栃木拠点

本日は
曇天なり

このあたりでは

晴れだと
普通に

20℃近くに
なります。

ところが

いったん

太陽が
隠れると

一気に
気温が下がり

体感温度は
氷点下

結構
厳しいです・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨日のこと

兵庫県から
泊まりで

ボランティアに
来てくれた人が

ランの前で
考え込んでいたので

見に行くと

ランの
始終時間と

ランの
組み合わせを

‘捨てる段ボール’に
書いて

「覚えられんわぁ・・・」

そりゃ
そうでしょう

これだけ居て

一日で
覚えられたら

天才だよ



0000000000


兵庫県の
彼女

震災直後から

残された
動物のことが

気になり

いろいろ
ネットで探して

‘みなしご’に
たどり着き

いつの間にか

‘中谷さん’
という人物に

ハマったそうです。

そりゃ~
残念じゃね

厄介なモンに
ハマったね♪




00000000000



後方支援ばかりじゃ
おもしろくなくて

1回は
来たかったそうで

「みんなの
楽しそうな

姿が
ナマで見れて

来てよかった」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

栃木拠点は

何もかにもが
建設的で

保護どうぶつの
状態も

施設環境も

どんどん
好転し

どんどん
進化するので

実際
楽しいです。

栃木拠点は

動物シェルター界の

サクラダ
ファミリアです♪




0000000



この日
メリパパは

朝から

小型犬専用ランの
土運びに

ハマってました。

『調子に乗って
しょ~ったら

どこか
壊すよ!!』

「そ~だな・・・
ここは

ガタが
きてる者の

集まりだからな」


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


初めての
子育て

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


飯舘村から
やって来た

ポチポチ
ポチッ子は

ウチに来てすぐ

3匹の仔犬を
産みました。

最初は
なかなか

子育てしてくれず
困りましたが

仔犬が
生後一か月を

過ぎたあたりから
急に

子煩悩に
なりました。



000000000


ポチッ子に
とっては

初めての
子育てだったらしく

生まれた
仔犬を見て

戸惑ったのでしょうね。

今では
プチッ子と

どこに行くのも
何をするのも

いつも一緒

この2匹は
離せません。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


キミは誰だ?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


久しぶりの
ボランティアさんに

「この子
新人さんですか?」

・・・と
よく聞かれる

花子ちゃん



000000


元気になり過ぎて
動きが早く

後ろ姿しか
撮れませんが


00000


毛並みもよく
よ~肥えて

ケンカも強く

ここにきて
猟犬気質が

随所に
見られます。


0000



せっかくの

花子の
顔付き

ショットなのに

邪魔者が
カメラめがけて

ド~ン!!

その邪魔者は
花子の子で


110805_1610181



来た時は

こんな感じで
皮膚ボロボロでした。




110805_1619411



すっかり
忘れてたけど

花子も
こうだったんですね

弱っている子を
元気にする

これほど

やりがいのある
活動は

この世に
ありません。

獣医師に
頼り切るのではなく

自分の手で

愛情かけて

病気やケガを
治す

これが
私の

動物愛護の
原点です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日の

愛しの
福島ッ子


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



飯舘村の
飼い主さんから

ランちゃんを

引き取って
5日後

団体譲渡の
ちばわんさんと

ウチの拠点に
一緒に来られた

預かりさん。

最初っから

ランのことが
気になったようで

ランの前から

動かなかった
預かりさん

今でも
その姿が

目に浮かびます。


RAN3



ランは

右目が青で
左目が金色

震災直後から
落ち着かず

吠えたり
咬んだり

飼い主さんから

そう
言われていたので

一般家庭では

厳しいと
思っていました。



RAN


エリザベスカラーを
装着しているので

子宮蓄膿症の
術後なのでしょう。

三毛猫の
くつろぎ方を見れば

ランが

どんな暮らしを
しているか

わかるでしょう

RAN2


生まれも
育ちも

まったく違う

異種の
動物たちが

一つの家庭で
家族になる

『ありがたい』
・・・としか

言いようがないです。

ちなみに
ランちゃんちは

犬3匹
猫5匹の

大家族です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



4月14日

福島第一原発

被災動物保護活動を
始めて

延べ20日目

この日
初めて

誰の手助けもなく
自分の手で

放浪犬を
捕まえて

抱きかかえて

みなしごバスに
乗せた私は


意気揚々

大熊町から
双葉町へ

移動しても

調子がいいの
何のって

そこで

いきなり
見つけた

タレ耳の
愛想の良い子

『あの子も
連れて行こう』

そんな感じで

気分よく

保護できた子です。






DANBO3


双葉町で
私が

調子よく
保護した子は

耳が
タレているからか

ダンボ

・・・って
いう名前になり

やはり
室内で

くつろぎまくり




DANBO2


先住犬の

あんずくんと
みかんちゃんと

仲良く

お出かけ
しているようです。


DANBO


双葉町で
見つけたあの子が

ほろほろ
放浪してたあの子が

こうして

バンダナとか
着けちゃって

乳母車とか
乗っちゃって

どうしましょうねぇ
困っちゃいましたねぇ

うふふっ・・・