2015年07月

2015年07月27日

炎天下、まさかスマホ片手に歩き回ることになるとは(苦笑)

 今頃になって、こいつにはまってしまいました。それは、グーグルのスマホ向けの無料オンラインゲーム「Ingress」です。

IMG_0108-001
 当然、多くの方がご存知と思いますが、このゲームは青い人(レジスタンス)と緑の人(エンライテンド)に分かれて、世界中で陣地を取り合うというもの。ただ、争奪戦の目標物(ポータル)は現実の神社仏閣、公園などにヒモ付けられているため、青い人も緑の人もスマホ片手に歩き回る必要があります。

 当初「何が面白いんだ」と思っていたのですが、最近はドハマリ。この土日も「暑いから自転車も野鳥撮影も無しだ」と決め込んで、猛暑の中、汗だくになりながら歩き回っておりました(苦笑)。そう言えば自転車仲間の中にも、ドハマリの人が何人かいます。極めて中毒性の高いゲームです。

 実は、このIngressを教えてくれたのは、やはり自転車仲間のspirit隊長です。数カ月前のこと。隊長「東葛人さん、Ingressって知っていますか」。私「知っていますよ。懐かしいなぁ」。隊長「えっ!」。どうも話が合いません。なんせ私が思い浮かべていたのは、データベースソフトの「Ingres」でしたので。すみません。Ingresのほうは凄いマイナーな話なので忘れてください(苦笑)

 それしても、このゲームは敵陣と自陣を永遠に取り合うわけで、終わりの無い「賽の河原の石積み」なんですね。今まで知らなかった場所や道に行けるという効用はあるのですが、かなり空しい。「戦国時代初期の豪族たちの土地争いって、こんな感じだったのかも」とも思ったりします。

 まあ、一度始めると、トコトンやらないと気が済まないタチなので、あと1カ月ぐらいはドハマリを続けるしかないですね(苦笑)

toukatsujin at 08:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2015年07月21日

海の日、今話題のあの海水浴場を「見学」しました(笑)

RIMG0150
 7月20日の月曜日は海の日、ということで、今話題の葛西海浜公園の海水浴場に行ってきました。この辺りは東京湾の一番奥で、水が汚くて海水浴はできませんでしたが、最近は水質がかなり改善。18日から海水浴を復活させたとのニュースを見て、出かけてみることにしました。

RIMG0136
RIMG0140
 交通手段はもちろん自転車。ロードバイクにしようかと思いましたが、あまりに暑いので小径車でチンタラと走ることにしました。江戸川サイクリングロードをひたすら南下するだけですが、とにかく暑い。風は当然、夏の南風。向かい風のこともあり、かなりの苦行でした(苦笑)

RIMG0146
RIMG0156
RIMG0155
 なんとか葛西臨海公園に到着。海水浴場として開放されているのは、公園の西なぎさ。なんでも恒常的に海水浴を可能にしていくための「海水浴社会実験」だそうです。テレビニュースの受け売りですが、東京オリンピックに向けた取り組みとのこと。

 水質によっては泳げないこともあるそうですが、この日も顔を水につけて遊泳することが可能でした。でも、東京湾の一番奥でしょ。私は見に来ただけで、もちろん遊泳はパス。他の皆さんも大半は水遊び専門で、泳いでいる人は数人しかいませんでした。

RIMG0159
 まあ、波打ち際がこんな感じですから。泳ぐのに問題は無いと言われても、見た目では少し厳しいかもしれません。ただ、監視体制も厳重ですので、小さな子供を遊ばせるには一番安全な海水浴場かもしれません。

toukatsujin at 07:53|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2015年07月13日

オオタカの幼鳥が住宅街に進出、ムクドリが大騒ぎでした

P7114494-002_s
P7114494-001
 近所の某所で育ったオオタカの幼鳥。この前の土曜日に再び写真に収めました。1週間前に初めて撮った写真は、薄暗い木々の中で撮ったので感度やシャッタースピードが厳しかったのですが、今回は光量はバッチリです。

 それにしても、幼いとはいえ、さすがオオタカです。眼光が鋭いですね。こいつが親鳥に食べ物をねだって「ピーピー」と鳴くのですから、かなりのミスマッチ感です(笑)。今日(月曜日)の早朝も、その「ピーピー」が私に住処まで聞こえてきました。

P7114484_s
P7114475_s
 実はこの写真、「オオタカの子供が電柱にとまっているよ」と教えてもらい撮ったものです。幼鳥の行動範囲が次第に広くなって、遂に住宅街に進出してきました。

 私がカメラを構えていると、ご近所の皆さんもやってきて「大きくなったね」「こんな処にオオタカがいるなんてすごいね」などと井戸端会議が始まりました。オオタカの幼鳥のおかげで、ご近所の皆さんと楽しい時間を過ごせました(笑)

P7114471_s
 一方、オオタカの幼鳥により恐怖の時間を過ごしたのが、このムクドリのつがい(たぶん)です。幼鳥は30分ほど電柱にとまっていたのですが、その間、「ギャーギャー」と一生懸命に幼鳥に向って威嚇していました。

 どうやら近くにムクドリの巣があるみたいですね。幼鳥とはいえオオタカに立ち向かうとは、やはり「子を思う親」は凄いです。ただ、オオタカの幼鳥のほうはムクドリを不思議そうに見るだけ。ひょっとしたら「君たち、小さくて美味しくなさそう」とでも思っていたのでしょうか(笑)

 結局、オオタカの幼鳥は眼下でペチャクチャしゃべる人間も、目の高さで騒ぐムクドリもガン無視していましたが、飽きたのか悠然と翼を広げて巣の方向に去っていきました。撮れていれば最高のトビモノでしたが、当然撮り損ないました(苦笑)

toukatsujin at 07:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年07月05日

近所で育ったオオタカの幼鳥、巣立ちの時です

P7044393_s
P7044393-001_s
 巣立ちしたばかりのオオタカの幼鳥です。私の住処の近くの某所にオオタカが営巣して、1羽だけが育ちました。実は巣の場所が凄い処で、下を犬を連れた散歩の人や自転車が通り、近くの工事現場の音がうるさく響く処です。

 当然、ご近所の皆さんの話題となり、最近は鳥オジサンたちも常駐するようになりました(笑)。でも、オオタカの親子はそんな人間をガン無視。親鳥が近所の野鳥たちを襲いまくって、立派な若鳥が育ちました。突然オオタカに引っ越して来られた他の野鳥にとっては、大変な災難ですが。

 この写真は昨日の土曜日に撮ったものです。数日前にオオタカの幼鳥が巣立ったとの話を聞きましたので、写真を撮りに出かけました。オオタカは巣立っても、すぐには独立しません。親鳥から狩りの訓練を受けてから独立するそうです。この日も「早くメシ!」とピーピー鳴いていましたので(笑)、すぐに発見できました。

P7044427_s
P7044424_s
 幼鳥とはいえ、目つきは「怖いお兄さん」系のオオタカですね。やはり鋭い。ただ、幼鳥は成鳥と羽の模様などが随分違いますね。知らないと、他のタカと見間違えそうです。

179a7521
 これは以前、出会ったオオタカの成鳥(この幼鳥の親鳥かどうかは未確認です)ですが、幼鳥とは全然違いますね。色合いが全く違ううえに、胸羽の模様が成鳥は横班、幼鳥は縦班です。

P7044321_s
P7044339_s
P7044377_s[2]
 そう言えば私は見ていませんが、見た人の話によると、幼鳥の狩りの訓練がなかなか凄い。親鳥が捕えた獲物を地面に置き、幼鳥に取りに行かせるそうです。幼鳥はおっかなびっくり獲物をつかんで木の枝に。

 その周りで人が眺めたり、写真を撮ったりしているのですが、オオタカたちは全く意に介さないそうです(驚)。そして幼鳥は獲物を食べ始め、やがて食べ残りの赤い塊が枝から落ちてくるそうです。かなり凄まじい光景のようです(笑)

P7044430_s
 この写真、うーん残念! でもまあ、翼が枠に入らなかったとはいえ、初のオオタカのトビモノです。これで良しとしましょう。

 ちなみに、この幼鳥、他の野鳥が枝jに留まっているのを見つけると、飛び立って襲っていました。もちろん、全て逃げられていましたが、狩りのやり方を確実に学習しているみたいです。

toukatsujin at 13:06|PermalinkComments(15)TrackBack(0)