ミュージカル、バレエ、ダンス、クラシック、コンサートなどの舞台観賞が大好きです。 観劇の個人的な感想をつらつらと書いてます。 たまに、ちょっとした体験談や気になったことも・・・。

白井晃

【観劇】恐るべき子供たち

恐るべき子供たち

恐るべき子供たち恐るべき子供たち

原作: ジャン・コクトー
上演台本: ノゾエ征爾
演出: 白井晃
出演: 南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大、馬場ふみか、デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二
観劇日: 2019年5月28日(火) 15:00
上演時間: 1時間40分(休憩なし)
劇場: KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
チケット代: 6,500円(E列) [パンフレット代:1,200円]


【感想】

思春期の少年少女の危うさ・不安定さといった雰囲気が見事に表現された舞台でした。

病気の母親と暮らすエリザベート(南沢奈央さん)とポール(柾木玲弥さん)の姉弟。
雪合戦の最中、ポールはダルジュロス(馬場ふみかさん)の投げた雪に当たって怪我をしてしまいます。
友人のジェラール(松岡広大さん)は、雪に石が入っていたと言い、そのことが原因で、ダルジュロスは学校を去ってしまいます。
数年後、エリザベートは、ダルジュロスにそっくりなモデル・アガート(馬場ふみかさん)と知り合いになり……。

舞台には白い布で覆われた四角いステージがあるだけですが、その布を使って、雪を表現したり、場面転換をしたり、とても幻想的で美しい効果を生み出しています。

少年少女役が中心の4人(南沢奈央さん、柾木玲弥さん、松岡広大さん、馬場ふみかさん)は、思春期特有の無邪気さ、幼稚さ、純粋さ、悪意のない悪意のような複雑な心模様がよく描かれていたように思います。

特に、エリザベートの弟に対する歪んだ愛情や独占欲なんかは、まさしく「恐るべき」という感じです。

馬場ふみかさんも、アガートの時には、少年役(ダルジュロス)とはガラッと雰囲気を変えて、さすがモデルさんといった本職のウォーキングを披露してくれました。

救いがないラストではありましたが、何故だか後味はそんなに悪くなかったかな(良くもなかったけど)。
ストーリーなんかは全く違いますが、全体的な空気感は、以前観た(最近も再演された)『春のめざめ』に近い感じがしました(どちらも白井さん演出)。

【観劇】出口なし

出口なし

原作:
 ジャン=ポール・サルトル
上演台本・演出: 白井晃
出演: 首藤康之、中村恩恵、秋山菜津子、白井晃
観劇日: 2019年1月31日(木) 19:00
上演時間: 1時間25分(休憩なし)
劇場: KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ
チケット代: 6,000円(C列) [パンフレットなし]


【感想】

昨年の夏、大竹しのぶさん、多部未華子さん、段田安則さん、本田遼さんによる『出口なし』を観劇しましたが(感想はこちら)、ちょっと消化不良だったので、違う演出でもう一度観ることにしました(秋山菜津子さんにも惹かれて)。

だいたいの流れやシチュエーションなどは、2回目なので心配していませんでしたが、首藤康之さんが出演されるということは、もしかして…………予想通り、随所にダンスが散りばめられていました(中村恩恵さんもバレエの方ですし)。
哲学的な内容に加えて「ダンス」……でも、これが逆に良く分かるというか(分かりやすい振付をしてくれたのだと思うのですが)……前回の観劇では取りこぼしていた部分も、今回は拾えた感じがしました。

ダンスでは、秋山菜津子さんもお二人に負けじと踊っていましたが、さすがに首藤さん&中村さんはエキスパートで、動きのしなやかさは、観ていて飽きません
逆に、演技の方では、秋山菜津子さんがお二人をリードして、要所要所で場を引き締めていました。

男一人に女二人。女性の一人は同性愛者。
ただでさえ3人というのは、どうやっても不均衡になってしまう組み合わせ。
それが同じ部屋で、永遠に過ごしていかなければいけない。
出口はない。扉が開いても出ていく勇気がない。
これって、本当に「地獄」です。
でも、似たような状況は現実にもあるわけで……それを考えると、この話の恐ろしさが、より一層迫ってきました。

【観劇】No.9 ー不滅の旋律ー

No.9 ー不滅の旋律ー

No.9 ー不滅の旋律ー

演出: 白井晃
脚本: 中島かずき
音楽監督: 三宅純
出演: 稲垣吾郎、剛力彩芽、片桐仁、村川絵梨、奥貫薫、羽場裕一、長谷川初範、鈴木拡樹、岡田義徳、深水元基、橋本淳、広澤草、小川ゲン、野坂弘、山崎雄大
ピアノ: 末永匡、富永峻
コーラス: (ソプラノ)泉佳奈、小塩満理奈、關さや香、髙井千慧子、髙橋桂、竹田理央、(アルト)南智子、小山由梨子、中川裕子、長谷川友代、(テノール)石福敏信、岩田元、斎木智弥、佐藤慈雨、外崎翼、吉川響一、(バス)黒田正雄、今井学、酒井俊嘉、比嘉誉
観劇日: 2018年11月28日(水) 19:00
上演時間: 第1部(1時間10分) / 休憩(20分) / 第2部(1時間40分)
劇場: 赤坂ACTシアター
チケット代: S席 12,000円(2階B列) [パンフレット代:2,000円]


【感想】

3年前の初演の時は、チケット争奪戦に敗れて、観られませんでした。
なので、今回が初観です(吾郎ちゃんを生で拝見するのも初めて)。

話は、ベートーヴェンが「第九」を作るまで、と聞いていましたが、「第九」だけに焦点が当てられているわけでもなく、どちらかと言うと、家族やピアノ工房、ウィーンの街の人たちとの人間模様が中心に描かれていたように思います。

ステージ両端には、本物のピアノが2台(2人のピアニストが演奏します)。
天井からはピアノの弦に見立てたものでしょうか、何本ものロープ?が下がっています。
シンプルだけどスタイリッシュで、白井晃さんらしくて、私は好きです。

稲垣吾郎さん、モジャモジャのヘアスタイルがベートーヴェンそのもの
見た目だけでなく、偏屈で自己中で横柄で自信家で……でも繊細で孤独で臆病で……そんな天才の心の機微を、まるでベートーヴェンが乗り移ったかのように演じられていました

ピアノ工房を営む夫婦の奥さん・ナネッテ(自身もピアノの製作をしている)役に、村川絵梨さん
ピシッと筋の通った職人という感じで、ひときわ目を引きました。

ときおり奏でられる生ピアノ2台による演奏も素敵でしたし、何より群衆として登場するコーラスの皆さんによる「第九」が圧巻でした。

こういう偉人の伝記ものって、最後はちょっと悲しい結末を迎えたりするものですが、この舞台は「歓喜」の歌声の中、高揚した気分で終わります。
思わず、こちらまで(歌詞も知らないのに)歌い出したくなってしまいました。

【観劇】華氏451度

華氏451度

華氏451度

原作: レイ・ブラッドベリ
上演台本: 長塚圭史
演出: 白井晃
出演: 吉沢悠、美波、堀部圭亮、粟野史浩、土井ケイト、草村礼子、吹越満
観劇日: 2018年10月3日(水) 19:00
上演時間: 1時間55分(休憩なし)
劇場: KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
チケット代: S席 7,000円(4列:最前列) [パンフレット代:1,300円]


【感想】

原作は、1954年に書かれたSF小説とのことですが、まるで現代のことを言っているかのようです。
いや、おそらく、いつの時代にも通じる普遍的なテーマなのかもしれません。

物語は、近未来のどこか、本の所有は禁じられ、発見されると「ファイアマン」によって焼却されてしまう世界です。
人々は、液晶パネルに映し出される情報に依存しています。
ファイアマンのモンターグ(吉沢悠さん)は、隣に住む少女・クラリス(美波さん)と出会い、徐々に自分の価値観が揺らぎ始めます。
ある日、任務遂行時に、本と一緒に焼死することを望んだ老女(草村礼子さん)を目の当たりにしたモンターグは、現場からこっそりと本を持ち出すようになり……。

原作者のブラッドベリは、当時、小型ラジオを聴きながら散歩するカップルを見て、「聴きながら?散歩?」と衝撃を受け、この小説を書こうと思ったそうですが、現代では、言うまでもなく「スマホのながら」です。

受身ばかりの情報では、人はだんだん自ら考えようとしなくなる。
都合の悪いことに目を背け、楽しいことばかりを見ようとする。
そして、気づかないうちに、大きな脅威が迫っている……。
どこかの独裁国家のようでもあり、今の日本のようでもあります。

だから、能動的にならないと情報を得られない「本」は重要なのでしょう。
「能動的」ということであれば、わざわざ劇場に行かないと観られない・体験できない「舞台演劇」なんかも、無くしてはいけない一つだと改めて思いました。

劇中で「本当は、本を焼く必要はない。焼かなくても、皆、読むのをやめてしまったんだから」みたいなセリフがあり(正確には覚えてないですが)、これにはハッとさせられました。

価値観が揺らぎ、本に魅せられていくモンターグの葛藤や心情を、吉沢悠さんが感情あらわに演じていました。

クラリス、モンターグの妻・ミルドレッド、機械猟犬、鹿の4役を、見事に演じ分けた美波さん。

豊富な本の知識がありながら、それでも自分の任務に疑いを持たないモンターグの上司・ベイティー隊長を、吹越満さんが渋く・毅然とキメていました。

上演台本:長塚圭史さんらしい少し難解で、演出:白井晃さんらしい幻想的な舞台でした。


※ この日は、このお二人によるアフタートークもあり、制作裏話などを聞くことができました。
興味深かったのは、長塚さんがト書きを過去形で書いたというエピソード
普通、ト書きは「〜している」という風に現在形だそうですが、あえて「〜した」と小説的に書いたとのこと。
セリフを言う時の状況説明ではなく、その前の状況まで引き継いでいるというニュアンスを、どう演出したらいいか、白井さんは悩んだそうです。
素人の私には、分かるような……分からないような……(笑)。

【観劇】三文オペラ

三文オペラ

三文オペラ 三文オペラ 三文オペラ

作: ベルトルト・ブレヒト
音楽: クルト・ヴァイル
演出・翻訳・上演台本: 谷賢一
音楽監督・訳詞: 志磨遼平(ドレスコーズ)
出演: 松岡充、吉本実憂、峯岸みなみ、貴城けい、村岡希美、高橋和也、白井晃、青柳塁斗、相川忍、今村洋一、小出奈央、小角まや、奈良坂潤紀、西岡未央、野坂弘、早瀬マミ、平川和宏、峰﨑亮介、森山大輔、和田武
演奏: 有島コレスケ、板倉真一、福島健一、堀嵜ヒロキ
観劇日: 2018年1月26日(金) 14:00
上演時間: 第1部(1時間50分) / 休憩(20分) / 第2部(50分)
劇場: KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
チケット代: S席 7,800円(6列) [パンフレット代:1,500円]


【感想】

何が起きるのか、予想がつかないドキドキの舞台でした。

チラシにもあった「KAAT滅亡」の言葉通り、ステージは乞食たちの城となっています。
センターから客席中央まで花道が伸びており、上手と下手にはP席(乞食商会の社員として舞台に参加する観客の席)が設けられています。
このセットを見ただけで、何だかワクワクします。

『三文オペラ』は、あの有名な曲『マック・ザ・ナイフ』くらいしか知りませんでしたが、各場の最初に、これから始まる場のあらすじが、電光掲示板に表示されるので、置いてけぼりになることはありませんでした。

歌は20曲くらいあったのですが、(私が)初めて耳にする曲ばかりだったからでしょうか、メロディアスな曲は少なかったように感じました。
また、松岡充さん、貴城けいさん以外は、歌唱力的にもちょっと……(笑)。
これも、「オペラ」とか「ミュージカル」といった先入観が強すぎたからかもしれません。

でも、芝居は、とことん楽しかったです。
破茶滅茶なストーリーの中に、富裕層への皮肉や批判が盛り込まれ、「労働者を安い賃金でこき使い、生殺しにする大企業と、ナイフで一息に殺す小悪党、どちらが罪でしょうか?」とか「金のある者の横暴を見過ごして、なぜ金のない者の些細な盗みを罰するのでしょうか?」といったメッキー・メッサーのセリフは、心に残りました。

※ 劇場に着くと、ロビーではP席の観客への事前指導(「ピーチャム商会の新入社員説明会」と書かれていました)が行われていました。
三文オペラ
ずっと見てるとネタバレしてしまうかなと思ったのですが、面白くて、結構長い時間見てました。
ちなみに、P席の人は、上演中、立ちっぱなしだったので、さぞやお疲れだったと思います。
でも、何だか楽しそうで、ちょっと羨ましくなりました。
写真AC
趣味で撮影した写真を「写真AC」というサイトに登録しています。
無料でダウンロードもできますので、よかったら覗いてみてください。

私の作品は、
ここからどうぞ!

記事検索
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ