2016年07月25日

手賀沼を歩く、野鳥を撮影、別の野生の“生き物”もゲット(笑)

P7230951
P7230953
IMG_2437
 手賀沼に野鳥撮影に出かけました。最近、野鳥撮影をサボりまくっていたのですが、久しぶりにオリンパス一眼OM-D E-M10とBORG(この組み合わせで700mm相当の望遠)を持ち出して、手賀沼の東部を半周歩いてきました。

 実は、今回は野鳥だけをゲットしようというわけではなく、別の野生の“生き物”のゲットも目標でした。もうお分かりですね(笑)

IMG_2433-001
 はい、これです(笑)。野生のポケモンです。「ポケモンGO」の技術的ベースとなったゲーム「Ingress」にすっかり飽きていたので、ポケモンGOの日本配信と同時に乗り換えました。

IMG_2408IMG_2427
 既に多くの方にお馴染みとなったポケモンGOの画面ですが、バーチャル画面のほうの手賀沼も結構、美しい。すっかり気に入ってしまいました。

 ちなみにポケモンGOでは、ポケモンが出現するとスマホがブルッとして知らせてくれるので、画面を見続ける必要がありません。なので、野鳥撮影とものすごく親和性が高いのです。右手にカメラ、左手のスマホを持って歩き、野鳥を見つければカメラでゲット、野生のポケモンが出現すればスマホでゲットです(笑)

 こりゃ、良いです。Ingressと違い、野鳥撮影と完全に両立できます。それに相乗効果でモチベーションも高まります。おかげで、多数のポケモンをゲットできました。

P7230950_s
P7230939_s
P7230929_s
P7230913
P7230926_s
P7230918-001_s
 でも、ですね。メインの野鳥撮影は全然ダメ。夏の日中ということもありますが、サボっていたブランクで野鳥発見力も衰えているようです(苦笑)。写真はコブハクチョウ、カンムリカイツブリ、そしてカイツブリ、カワウにアオサギといつも見られる鳥しか撮影できませんでしたので、途中にハスの花を挟み込んで、誤魔化してみました(笑)

 ただ、野鳥撮影のモチベーションが完全復活。ポケモンGO、恐るべし!



toukatsujin at 20:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年07月12日

サボリ気味の自転車、暑さに負けるだらしなさ(苦笑)

IMG_2390
 いや、暑い! このところ、自転車をサボリ気味なので、参院選の日曜日、投票の後、久しぶりに利根川の芽吹大橋を渡り菅生沼方面にでも行こうと思い、折り畳み自転車のIVEで出かけたのですが、途中であっさり挫折してしまいました(苦笑)

 その時のルート地図です。利根運河を越えて北へ向かったところで、挫折し、すごすごと戻る様子です(笑)。それにしても、ルート地図を作るのも久しぶりです。昔は、自転車で走って楽しいルートを発見しては、よくルート地図を作ってアップしていたものです(と遠い目)

IMG_2387
IMG_2386
 途中、私の大好きな流山の大畔(おおぐろ)で、森が切られて奇妙な建物が造られているのを見つけました。大畔はそこだけが、周りの喧騒から隔絶されて田舎の風景が残る貴重な場所です。えっ、森を切っちゃうの、と焦ったのですが…。

IMG_2383
 何なんでしょ、この建物。よく見ると、入り口らしきところにプレートが取り付けられています。スマホで撮った、この写真では判読しにくいのですが、どうやら「森の美術館」と書かれているみたいです。

 近所の人に「あれ、何」と聞きたかったのですが、あまりの暑さで誰もおらず。住処に戻りネットで調べてみたのですが、それらしい情報はありませんでした。あの建物、いったい何ですか。

IMG_2177
 そう言えば、このIVEの最大の欠点が夏に露見しました。当然、ボトルを携帯しないといけないのですが、所定の場所にボトルケージを取り付けると、後輪を折り込むとボトルがヤバイことになります。実はボトルケージと後輪が思いっきり干渉するのです。

 このケージは樹脂製なので、後輪と干渉した際にケージが歪んで何とかなるのですが、ボトルをケージに入れていると、ボトルが圧縮されて、ちょっとした惨劇になりそうです(笑)。このIVEは、後輪を折り込むことで自転車を自立させるのが売りなのに、なぜこんなところにボトルケージを取り付けさせようとしたのか。完全な設計ミスですね。

IMG_1924
IMG_1927
 で、仕方が無いので、こんなパーツを買ってきて、ステムのところに取り付けることにしました。おかげで「うわぁ!」と声を上げたくなるぐらい、ギミック感でいっぱいになりました(苦笑)。しかも、このままでは折り畳めないので、いちいち着脱しなければならないので、かなり面倒です。とりあえず、この夏だけの応急処置でしょうか。

toukatsujin at 20:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年07月03日

仕事が忙しくブログをサボり、物欲全開で新たな万年筆(笑)

IMG_2374
 また買ってしまった(苦笑)。

 最近ブログをさぼっておりますが、実は今、仕事が過去最高の忙しさ。週末の休日はばんばん無くなっております。たまの休みには自転車で多少走っていますが、ブログを書くネタや気力も無い状態(苦笑)。で、こんな仕事に追われる日々には、ストレス解消のために物欲が高まるわけです。

 はい、単なる言い訳です(笑)。これはプラチナ万年筆の「#3776 センチュリー ブライヤー」、私にとっては4本目の万年筆です。以前買った3本は仕事で必要ですが、4本目のこれは必要性はありません。つまり煩悩、物欲に負けたわけです。

IMG_2376-001
 ご覧のように、この万年筆は木軸。素材の木は、「ブライヤー」という主にタバコのパイプに使われているもの。極めて美しいので、眺めていて飽きません。だから、衝動買いでもいいんです。そんなわけで、完全にはまった万年筆沼です(笑)

IMG_2377
 ついでにこの万年筆で使うインクも購入。パイロットの「山栗」という焦げ茶のインクです。そう言えば、インク沼というのもあるそうですね。ひょっとしたら私は、インク沼にも、はまっているかもしれない(笑)

toukatsujin at 21:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年06月14日

地下鉄博物館を自転車仲間と訪問、GIFアニメ創ってみました(笑)

 博物館や歴史的建造物を訪ねるのが大好きな自転車仲間の面々と、この前の土曜日は、東京メトロの関連公益法人が運営する地下鉄博物館を折り畳み自転車で訪ねました。

output(2)output(1)
 今回は趣向を凝らしてGIFアニメを作ってみました(笑)。このシミュレーターは、本物と同じ電車の運転台で運転でき、運転中のゆれまで体験できるというスグレモノです。なんと車体は、私がいつも通勤でお世話になっている千代田線じゃないですか。運転台の前に映し出される映像も当然、見慣れた車窓の風景です。

 ちなみに、このGIFアニメですが、iPhone6のLive Photosで撮影し、グーグルのアプリMotion Stillsで加工したものです。Live Photosは、シャッターボタンをタップした1.5秒前から1.5秒後までを記録しますので、Motion Stillsを使って3秒のGIFアニメに仕立てました。

P6110840
 今回の参加者は、まっちさん、はんぞうさん、spirit隊長、ワンチャン。この地下鉄博物館は、江戸川区の東京メトロ東西線葛西駅の高架下にあります。ですから、松戸の集合場所から江戸川サイクリングロードを河口に向かえば、あっと言う間に到着します。まさにお気楽ポタです(笑)

P6110782
P6110785
P6110789
 あまりにお気楽なので、途中、道草して江戸川河川敷の小岩菖蒲園に立ち寄りました。ちょうど菖蒲の花が見ごろ。昔なら写真を撮りまくっていたのでしょうけど、最近は「あぁ、きれいだな」で終わってしまいます(苦笑)

 で、ようやく博物館…ではありません。その前に昼食が先です(笑)

P6110802
P6110798
 昼食は「御食事処 関甚」という大衆食堂。暖簾には「大衆食堂」、まんまです(笑)。私はチキンライスにしましたが、どういうわけかマカロニサラダが食べたくなり、これも注文。このチキンライスですが、ニンニクが利いてとても美味しい!。注文して正解でした。ちなみに、お盆の右手前にあるのは伝票です(笑)。つまり、この2品で750円なり。

P6110803
P6110812
 さて、地下鉄博物館です。まずは当然、お約束の車両展示。この赤い車両は、丸の内線を走っていた営団300形電車ですが、とても懐かしい。東京へ出てきた時、この車両が同じ系列の400型、500型と共に走っていて、よく乗りました。

 当然、冷房は無し。夏はムチャクチャ暑かった記憶があります。それと車内の補助灯も懐かしい。丸の内線と銀座線の車両には必ず付いていました。丸の内線では記憶にありませんが、銀座線はよく車内が“停電”し、短時間ですが補助灯が点灯していましたね。今思えば、なかなかシュールな出来事でした(笑)

P6110819
 このハサミ、改札鋏(かいさつきょう)も懐かしいですね。駅員さんがリズミカルにカチカチやっていた音が今でも聞こえてきそうです。駅の私のイメージはこれですね。

P6110823
P6110826
 こちらは私の知らない時代、戦前に走っていた東京地下鉄道1000形電車です。注意書きに当時の民度がしのばれます(笑)。

P6110821
 これは当時の自動改札機だそうです。10銭硬貨を入れると、回転腕木を回すことができる仕掛け。今の硬貨を入れても(硬貨は戻ります)、回転腕木を回せるので、皆さんと試して遊びました。

P6110808
P6110835
P6110831
 このほか、冒頭のシミュレーターをはじめ、展示物が盛りだくさんです。子供や鉄な人はもちろん、歴史好き(私のこと、笑)、メカ好きの人も十分に楽しめます。

P6110841
P6110859
P6110857
P6110852
P6110853
 地下鉄博物館の後は、同じく江戸川区にある一之江名主屋敷も訪問。なんでも、武家出身で江戸時代のはじめに一之江新田を開き、代々名主を務めた田島家の屋敷だそうです。立派な茅葺の主屋だけでなく屋敷林なども保存されていて、とても良い感じでした。

 皆さんと縁側でくつろぐと、とても気分が良い。こんな処で夕暮れ時に冷酒をちびりちびりやりながら、夕涼みができたら、どんなに幸せでしょう(笑)。それにしても東京都内にこんな素晴らしい史跡が保存されているとは。嬉しい驚きでした。そう言えば、詳しくは書きませんが、座敷わらしがいました(笑)

 いやぁ、今回も楽しいポタでした。ご企画いただいた、まっちさん、ありがとうございます。皆さん、お疲れ様でした。

toukatsujin at 08:07|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年06月08日

ペン習字が道楽に(笑)、子供字しか書けない理由が判明?

P6050781
 これのどこが「道楽」なんだと言われそうですが、私にとっては道楽です(笑)。万年筆を買ったのを機に一念発起し、字を上手く書けるようになろうと思い(本来、順序が逆ですね、苦笑)、パイロットが運営するペン習字通信講座を受講しました。1年間この教材で学びます。

 それにしても、この通信講座、すごいんです。何が凄いかというと、今どきパイロットのWebサイトから直接申し込めず、資料を郵便で取り寄せて(私の場合、以前に行ったPEN STATION Museumで入手)、郵便払込で申し込む。そして届いた教材は昭和の香りがプンプンです。仕事でITにまみれてきたから、なんか嬉しい(笑)

 さっそく練習を開始。でも、字が上手くなることのハードルの高さを実感です。なんせ、字どころか、まっすぐな線もまともに引けないことが発覚しました。私が書く文字が子供字である理由はこれか(苦笑)

IMG_2310-001
IMG_2308
 実は、ペンの持ち方もヘンだったのです(苦笑)。何十年もの間、上の写真のようにペンを持っていました。正しいペンの持ち方は知っていましたが、「今さら持ち方を変えられるか」と思っておりました。ところが、万年筆を使うようになって、かっこよく持ちたい一心で、あっという間にペンの持ち方は、下の写真のように矯正できました。やはり、万年筆の効用は凄い!(笑)

 で、ペン習字の教材を見て、美しく見える文字の書き方も理屈では分かりました。次は、手をその通りに動かせるよう地道に練習を…ということなのですが、まっすぐな線を引けないのは単に練習だけでは克服できそうもありません。要は、まっすぐに線を引こうとすると、力んでしまい逆に線が歪むわけです。つまり、心が整わないと、まともな字は書けないわけですね。

 わぁ、精神修養か。これはもう書道の世界。まあ、どんな世界でも上達の極意は心を整えることですから、当然と言えば当然なのですが。ただ私は道楽では「適当をもってよしとする」ですので、遊びとしてペン習字を続けていきましょう。面倒くさいことを考えなくても、そのうち、まっすぐな線も引けるようになるかもしれないし(笑)

toukatsujin at 07:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)