2012年06月

2012年06月30日

手賀沼と北新田を行き来する野鳥撮影ルートを発見(笑) でも・・・

P6232422
 随分遅いアップですが、1週間前の土曜日に、我孫子の北新田辺りを折り畳み自転車のPacific-18でうろうろしていました。鳥の博物館によると、北新田は野鳥観察のお薦めスポットとのことですから、当然目的はアレです(笑)。ただ、その話は後回し。まずは、手賀沼への新たな抜け道の話です。

 私はこれまで、北新田や大利根橋方面から手賀沼へ向かう際には、手賀沼の東側に出る岡発戸ルートか、西側に回り込む布施弁天ルートに接続するかのどちらかを選んでいました。で、今回は手賀沼のど真ん中の手賀大橋に出るルートです。と言っても、単に私が知らなかっただけなのですが(恥)。


 はい、どうってことのないルートです(苦笑)。出発地点は中央学院大学の東側の土手下ですが、大利根橋からでしたら、国道6号北側の土手下の道を走ればたどり着けます。

P6232426
P6232429
 要は、電力中央研究所の縁を回り込むように走って、アップダウンの少々激しい住宅街を経て、JR常磐線のこのアンダーパスを抜ける。そして、また住宅街を抜けて手賀沼へ向かうわけです。

 まあ交通量の多い道路を厭わなければ、東側の道路を走った方が手賀沼へは近いのですが、自動車と並走するのが苦手な私にとっては、こちらのルートがよいです。これからは、野鳥撮影で手賀沼と北新田を行き来するときに使うことにしましょう。

P6232434
 で、道の途中、迷い込んだのが旧村川別荘。東京帝国大学の教授だった村川堅固の別荘だそうです。

 そう言えば戦前、我孫子には白樺派の文士をはじめ様々な文人が居を構えたり、別荘を建てたりしていましたね。ただ私は、そうした“別荘の旦那”と呼ばれた人たちにあまり関心がないので、この旧村川別荘も今まで未訪でした。で、初めてこの建物を眺めてみると・・・。

 なかなか素晴らしいじゃないですか。管理人さんによると、この母屋の右半分は旧我孫子本陣の離れを移築したとか。おお、俄然関心が湧いてきました(笑)。ただ残念なことに、訪れた時は閉館時間の4時を過ぎており、既に戸締りした後でした。今度、改めて訪ねてみなきゃ、です。

P6232436
P6232437
 村川堅固が「朝鮮風」と称した新館の方は、まだ内部が見学できました。ただ急いで見ただけでしたので、ほとんどよく分からずじまい(苦笑)。やはり再訪するしかないでしょう。

 さて、この日のポタの主目的である北新田での野鳥撮影の方はと言えば・・・。

P6232408
P6232411
P6232413
 実は、こんなパーツをまた買っちゃっていまして、こいつを試してみるための野鳥撮影でした。何かと言うと、ガンマンスタイルのカメラベルトホルダー「B-Grip」のオプションパーツで、これを一脚などに取り付けると、B-Gripのクイックリリースを取り付けたボーグがワンタッチで装着できます。

 いやぁ、良い感じです。やはり私は、こうした“オモチャ”が大好きなのですね(笑)。でも・・・肝心の野鳥がおらず、戦果はほぼゼロ。やはり時間帯が悪かったようです(苦笑)

P6242474[1]
 で、まともに撮れたのは、このホオジロの1枚だけです。まあ、ボーグがより使いやすくなったのを確認できたので、今回は良しとしましょう。

P6232461
 手賀沼に着いてからも、野鳥撮影は絶不調。仕方が無いので、水生植物園であやめを撮って帰ることにしました。

P6232444
P6232447
P6232451
 これらのあやめの写真も、カメラの交換レンズではなくボーグで撮りました。これはこれで、なかなか良い感じで撮れています。ただ、やはりどこか消化不良のポタでした(苦笑)


toukatsujin at 10:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年06月22日

あじさい通りで新兵器をチェック、あやうしα(笑)

P6172382
P6172377
 この前の日曜日、諏訪道を走った後で私の住処の近くの「あじさい通り」を訪ねました。で、撮った写真がこれですが、今回のエントリーのネタはこの写真を何で撮ったかです。

写真 12-06-02 14 15 54
 今回あじさい通りを撮影したのは、このオリンパスのPEN Lite E-PL1sです。つまり、野鳥撮影用のボーグ(BORG)に付けているカメラです。

 PEN Liteは普通のミラーレス一眼ですから、当然、普通の交換レンズが取り付けられます。このレンズはパナソニックのLUMIX G 14mmで、以前から持っていたのですが、あまり使うことのなかったレンズです。というのも、ボーグをカメラから外すとボーグの始末に困るので、PEN Liteをボーグに付けっぱなしにしていたからです。

 ところが・・・。

写真 12-06-02 14 13 44
写真 12-06-3
 最近、ボーグの筐体にこんな器具(赤いやつです)を取り付けました。これは、例のガンマンスタイルのカメラベルトホルダー「B-Grip」にカメラを取り付けるためのクイックリリースです。

 クイックリリースはすでにPEN Liteの底には取り付けてありますが、ボーグの筐体の方にも取り付けてみました。なぜこのように二重の取り付けたかというと、カメラからボーグを外したとき、ボーグをB-Gripに取り付けておけるので、とても便利だからです。

写真 12-06-02 13 41 36
写真 12-06-02 14 16 28
 普段は上の写真のように、PEN Liteの底に取り付けたクイックリリースでB-Gripに取り付けています。でも、レンズを交換する時はボーグ側のクイックリリースでB-Gripに取り付け、カメラを取り外すと、下の写真のように持ち運べます。

 これ、メッチャ便利です。カメラから取り外したボーグをどう保管するかを考えることなく、別のレンズをPEN Liteに取り付け撮影に励めます。ということで、もはや別のカメラを持って行く必要がなくなります。「それじゃ、PEN Lite用のレンズをもう1本」(笑)と思って買ったのが、これです。

写真 12-06-18
 このシルバーのレンズがそれで、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 45mmです。「値段が安いわりに良いレンズ」と評判らしく、特にぼけ味が素晴らしいとのこと。メーカーから言うと「撒き餌レンズ」、ユーザーから言うと「神レンズ」といったところでしょうか(笑)

P6172386
P6172397
P6172387
P6172389
P6172393
P6172399
 で、あじさい通りで実際に撮ってみたのが、これです。うーん、なかなかいい感じです。αのSTFレンズの写りに比べると雲泥の差がありますが、ボケ味もそれなりに良いです。こりゃ、使えます。

 それにしても、PEN Liteなどマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼は、レンズが小さくて軽いですね。M.ZUIKO DIGITAL 45mmで116g、LUMIX G 14mmに至っては55gしかありません。二つ合わせても、αの交換レンズ1本の半分にも満たない重さです。

 ポタではボーグとこの2本のレンズを持っていけば、だいたい事が足りそうです。えっ、そうすると私のメインのカメラであるα(700と55)の出番が無くなる。あやうしα(笑)。ただ、夏は野鳥撮影のオフシーズンですので、これからはαを持ち出す機会も出てくるでしょう(ホントか)

toukatsujin at 07:55|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2012年06月19日

諏訪道の布施弁天-諏訪神社間を走ってみましたが・・・

 この前の週末は雨模様だったので、自転車はほぼ諦めていましたが、日曜日の午後には天気が回復。ただ、あまり自転車に乗るモチベーションが湧かないので、ママチャリで諏訪道の布施弁天-諏訪神社間を走ってみることにしました。

P6032224-1
P6172303
 なんで諏訪道を走ろうと思ったかというと、最近私の住処の近くにオープンした「木の図書館」で、『楽しい東葛ウォーク事典』なる本を借りて読んだからです。

 本の出版社は当然、流山の崙書房出版。いつも東葛地域に関する情報源として、お世話になっております(笑)。で、この本に諏訪道の布施弁天-諏訪神社間のルートが記されていたのです。

 諏訪道と言えば、利根川の布施河岸から江戸川の加村河岸を結ぶ古道で、江戸時代は鰻などの鮮魚を運ぶルートとして利用されていたそうです。ちょうど、この前のポタで走った鮮魚道と同じ役割を担った道なわけです。

 この諏訪道のうち、諏訪神社-江戸川の加村河岸間は県道の柏流山線とニアリーイコールなので分かりやすいのですが、布施弁天-諏訪神社間はよく分かりませんでした(これまできちんと調べたことがないといったほうが、正しいのですが、苦笑)。


 で、本に載っていた諏訪道の布施弁天-諏訪神社間をルート地図に書き写してみたのが、これです。現代の道にマッピングしてある関係で、部分的には疑問を感じる処もありますが、大方は「なるほどね」と思うルートです。

P6172359-1
P6172360
P6172369
P6172371
P6172373
 ちなみに、布施弁天から、デーダラボッチの足跡(笑)のある宿蓮寺の郵便局辺りまでと、大堀川から諏訪神社へ抜ける道などは、いつも走っているお馴染みのルートです。では、残りの道、特に大堀川の北側の道はどんな感じかと、少し期待していましたが・・・。

 うーん、大したことがなかったです(苦笑)。特に大堀川の北側は、大半が自転車で走っても面白くない道でした。実は、「どうしてこれまで諏訪道を走ったことがなかったのだろう」と我ながら呆れていたのですが、「こりゃ、走らなくて当然」と妙な納得をしてしまいました。

P6172332[1]
P6172333[1]
P6172320[1]
 さて、“今日の野鳥”です(笑)。実はこの日は、南流山から江戸川CRに乗り、利根運河、利根川CR経由で布施弁天に向かいました。で、南流山に行く途中の「みやぞの野鳥の池」で出合ったのが、このコアジサシです。

 ちょうど魚を狙ってか池の上を旋回しており、全く地上に降り立ってくれません。そのためマニュアルのデジボーグで撮るのは苦労しましたが、なんとかトビモノとして撮影できました。これにて、目で見て種類も分かった野鳥は58種類目。野鳥の名前が分かるようになるのは、本当に楽しいです(笑)。

toukatsujin at 22:15|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年06月10日

日曜日に再びあの場所へ、素晴らしい発見が二つありました

P6102230
P6102258
P6102260
P6102259
 とうとう東葛地域も土曜日に梅雨入りしてしまいましたが、日曜日は朝から気持ちの良い天気でした。そして、夏を感じさせるような青空と雲の下、手賀沼を経由して向かったのは・・・。

P6102287
 またもや牛久沼です(苦笑)。実は走ってみたい道があり、再び牛久沼の南端、牛久沼大橋の下の公園まで折り畳み自転車のPacific-18で出かけました。その走ってみたい道とはこれです。


 で、このルートは牛久沼からの帰り道として使ってみることにしました。ルート地図の通り、極めて効率的で分かりやすい。ただ、「自動車の交通量が多いかもしれないなぁ」と予想していたのですが・・・。

P6102288
 実際に走ってみると、これは素晴らしい! 自動車はほとんど走っていませんでしたし、なかなか風光明媚です。そして何より、牛久沼と利根川の大利根橋を極めて効率的に走れます。

 これだけ素晴らしいルートですので、ひょっとしたら以前、牛久沼に連れて行ってもらったときに、走っていたかもしれません。ただ、そのときはもう右も左も分からず、ただ付いていっただけですので、どこをどう走ったか全く記憶にありません(苦笑)

 ところで、牛久沼へ向かうルートは、1週間前に行ったときと同じです。その往路の途中、これまた素晴らしい発見がありました。

P6102279
P6102278
 それは、この「星大神」と鳥居に掲げられた星之宮神社です。前回前を通ったときも、深そうな杜が良い感じなので気になっていました。ただ先を急いでいたのでスルー。で、今回訪ねてみた次第です。

P6102272
P6102277
 そうしたら、本殿がかなりショボイ・・・いや、待てよ。こういう建物は、本殿を覆っている“囲い”のケースが多いのです。中を見てみると、案の定でした。

P6102270
P6102269
 ご覧の通り、見事な茅葺の本殿が鎮座していました。いやぁ、素晴らしいです。でも、この神社の縁起が全く分かりません。星大神とは、どんな神なのでしょう?

P5272011[1]
 さて「今日の野鳥」(笑)です。今回も当然サイクルボーグ(自転車+デジボーグ)でしたが、アオサギ、オオヨシキリ、ヒヨドリとお馴染みの野鳥しか撮れませんでした。そんな中、やはりお馴染みのカワウが、なかなかの写りでした。

toukatsujin at 23:39|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2012年06月07日

残念な金星日面通過、でもネットのライブ中継に感動しました

写真 12-06-06 8 09 08
 昨日の6月6日、金星日面通過の日でしたが、朝起きてみると雨が降っていました。天気予報が最悪なので覚悟していましたが、残念至極です。

 この日は仕事を休む予定でしたが、金星日面通過が観測できないとなると、休むと仕事が溜まり首が絞まるだけなので、出社することにしました。「次は105年後、どんな人たちが見るのだろう」と感傷に浸りながら(苦笑)、オフィスに向かいました。

 で、昼休み、ネットでのライブ中継をやっているのではと思い、USTREAMを見てみると・・・やっていました。

写真 12-06-7
写真 12-06-06 13 31 13
 鹿児島の南日本放送がライブ中継中でした。「おっお!」ということで見させてもらいましたが、思いのほか感動です。金星が太陽面から離れる第三接触、第四接触までじっくりと拝見しました。南日本放送さん、グッドジョブです(笑)

 実は、お昼には天気が回復してきて、職場のある東京でも太陽が戻ってきました。で、もしやと思い持ってきた日食グラスを使って、オフィス街から金星日面通過を眺めてみました。そうしたら・・・「ひょっとして、あれが金星」といった感じで、うーん、私の視力ではよく分かりませんでした(苦笑)。

 それにしても、インターネットでリアルタイムに天体ショーを観れるようになるとは!凄い時代になったものです。十数年前には思いも寄りませんでした。絶対に見ることのできない105年後に思いをはせるよりも、これから先の近未来を想像した方がエキサイティングで楽しそうですね(笑)

toukatsujin at 22:46|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年06月03日

「文化ポタ」のルートを辿って牛久沼へ、道仙田も魅力的でした

P6022153
 昨日jの土曜日、久しぶりに牛久沼までロードバイクで走ってきました。実は、先週末の文化ポタのルートをそのまま延長すると、簡単に牛久沼まで行けることに気づいたからです。


 ルートはご覧の通りです。文化ポタでは旧小貝川脇のY字路を右に行き竜ヶ崎駅方面に向かったのですが、そのまま旧小貝川に沿って道なりに走ると、何も考えずに牛久沼方面に行けるのです。

P6022137
P6022142
P6022141
 ただ、何も考えずに走るとさすがにもったいないので(笑)、旧小貝川を探索。この旧小貝川は、我孫子の古利根沼と同じで、小貝川の河川改修工事で切り離された蛇行部がそのまま沼として残ったそうです。

 いわゆる三日月湖で、「道仙田(どうせんだ)」と呼ばれているようですね。古利根沼も良い感じですが、ここもなかなか素晴らしい風情です。釣りのメッカらしく、何人もの釣り人に出会いました。

P6022144
P6022138
 ところで、旧小貝川の西岸には「ふるさとふれあい公園」がありますが、この公園、ほとんど人気がありません。まるで時が止まったよう、そんな感じでした。

写真 12-06-02 15 33 48
P6022147
 牛久沼の近くで、こんなゴキゲンな道がありました。東葛地域でもお馴染みのいわゆるハケの道ですね。結構な距離、こんな私好みの道が続きます。

P6022161
P6022154
P6022151
 で、牛久沼。南端の八軒堰です。牛久沼大橋の景観がなかなか素晴らしいです。それにしても、牛久沼って結構近いのですね。以前、自転車仲間のご企画で何度か牛久沼に来たことがありますが、もっと遠かったような気がします。

 なんか、少しずつ茨城南部の地理感もついてきた気がします。久しぶりに自転車のルート開拓で遊んでみたくなりました(笑)。ところで当然ですが、この日も野鳥の写真をパチリ。

P5272069[1]
 まず1枚目はセッカ。最近、どうもセッカと相性が良く、今回もまた「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の後、「チッ、チッ、チッ」と鳴きながら、近くに降りて留まってくれました。これは、我ながらなかなか良い写真だと思います。

P6022104[1]
 そしてオオヨシキリ。相変らずのバーゲンセールです(笑)。コヨシキリを見つけられないかと手賀川で探していたら、それっぽいこいつに出会いました。でも、口の中が真っ赤で、やはりオオヨシキリのようです。

P5272033[1]
P5272030[1]
 で、次はホオジロです。なかなか初めて見る野鳥に出会えないものですねぇ。でも、このホオジロ君がピョンと枝から枝へ飛んだ瞬間を捉えることができました。ピンは合っていませんが、面白い写真が撮れました。

P6022135[1]
 そして、これも毎度お馴染みのアオサギです。トビモノも何度も撮っていると、やはり少し飽きてきますね。うーん、まだ見たことがない、野鳥は撮れないのかと諦めていたら、コチドリが・・・。

P6022132[1]
 コチドリをようやく撮ることができました。ただ、ピントが来ていません(苦笑)。しかしまあ、これはこれで味わいがあるので、まあいいかです。

 コチドリは“チドリ足”のチドリで、東葛地域の田んぼなどでよく見かけるそうです。でも、私はこれまで出会ったことがありませんでした。これにて、目で見て種類も分かった野鳥は57種類目です。

toukatsujin at 22:29|PermalinkComments(6)TrackBack(0)