2018年10月16日

土日は文化の秋、UNIVAC120に感動し、小金牧を偲ぶ(笑)

IMG_0961
 この前の土日は博物館巡り。まず土曜日は自転車仲間の皆さんと共に、東京理科大学の近代科学資料館と明治大学博物館を訪ねました。ご一緒したのはspirit隊長、はんぞうさん、ワンチャン、まっちさんです。

 この日の最大の見物はやはりこの写真。理科大の近代科学資料館の展示物ですが、私はこれにかぶりつき、おそらく20〜30分は眺め続けていたかもしれません。これを観られただけでも行った甲斐がありました。

IMG_0939
IMG_0971
 その理科大の近代科学博物館です。この建物は大学創立110周年を記念して建てられたものだそうですが、なかなかクラシカルで良い感じです。

IMG_0966
IMG_0961
 で、私がかぶりつきになった展示物が、日本で初めて商用で使われたコンピュータ「UNIVAC120」。この真空管の隊列がもうたまりません(笑)。野村証券が1955年に導入したもので、資料館には野村総合研究所から寄贈されたとのこと。

 いやぁ、こんなものが観られるとは感激しました。そう言えば、1958年にこのコンピュータの製造元の日本法人が設立され、メインフレーム(大型コンピュータ)などを販売していました。それが今の日本ユニシスですね。ユニシスがコンピュータメーカーだったことを知る人は、IT業界でも少なくなりました。

IMG_0942
 資料館には計算尺なども展示されてあり、動向の皆さんは熱心にその原理を研究されていましたが、私は頭が痛くなりそうなので、ほぼスルーしました。そして仕事柄か(笑)、やはりコンピュータに目がいきます。

 これはアップルの初代マッキントッシュですね。正直に言いますが、30年以上前にこれを初めて見た時、何が良いのかさっぱり分かりませんでした(苦笑)。しかも当時「エイリアス」の意味が分からなかったので、マックに詳しい人に「エイリアスって何だ」と聞いたら「エイリアスはエイリアスのことだ」と衝撃の回答。すっかりマックが嫌いになりました(笑)

IMG_0975-1
 昼食は理科大の額所。これも今回の大学博物館ポタの目的です。学食は学生さんだけでなく誰でも利用できるのですが、かつて我が母校の学食があまりにマズすぎたので、学食を再び利用したいと思ったことはありませんでした。

 でも、今は違うようです。このハンバーグ(オニオンペッパーソース←たぶん)はなかなかの味。学食ですから、480円ととても安い。いやぁ、今の学生さんたちは幸せですね。そう言えば、我が母校の学食研究会なるサークルの学食総合ランキング(2018年前期)では、理科大の学食は10位にランキングされていました。

IMG_0994
IMG_0990
 続いて明治大学博物館。大学創立120年を記念した建てられたアカデミーコモンの地下にあります。いやぁ、素晴らしい施設ですね。明大と言えば、以前の駿河台の年代モノの校舎が目に焼き付いていましたので、ちょっとした衝撃でした。

IMG_0983
IMG_0984
 博物館の展示物は少し散文的すぎる感じで、残念ながらそれほど興味を持てませんでした。それでも所蔵品も豊富そうですので、これからの先の企画展をチェックして、興味を持てそうな企画展の際にまた訪ねてみたいと思います。

IMG_0998
 翌日の日曜日は、わが街の流山市立博物館を訪ねました。こちらは私のツボの企画展(笑)。「小金牧 −絵図・古文書・発掘調査から見た牧と村―」をやっているとの情報を、自転車仲間のたすけさんから頂いて早速訪ねてみました。

 江戸幕府の牧場であった小金牧について調べるのは、私のライフワークです(ウソ、でも半分ホント)。小金牧を囲っていた野馬土手についてまとめた「野馬土手 〜小金牧の残光」というサイトを作ったり、「江戸時代の牧場の謎、庄内牧は小金牧にあらず」といった妄想研究を書いたりしています(笑)

IMG_3144
 ちょうどこの日は学芸員の方が展示物を解説してくれるギャラリートークの日で、昨日ご一緒したまっちさんもやって来ました。

 それにしても、やはりギャラリートークは聞くものですね。展示物に対する理解が全く違います。写真撮影が許可されていないので写せませんでしたが、展示されている絵図に描かれた場所は今のどの辺りかなどの情報をいろいろと聞くことができました。野馬土手の妄想研究を最近サボっていましたが、おかげさまで再び意欲が湧いてきました(笑)

 いやぁ、それにしても文化の秋の楽しい2日間でした。

toukatsujin at 09:28|PermalinkComments(8)

2018年09月21日

映像と活字の文化ポタ、そしてファントムは飛ばず(笑)

 記事アップが遅くなってしまいましたが、先週の3連休の話。9月15日の土曜日は仕事だったのですが、日曜日は映像と活字の文化ポタ、月曜日はドローン遊びと休日を満喫しました。

P9164369-001
P9164378-001
 まず16日の土曜日。この日はNHK放送博物館と凸版印刷の印刷博物館を小径車で訪問しました。放送と印刷の博物館をハシゴしたので、まさに映像と活字の文化ポタ(笑)。ご一緒したのは、はんぞうさん、ワンチャン、spirit隊長、まっちさんです。

 今回、一番楽しみにしていたのは放送博物館の「8Kスーパーハイビジョン2018〜秋〜」上映会です。まもなく実用放送が始める超高精彩映像がどんなものか興味津々でした。それに印刷博物館の展示も仕事柄(笑)、とても関心のある分野。素晴らしい文化ポタです。

IMG_0868
 この日はパレスサイクリングのコースも走行。皇居周辺の道路を日曜日にだけ自転車に開放するイベントですが、ものすごく久しぶりです。スポーツバイクに乗り始めた十数年前に一度だけ走ったことがあります。まだ開催していたのですね。知らんかった。

P9164361

P9164348-001
 放送博物館も印刷博物館も基本的に写真撮影が禁止で、これらの写真は放送博物館の写真撮影がOKのエリアです。特に放送体験スタジオは写真撮影ウェルカムで、スタッフの方に撮っていただきました。

 楽しみにしていた8K映像は本当に超高精彩で素晴らしかったのですが、期待値が高かすぎたためにちょっと…(苦笑)。ただ、この8K映像をまだ高くて買えない有機ELテレビで観たら凄いことになるなと思いました。

 そう言えば印刷博物館にはVRシアターがあり「マチュピチュ―太陽の聖地―」を上演中でした。ペルーのマチュピチュ遺跡をバーチャルリアリティで再現したもので、私はこの映像を観て「船酔い」しました(苦笑)。

 放送博物館も印刷博物館も展示品は充実しています。映像文化と活字文化の歴史を学べる場所として両者ともおススメですよ。

P9164374-001
IMG_0874-001
 この日の昼食は東京・飯田橋の「ヤミツキカリー 飯田橋店」。私は「5種類のキノコと合い挽き挽肉の森のカレー」の大辛を注文。普通に美味しいアジアンカレーで、大辛でもあまり辛くなかったです。激辛でもいけましたね。

IMG_0887-001
 翌日の17日はドローン遊び。あのPhantom(ファントム)を愛でる日でした。会社の後輩のマロさんがDJIのPhantom4を所有していると聞いて、早速見せてもらうことにしたのです。ドローンでは私の師匠、ヨムさんのクルマで、マロさんご家族とドローンを飛ばせる場所に向かいました。

 写真がPhantom4ですが、ドローンと言えば誰もがこの機体を思い浮かべるほどメジャーな存在。まさに「ザ・ドローン」です。飛行を見せてもらうのを楽しみにしていたのですが・・・まさかの事態に! なんと飛びません。マロさんによるとスマホとコントローラーをつなぐケーブルを持ってくるのを忘れたそうです(涙)

IMG_0885-001
 でも、マロさんは別の機体も持ってきていました。それはTello(テロー)というドローンで、写真の真ん中の小さなやつです。機体が軽いので風が強いと簡単に飛ばされそうですが、この日は風も穏やか。気を取り直して、Telloの飛行を見せてもらいました。

IMG_0879
IMG_0878
 Telloはふわふわと飛びます。ヨムさんや私の持っているMavic Airとは全く違う雰囲気です。Telloは中国のベンチャー企業の製品ですが、DJIとインテルの技術支援を受けているそうで、ホバリングもきっちりできるし、安定した飛行です。

 うーん、ヤバイものを見た。私も欲しくなりました。マロさんにそんな話をしていたら、何やらスマホをいじっていたヨムさんが「早速、私もアマゾンで買いました」とのこと。早い! ヨムさんは物欲に正直ですね(笑)。私は…うーん、やはり買ってしまうかもしれない。

IMG_0823
 実は私、「ドローン操縦の練習用」を名目にこんなドローンを既に持っています(苦笑)。これも中国製ですが、何といいましょうか、昔の中国製品のイメージそのままです(笑)。Mavic AirやPhatom4のような最先端の製品を開発するDJIから怪しげなメーカーまで、今の中国製造業は奥深いです(笑)

toukatsujin at 07:22|PermalinkComments(6)

2018年08月08日

2機のドローンで遊ぶ、凄い動画とプロペラ破損の顛末記(笑)

IMG_0826
DJI_0064
 この前の日曜日、私をドローン沼(笑)に引き込んだヨムさんと、二人が所有するドローンMavic Airの飛行訓練(笑)に行ってきました。上の写真の2機のうち黒いのがヨムさん所有、白いやつが私のドローンです。

 場所は利根川の広大な河川敷。2枚目の写真は高度100m上空から撮ったものですが、見る人が見れば、どこなのかすぐに分かると思います(笑)。とにかく誰もいないので、安全に飛行を楽しむことができました。

 ヨムさんは仕事を通じて知り合った自転車仲間なので、本来なら自転車で出かけるべきなのですが、あまりに暑すぎるためヨムさんのクルマに乗せてもらい、現地へ向かいました。ヨムさんにはバッテリーの充電などでもお世話になり、感謝!感謝!です。

DJI_0075
DJI_0073
 これは一度、撮ってみたかった写真。飛行するドローンをさらに上空を飛ぶドローンから撮影したものです。どんな面白い写真になったかと期待したのですが、大したことがなかったですねぇ(苦笑)


 練習の成果で、こんな凄い動画が撮れるようになりました。そのままテレビ番組のオープニングに使えそうです。短時間でよくぞここまで上達したものです…というのは当然ウソ(笑)。このドローンにはいくつかの撮影テクがプログラミングされていて、こんなプロ級の動画を自動的に撮ってくれるのです。

 この動画はYouTubeにアップした関係でそれなりの画質ですが、オリジナルはもの凄く鮮明です。なんせ4K動画が撮れるカメラなので、動画のどこを切り出しても、そのまま写真として使えるぐらいです。

 それにしても、ドローン遊びもやはり仲間がいると楽しいですね。もちろん一人で飛ばしても楽しいのですが、ワイワイガヤガヤと遊んだ方が数倍楽しいです。それに一人で飛ばしているより、操縦テクが早く身に付く気がする。ということで、さらにドローン沼の住人を増やすべく、ヨムさんと画策することにしました(笑)

IMG_0847
IMG_0848-001
IMG_0849
 実は、ドローン同士が接触するハプニングも発生。私が「ドローンを2機並べて写真を撮りましょう」と余計な事をしたものだから、2機のプロペラ同士が接触してしまいました。ヨムさん、ごめんなさい。

 で、私のドローンはこんな状態に。左後ろのプロペラは破損して3分の2ぐらいになってしまいました(右後ろのプロペラも少し破損しました)。ところが、離陸の際に少し傾くぐらいで、何事も無かったように飛ぶからビックリです。どうやら各プロペラの回転数を自動的に変えて、安定飛行を実現しているようです。

 家に戻ってから、プロペラを交換しましたが、これが拍子抜けするくらい簡単。これも含め、ドローンに対する経験値がかなり上がった一日でした。ヨムさん、いろいろとありがとうございました。とても楽しかったです。


toukatsujin at 06:58|PermalinkComments(6)

2018年07月10日

ブログをサボっていますが、毎週末ドローンで遊んでます(笑)

IMG_0760
IMG_0772
IMG_0776
 なぜか私の手元にあるドローン(笑)。最近ブログをサボりまくっていますが、週末にはこのドローンで遊んでいます。

 ドローン世界最大手の中国DJIの「Mavic Air」というドローンですが、小型でスタイリッシュで、とにかくカッコいい。この前、仕事関係の人たちと手賀沼から牛久沼方面に自転車で走った時、同行したヨムさんが持って来たのが、このドローン。すっかり魅せられて、ヨムさんのとは色違いの機種が私の元にやってきたわけです(笑)

IMG_0725
 これがコントローラです。スマホの専用アプリと組み合わせて使います。スマホとコントローラの組み合わせ、なかなかいいです。基本的な操縦はコントローラ、細かい設定などはスマホのアプリと上手く役割分担されています。

 それに「初心者モード」に設定しておけば、どんなに操縦をミスっても墜落しないので、本当に安心です。レバー操作を間違って、一瞬パニクっても、レバーから指を離せばドローンが空中でホバリングして静止してくれるので、初心者の私でも心に余裕を持って操縦できます。おかげで、空飛ぶ物体で遊ぶという、今までに無い体験を満喫しております。

IMG_0732
IMG_0728
IMG_0780
 Mavic Airが特に良いのは、このコンパクトさ。機体もコントローラも折り畳めば、こんなに小さい。

 いつも自転車に乗る際に腰に付けているカメラバックに機体、コントローラ、そしてバッテリー2個が余裕で納まってしまいます。ですので、ドローンを連れて自転車でどこにでも出かけられるわけです。

21509EB8B6F0C60A2C0852E70B027700
kuusatsu
DJI_0017
DJI_0020
 Mavic Airには4K動画も撮れるカメラが搭載されています。つまり“空飛ぶカメラ”。ビビリな私はドローンの高度をあまり高く上げる勇気がまだ無いので(苦笑)、この程度の写真しか撮っていませんが、趣味の範囲では空撮を十分に楽しめそうです。

 試しに4K動画も撮ってみましたが、もの凄く鮮明でビックリでした。そのクオリティを皆さんにお見せできないのが残念ですが、これはいい! Mavic Airには色々な自動操縦・撮影機能が付いているので、おいおい試してみたいと思っています。いやぁ、楽しっす(笑)

toukatsujin at 07:41|PermalinkComments(6)

2018年06月06日

ドローンにラブ、やばいぞ、私の物欲(笑)

IMG_0695
 この前の土曜日に、仕事関係の自転車仲間のヨムさん、スギモトさんと手賀沼から牛久沼方面を走ってきたのですが、その際、ヨムさんがこんなモノを持ってきました。そうです。ドローンです。いやぁ、大変なモノを見せられてしまいました。これ、私も欲しいです(笑)

IMG_0677
IMG_0672
 このドローンは最大手の中国DJIの「MAVIC AIR」で、今年1月に発売されたものだそうです。何が凄いって、多少操縦に失敗しても墜落や事故の心配がほとんどない。自動で離着陸できるし、障害物検知機能は付いているし、操縦をミスったらレバーから手を離せばドローンが自ら姿勢を制御してホバリングするとのこと。

 ドローンは事故が心配なので、今まで全く興味が無かったのですが、これなら大丈夫な気がします。それに都内ではほとんど飛行禁止ですが、千葉や茨城だと飛行できるエリアが多いし。それに3軸ジンバル付の4Kカメラが搭載されているので、面白い写真や動画が撮れそうです。

 なんか、もう買うことを前提に考えているみたいですね(苦笑)。ただ物欲を爆発を爆発させたのは私だけではありません。同行のスギモトさんも「欲しい!」「欲しい!」と騒いでおりました。

IMG_0694-002
IMG_0686
 極めつけはこれ。コントローラーはスマートフォンの拡張。スマホにアプリをダウンロードして使います。機体はコンパクトに折り畳むことができて、安っぽさもありません。もう完全にラブです(笑)

 いやぁ、まさか中国製品を相手に物欲が爆発する日が来ると思いませんでした。当然、中国製のハイテク機器ですから「アプリがヤバイ」とか色んな噂があるようですが、私は全く気にはなりません。ヨムさんからも「買ったら」と強く勧められていますし、どうしよう…うーん、10万円ちょっとか…。

 それにしても、どうして日本のメーカーはこんな製品が造れないのでしょうかね。高機能でコンパクトは日本の製造業のお家芸だった気がするんですが。ただ、日本メーカーはコントローラにスマホなんかを使わずに、全部自分で造っちゃうんでしょうね。その自前主義が今の凋落を招いたのかもしれません。

toukatsujin at 07:19|PermalinkComments(6)