2016年08月23日

ブレードランナーの世界を堪能、横浜の工場夜景を見学しました

IMG_2593-001
 これは、映画『ブレードランナー』の冒頭シーンの原点と言われる、横浜の東亜石油製油所の工場夜景です。ブレードランナーのリドリー・スコット監督がこの工場夜景にインスパイアされて、あの冒頭シーンが生まれたそうです。

 ブレードランナーは、私が好きな映画の中でも5本の指に入ります。それに、工場や廃墟(笑)のような無機的な美しさも大好きなので、工場夜景をぜひ一度見たいと思っておりました。そうしたら先週末の金曜日、遂にその機会を得て、この目で見ることができました。

IMG_2510
 この日は、19時に赤レンガ倉庫の桟橋から出港する船での100分間のナイトクルーズでした。工場地帯を貫く京浜運河を進んで、いろんな工場夜景を見て回るツアーです。

IMG_2520
 船に乗ってから思いました。「そうだ。ミラーレス一眼を持って来ればよかった」(苦笑)。実際、凄いカメラと一脚を持ち込んだオジサンも何人か乗船していました。

 ただ、船上は波しぶきがもの凄い。私のミラーレス一眼は、どれも防滴じゃないので、持って来ていたら大変なことになっていたでしょう。で、iPhoneのカメラ機能で撮影しました。そんなわけで、酷い写真ですが、これはこれで味わいがあるので、良しとします(笑)

IMG_2591-001
 で、東京電力横浜火力発電所や東京ガス扇島工場、JFEスチール東日本製鉄所などを眺めた後、メインイベントの東亜石油製油所の工場夜景を観賞。当然のことですが、実物はこのへなちょこ写真より100倍、1000倍は美しく荘厳でした。

IMG_2618
 これはクルーズの一番最後に見た昭和電工の工場夜景。これも超有名な工場夜景だそうで、その迫力が写真で伝わらないのが残念です。

 それにしても、長年の夢が実現してよかったです。工場夜景、絶対のおススメです。私もまた見たいです。今度はミラーレス一眼に坊滴対策を施して、ネットに多数アップされているような素晴らしい写真を撮ってみたいものです。

toukatsujin at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月17日

オリンピック応援とポケモンGOに夢中の夏休み、でした(笑)

IMG_2492
 今年の夏休みは、仕事がずっと忙しい関係で、8月12日(金)の1日のみ(涙)。ただ、前日の11日が「山の日」という祭日になったので、後ろの土日を合わせて4連休。なんか4カ日休んだだけで、もう休みは十分という気分になっております(苦笑)

 で、その4カ日の間、何をやっていたかと言うと、当然まずオリンピックの応援、そして写真でお察しの通り、ポケモンGO三昧です(笑)。この写真は休み最終日の日曜日に、折り畳み自転車のIVEで水元公園に行ったときのもの。こいつはコダックですね(笑)

IMG_2504
 ポケモンGOが日本でも遊べるようになって3週間以上たちましたが、今も大人気ですね。「最終進化形を既にゲットしたから、そいつ要らねえ」「うぉー、イワーク、ゲットしたぞ」とか、いろんな声が聞こえてきます。若者や子供連れだけでなく、老夫婦まで夢中なのが凄いっす(笑)

 実は、かく言う私も、ポケモンGOに夢中。この日は水元公園をうろうろしましたが、前日までの3カ間は地元の流山、柏、松戸の広域を歩き回っていました。合計で50キロ以上は歩いたでしょうか(笑)。

IMG_2482
 山の日の柏そごうのビアガーデン、自転車仲間の皆さんとの飲み会もこんな感じ。「私のこと、ポケモントレーナーと呼んで」などと訳の分からないことを話していました(笑)

IMG_2508-001
 なぜ、こんなにポケモンGOにはまったかの理由ですが、おそらくこれでしょう。ゲットしたポケモンが「図鑑」としてリスト化されます。

 もうコレクター的性格の私は、集めずにはいられない。ちょうどカメラレンズや万年筆を買い集めるのと同じ心理です(爆)。ただし、レンズや万年筆と違い、こちらはタダ。財布に優しくて素晴らしいです。

toukatsujin at 08:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年08月05日

ペン習字の添削結果と二つの「沼」の話(笑)

IMG_2467
 少し前に、パイロットが運営するペン習字通信講座を受講したという話を書きましたが、これが第1回目の添削結果です。77点…この点数がどれくらいのものなのか、比較しようが無いので全く分かりません(苦笑)。ただ、先生には褒めていただいたようです。まあ初回ですから(笑)

 習い始めてから、ほぼ毎朝、万年筆で30分ほど練習していますが、ものすごく楽しい。実は小学生の頃、習字を習っていましたが、面白くも何ともなくて全くものになりませんでした。その時と比べ、自分の心境の変化に驚いております(笑)。特に、ひらがなは奥が深いですね。これだけのめり込んでいるわけですから、字が上手くなるかもという期待も持てます。

 それと共に、のめり込んでいるものと言えば…。

IMG_2469-001
IMG_2470-001
 また、買ってしまった(爆)。一見、イタリアの某メーカーのお高い万年筆に見えますが、ペンハウスという文具の通販サイトのショップブランドです。これまでに買った万年筆のペン先は14金とか21金のいわゆる“金ペン”ですが、これはステンレス製のいわゆる“鉄ペン”です。

 もう、この軸のブルーに心を奪われてしまいました。ここまで来ると、言い訳はしません。はい、万年筆沼にどどっぷりつかっています。いやぁ、楽しいですよ。さらに、もう一つの沼も…。

IMG_2465
 はい、インク沼です。このインクは「紺碧」という名の通り、美しいブルーインクです。ブルーの万年筆にブルーのインクを入れて、書くたびにニタニタと楽しんでおります。

 忙しくて休みも満足に取れない状況が続いている今、物欲を満たすのが最大のストレス解消です(笑)

toukatsujin at 19:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年07月25日

手賀沼を歩く、野鳥を撮影、別の野生の“生き物”もゲット(笑)

P7230951
P7230953
IMG_2437
 手賀沼に野鳥撮影に出かけました。最近、野鳥撮影をサボりまくっていたのですが、久しぶりにオリンパス一眼OM-D E-M10とBORG(この組み合わせで700mm相当の望遠)を持ち出して、手賀沼の東部を半周歩いてきました。

 実は、今回は野鳥だけをゲットしようというわけではなく、別の野生の“生き物”のゲットも目標でした。もうお分かりですね(笑)

IMG_2433-001
 はい、これです(笑)。野生のポケモンです。「ポケモンGO」の技術的ベースとなったゲーム「Ingress」にすっかり飽きていたので、ポケモンGOの日本配信と同時に乗り換えました。

IMG_2408IMG_2427
 既に多くの方にお馴染みとなったポケモンGOの画面ですが、バーチャル画面のほうの手賀沼も結構、美しい。すっかり気に入ってしまいました。

 ちなみにポケモンGOでは、ポケモンが出現するとスマホがブルッとして知らせてくれるので、画面を見続ける必要がありません。なので、野鳥撮影とものすごく親和性が高いのです。右手にカメラ、左手のスマホを持って歩き、野鳥を見つければカメラでゲット、野生のポケモンが出現すればスマホでゲットです(笑)

 こりゃ、良いです。Ingressと違い、野鳥撮影と完全に両立できます。それに相乗効果でモチベーションも高まります。おかげで、多数のポケモンをゲットできました。

P7230950_s
P7230939_s
P7230929_s
P7230913
P7230926_s
P7230918-001_s
 でも、ですね。メインの野鳥撮影は全然ダメ。夏の日中ということもありますが、サボっていたブランクで野鳥発見力も衰えているようです(苦笑)。写真はコブハクチョウ、カンムリカイツブリ、そしてカイツブリ、カワウにアオサギといつも見られる鳥しか撮影できませんでしたので、途中にハスの花を挟み込んで、誤魔化してみました(笑)

 ただ、野鳥撮影のモチベーションが完全復活。ポケモンGO、恐るべし!



toukatsujin at 20:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年07月12日

サボリ気味の自転車、暑さに負けるだらしなさ(苦笑)

IMG_2390
 いや、暑い! このところ、自転車をサボリ気味なので、参院選の日曜日、投票の後、久しぶりに利根川の芽吹大橋を渡り菅生沼方面にでも行こうと思い、折り畳み自転車のIVEで出かけたのですが、途中であっさり挫折してしまいました(苦笑)

 その時のルート地図です。利根運河を越えて北へ向かったところで、挫折し、すごすごと戻る様子です(笑)。それにしても、ルート地図を作るのも久しぶりです。昔は、自転車で走って楽しいルートを発見しては、よくルート地図を作ってアップしていたものです(と遠い目)

IMG_2387
IMG_2386
 途中、私の大好きな流山の大畔(おおぐろ)で、森が切られて奇妙な建物が造られているのを見つけました。大畔はそこだけが、周りの喧騒から隔絶されて田舎の風景が残る貴重な場所です。えっ、森を切っちゃうの、と焦ったのですが…。

IMG_2383
 何なんでしょ、この建物。よく見ると、入り口らしきところにプレートが取り付けられています。スマホで撮った、この写真では判読しにくいのですが、どうやら「森の美術館」と書かれているみたいです。

 近所の人に「あれ、何」と聞きたかったのですが、あまりの暑さで誰もおらず。住処に戻りネットで調べてみたのですが、それらしい情報はありませんでした。あの建物、いったい何ですか。

IMG_2177
 そう言えば、このIVEの最大の欠点が夏に露見しました。当然、ボトルを携帯しないといけないのですが、所定の場所にボトルケージを取り付けると、後輪を折り込むとボトルがヤバイことになります。実はボトルケージと後輪が思いっきり干渉するのです。

 このケージは樹脂製なので、後輪と干渉した際にケージが歪んで何とかなるのですが、ボトルをケージに入れていると、ボトルが圧縮されて、ちょっとした惨劇になりそうです(笑)。このIVEは、後輪を折り込むことで自転車を自立させるのが売りなのに、なぜこんなところにボトルケージを取り付けさせようとしたのか。完全な設計ミスですね。

IMG_1924
IMG_1927
 で、仕方が無いので、こんなパーツを買ってきて、ステムのところに取り付けることにしました。おかげで「うわぁ!」と声を上げたくなるぐらい、ギミック感でいっぱいになりました(苦笑)。しかも、このままでは折り畳めないので、いちいち着脱しなければならないので、かなり面倒です。とりあえず、この夏だけの応急処置でしょうか。

toukatsujin at 20:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)