2007年02月21日

時よどうか止まって

が前編のみで放置されていることを忘れているわけではありません。
でもこっちのが早く書けそうな気がするのでさくさく上げるのだ。
一週間以上経過しててどこがさくさくだか、とか思っても云っちゃだめ。


■マンマ・ミーア!:大阪四季劇場 2月11日(日)13:00

大袈裟と思われるかもしれないけど、2007年2月11日が人生最良の日だったとさえ思う。観たあとはなんかものっそい燃え尽きた感満載で・・・幸死するかと思ったわ。
でももともと知寿様目当てで行って、当初の目的を達成するため、知寿様を目に焼き付けるという任務を必死に遂行していたので、役ごとの感想文とかきっと無理。てことで、全体的にね!@兎少年。

外から眺めたことはあったけど、初めての劇場&もうすぐ生知寿様っていうのでもう開演前から心拍数だだ上がりだったと思うわ。開演して音が耳に入ってきた瞬間はもう例えようのない高揚感でした。
一応観るのは二回目だから話の内容は大体覚えてたんだけど、ロンドン版聴きまくりだったし日本語の歌詞はほとんど覚えてなかったからちゃんと歌詞聴いてみると結構新鮮だったかも。
知寿様登場時、ただ知寿ドナが目の前に現れたってだけで息を飲んだ。何故か緊張した・・・そしてとりあえずオペラを上げてみた。確かに知寿ドナがそこに居た!ああ、あたしこのために可笑しなスケジュール立てて大阪まで来たんだって思ったら涙腺が緩んで、以降緩みっぱなし。

えーとなんだかひたすらぐだぐだな文章になりそうなのでいやすでになってる気もするけど、せめて印象に残ったナンバーごとに書いてみようかなと今思いついた。
けど曲名とか全部わかんないかややっぱり却下。ぐだぐだ書くわー。

えーととりあえず知寿様なんだけど、♬Money,Money,Moneyで知寿ドナが歌い出した瞬間から周りが見えなくなってしまったよ。これ以降も、知寿様が出てるとこ、特に歌ってるとこは THE 釘付け、て感じで集中しすぎた。
♬Chiquititaの前の、「でもあたしほんとにバカだったわ・・・」ってベッドにごろんてなりながら云うことめっさ可愛くて好き。なんかもーーーすべてがすごくステキだったよ。ごめん相変わらずボキャ貧で!
あとねいちばんは決められないんだけど特に好きなナンバーは↓

♬The Winner Takes It All
♬Mamma Mia
♬Slipping Through My Fingers
♬Dancing Queen
♬Super Trouper
♬S.O.S.

順不同。5コに絞ろうとしたけど無理でした。ドナ以外の歌では、ターニャが歌うぼうやちゃんの歌(そんなタイトルではない)がすごーく好きです。ターニャすんげーかこよかた。
もちろんロージーも、なんて云うか、うまいなぁって感じで、ああいうふうに笑いが取れるって、観ている側としてっつかあくまであたしの感想だけど、理想だなぁと思った。

なんかねストーリーの感想とか書いてもすごいありきたりなものになる気がするからやめとく。「どうか時よ止まって お願い」とか「誇りに思ってるわ、ママを」で超泣きましたとかだも;;

前楽(って云う?)だったし、前日もそうだったみたいだけどとにかく数え切れないほどカテコがあって、急ぐのいやだったし早々に鈍行で名古屋っていう線は諦めて、劇場内の空気を最後まで味わってきました。
ひとりだったから最後はどきどきしました。だってあたし踊れないし!と思って。でもちゃんと周りに合わせて立って、手だけは振ってきたw
知寿さんから「明日、大阪のマンマ・ミーア!は千秋楽を迎えます」的なご挨拶があって、あとはどのへんが通常の公演と違ったのか違わなかったのかわからないけれど、途中からはそんな何回も出てこさせたら可哀想だよ・・・と、タカラヅカでは有り得ない回数のカテコに戸惑った。

あー・・・・・・なんか全然大したこと書けなかったけど、とにかく本当に本ッ当に行ってよかった!!!!!迷ったんだよね、わりと。でも行かなかったら死んでも死に切れないほど後悔してたと思う。観に行ったからこそそう思うんだろうけどさ。
四季のことはよくわからないし、知寿様が今後どういうふうに活動するのかもわからないし、活動しない可能性があるのかもわからないけれど、休団前にぎりぎりで知寿ドナをちゃんと観られたことで一段落ついた気がする、自分の中で。
ほんとよかった、なんかもうそれしかないよう。ありがとう知寿様!!!!!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
てぃぐちんよろしく
ご訪問多謝