2014年01月

2014年01月28日

MTBで出かけたら季節風が強風から爆風に(苦笑)

P1265137
P1265139
 この前の日曜日、久しぶりにMTBに乗りました。MTBですから、走りたいのは当然、未舗装の道やオフロード。まずは新川耕地この道。ここを走るのも久しぶりです。春には5本の桜の老木が咲かせる花が見事です。

 ただ・・・実は走り始めて、すぐに気持ちが萎えました。走り始めたのは午後ですが、季節風がどんどん強まり、強風から爆風に。もろ追い風で、自転車がなかなか前に進みません。この時点で「もう帰ろうか」と思っていました(苦笑)

写真
 で、なんとか利根運河までたどり着きました。運河の土手の上はさらなる爆風。しばらく走っていると、突然の横風を受けて自転車ごと土手の下に転がり落ちそうに・・・。

 いやぁ、マジでヤバかった。比較的重いMTBでもそんな状態ですから、ロードバイクに乗っていたら、本当に転がり落ちていたかもしれません。

P1265152
 「もう帰ろう、もう帰ろう」と思いながら、陸上自衛隊の柏高射教育訓練場の裏の土手まで来ました。この辺りでは、爆風が追い風になっているので走りやすかったのですが、心がこの景色のようにメラン粉リック(爆)。結局ここで挫折して、帰路へ。うーん、以前に比べ本当に軟弱になりました(苦笑)

P1265141[1]
P1265144[1]
 これは新川耕地で見かけたケリです。ピントが甘い言い訳をすると、あまりの爆風にレンズが揺り動かされ、うまく狙いを定めることができませんでした。えっ、自然相手にそれを言い訳にしてはいけないって・・・その通りです(笑)

P1265105[1]
P1265112[1]
P1265099[1]
 「なら、これでどうだ」ということでコゲラです。でも、よく見ると、やはりピントが甘い。顔にピントが来ていませんでした(苦笑)。それはともかく、このコゲラ君、夢中で虫をほじくり出すのに夢中で、キツツキらしい動きで楽しませてくれました。

P1265132[1]
P1250961[1]
 最後にこの2羽ですが、上の写真はアオジ(雌)で間違いないと思いますが、下の写真はカシラダカでしょうか。でも、同じくアオジ(雌)かもしれない。アオジの雌とカシラダカは、意外に見分けが難しいですね。

toukatsujin at 22:06|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2014年01月19日

カワセミだらけ! 土曜日の手賀沼は驚愕でした

P1180810-001[1]
 昨日の土曜日、あまりの寒さにめげて、いろいろと理由をつけて住処に引き篭もっていようと思っていたのですが(苦笑)、あらごんさんから「走り出すと陽射しが暖かくて気持ち良いですよー」とのツイート。「それもそうだ」と思い直して、ロードバイクで午後から出かけました。

 当初は、手賀沼を経て小貝川を北上しようと思っていたのですが、思わぬ事態(笑)に計画の大幅縮小を余儀なくされました。手賀沼で相次いでカワセミに遭遇のです。大騒ぎして写真を撮っていたら、あっという間に時間が経ってしまい、ライトを持たずに出たので遠乗りができなくなりました。

P1180797[1]
 手賀沼でまず撮ったのはカワセミではなくて、このアオジ。アオジはよく見かける野鳥ですが、暗い藪などにいることが多いため、なかなか良い写真が撮れませんでした。なので、これがアオジのベストショットです(喜)

P1180821[1]
 で、最初に遭遇したカワセミ。冒頭の写真と同じカワセミです。棒から棒へ飛び移って背中のコバルトブルーも見せてくれました。手賀沼サイクリングロードを走っていて、手賀大橋の西側で出会いました。

P1180846[1]
P1180842[1]
 次に出会ったカワセミです。トビモノでどうぞ(笑)。手賀大橋を東に抜けて蓮群生地を過ぎた辺りで遭遇。かなりアクティブな奴で、棒から棒へ何度も飛び移っていましたので、こんなトビモノ(らしき)写真が撮れました。

P1180863[1]
 2羽のカワセミに出会って、「うわぁ、今日はすごいなぁ」と感動して走っていると、3羽目に会いました(笑)。手賀沼の東端、曙橋の手前辺りです。

 もうびっくりですね。手賀沼ではカワセミと1年ほど出会わなかった時もあったのに、今日は立て続けに3羽です。手賀沼でカワセミが増えているという話は聞きませんから、私の目に野鳥探索力がついたからでしょうか。でも、やはり不思議。

P1180879[1]
P1180880[1]
 上空をふと見上げたら、トビが舞っていたので、こいつもパチリ。で、手賀川のほうへと向かったのですが・・・。

P1180888[1]
P1180911[1]
 4羽目のカワセミに遭遇しました(驚愕)。手賀川の北岸、終末処理場の辺りです。本当に笑うしかないくらいのカワセミ大豊作。いったい、どうしてでしょう。理由が全く分かりません。カワセミたちに出会ったのは2時半から3時半。昨日はあまりに寒かったので一斉に日向ぼっこしていたとか(笑)

写真-4
 で、小貝川と利根川への合流点付近に着いたのは4時ごろ。もう小貝川を北上できる時間帯ではありません。仕方がないので「利根川河川敷を走って帰ろう」と思い、ペダルをこぎ始めた時、鳥の気配が(笑)

P1180930[1]
P1180930-001[1]
 すぐ横の木立にチョウゲンボウがとまっていました。で、夕日を浴びて凛と佇むチョウゲンボウです。なかなか可愛い顔ですが、目から下に伸びる黒っぽい模様がハヤブサの一種であることを示しています。

写真-3
 そんなわけで、久しぶりに走った利根川河川敷の道。相変らず気持ちが良いですね。今回はロードバイクでがっつり走りつもりでしたが、すっかり野鳥ポタになってしまいました。しかも、カワセミの有り難味は大暴落です(笑)

toukatsujin at 18:46|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2014年01月16日

三連休中日に四谷ポタ、かつて男の子だった人は必見です(笑)

DSC03691
DSC03665
DSC03637
DSC03613
 こんなふうに写真を並べると、1枚目の東京スカイツリーも含めて全てが非現実のように思えます。実は、これらの写真は、この前の三連休の中日、日曜日の東京・四谷ポタの際に撮った写真です。2番目の写真から消防博物館新宿歴史博物館市谷亀岡八幡宮です。

 今回のポタは松戸の江戸川・樋野口に集合し、新宿・四谷方面に向おうというもの。私は久しぶりに都心を自転車で走りました。お供は、まっちさんはんぞうさんえいじさんで、全員が小径車。私も折り畳み自転車のPacific-18を使いました。

DSC03599
DSC03598
 飯田橋まで走って、まずは昼食です。「えぞ松本店」というラーメン屋さんですが、回鍋肉が美味いということで、全員がホイコーロー定食を注文。一枚の皿の上に回鍋肉とライスが載ってやって来ました。

 量は見た目、普通だったのですが、実は回鍋肉の下に大量のライスが仕込まれてありました。もう食べても食べてもライスが減らない。食べ終わる前に、超満腹状態。いちおうダイエット中なのですけど・・・美味しかったから、まあいいかです(苦笑)

DSC03604-001
 ところで、この店は少し変です。この看板を見ると、1階が「えぞ松本店」で、2階が「悟空」(お好み焼屋)のように思えますが、実は1階の店舗の半分ずつを両店でシェアしています。しかも「悟空」は夕刻からということで、訪れた時には半分のテーブルが封鎖されていました(笑)

DSC03610
DSC03615
 昼食の後、訪れたのが市谷亀岡八幡宮。なんでも太田道灌が鎌倉の鶴岡八幡宮から分霊したとのこと。転がり落ちそうな階段を上ると、鳥居があります。そこに掲げらた八幡宮の額の「八」は鳩ですね(笑)。鳩は神の使いだそうです。

DSC03619
 この日は、ペット同伴での初詣の日だそうで、ペットと一緒に祈祷してもらえるとのこと。でも・・・うーん、よう分からん。八幡宮の神である応神天皇や神功皇后はペットたちにどんなご利益を与え賜うのでしょうか。

DSC03690
DSC03631
DSC03632
DSC03633
DSC03635
DSC03638
 次に訪れたのが新宿歴史博物館。歴史博物館や郷土資料館などを訪ねるのは、この手のポタの定番です(笑)。入館料の300円はちょっと高いかなと思いましたが、内藤新宿の宿場町や新宿の大歓楽街の歴史が学べて、なかなか面白かったです。この日はコーヒーサービスもあって、満足度は高かったです。

DSC03644
DSC03652
DSC03662
DSC03653
DSC03659-001
 最後に訪れたのが、四谷消防署に併設された消防博物館です。ここは超おススメです。無料ですし、もうメチャクチャかっこいい! 特に男の子や、むかし男の子だった人は必見です。一番下の写真の消防車なんか、かっこいいと言うよりも、セクシーと言ったほうがよいかもしれません。もう興奮ものです(笑)

DSC03679
DSC03680
DSC03682
 この消防オートバイも凄かった。こんなにギンギンなのに、普通の消火器を二つしか積んでいないのも凄い(笑)。高尾山の御守シールを貼り付けているのも凄いです(爆)

DSC03692
DSC03691
 で、帰路へ。他の3人は輪行で帰るとのことですが、体重がイエローゾーンなのに回鍋肉を腹いっぱい食べてしまった私は、自走で帰ることにしました。これは隅田川の桜橋から見た風景。スカイツリーはいつ見てもCGじゃないかと思ってしまいますが(笑)、この日のこの時刻に見たスカイツリーが最も非現実でした。

 まっちさん、はんぞうさん、えいじさん、お疲れさまでした。


toukatsujin at 09:11|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2014年01月13日

シベリアから来た菅生沼のハクチョウと久しぶりに会いました

P1114997[1]
P1115043[1]
P1115020[1]
 久しぶりに、 土曜日に菅生沼のハクチョウに会いに行きました。定住している手賀沼のコブハクチョウと違い、毎年シベリアから渡って来る連中です。

 この日はロードバイク。正月の暴飲暴食がたたり、予想通り体重がイエローゾーンに行ってしまったので(苦笑)、カロリー消費を兼ねて走ってきました。

 ところで、菅生沼のハクチョウはコハクチョウだけかと思ったら、オオハクチョウもやって来ていたのですね。

P1115013[1]
P1114981[1]
 こちらがコハクチョウです。

P1114963[1]
P1115053[1]
 そして、こちらがオオハクチョウ。皆さん、違いが分かりますか。くちばしの黄色の大きさに着目してください。一目瞭然ですね。

 そう言えば、現地のバードウォッチャーのオジサンから聞きましたが、この群れの中にアメリカコハクチョウも3羽交じっているとのこと。くちばしにほとんど黄色が無いそうなので、持って来た双眼鏡で探してみましたが、残念ながら発見することができませんでした。

P1115032[1]
 ハクチョウたちと一緒にいるカモですが、ほとんどがオナガガモでした。最も人になれなれしいカモです(笑)。


 菅生沼の往復ルートはこの通りです。菅生沼へ行く時の私の定番ルートです。

P1115083[1]
P1115090[1]
 帰りに小貝川を久しぶりに走りました。こちらも久しぶりの小目沼橋。増水している時には水の中に沈むので沈下橋と呼ばれますが、冬場の小貝川は渇水状態ですので、こんな姿でした。

 この日は、距離的には80キロも走っていませんので、カロリー消費ポタとしては少し物足らないです(苦笑)。ただ、昼食を抜いたので併せて3食分の削減効果がありました(笑)

toukatsujin at 00:34|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2014年01月08日

正月休み最後の日曜日、印西七福神巡りポタに初参加

写真-002
DSC03536
 正月休み最後の日曜日、自転車仲間の愚兵衛さん主催の「印西七福神巡り」に折り畳み自転車のPacific-18で参加してきました。毎年の恒例行事ですが、私は初参加。かなり寒い一日でしたが、オヤジ度の異常に高いポタを堪能してきました(笑)

DSC03557
DSC03591
DSC03537
DSC03567
DSC03586
DSC03546
DSC03540
DSC03562
DSC03593-001
 七福神巡りとは7柱の神さまが置かれた寺や神社を順番に巡ろうというものですが、印西市の七福神巡りはなぜか8箇所(笑)。写真で言うと、上から三宝院の恵比寿神、観音寺の弁財天、最勝院の布袋尊、長楽寺の大黒天、泉倉寺の毘沙門天、上町観音堂の寿老人、厳島神社の弁才天、宝泉院の福禄寿です(ちなみに訪れた順番ではありません)。

 つまり印西の七福神では、唯一の女神さまの「サラスヴァーティー」が分身の術を使って「弁財天」と「弁才天」として2箇所に鎮座しているわけです(笑)。七福神の像は新しいものですので、観光用に最近置かれたと推察しますが、それを決める際にいったい何があったのでしょうか。

 この印西七福神巡りのために、印西市観光協会が御朱印を押す台紙を用意しています。その台紙は愚兵衛さんに調達していただきました。それぞれの神さまが置かれた寺や神社で台紙に御朱印を押し、全部押せば、めでたく結願です。まあ、スタンプラリーみたいなものです(爆)

DSC03589-001
DSC03576
 それにしても、このスタンプラリー、素晴らしいです(笑)。スタンプを集める、いや違った、七福神にお参りすることを「縁」に、印西のいろんな田舎道を皆さんと自転車で走り、いろんな処を訪ねることができたわけですから。

DSC03554
DSC03558-001
DSC03570
DSC03575
DSC03588
 それに訪れた寺や神社は、いずれも田舎の素朴な信仰の佇まいが素晴らしい。贅を尽くした神社や観光寺と違って、とても落ち着いた気分に浸れました。ただ何処とは言いませんが、一部例外はあります(笑)

DSC03578
DSC03580
 で、昼食は「」というお店。私は「優御前」をチョイスしましたが、天ぷらにミニステーキ、小鉢の数々がついて1260円。特に肉が美味しく、とても満足でした。

 今回の参加者は、 我孫子のノリピーさん、Gibsonさん、断腸亭さん、テガさん、IWAさん、TCR-Nさん、ジャズさん、Bさん、たすけさん、NOBさん、103さん、グフさん、エンツォRさん、居間さん。それにemoさんがお見送りに来てくれました。皆さんとワイワイよた話をしながらのポタに食事、本当に楽しかったです。

 愚兵衛さん、ご企画とご案内ありがとうございました。参加してよかったです。皆さん、お疲れさまでした。

toukatsujin at 10:05|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2014年01月04日

近所でオオタカに遭遇、圧倒的に怖いお兄さん系です(笑)

P1040742[1]
 今日、私の住処の近くで遂にオオタカに出会えました。流山免許センターの近く、東葛変電所のすぐそばの高い鉄塔に留まっていました。

 最近、近所の富士川などを散歩するオジサン、オバサンたちから「オオタカがいるよ」と聞いていたので、この正月は散歩がてらオオタカを探していました。「まあ、そう簡単に見つからないだろうな」と思っていたのですが、意外に早く出会うことができました。

 しかも、ラッキーなことに後で、狩りの様子まで見せてくれました(喜)

P1040737[1]
 かなり高い鉄塔の天辺付近に留まっていたので、肉眼では豆粒大でしたが、今日はBORGの60EDを持ち歩いていたので、なんとかそれなりに撮ることができました。

P1030670[1]
 オオタカがいた辺りは、森に囲まれた谷津が広がっています。周りはそれなりに開発が進んでいますので、猛禽にとって狩りの最適地とまでは言えませんが、なんとか狩り場になるようです。二つ前のエントリーで紹介しましたが、年末にはチョウゲンボウも見かけました。

P1030660[1]
 実は、昨日もノスリを見かけました。オオタカを探していたので、見つけた時は少しガッカリしましたが(苦笑)。ただ、このノスリ、うまく狩りができないのか、少し元気がなかったです。ぜひ頑張って、たくましく生き抜いてください。

P1040736[1]
P1040722[1]
P1040694[1]
P1040732[1]
 さて、オオタカです。このオオタカ、鉄塔の上をちょこまか動いて獲物を探していました。やはりノスリやチョウゲンボウと比べて、圧倒的に“怖いお兄さん”系ですね(笑)。

 このオオタカの狩りは、鉄塔の前をハトが横切った瞬間でした。さっと飛び立ちハトを急襲(当然、撮影は間に合いませんでした、涙)。ハトも、これがハトかと思うような猛スピードで逃げる。両者が遠方に見えなくなって、決着はわかりませんでしたが・・・。

P1040734[1]
 オオタカが手ぶらで戻ってきました(笑)。どうやら取り逃がしたようです。この戻ってきたオオタカの写真はピントが合ったかと思いましたが、やはりダメでした(苦笑)。それはともかく、猛禽づくしの年末年始です。

toukatsujin at 19:51|PermalinkComments(12)TrackBack(0)