2018年02月13日

「鎌ケ谷、白井」ポタでB級グルメ、SLと野馬土手も堪能(笑)

 この三連休で唯一の休み(涙)の土曜日に、はんぞうさんのお誘いで鎌ヶ谷、白井のグルメポタに出かけてきました。ご一緒したのはワンチャンとオッシーさんです。

P2103620
P2103678-001
 グルメとはもちろんB級グルメ。松戸の五香に集合で、最初に向かったのだが、ラーメン屋の「とんや」です。最近、美味いと評判になっているとのことですが、チャーシューを販売している店なので、4人全員が迷わずチャーシュー麺を注文。ホントだ。チャーシューが美味すぎる。

 たこ焼きのほうは、ポタの締めに立ち寄った白井市の「」というお店。正統派のたこ焼きを作る店とのことで、元大阪人の私は期待しておりました。食べると、期待通りの美味さ。外はカリカリ、内はトロトロでジューシー。大きなタコが入り、辛めのソース。文句の付けようがありません。

P2103623
P2103616
P2103617
 こちらは「とんや」です。外はシンプル、中はド派手です(笑)。でも、なぜかとても落ち着ける空間でした。

P2103677
 そして、こちらが「杜」。着いた時にはお店のおばちゃんが不在だったのですが、電話番号を知るワンチャンが連絡してくれました。配達に出ているとのことで、しばし待って、たこ焼きにありつくことができました。

P2103631
P2103661
 食事に続いて、SLのデゴイチもセットで紹介します。両方とも今回訪ねたD51ですが、上の写真が鎌ヶ谷市制記念公園の展示されているもので、下の写真が白井市の個人所有のデゴイチです。

 市制記念公園のほうは「D51 385」で、個人所有のものは「D51 1116」。番号が若いほうが製造日が古く、市制記念公園のデゴイチは昭和14年に製造され、個人所有のデゴイチは戦時中の昭和19年に造られたそうです。ちなみに私の住む流山の総合運動公園にもデゴイチが保管されており、そちらは「D51 14」とさらに古く昭和11年の製造です。

 個人所有のデゴイチですが、2度ほど敷地の外から拝見したことがあるのですが、今回はワンチャンがお宅の方を見つけ、敷地内で見学させてもらえることになりました(ワンチャン、度々ナイスです)。

 以前、このデゴイチを手放したいという新聞記事を読んだことがありますので、どうなったのかと思ったら、年内中に茨城のほうにもらわれて行くことが決まったそうです。なので、これがおそらく見納めです。

P2103647-001P2103637

 続いて郵便ポストもセットで紹介です(笑)。今回のポタでは白井郵便局の白いポストを見学しようということになっていましたが、ついでに赤いポストも見学しました。さて、どちらが価値があるでしょうか。

P2103646
 実は赤いポストのほうです。白いポストはおそらく「しろい」にちなんだ郵便局の企画。本来の赤から白く塗り替えたポストのようです。一方、赤いポストのほうは「レターポスト」という大変貴重なものだそうです。なんせ戦後のGHQ占領下で造られたもので、日本に3つしか残っていないとのこと。

P2103653
P2103650P2103648
 レターポストが設置してある場所も白井そろばん博物館という、なかなかシュールな場所でした(笑)

P2103626
 ここからはセットでの紹介ではありません(笑)。こちらは鎌ケ谷大仏。以前訪ねた時の印象は「小さな大仏さま」だったのですが、改めて訪れてみると、かなり存在感のある仏様です。江戸時代、安永5年(1776年)の作だそうです。ところで、「この仏様、いったい誰?」と疑問だったのですが、どうやら阿弥陀如来のようです。

P2103627
 そして最後に紹介するのが、野馬土手です。今回のポタのコースが、江戸幕府の牧場「小金牧」の遺構である野馬土手が多数残る場所だったので、野馬土手マニアの私は皆さんにいくつかの野馬土手をご案内。というか、ほぼ強引に連れて行ったと言ったほうが正解かもです(苦笑)

 鎌ケ谷や白井は、小金牧の一つである中野牧があった所で、特に鎌ケ谷では市が保存に熱心なためか、多数の野馬土手が残されています(詳しくは、東葛人的サイトの特設コーナー「野馬土手 〜小金牧の残光」をご覧ください、笑)。写真の野馬土手は、鎌ケ谷市南初富に残る土手ですが、他にも3カ所ばかり訪ねて、野馬土手が健在であることを確認しました。

 いやぁ、近場のポタも楽しいですね。はんぞうさん、ご企画ありがとうございました。ワンチャン、オッシーさん、お疲れ様でした。

toukatsujin at 07:22|PermalinkComments(10)

2018年02月06日

また万年筆を買ってしまいました、今度は「キング」です(笑)

IMG_0361 (1)-002
IMG_0361 (1)-003
 また万年筆を買ってしまいました(笑)。セーラー万年筆の「キングプロフィット エボナイト」で、受注生産品とのことで4カ月待たされて、ようやく入手しました。21Kの大型のペン先で「さすがセーラーのフラッグシップ(?)」と感嘆するような書き味です。

 軸は製品名の通りエボナイト製です。エボナイトというと、万年筆に興味の無い方は、学校の理科の授業で静電気の実験に使ったエボナイト棒しか思い浮かばないと思います。でも実は、エボナイトはしっとりしていて、万年筆の軸にとっても良いのです。

 ただ、エボナイトは表面をコーティングしていないと経年変化します。問題はそれを味わいと取れるか、劣化と思ってしまうかですが、もし劣化のほうだったら、どこかで漆(溜塗がいいな)を塗ってもらいましょう(笑)

IMG_0362-001
 それにしても、この万年筆は無意味にでかいケースに収められています。ボトルインクと同梱してこのサイズですが、それにしても大きすぎる。フタには「THE KING OF PEN」の刻印。なかなか大げさなパッケージです。

IMG_0370
 私が所有するセーラーの小ぶりの万年筆と大きさを比べると、こんな感じです。やはり、でかいのですが…。

IMG_0365
IMG_0366
 ただ、1年前に買ったパイロットの「カスタム URUSHI」に比べると、ペン先も軸も一回り小ぶりです。カスタム URUSHIは存在感がありすぎて、とても人前で使えるような万年筆ではありませんが、キングプロフィット エボナイトはそれに比べると控えめなので、気軽に使えそうです。

IMG_0363
IMG_0364 (1)
 ペンケースならぬペン袋には、カスタム URUSHIと同様、兵左衛門という箸屋さんの箸袋を利用(笑)。少し小ぶりとはいえ、キングプロフィット エボナイトもでかいので、入れるペンケースがなかなか見つかりませんが、この箸袋は奇跡のようにピッタリです。

toukatsujin at 07:49|PermalinkComments(10)

2018年01月08日

年末年始は11連休、カワセミと七福神の話

 皆さん、明けましておめでとうございます。

 年末年始はなんと11連休でした。こんなに休暇を取ったのは十数年ぶりでしょうか。もちろん有意義なことは一切せず、ベロンベロンになりっぱなしで、休暇を過ごしました。これがいいんです。何もしないと決めて無為に過ごすと、とてもリフレッシュできますから(笑)

 とはいえ、家に引きこもっていたわけではありません。3日には自転車仲間の皆さんと柴又七福神巡りをしたほか、ほぼ毎日うろうろしていました。そして野鳥撮影も本格的に復活です(たぶん)。で、このエントリーでは野鳥撮影の話と七福神めぐりの話を合わせ技で書きます。

P1073830-005
P1073830-002
 まずは野鳥撮影というか、カワセミの写真から。昨日の7日に手賀沼で撮影しましたが、久しぶりに良く解像した写真が撮れました。機材はもちろんオリンパスのミラーレス一眼とBORGの組み合わせです。

 この日は小径車で江戸川-利根運河-利根川-手賀沼をうろうろしながら、野鳥を探しましたが、ほとんど“鳥果”を得られず。仕方がないので「ユリカモメでも撮って帰ろう」と手賀沼で自転車を止めたら、ドンピシャのタイミングで目の前にカワセミがやって来てくれました(喜)

 「こいつは春から縁起が良いわい」です。距離もバッチリ。かなり日が傾いていましたので、コントラストがきつすぎるのが難ですが、それでも良い感じに撮れました。

P1073853
 このカワセミはいったん獲物を狙って水に飛び込み、失敗して再び戻って来ました。その時、撮影したのがこの写真です。

 先の写真では、背中の羽毛以外は黒っぽく写っていますが、こちらは普通のカワセミの色合いで写っています。つまり、背中の羽毛だけは、厳しい条件でも美しいコバルトブルーに写るわけですね。ちょっと驚きました。

P1073819
 トビモノにも挑戦しましたが、これは残念。かなりピンボケです(苦笑)

P1073793
 そう言えば、久しぶりにタゲリにも遭遇。利根川の河川敷に一羽、ぽつねんと佇んでいました。

P1033569-001
P1033588
 話は替わって、3日の柴又七福神めぐり。spirit隊長にご企画いただいたポタで、まっちさん、ワンチャン、はんぞうさんと共に宝(布)袋尊(良観寺)、弁財天(真勝院)、寿老人(観蔵寺)、恵比寿天(医王寺)、大黒天(宝生院)、福禄寿(万福寺)、毘沙門天(題経寺)を七福神を巡りました。

 さて、毘沙門天の題経寺は有名ですね。さて、どこでしょう。

P1033611
P1033608
 題経寺とは『男はつらいよ』の舞台、柴又帝釈天ですね。さすがは帝釈天、参拝する人、人、人でいっぱいでした。

 実は私、神や仏がいようがいまいがどちらでもよい罰当たり者。それどころか、ビジネスにご熱心な神社仏閣を見ると、「○○、丸儲けだな」などとほざくので、よく天罰が当たります(苦笑)

 今回は、余計な事を言わないように注意して七福神めぐりポタを楽しみました。あっ! また言ってしまったかもしれない(苦笑)

toukatsujin at 20:01|PermalinkComments(2)

2017年12月17日

利根運河で野鳥観察会、久しぶりにタヌキに出会う

PC173492-001
 利根運河北岸の東京理科大学の理窓会記念自然公園でタヌキに出会いました。タヌキに出会うのは久しぶりですが、やはりカワイイですね。

PC173473-001
PC173487-001
PC173510-001
 実は、今日の日曜日、「利根運河の生態系を守る会」の野鳥観察会に参加してきたのです。自転車仲間のワンチャンもご一緒。気持ちの良い冬晴れでしたが、今日はとにかく寒かったです。

PC173479-001
PC173485-001
 上の写真はモズのメス、下のピンボケ気味の写真(苦笑)はカワセミです。今回は野鳥の数が少なかったです。守る会の方に聞いたら、「今年はいつもいるはずの野鳥もいない」とのこと。どうしたんでしょう。この冬は寒いので、冬鳥たちはもっと南を目指してしまったのでしょうか。

4f2c438d
 とはいえアカマシコやシメなど、それなりに野鳥がいたのですが、写真撮影はすべて失敗。実は、今回はこのBORGの400mmフローライトレンズを使いましたが、このレンズは撮影が手持ちではとても難しい。最近、野鳥撮影をサボっていたのに、難しいレンズを使ったのは敗因でした(苦笑)

PC173495-001
 でも、タヌキ出現で、終わり良ければ全て良しです(笑)。野鳥観察会には小さな子供も多数参加していましたので、皆よかったですね。

IMG_2923
 野鳥観察の終了後、ワンチャンと「鶏そば まるだい」で昼食。凍えるような寒さだったので、鶏白湯が本当に美味かったです。

toukatsujin at 18:00|PermalinkComments(6)

2017年12月15日

久しぶりの荒川ポタ、スカイダイビングは見学に限る(笑)

IMG_0243-001
IMG_0246
IMG_0281-001
 アップするのが遅くなってしまいましたが、先週の土曜日に荒川方法面を自転車でウロウロしてきました。ご一緒したのは、仕事先の友人でつくる「ITサイクリングの会」(と言っても5人だけですが、笑)のマツモトさん、スギモトさん、ウメザワさんです。

 前回は印旛方面を走りましたが、今回はマツモトさんのご案内で、空気が澄み渡る初冬の荒川をのんびりと走りました。

IMG_0254-001
IMG_0247-001
 久しぶりの「榎本牧場」、そして榎本牧場と言えばジェラート。こんなふうに手持ちで撮ったのも久しぶりです(笑)。と言っても、私が注文したのはイチジクの入ったフローズンヨーグルトなのですが、これは大正解。ヨーグルトの酸味とイチジクがベストマッチでした。

IMG_0279-001
 こちらは、榎本牧場で飼育されているミニブタの子供。とても可愛く、「美味そう」なんて言いながら写真を撮っていると、なぜか近づいてきてくれました。

IMG_0280-001
 そしてベロン。「美味そう」なって言ってたから、逆に「食ってやろう」と思ったのでしょうか(笑)

IMG_0290-001
 この日の昼食は中華料理。当初予定していた店がお休みだったため、こちらの「喜楽」に変更。ろくな写真が撮れなかったので写真は割愛しますが、私は麻婆豆腐定食を注文。味は普通のジャパニーズ麻婆豆腐でした。

 この定食の値段は800円だったのですが、支払の際にスピードくじを引いたら、何と500円バックが当たりました。差額の300円で定食が食べられたわけです。いやぁ。持ってます、私(笑)

IMG_0299-001
IMG_0317-001

IMG_0313-001
 ホンダエアポートにも立ち寄り、スカイダイビングをしばし見学。以前、バンジージャンプ台を見学した時、腰が抜けて動けなくなったほど高所恐怖症の私ですから、スカイダイビングは絶対できないスポーツです。でも、地上から見学するのは素晴らしい。

 豆粒にしか見えない飛行機から降下する人たちが、肉眼でも何とか分かりましたが、しばらくすると予想もしない位置で次々にパラシュートが開きます。で、パラシュートを操作して所定の位置に降りてくるわけですが、地上近くで突然、急降下したりします。ハラハラしてなかなかの見ものでした。

IVE ルートを改めて見ると、本当に荒川沿いをウロウロした感じです(笑)。こんな目的地の無いポタも良いですね。とても楽しかったです。

 今回は折り畳み自転車のIVEを使い、JR武蔵野線の西浦和駅まで輪行しました。IVEは“折り畳めるママチャリ”ですので、実は皆さんについて行けるか心配でしたが、最後まで何とか足が持ちました。

 マツモトさん、ご案内ありがとうございます。スギモトさん、ウメザワさん、お疲れ様でした。

toukatsujin at 18:33|PermalinkComments(4)