現在の20キロ圏内の避難指示区域が警戒区域になると、今後我々は

全く20キロ圏内に入る事は出来なくなります。

すなわち、現地にまだまだ、多数放置状態になっている犬・猫たちを救う事が困難になります。

もちろん、まだ正式発表はありません。

ただ、正式発表があってからでは手遅れです。

我々の情報源は現地住民の方々からの情報で、冷静かつ慎重に分析した結果、おそらく高確率で本日か遅くても明日実施されると思います。
あくまでも予測にすぎない事は事実です。

だから、住民の一時帰宅の件や実際現地に取り残された動物たちに対する日本政府の対応に関しての詳細はどうなるのかは定かではありません。

これが嘘であって欲しい。現実にならなければいいと願っております。

だからこそ、あえて風評などの混乱を引き起こしたとバッシング等々の酷評・批判を浴びることを覚悟でブログ上で発表させてもらいました。

本日、もちろん関係各所に連絡をとり事実確認をするとともに、現地保護活動には人員を多数動員して1頭でも多くの犬猫たちを保護するとともに
大量のフードを現地に配って廻りります。

皆様方におかれましても、是非、事実確認をとりこのことが高確率で事実であるならば先手をうった対応をお願いいたします。

もし高確率で事実ならば、我々国民ひとりひとりが阻止するために動き、大きな波を起こす必要があります。


現在の我々の福島の臨時拠点での犬猫の収容スペースは限りがあります。本日は予測の元で多数の犬猫を保護予定です。

県内または近県で一時的に収容するスペースを提供くださる方を緊急大募集しております。

わたくし佐々木までご連絡ください。

ひつこい様ですが、事実でない事を心から願っております。

この事で皆様に大変ご迷惑をおかけすることになった場合は誠に申し訳ございません。




一頭でも多くの犬猫達の命を救うため、皆様の力をどうぞお貸し下さい!!


《協力者募集》
一時的に犬猫を収容する建物・土地をお持ちの方、是非ご協力ください。 



《ボランティア募集》
・福島臨時拠点での犬猫の世話が出来る方大募集(現地まで直接来れる方)
・ホストファミリー(一時預かり出来る方)ただし福島県内の臨時拠点に迎えに来れる方。
・福島県内の臨時拠点から犬猫の輸送が出来る方(車に乗って来れる
方)
・現地で一緒に犬・猫等の保護活動をしてくださる方
・保護している動物たちを診てくださる獣医の方
・保護している動物たちのケアをしてくださるトリマーの方

 《支援物資》
・フロントラインなどのノミダニ駆虫剤。
・中大型犬用のキャリーケース、
・バリケンネル、ゲージ(中古でもOK)
・中大型犬用のガム、おやつ等々
・ドッグフード(メーカー問わず)
・中大型犬用の首輪、リード(中古でもOK)
・古新聞
・毛布、ハーフケット
・ハイター
・胃腸が弱っている子が多いため、その子用の療法食

<支援物資の送り先>
〒960-8032
福島県福島市陣場町1-25福島TKビル5F
(株)タベ・インターナショナル内 
犬猫みなしご救援隊宛

 
ボランティア希望の方、その他のお問い合わせは佐々木まで直接ご連絡下さい。
 TEL→080-3055-6535

この携帯電話1本で受け付けておりますので、大変つながりにくくなっていますが、何回かかけていただくと必ずつながりますので、ご迷惑をおかけ致しますか、何卒よろしくお願い致します。