2005年11月22日

折り畳み自転車のシートポストは“仕込み杖”、携帯ポンプなどを収納

1ce14d91.jpg 折り畳み自転車のPacific-18シートポストは“仕込み杖”です。この中にタイヤレバーなどパンク修理セット、それに細身の携帯ポンプが入っています。Pacific-18やBD-1のシートポストの直径は広く、いろんなものが入ります。問題は何でフタをするかですが、実は、BD-1系の自転車の簡易リアサスであるエラストマがちょうどよいフタになるのです。

 エラストマをフタに改造するのも簡単です。エラストマの中央の穴にボルトを通し、それに蝶ナットをはめます(もちろん、エラストマの両端には特大のワッシャをかませます)。パンク修理セットや携帯ポンプをシートポストに入れた後、シートポストの先にエラストマをはめ込み、蝶ナットを締め込むと、エラストマがシートポストの内側に密着し外れなくなります。

 本当に、シートポストの仕込み杖は便利です。普段は携帯ポンプなどを仕込んでいることを忘れているほどです。道具を忘れ、パンク修理ができなくて、途方にくれるということもなくなります。実際、この前にパンクしたときに、その便利さをしみじみと感じました。シートポストの内径とエラストマの直径が比率が絶妙です。

 実は、このアイデアを思いついたのは、私ではありません。Pacific-18の大先輩オーナーのおおわださんという方が考案したものです。ちなみにフタとして使っているエラストマは、もともとPacific-18に付いてきたものです。リアの簡易サスをスプリングに変えたときに、エラストマの有効活用方法として、おおわださんのアイデアを参考にさせていただきました。

toukatsujin at 23:44│Comments(3)TrackBack(1) 自転車一般 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. パンク修理キット収納術  [ なのだ的休日の過ごし方。 ]   2005年11月28日 08:25
パンク修理キットをどうやって携帯するか? 長い間、頭の隅で考え続けてきたテーマです。ようやく最近になって、携帯ポンプや各種バッグなどを物色しはじめたところですが、どれも決め手に欠けてて。。。 そんな矢先、とんでもなく面白いアイデアに遭遇しました。 東葛...

この記事へのコメント

1. Posted by なのだ   2005年11月27日 18:00
はじめまして、なのだと申します。
このアイデア、すごいですね!目からウロコです。
ちょうど、どうやってパンク修理セットを携帯しようか
悩んでいたところだったので、グッドタイミングでした。
近いうちに挑戦してみようと思います。
2. Posted by 東葛人   2005年11月27日 20:25
なのださん、はじめまして。
そうでしょう! 私もはじめて知ったとき感動しました。
世の中には、すごいアイデアを思いつかれる方がいて、私たちはそれを知ることができる。インターネットのありがたみをしみじみと感じます。
3. Posted by なのだ   2005年11月28日 23:31
インターネット、ホントにありがたいですね。
おかげさまでなんとか完成したので、トラックバックとリンク張らせて頂きました。
ただ、シートポストのお尻にちょこっとはみ出た蝶ネジが何とかならないか、
只今、思案中です。このままでは、輪講袋に穴が開いてしまうかも。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字