2008年02月15日

野田の「煉瓦蔵」の詳報、これは結構面白いです! / ルート地図を追加

煉瓦蔵

 この前の土曜日に行ったキッコーマンの「煉瓦蔵」の詳報です。野田のキッコーマンと言えば、宮内庁御用達の醤油を造る、江戸川サイクリングロード脇のお城「御用蔵」が有名ですが、その近くにこんな激シブの施設があるとは全く知りませんでした。

 1932年(昭和7年)の建築で、今も現役の醤油醸造施設です。ここで1年間、杉樽でもろみを熟成し、予約限定品の『杉桶仕込みのしょうゆ』として出荷されているそうです。妙にあざとい御用蔵と異なり、この煉瓦蔵は実にいい味わいです。

 この日、実は当初MTBで三ケ尾の森辺りを走ろうと思い、野田方面へ出かけましたが、前週末の雪の影響がまだ残り、未舗装道は結構ベチャベチャでした。無理して走ると、後輪が巻き上げた泥が頭上に降り注ぐので、森の道を走るプランはあっさり断念しました。

煉瓦蔵煉瓦蔵

 で、次に目指したのが「上花輪歴史館」です。上花輪の名主でキッコーマン創業の一族の一つ、高梨兵左衛門家の屋敷が、そのまま歴史資料館になっています。以前、地図を眺めていて偶然見つけたのですが、この歴史館のホームページによると長期休館中とのこと。それで、これまで訪ねずにいました。

 それが今回は「せめて場所と、どんなすごい屋敷か確認してみよう」と思い立ち、訪ねてみました。そしたら、ものすごい屋敷でした(笑)。やはり休館中で、屋敷の屋根などの改修工事をしているそうです。門には工事期間の案内がありましたが、工事終了はなんと「平成22年3月31日」。気の長い工事です。当分、中を見ることはできませんね(涙)

煉瓦蔵煉瓦蔵

 ちょっとがっかりしましたが、この歴史館の隣になかなか良さげな観音堂がありました。高梨家など財を成した人々が建立したようで、さすがに茅葺ではなく立派な瓦葺です。近くに建っていた碑によると、平成5年に修復したそうです。そして修復工事の責任者は「第三十世 高梨兵左衛門」。もうクラクラしそうな歴史です(笑)

煉瓦蔵煉瓦蔵

 さて、煉瓦蔵はこの観音堂の道を挟んで向かい側にあります。実はマヌケなことに、歴史館や観音堂に気を取られていたので、この煉瓦蔵の存在にしばらく気が付きませんでした。そして突如、赤い煉瓦の建物が目に飛び込んできた時は驚いたのなんのって(笑)

 こりゃ、ラッキーです。煉瓦蔵の入り口のところまで来ると、「照明が消えている時は、このスイッチを押してお入りください」との案内が目にとまりました。えっ、中に入れるんですか。こりゃまた、ラッキー(喜)。で、ドアを開けてみると真っ暗。案内の通り、スイッチを押して電気をつけて入りました。なんと現役の工場施設なのに無人です!

煉瓦蔵煉瓦蔵

 中に入ってみると、すぐに階段があり、2階へ上がれます。そして2階からガラス越しに、実際にもろみを熟成させている杉樽を眺めることができます。なるほど、見学場所と熟成施設の間は完全に隔離されています。これだから無人でも大丈夫なんですね。

 ただ、空調施設で熟成施設から見学場所へ空気を送り込んでいるようで、もろみの良い香りが部屋いっぱいに広がっていました。なかなか心憎い演出です。そういえば自転車は、煉瓦蔵の中の1階のところに置かせていただきました。

煉瓦蔵煉瓦蔵

 もろみを熟成する杉樽はこんな感じです。ガラス越しで、しかも暗かったのですが、結構うまく撮れました。床のところにもガラスがはめこんであるため、右の写真のような竹のタガをはめた杉樽の様子を見ることができました。

 煉瓦蔵、なかなか面白い歴史的建造物でした。それにしてもキッコーマンは実に、こういう演出がうまいですね。でかくなるわけです(笑)

【2月17日追記:ルート情報】
 ところで、第2回東葛ポタで訪ねた窪田酒造さんの近くから利根運河を下り、ほぼ一本道で上花輪歴史館や煉瓦蔵に走れるルートを発見しました。さらに煉瓦蔵から御用蔵の方面へ向かうと江戸川サイクリングロードに出れます。

 つまり、野田橋の近くまで江戸川サイクリングロードを走らなくて済むルートを見つけたわけです(笑)。ご関心のある方は「続きを読む」からどうぞ。



ルートルート

 江戸川から見て最初にある、利根運河を渡る歩道橋のところからスタートです。この歩道橋のところで利根運河北岸を降りる道路がありますので、そこを北に向かいます。

ルートルート

 しばらく走ると大きな道路に出ます。この道路に出る道は結構複雑ですが、どう走ろうと必ず、この道路に行けますので、ご安心を(笑)。この道路に出たら、あとはひたすら道なりに走ります。道幅のわりに自動車が少ないので気分良く走れます。

ルートルート

 やがて、この道幅のある道路も突然おしまいになります。自動車は直進できませんが、自転車は直進できますので交差点を渡りましょう。すると、道幅が極端に狭くなりますが、道なりに進んでください。

ルートルート

 細い道を行くとやがて未舗装道になりますが、右側に上れる舗装道がありますので、そこを行きます。

ルートルート

 やがて、この小道は住宅街を抜ける道に変わります。気にせず、ただただ道なりに走りましょう。そうすると、やがて東福寺というお寺のところに至り、突き当たりになります。単に江戸川サイクリングロードに抜けるだけなら、左折した方がよいのですが、上花輪歴史館や煉瓦蔵に行くなら右折です。

ルートルート

 東福寺を右折してちょっと走ると、こんなT字路に近いY字路のところに来ます。ここは狭い道の方、つまり左に行ってください。そして二つ目のT字路(ちなみに最初のT字路のところの道は未舗装道です)を左折します。そうしたら、目の前に上花輪歴史館の黒塀が見えてきます。ここを左折すると、歴史観の入り口、そして煉瓦蔵に行けます。

ルートルート

 歴史館と煉瓦蔵の間の道路を道なりに行くと、やがて流山有料道から北へ伸びてくる道路との交差点にたどり着きますので、この交差点を渡ります。すると「自転車歩行者専用道路」と記したガードがある道がありますので、そこを走ります。そうすると、道の先に御用蔵が見えてきます。この道は江戸川の土手を上り、そのままサイクリングロードに合流することができます。

ルートルート

 江戸川サイクリングロードから御用蔵と煉瓦蔵を撮ってみました。やはり御用蔵は圧倒的にあざといですね(笑)。一方、キッコーマンの工場の向こうには、今まで気が付かなかったのですが、煉瓦蔵を見ることができました。

toukatsujin at 22:45│Comments(14)TrackBack(0) ポタリング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by spirit   2008年02月15日 23:33
東葛人さんこんばんは。
煉瓦蔵、面白いですねぇ!ぜひ行ってみたいと思います。
そういえば江戸川CRから見えるところにもキッコーマンの工場はありましたね。
それから先日工場見学して、地図の上花輪歴史館も気付いていたのですが、行きませんでした。
開くのはまだ2年後ですか。。それまで楽しみです。
そういえば野田市民会館の郷土博物館にも行きたいのでした。
行きたいところがたくさんあって困ります。
2. Posted by NOB   2008年02月15日 23:37
東葛人さん
こんばんわ!
1月上旬、北風が強くで江戸サイ左岸野田橋前で・・・北行を断念し、一般道をボタした時に、今回の東葛人さんと同様のコースで・・煉瓦蔵や歴史観に行って写真を撮ってきました・・
まさか、煉瓦蔵の中に入れるとは・・
今度行ってみます。
3. Posted by はいたか   2008年02月16日 01:31
東葛人さん
こんばんは。
あちき、高校まで野田に住んでおったのですが
こんなところがあるなんて全く知りませんでした。
小学校の遠足でキッコーマンの工場見学はいたしましたが。
中に入れるんですね。
今度行ってみたいと思います。
4. Posted by たすけ   2008年02月16日 03:55
東葛人さん こんばんわ
只今3部作完結編、鋭意制作途中です(笑)
私も時々ココに立ち寄りますよ^^つい先日も煉瓦蔵のすぐ近くで満開となった紅梅を撮ってきたばかりでした。江戸川CRの風を避けて下道を行くと自然にあの細い陸橋を通ってココに来てしまいます^^;3部作目に力が入ってなかったら、同じ記事をUPする予定でした(笑)
噂ではこの煉瓦蔵のある工場跡地をそっくり公園化にする予定らしいですが..あの周辺の古い町並みはいい雰囲気ですよねぇ。実は私が庚申塔に最初に興味を持ったのが高梨氏庭園からすぐの香取神社です。ここの庚申塔は半端でなく大きくて立派です。三猿も小猿を守る母猿がよくわかりますヨ。...っていうか、フラッシュ時間かかるから先にこっちの写真だけUPしちゃおうかな・・
5. Posted by 東葛人   2008年02月16日 09:34
spiritさん、おはようございます
煉瓦蔵は思いのほか面白かったです。
訪ねて損はありませんよ。
実は、江戸川サイクリングロードからも見えていたんですね。
手前のキッコーマン工場や御用蔵に気をとられて、今まで気付きませんでした。
野田は、私もまだ未開拓のところが多く、いろいろと訪ねるのを楽しみにしております。
6. Posted by 東葛人   2008年02月16日 09:41
NOBさん、おはようございます
野田橋は北風が強い時の挫折ポイントですね(笑)
私もちょくちょく野田橋辺りで関宿行きを断念しています。
野田橋近くの御用蔵の脇から江戸川サイクリングロードを降りると、煉瓦蔵や歴史館に簡単に行けるので便利ですよね。
ちなみに私も、煉瓦蔵の中に入れるとは思いませんでしたので、案内を見たとき驚きました。
7. Posted by 東葛人   2008年02月16日 09:47
はいたかさん、おはようございます
野田のお育ちなら、野田で面白いところをいろいろとご存知だと思います。
でも、灯台下暗しというのもありますね(笑)
私も流山や名都借をほとんど知らなかったことを、自転車で走り回るようになって思い知らされました。
煉瓦蔵はお薦めです。
是非お訪ねください。
8. Posted by 東葛人   2008年02月16日 10:09
たすけさん、おはようございます
さすがにこの辺りは、たすけさんの勢力圏ですね(笑)

ところで、陸橋というのは利根運河に架かる歩道橋のことですよね。
あそこからだと、本当に見事な一本道ですよね(道路の幅は場所により思いっきり変わりますが、笑)
今までは途中までしか走ったことがなかったので、ちょっと驚きました。

煉瓦蔵があるのは工場跡地だったのですか。
煉瓦蔵を残した素晴しい公園になってくれると良いですね。
ご紹介の庚申塔は全く気付きませんでした。
ぜひ見に行ってみます。
入魂の三部作の完成を楽しみにしております(笑)
9. Posted by ロードランナー   2008年02月16日 16:13
東葛人さんこんにちは、私も関宿からの帰りに立ち寄ったことがあります。
10月頃に行くと煉瓦蔵の前はコスモスが満開です。
煉瓦といえば鹿島神宮へ行く途中の国道51号線の佐原大橋の近くに利根川と霞ヶ浦を結ぶ水域があり煉瓦で作られた運河のような施設で水をやりくりして船を航行させていたようです。
はじめて訪れるまで運河の存在を知りませんでした。
時々、東葛人さんのブログを拝読させているときに昔の東葛飾あるいは日本の様子を想像できて面白いです。学校やメディアでは取り上げられることもなく自分で足を運んでみないと見つけられませんが当時の日本人の気概というのでしょうか、うまく表現できませんが大事なものを学べそうだと思います。
10. Posted by IKAWA   2008年02月16日 23:41
東葛人さん、こんばんは。

今月に入ってから続いている煉瓦造りの建物ネタですが、野田は結構残っていそうですね。柏にも残っているかもしれないけど、茅葺きに目をとられて気づいてないだけかも知れませんが(苦)。

暖かくなったら野田方面も散策してみますね。いまはまだ北風の時期なので、ちょっと行く気が起こりません(苦笑)。
11. Posted by 東葛人   2008年02月17日 10:29
ロードランナーさん、おはようございます
情報ありがとうございます。
10月のコスモスの咲く頃、良さげですね。
無骨な煉瓦蔵と繊細なコスモスの重なりが、きっと素晴しいことでしょう。

私は自転車に乗りはじめて、自分が世の中のことを何も知らないことに気が付きました。
自分が暮らしの時間を刻んでいる地域のことや、その歴史を知らずして、日本や世界、宇宙を語ってもしかたがない、最近はそんなふうに思っています。
12. Posted by 東葛人   2008年02月17日 10:34
IKAWAさん、おはようございます
おっしゃる通り、野田には煉瓦造りの建物や他にも興味深いところがたくさんありそうですね。
ただ、サイクリングロードを使うの冬、夏ともに季節風の直撃を受けるので、ルート開拓を急がないと(笑)
おっと、利根運河から煉瓦蔵方面へのルート地図のアップがまだでした。
今日中にはアップします(苦笑)
13. Posted by たすけ   2008年02月17日 22:57
東葛人さん、連投すいません^^;
土曜日はせっかくお立ち寄り頂いたのに、ゆっくり話もできずに申し訳ありませんでした。
今さっき、都内でのセミナーから戻ってきました。そういえば第一回東葛ポタに参加できなかったのも、今日と同じセミナーでした。BIG SMILEポタが今日にずれこまずホントに良かったです^^;
そうそう、早速帰りに関裕二の「古代史の秘密を握る人たち」と最新刊「古代史 謎解きのキーパーソン50」と購入しました。とりあえず読み比べてみようと思っていますが、前著の"まえがき"が実に関らしくて、TXの車内でニヤニヤしながら読んで帰ってきました(笑)
14. Posted by 東葛人   2008年02月17日 23:16
たすけさん、こんばんわ
いえいえ、こちらこそ不審者のようで申し訳ありませんでした(笑)
関さんの新作が出ましたか。
「古代史 謎解きのキーパーソン50」というとすると、なんか話の展開が読めますねぇ(爆)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字