2011年08月

2011年08月28日

千葉から見た秘境(笑)、利根川と鬼怒川の合流点を訪ねました


より大きな地図で 利根川と鬼怒川の合流点 を表示

 この土曜日に、ここに行ってきました。利根川と鬼怒川の合流点です。利根運河の利根川との合流点の北西方向ですから、私がいつも自転車で走っている処から目と鼻の先なのですが、おそろしく遠いところです。

 なんせ千葉県側からですと、ここに行こうとすると、下流の新大利根橋から上流の芽吹大橋を渡るしかありません。しかも、利根川と鬼怒川の挟まれたどん詰まりの場所です。なぜ行こうと思ったかですから、土曜日の朝、地図を見ていて、この場所を見つけたからです。

 「うわぁ、すごいところだなぁ」と思ったら、行きたくなりました。行ってどうなるものでもありませんが、こういった秘境ぽい場所って、なんか行きたくなるではありませんか(笑)。で、午後からロードバイクで訪ねてみました。 

DSC00191
 で、訪ねてみたら、こんな感じでした。右から中央へ流れるのが利根川、そして左から流れ込んでいるのが鬼怒川です。先端は整地されていて、ラジコン飛行機が飛んでいましたので、秘境では決してありませんが(笑)、なかなか来れない場所にちょっとたどり着けたので、ちょっと感動しました。



 往路ですが、せっかくなので芽吹大橋まで北上し、そこから南下するルートを採りました。ルート地図は芽吹大橋からのルートを描いてみました。

DSC00162
 途中、菅生沼の南をかすめます。本当に久しぶりの菅生沼です。思いっきりこけてヘルメットを割った時以来ですね。やはり、いつ見ても美しい湿地帯です。

DSC00171
 そして、こんな道を走ります。もろ私好みなので、「こりゃ、いい」と思ったのですが、この先はロードバイクでは走りにくい未舗装道に阻まれ、あっちへうろうろ、こっちへうろうろでした(苦笑)

DSC00175
 それにしても、この辺りは大田園地帯ですね。既に田んぼは黄金色に色付き、刈り入れが始まっていました。

DSC00178
 で、うろうろしていても仕方がなので、いったん観音下流排水路の辺りで利根川の土手に上がってみたら、見事な景観。でも土手は完全未舗装。ロードバイクではどうしようもないので、土手を降り、、またうろうろしました(泣)。

 しょうがないので、鬼怒川の土手へ。こちらもダメだったら、諦めようと思っていたのですが・・・。

DSC00203
 もうビックリ仰天です。鬼怒川の右岸に見事な舗装道があるではありませんか。どうやら利根川と鬼怒川の合流点近くにある牧場に向かう道として整備されているようです。それにしても、今までの苦労は何だったのか(苦笑)

DSC00182
 でも、すぐに未舗装道に。さっきの利根川の土手とは違い、こちらは何とか走れそうなので、そのまま突っ走りました。

DSC00184
 そのまま走っていると道はどんどん悪路になり、やがて利根川の左岸の土手と鬼怒川の右岸の土手の合流点に。写真の右側の道がこれまで走ってきた鬼怒川の土手、そして左の道が利根川の土手です。

DSC00185
 ようやく利根川から0.0km地点に到達。苦労しただけに、ものすごい達成感がありました。で、帰りですか。もちろん、鬼怒川の土手を走り、上流の橋を渡り守谷・取手方面から、新大利根橋を目指すルートを選びました。鬼怒川の土手、上流の橋まで快適なサイクリングロードが続いていました。

 うーん、やはり往路の苦労は何だっただろう(苦笑)。それにしても、この辺りはいろいろと発見がありそうで、楽しそうです。近いうちにまた訪ねてみたいです。


toukatsujin at 23:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2011年08月21日

新坂川ルートと並行して走る新ルートを発見!

 金曜日から思いっきり涼しくなり、夏バテ気味の私にはありがたい限りです。今日が雨になり予定していたポタが中止になったのは残念無念ですが、クーラーや扇風機無しで過ごせる休日はなかなかよいものです。

 そんな涼しい空気の中、昨日の土曜日は市川方面を折り畳み自転車のPacific-18で走ってきました。市川方面と言っても、松戸で江戸川サイクリングロードに乗り、国府台あたりをあてもなくうろうろするだけで終わってしまったのですが、ちょっとした収穫がありました。

 それは、住処から松戸方面に向かう際にいつも使っている新坂川沿いのルートに代わる、新ルートの“発見”です(笑)。極めてローカルな話題ですので、興味の無い方は無視してください。


 何の事はありません。新坂川の西を並行して流れる坂川沿いの道を走るだけです。

 ただ、私が本格的に自転車に乗り始めて以来、JR常磐線松戸駅付近で江戸川サイクリングロードに乗る際には、必ず新坂川沿いのルートを使っていました。ですから、新坂川沿いの道は私にとっての“鉄板ルート”で、ほかの道を走ることなど考えられませんでした。

 ところが先週の夏休みに、地図をにらんでいたら坂川沿いも気持ちよく走れそうなことに気づきました。で、今回試してみた次第です。そうしたら・・・

DSC00136
DSC00137
 予想通り走りやすい道でした(喜)。まず自動車の交通量が新坂川沿いの道よりも圧倒的に少ない。それに、工場街と松戸競輪の脇を突っ走る新坂川沿いの道と比べて、緑も多いですし変化に富みます。弱点は、新坂川沿いの道に比べてアクセスが面倒なことと、信号の無い四つ角が多いことでしょうか。

DSC00133
 冒頭に載せたルート地図通りに、富士見橋・流山免許センターから走ってくると、この辺りで流山電鉄の踏み切りを渡ります。ここが新坂川沿いのルートと坂川沿いのルートの分岐点。踏み切りと橋を渡って左に行くと新坂川、そして右に行くと坂川です。

 ちなみに、免許センター方面からここに至るまでの道順は一見複雑ですが、交通量の少なさ、アップダウンの無さ、そして道路の舗装状況を勘案すると、私にとってはベストのコースです。この道順も最近発見しました。

 さて、坂川を南下して江戸川までそのまま行きたいところですが、そうすると途中で古ケ崎五差路を渡らなければなりません。これは嫌なので、回避するためにその手前で西にコースを外れ、江戸川を目指しました。

 結論ですが、このルート、使えますねぇ。私にとって新たな定番ルートとなりそうです。


 最後に新坂川沿いのルートもアップしておきます。坂川沿いのルートよりも300m短い程度で、距離的にはほぼ同じです。

 これまで鉄板ルートでしたが、坂川沿いのルートの発見でその地位は降りそうです。とはいえ、工場街や競輪場がかもし出すダウンタウンの雰囲気も嫌いではないので、その時の気分によって両ルートを使い分けたいと思います。

toukatsujin at 12:10|PermalinkComments(15)TrackBack(0) ポタリング 

2011年08月14日

酷暑の中の秋、室内で熱中症に、でも食欲だけは(苦笑)

DSC04187
 いつの間にか、栗の実がこんなに大きくなっていました。田んぼの稲穂も垂れ始めたし、暑い夏の中に秋が始まっています。

 そう言えば、8月8日が立秋でしたね。暦の上での秋ですが猛烈な暑さですから、以前の私なら、とても秋が来たとは思えなかったでしょう。ところが最近、暦の上での秋、つまり、いにしえの人々の秋の感覚が分かるような気がしてきました。

 現代人の私たちは気温で四季を感じていますが、暑さ寒さはあくまでも個人の感覚です。昔の人々はそうではなく、周りの微妙な変化、特に生き物たちの営みの変化に四季を感じていたような気がします。

 ですから、実りの時期を迎えた今が立秋なのです。そう言えば、極寒の2月が立春ですね。確かにスギ花粉が飛び始めますから(笑)、どんなに寒くても生き物が動き始める時期が春の始まりなんでしょうね。そんなわけで、猛暑の中で秋の感傷にひたる私です(笑)

 実は私、11日の木曜日に熱中症で倒れてしまいました。しかも室内で(苦笑)。この日から夏休みで、クーラーの無い部屋で本を読んでいたら、突然頭痛が酷くなり、意識がもうろうとしてきたのです(ヤバ)。

 私は住処ではクーラーを使わない人で、これまでは全く問題ありませんでした。なのに、どうして??? 「そりゃ、歳だ」というのは認めたくないので、他の理由にしておきます(苦笑)。ともかく、クーラーの効いた部屋で2時間ぶっ倒れていたら復活しました。

DSC00026
DSC00025
 で、11日の夜は爆睡。もう14時間ぐらい寝ていました。目が覚めると、当然翌日の12日です。おっ、なんか調子が戻っている。実は、12日に体調が復活しているどうかは大問題だったのです。

 というのも、12日は茨城県の古河市方面に出かける用事があったので、前から行きたかった料亭の和田家に昼飯を食べに行こうと思っていたからです。そして、これが和田家です。立派な長屋門のある敷居の高そうな料亭です。

DSC00027
DSC00024
 もっとも実際に行ったのは、この和田家の本館でなく、本館の脇にある個人向けの別館「茉鈴(マリン)」です。お目当ては、メソ天丼定食です。メソ天丼とは鰻の天丼です。以前は鰻の稚魚を使っていたそうですが、獲れなくなったので小ぶりの鰻を天ぷらにしているとか。これで1500円でした。

 で、食べてみると、期待に違わずメッチャ美味い。穴子天丼に近いのではと予想していたのですが、実際は食感も香りも全然違います。鰻と天丼のコラボを味わう至福の時でした(笑)。ボリュームも満点なので、ポタのついでに立ち寄るとグッドでしょう。ただレーパン&ジャージの方は、入るのに多少勇気が必要かもしれませんが。

 そんなわけで、油ものも美味しくいただけたし、前日の熱中症がウソのよう・・・と調子こいちゃって炎天下を歩いたら、再び酷い頭痛が。幸い前日ように悪化しませんでしたが、やはり病み上がり。夜はまたまた12時間ほど爆睡でした(苦笑)

 皆様、“秋”とはいえ、熱中症にはくれぐれもご注意を!

toukatsujin at 21:03|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 自転車とちゃいます 

2011年08月11日

土日の出来事、鯨飲&二日酔いと野鳥たち(笑)

 またまた恒例の遅アップです。相変わらず忙しい私ですが、この前の土日はなんとか休日に。ただ、住処で少し仕事をしていましたが(苦笑)。そんなわけで、両日とも軽めのポタ。

 土曜日は折り畳み自転車のPacific-18に乗り、手賀沼方面から南下して神埼川の周辺をうろうろ。そしてチーム東葛の暑気払いに参加して、予定通りの鯨飲。完璧に二日酔いの日曜日は、夕方に近場の坂川周辺のママチャリでちんたら走りました。

DSC03759-1[1]
 まず土曜日。手賀沼CRを走っていたら、CR沿いの低木のてっぺんで気持ちよさげに囀る野鳥がいました。かなり接近できたので、コンデジのHX1でも結構よく撮れました。

写真 11-08-06 14 44 44
 何の鳥かと思って、iPhoneアプリの「ききみみずきん」で鳴き声をチェックしてみると、ホオジロとのこと。このアプリ、とても面白いのですが、最大の欠点は、判定が正しいかどうかを確かめようがないことです(笑)。ただ、今回はホオジロで間違いないでしょう。

 これでホオジロを完全に覚えました。以前、利根運河交流館の野鳥観察会に参加したときも、ホオジロを教えてもらったのですが、全く頭脳に定着しませんでした。「野鳥や草花の名前を言える人になるぞ」と宣言した私ですが、まったくもって遅々とした歩みです(苦笑)

DSC03766
 さて、蓮の大群生地のところで手賀沼を外れて南下し、神崎川方面へ向かいました。実は今回、以前いくさんのコメントにあった「個人所有の黒い鉄の塊」を探してみようと思ったのです。

 河原子の天満宮のそばにあるらしいので行ってみましたが、うーん分からん。それが何なのか、そしてどこにあるのか、さっぱり分かりませんでした。いくさんか誰か、教えてください。このままじゃ、夜も寝られないじゃありませんか(爆)

 実は、この日はチーム東葛の皆さんとの暑気払いでした。江戸桜さんが企画してくださいました。で、いつものように、しこたま飲んで、記憶を無くしました(苦笑)。でも、めっちゃ楽しかったです。江戸桜さん、幹事役ありがとうございました!

 で、話は次の日の日曜日に移ります。

DSC03792
DSC03786
DSC03779
 日曜日は当然、強烈な二日酔い。午前中は身動きが取れず、お昼になってようやく復活してきたので走ろうと思いましたが、外へ出ようとすると、こみ上げてくるものがありました(苦笑)。で、結局、夕暮れ時になって近場の坂川周辺をママチャリで走るのが、関の山でした。

 で、以前ブログに書いた「みやぞの野鳥の池」の近くを通ると、ケーナの調で「コンドルは飛んでいく」が聞こえてきました。なんでも「坂川まつり」のミニコンサートだそうです。哀愁のケーナ、いつ聴いても良いですね。しばし聴かせていただいて帰路へ・・・。

DSC03789
 止めてあったママチャリの処へ行き、ふと池を見ると、あれぇ、あの鳥がいる。そうなんです。カワセミです。以前、この池にカワセミが来ると聞きましたが、本当に来るんですね。

 このカワセミ君、ケーナの調は一切無視(当たり前か、笑)。水面を見つめることに集中し、電撃のように水に飛び込み、小魚らしきものをくわえて飛び去っていきました。お見事です。

 この日もカメラはコンデジのHX1でしたので、この程度の写真しか撮れませんでしたが、カワセミと識別できるので、良しとしましょう。それにしても、カワセミには出会いすぎです。カワセミの価値の大暴落は続いています(笑)

toukatsujin at 00:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ポタリング | 東葛地域ネタ

2011年08月01日

収穫は早朝の蓮の花のみ、ポタがダメダメでした(苦笑)

DSC04130-2
 この土日はようやく忙しさから解放され、フルの休日でした。さあ走るぞと思ったら、疲れが出たのか土曜日は体調不良(泣)。なんか熱っぽい。それでも走りだそうかと思いましたが、やはり自重。もう夜の7時頃からフテ寝でした(苦笑)

 で、日曜日。はやく眠ったおかげで、朝の4時半にばっちり目を覚ましました。そしたら、体調も随分良くなっているじゃないですか。昼間には所用があるので、走るなら今しかありません。それではと起き出して、5時半頃からロードバイクに乗りに手賀沼方面をポタしました。

DSC04106
DSC04135
 6時過ぎには手賀沼の蓮の大群生地に到着。ここの蓮の花は毎年見ていますが、今年見るのは初めてです。そう言えば、蓮の花が一番見事に開く早朝に訪ねたのは、今まで一度もありませんでした。

 で、蓮の花は本当に輝かんばかりの美しさ。これだけ美しい蓮の花を見られるのは、早起きの特権ですね。感動しつつ写真を撮っていたら、散歩中のオバサンに声をかけられました。そのオバサンいわく「今年は花が多いわね」。うーん、そうかなぁ、と思いつつ、「ええ」と生返事をして雑談モード。

 しばし後、オバサンは去り、私も再び走り出しました。そうしたら・・・。

DSC04142
 ふと蓮の方を見てビックリ。げっげっ、本当に多い。蓮の群生地中で花だらけです。いやぁ、知らんかった。そう言えば、最近手賀沼を走ってなかったからなぁ。それにしても本当に今年は、群生地の蓮の花の当たり年ですね。

DSC04149
 その後、栄橋で利根川を渡って、小貝川方面を目指すことにしました。ところが、栄橋をまさに渡ろうとした頃から、雨がバラバラと降ってきました。うーん、どうしようと思ったのですが、やはり自重。手賀沼へと引き返すことにしました。

 フラストレーションが溜まるなぁ、と思いつつ、手賀沼まで戻ってきたら、雨が本降りになり、たちまち濡れ鼠に。もう悲惨な気分になって、流山の住処に近くまで戻ってきたら、雨は止み、というか住処の周りはそもそも雨は降っていません。

 うーん、なんか不調(苦笑)。今週末のポタはダメダメでした。まあ、そんな時もありますか。早朝の蓮の花を見られただけでも、良しとしましょう。

toukatsujin at 00:07|PermalinkComments(10)TrackBack(0)