11月23日

‘福島原発被災動物’の
現状を

少しでも
知ってもらうために

京都大学へ
講演に行きました。

‘福島原発被災動物’の
現状を

広めるためなら

私は
どこだって行き

どんな状況下で
あっても

‘しゃべくりまくり’
・・・ます。






000


那須塩原駅
朝6時

平和な
夜明けでした。

東京駅で
Pさんから

「中谷さ~ん」

・・・と

声を
かけられるまでは・・・

その瞬間

私の人生が
ゴロッと変わり

修学旅行の
引率教師みたいに

気が
忙しくなりました。

もちろん

自由奔放な
Pさんの

‘お蔭で’

楽しい時間も
ありましたよ!!

ただ・・・
残念だったのは

せっかくの
京大だったのに

写真の一枚も
撮れなかったことです。

正門で
写りたかった・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


京大講演を終え

そのまま
新幹線で広島

自宅へ
戻ったのは

夜8時

スタッフや
ボランティアさんは

まだ
働いていました。

Pさんは
二言目には

「チョ~すごい」
「チョ~感動」

・・・を連発

派手な姿と
でっかい声に

みんな
どう接してよいか

悩んでいました。

私は
言いました。

『勝手に
ついて来たんだから

気を使わずに
ほっときゃええよ』

Pさんは

我が家の
‘家風’に沿い

玄関ホールに
段ボールを敷き

こっちゃんと
一緒に

寝ました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


翌朝8時
私は

広島の

ブリーダー崩壊現場に
向けて

出発しました。




000a


11月11日は
真っ黒い水でしたが

みなしご救援隊
広島本部が

全面的に介入し

せっせ
せっせと

清掃&
消毒を続け


00000000000


半分以上の
エリアが

きれいにされ

風避けの
シートも張られ

きれいな水に
なっていました。


0000


崩壊後は

きれいな水と
豊富なフードと

愛情が

必須アイテムです。



000000


私が
視察した日は

あと2ケ所
こんな状態でしたが

広島本部と
ボランティアさんとで

日々

犬たちの
ケアをしながら

清掃&消毒を
頑張り

たぶん
今日

すべて
終わっているハズです。


00000000


Pさんは
かなり

ショックを
受けていましたが

ブリーダー崩壊現場は
たいがい

どこに行っても
こんな感じです。





0000000


外に
積まれた

古いゴミの山

こんなのが
いたるところにあり

かなり
厄介ですが

ギャ~ギャ~
騒いでも

何にも
始まらないので

重機を
手配してでも

片づけるしか
ないでしょう。




000000000



今後は

犬たちの
心と体のケアをして

良い里親を
見つけていきます。

これからが
本番です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


その後
私は

身寄りのない
独り暮らしの

高齢者の
自宅訪問に

出かけました。

もちろん
動物飼養者です。

飼い主さんが
元気かどうか

心寂しく
生活していないか

様子見するのも

広島での
私の役目です。


0000000000


今回は
たまたま

Pさんが
同行したので

写真がありますが

だいたい
1回で

広島市内を

2~3軒
まわります。

「中谷さん

いつ福島から
帰ったん?」

『ゆうべよ』

「もう行かんで
ええん?」

『いいや
今日もう行くよ』

「ほいじゃ~また
寂しゅ~なるじゃ」

『同じ
日本じゃけぇ

寂しゅないよねぇ』


00000000000


『じいさん
何かあったら

絶対に
電話してきんさいよ

でなきゃ
無縁仏になるで!』

「ワシャ
まだ死なんわい」

『何言~よんね
そろそろじゃん!』

こんな
かわいらしくもない

私らしい

会話をして

『ほいじゃ~
また来るけぇ!!』

これでも

私が
現れるのを

じいさん
ばあさんたちは

待ってくれとるんです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


栃木拠点・進化


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本格的に
寒くなり

いよいよ
人間のために

防寒対策を
始めました。


0000000000A



猫も
ヤギも
ニワトリも

もちろん
人間も

み~んな同じ
防寒法


no title



できた!!

これで
ずいぶんと

寒さが
やわらぎます。

ありがたや
ありがたや




000000000A


広島の

我が家の
庭?草むらです。

その中央には

山田うけぐち君が
いました。

もちろん
福島犬です。



00000000A



4月中旬

栄養失調で
意識もなく

夜通し
車を走らせ

広島へ
連れ帰りましたが

2週間で
元気になり

よく見ると

なかなかの
男前

ちょっと
嬉しいじゃん♪




00



久しぶりの
母子寮

子猫の山が
あったのですが

トロトロしたので

バラけて
しまいました・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



栃木
ブリーダー問題

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日も
富田君が

ポメラニアン
3匹

引き出してきました。

ウチの
拠点ボラさんが

パピヨン♀の

里親さんに
なってくれることになり

私は

とっても
嬉しいです。

これからも

どんどん
引き出しますので

引き続き

里親さんを

募集します。

なお
その子たちの

写真は

壬生里親会の
青山さんが撮影し

私の携帯に
送ってくれたのですが

私は

携帯から
パソコンに

移動できんので

誰かが
やってくれるまで

しばらく
お待ちください。

どの子も

とっても
かわいらしいです。


【今日の
愛しき福島ッ子】

少し
疲れたので

また明日・・・

ごめんなさい