先日
浪江町で

18歳の猫を
飼い主さんと共に

探しましたが
見つからず・・・

自宅内の
猫用トイレには

2日以内の
ウン〇があったので

私は
あきらめません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

その後
南相馬を通って

飯舘村の
真野ダムの向こう

大倉湯舟地区へ

犬2匹を
お迎えに行きました。

途中

南相馬市
鹿島区上栃窪の

山中で

日本ザルの
群れが

あちこちで
見られ

私は
大興奮♪


00000000000


張り切って
シャッター切って

ハイ
道路・・・・

サルの
動きが早くて

近視&老眼には
無理!!



000000000



新人犬も
動きが早くて

無理・・・・

1歳の
紀州犬雑種の

クッキー君です。

少し
臆病です。


0000000000



これまた
動きが早い!!

20歳の
ラブちゃんです。

飯舘村の
大倉地区は

りょうの
自宅がある

草野に抜ける
268が

通行止めのため
(震災で)

今ものすごく
不便です。

住民が
避難しているとは言え

ラブ&
クッキーのように

飼い主さんが
毎日

自宅に戻って

犬猫の
世話をしている人も

とても
多い地区なので

壊れた道路を

いつまでも
放っておかないで

復旧工事を
するなりして

帰宅住民のために
配慮すべきです。

しかも
飯舘村には

積雪60cm

・・・という

地区もあるのに

今年は
除雪をしないとか

そんなことされたら

飼い主さんも
自治会の人たちも

世話できなくなって

残された
犬猫は

どうなるんだろう

飯舘村の
仮設住宅は

今だ

ペット可になって
いませんし

なんだか
問題ばかりで

先行き不安です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


胸のつかえ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


4月8日

双葉町で

ロープを
咬みちぎり

自由になっている

1匹の犬と

ロープで

しっかり
つながれたまま

ひん死の
状態で

倒れていた

1匹の犬を
発見しました。

それから
毎日

私たちは

その子たちの
世話に

通いました。

そして

運命の
4月21日

午後9時30分

圏内立ち入り禁止
時刻まで

2時間半

私は

私の
責任において

私の手で

ロープに
つながれていた子の

ロープを切り

20km圏外に
連れ出しました。

私のしたことは
窃盗です。

その後

飼い主さんと
直接会って

事の次第を
詫びよう

とにかく

飼い主さんと
会いたい

そればかり
願い

飼い主さんに
詫びるまでは

一時預かりさんにも

‘預かり’を
頼めない・・・

そう思って

ずっと
ウチで

2匹の
世話をしていました。

5日前

田原君が
飼い主さんと会い

翌日
飼い主さんが

宮城県から

拠点まで
来てくれました。



000000


話を聞くと

飼い主さんは

震災前に
事故に遭い

意識が
戻らないまま

震災後に

宮城県の
病院へ転院した

奥さんを

毎日
見舞う

忙しい生活を
送られているそうで・・・

それでも
すぐに

犬たちに
会いに来てくれ

犬たちは

踊り狂って
喜びました。




00000000


私が
盗み出した子は

通称
‘アナック母’

アナック母の
本名は

クリちゃん
7歳です。

事の次第を
伝え

謝罪すると

飼い主さんは
大泣きで

「臆病で
人に馴れない子を

よく
連れ出してくださった。

本当に
ありがとうございました」

・・・を
連発されました。


0000000


脳梗塞から

奇跡の
復活を遂げた

アナックは
当時

自分で
ロープを

咬みちぎって
いました。

アナックの
本名は

ジュン君で
7歳です。

え?

アナックも
アナック母も

同じ7歳?

だって
兄弟なんだも~ん♪

私の
母子説も

あてにならんです・・・



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


急成長

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ジャックの
子供たちが

人の声が
聞こえると

ワサワサ
動くようになりました。



00000



わかりますか?

右下の
白いかたまりが

ジャック
ジュニアです。


0000


ほらね♪



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



今日の

愛しき
福島ッ子


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


福島第一原発から
24km

離れているのに

何故か
線量が高く

警戒区域並みの
扱いになっている

浪江町
津島地区

みなしご救援隊は

飼い主さんと
話し合い

そこから
いち早く

多くの犬たちを
連れ出しています。

その中の
1匹

‘里親希望’で
預かった

旧・ラッシー君
3歳



DSCF1569



ウチにいた間の
イメージは

『おとなしい』
『美男子』

・・・の
ひと言です。




GON


今は
ゴンちゃんに

改名し

近所の
方々にも

親しまれ

おだやかな
日々を

送っているそうです。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



お次は

計画的避難の
葛尾村出身の

甲斐犬ミックスの
すずちゃんです。



SUZU


当時
葛尾村には

立ち耳だったり
垂れ耳だったり

大型犬だったり
小型犬だったり

体型は
バラバラなのに

すずちゃんと

同じような

甲斐犬柄の
犬が多く

『どうなってんの?』

とっても
不思議でした。




SUZU2



私は
和犬マニアですが

和犬は
咬む子が多いです。

そこも
好きな要因ですが・・・

すずも

気に入らないことが
あると

ガブッと
やるみたいです。

それでも

「ガブッとやる

タイミングが
わかったから

大丈夫」
・・・と言う

預かりさんに

心から
感謝です・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


引き続き

みなしご救援隊が
保護した

福島ッ子の
近況を

募集してます。

玉川村で

バタバタ

くたくた


・・・だった時の子は

特に

写真が
少ないです。

お願いします。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



追伸

私は明日
12月4日は

鎌倉に
行きます。

東京駅には
ザキが

迎えに来てくれ
(起きれば)

横須賀駅には

ちばわん
田中さんが

迎えに
来てくれます。

だから

たぶん
大丈夫♪