2015年04月

2015年04月28日

今回は単なる物欲の話、腕が良くなった?いや錯覚です(苦笑)

IMG_1888
 久しぶりにデジボーグの買い物。デジボーグというのは、BORGという本来、天体望遠鏡に使う対物レンズをカメラの超望遠レンズとして使おうというものです。

 私はこのBORG沼にはまり、合計7本もレンズを買ってしまいました(苦笑)。ただ、オリンパスのマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼と組み合わせると、カメラの腕がイマイチの私でも、手持ちで素晴らしい野鳥の写真が撮れます。今までこのブログに載せた野鳥の写真の大半はデジボーグで撮りました。

 さて、前置きが長くなりましたが、今回買ったのはさすがにレンズではありません(笑)。レンズをカメラに取り付ける鏡筒の新製品です。

P4254004_s
P4254005_s
 その鏡筒だけの写真です。結構なお値段ですが、かなり地味。同時期に発売されたApple Watchと比べると、おそろしく地味(笑)。でも、いいんです。私はこういうモノ感のあるものが大好きです。

 もちろん、今使っている鏡筒でも問題は無いのですが、新製品は剛性感や精度が向上しています。BORGの中川師匠に試作品を見せられて以来、「発売されたら買うぞ」と心に決めていました。

 で、この前の土曜日に新鏡筒による試し撮り。使ったレンズは、冒頭の写真に写っている71FLです。このレンズ、私が持っているBORGレンズの中で一番デカく、焦点距離も長いので、実は持て余し気味(苦笑)。この組み合わせで800mm相当の超望遠です。

P4253991-001_s
P4253994_s
 住処の近所で被写体を探していると、早速キジのメスとオスに出会いました。この2羽はまだカップリングしていません。オスの必死の求愛を受け流すマイペースなメス。毎年繰り返されるキジの恋の物語です(笑)

P4254001_s
P4254001-001_s
 で、トビモノのムクドリ。うまく顔にピントが来ました(喜)。もちろん、新鏡筒のお陰でも、自分の腕の良さでもなく、単なる偶然なのですが。

P4253984_s
P4253977_s
P4254017_s
 そしてヒバリにイソシギ、トビです。うーむ、撮れる写真のレベルはやはりこれまでと変わらん。でも、いいんです。物欲を満たせたのだから(笑)

 そう言えば、今回は出会えませんでしたが、最近よくオオタカを目にします。なんと近くで営巣しており、この日「ヒナが生まれたかも」との話を聞きました。ヒナを盗む輩がいるそうなので詳しく書けませんが、うまく巣立てるといいですね。

toukatsujin at 08:19|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2015年04月22日

芝桜と谷津の景観を満喫、ついでに牛タンも満喫しました

DSC04252
DSC04226
DSC04235
 日曜日に千葉市若葉区の芝桜を愛でに出かけました。自転車仲間の愚兵衛さんのご案内で、印旛地域の谷津の道をロードバイクで走る久しぶりの遠乗りでした。はんぞうさんにお誘いいただき、まっちさんと参加しました。


 走行ルートです。GARMINのログデータをそのままマッピングしました。はんぞうさん、まっちさんと手賀沼で落ち合い、印旛沼の佐倉ふるさと広場で愚兵衛さんと待ち合わせ。その後、愚兵衛さんのご案内で芝桜を目指しました。

 こうして見ると、随分走ったような感じですが、手賀沼と私の住処までの距離を足しても137km。でも、久しぶりの100キロ越えです。

DSC04219
DSC04222
 愚兵衛さんと待ち合わせた佐倉ふるさと広場は、ちょうど「佐倉チューリップフェスタ」の最中で、こちらも素晴らしい眺めでした。自転車仲間のE-ponさんもいらっしゃていて、しばし歓談です。

IMG_1862-001
IMG_1864-001
 その後の道中は、素晴らしい谷津の道を走行します。さすが谷津の達人、愚兵衛さんのご案内です。田んぼ以外、送電線も含め人工物が一切見えない道は、本当に素晴らしい。田んぼに水が入れば、さらに素晴らしい谷津田と里山の景観になることでしょう。

DSC04223
DSC04246
DSC04232
DSC04251
DSC04250
 で、これが目的地。千葉市若葉区の富田都市農業交流センターの芝桜。いやぁ、美しい。芝桜にあまり興味がなかった私ですが、その色の奔流に圧倒されました。最近、芝桜の人気が高まっているようですが、それも当然ですね。

 実は、芝桜が人気となった理由がもう一つあることに気付きました。芝桜って写真写りがとても良いのです(笑)。桜に比べても、はるかに華やかに写ります。どう撮っても華麗な写真になる。これは助かります。

DSC04242
 ここも富田都市農業交流センターの敷地。ちなみに、このセンターは「農村部の豊かな自然の中で、地域との交流、研修や文化活動ができる施設」だそうです。それにしても、千葉市にもこんな田舎があるのですね(笑)

 この後、八街駅近くまで走って昼食です。ただ、谷津と丘のアップダウンの繰り返しの道を走りますから、私はヘロヘロに。自転車をサボり気味なのがバレバレになりました。情けない限りです(苦笑)

DSC04263
DSC04256
DSC04259
 で、昼食は「」というコンセプトがイマイチ不明の店。店内は「フランシーヌの場合」や「赤色エレジー」など昭和の歌が流れています。それに、併設されたカラオケ店から演歌がモロに聞こえてきて、昭和の歌にかぶります。要はうるさい店です(笑)

 でも、このランチが素晴らしい。私が頼んだのは牛タン定食で、これで800円。はんぞうさんが頼んだステーキ定食は、さらにボリュームがあって、やはり800円でした。コストパフォーマンスが最高です。もちろん味もグッドでした。

DSC04261
DSC04260
 肉を食ったらデザートというわけで(笑)、すぐ近くの「平林のだんご」へ。餡団子、みたらし団子とも1串50円。甘さ控えめで、とても美味しかったです。

 愚兵衛さんには、この後も野馬土手など見所をいくつか用意していただいていたのですが、残念ながら雨が降り始めました。そのため諦めて帰路へ。もちろん、アップダウンの少ない道を走っていただきました(苦笑)。手賀沼に着く頃には、雨も止み良かったです。

 愚兵衛さん、ご案内ありがとうございます。とても楽しかったです。はんぞうさん、まっちさん、お疲れさまでした。いやぁ、それにしても私は鍛え直さないといけません(苦笑)

toukatsujin at 08:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2015年04月14日

徒歩で手賀沼一周、「退屈だよぉ」「疲れたよぉ」(苦笑)

 この前の日曜日は、初めて手賀沼を徒歩で一周してみました。実はこの日、朝から自転車で走りに行こうと思っていたのですが、前日の飲み会で気持ち良く酔っぱらって、午前中は使い物にならず(苦笑)。あっと言う間に、お昼になってしまったので、前からやってみようと思っていた手賀沼一周を決行した次第。

IMG_0045
IMG_0049
 出発地点は手賀沼の西の端。名残りの桜を見ながらスタートです。まずは北岸を東端まで行き、そこから南岸に向かって手賀沼サイクリングロードを戻ってくる時計回りコースで歩きました。


 これまでも、手賀沼の真ん中に架かる手賀大橋より東半分を何度か歩いたことがありますが、一蹴するのは初めてです。ただ、全体で19kmほどですので、大した距離ではあるまいと思い、気軽に歩き始めました。

IMG_0051
IMG_0050
 上の地図で、北岸を歩いている途中で手賀沼から離れたのは、蕎麦屋「湖庵」で昼食を取るためです。あくまで私の好みですが、地元で2番目に美味いと思う蕎麦屋(1番はこちら)。この日は、鴨汁せいろを美味しく頂きました。

IMG_0052
IMG_0054-001
IMG_0056
 胃袋も充実したので、気分良く手賀沼北岸の遊歩道を歩きます。私のことですから当然、BORGを携帯し野鳥も撮影しようと考えていたのですが、お馴染みの野鳥にしか出会いません。「まあ、野鳥撮影が目的じゃないからいいか」です。

IMG_0063
P4123318_s
 ただ、南岸の手賀沼サイクリングロードに回った時あたりから、とても退屈になってきました。「自然を愛でながら歩こう」なんて美しい気分は消滅です(苦笑)。いつも自転車で走っている道ですから、ただ歩き続けるのは刺激がありません。

 で、訓練のためか何度もやって来る海上自衛隊下総基地の輸送機の写真を撮ったりしましたが、やはりつまらない。多少は疲れるかもしれないと思っていたのですが、まさか「退屈で死にそう!」になるとは思いませんした(苦笑)

P4123340_s
P4123357_s
 私のそんな気持ちを察してくれたのか、キジとカワセミが被写体になってくれました。夕暮れ時で距離もあましたので、写真としてはイマイチのものしか撮れませんでしたが、それでもモチベーションが完全回復!(笑)。キジ君、カワセミ君、ありがとう。

IMG_0065
IMG_0068
IMG_0070
 ただ、今度は足に疲れが出てきました(苦笑)。手賀大橋の下をくぐり、あと4分の1の行程となった頃から、足が痛くなってきました。昔なら半日歩いても平気だったのに、今は全然ダメ。あまり歩いていないためか、歩行能力がかなり落ちているみたいです。

 うーん、いかんですね。結局4時間超(+食事時間)ほどでスタート地点に戻りましたが、足がかなりヨレヨレでした。日頃、自転車に乗っていても、歩く際には使う筋肉が全く違うのを実感しました。実際、帰宅のためママチャリに乗ると、まるでロードバイクかと思えるほど軽快にペダルをこげました(笑)

toukatsujin at 08:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年04月06日

庄内領悪水路の桜並木、350本が咲く道に人はまばら

DSC06405
DSC06373
 「ここ結構、穴場なんだよね」とすれ違う老夫婦が話していました。私もそう思いました。3.1キロにわたり延々と350本の桜並木が続く土手の道ですが、桜の花を愛でる人はほとんどいません。

DSC06410
DSC06414
 場所は埼玉県春日部市の庄内領悪水路で、土曜日にロードバイクで訪ねました。ここは以前、庄内牧の謎の解明に出かけた時に、初めて知った桜の名所です。「3.1キロって、まるで今井の桜みたいじゃないか」と驚いて、花の季節に再度訪問してみた次第。

 この日は朝に雨がぱらつきました。本来、自転車仲間と訪問する予定でしたが、いったんは断念。でも、お昼には雨も止みましたので、せっかくなので私一人で出かけてみました。いやぁ、予想より素晴らしい。思い切ってやって来てよかったです。

DSC06346
 この日、まず利根運河へ向うと、運河水辺公園で桜まつりが開かれていました。目的地へ急ぐためにスルーしましたが、楽しそうな雰囲気でした。

DSC06349
DSC06351
 利根運河から江戸川へ出て、玉葉橋を渡り江戸川の右岸を北上しました。江戸川サイクリングロードで満開の菜の花を見るのは久しぶりです。昔はよくこの菜の花を愛でたものですと、遠い目(笑)

DSC06354
 そして、例の地下神殿のある龍Q館まで到着。ここから西に向うと、すぐに庄内領悪水路の桜並木にぶつかります。

DSC06357
 その桜並木です。こうして見ると、本当に今井の桜とそっくりな趣ですね。

DSC06421
DSC06391
DSC06404
DSC06394
DSC06375
DSC06403
DSC06383
DSC06368
DSC06363
 いやぁ、素晴らしい! 満開を少し過ぎたくらいで、延々と続く花の列は息をのむような美しさでした。どんよりとした雲の下でもこれですから、晴天ならどれだけ美しいことでしょうか。

 水路の土手の道が舗装されているので、趣は今井の桜に及びませんが、歩いても歩いても続く桜並木には圧倒されます。なんでもボランティアの方々によって維持されているそうです。

 それにしても、人がいません。南側の起点の近くはパラパラと人が散歩しているのですが、北へ行くに従って、ほとんど人を見かけなくなります。やはり「悪水路」という言葉のイメージが悪いのでしょうか。これだけの桜並木を愛でる人が少ないのは、ちょっともったいないですね。

 ちなみに悪水路とは農業用水などの排水路のことで、今井の桜のある金山落の「落」と同じ意味です。

toukatsujin at 07:28|PermalinkComments(10)TrackBack(0)