「第3回東葛ポタ」の詳細、こんなんでどうでしょう?第3回東葛ポタ、お疲れさまでした(完成版、トホホ・バージョンです、苦笑)

2008年05月30日

2日連続の野田市街地ポタ、醤油の町を再発見! 私だけ?(笑)

 またまた、遅いアップです(苦笑)。この前の土日、両日とも野田の市街地をポタしてきました。土曜日の夕刻から日曜日の午前中にかけて雨が降りましたので、それを避けて土曜日は午前中、日曜日は午後に野田に出かけてみました。

 そうそう、土曜日は「筑波8耐反省会」という名の集まりがありました(笑)。柏駅事件も発生したもようで、大変なことになったようです(私はほとんど記憶がありません、汗)。その件については「チーム東葛おーぷんBBS」をご参照ください。

野田ポタ野田ポタ
野田ポタ野田ポタ

 さて、野田の市街地です。土曜日はロードレーサーを走らせて、野田市市民会館を見てきました。野田市市民会館は、大正時代に建てられたキッコーマン創業一族の茂木佐平治邸です。うかつにもspiritさんのブログで紹介されるまで、この野田市市民会館の存在を知りませんでした。

 で、ようやくの訪問。多くは書きませんが、本当に趣のある旧邸宅です。訪れた時はちょうど相撲甚句の講座が開かれており、渋い唄声が響き渡っていました。邸宅の趣と相撲甚句の調、期待した以上に豊かな文化でした。

 そう言えば、この前訪れた休館中の上花輪歴史館も、キッコーマン創業一族である高梨兵左衛門邸でした。そもそもキッコーマンの前身は、醤油醸造家である茂木一族と睛一族の8家が合同して設立した企業でした。

 そのためか、野田市の街並みは一種独特です。キッコーマンの工場は市街地に散らばっていますが、その工場に隣接して古いお屋敷が建っていたりします。江戸時代の醤油醸造家がそのまま醤油工場に発展した感じです。普通、工場街=下町の風情ですが、野田市はそれとは全く違った印象があります。

 ・・・と今ごろ感心する私です(苦笑)

野田ポタ野田ポタ

 野田市市民会館には、野田郷土博物館も併設されています。この博物館、1階こそ企画展の展示室ですが、2階は醤油にまつわる物が展示されていました。そりゃ当然ですね。

野田ポタ野田ポタ

 そして、市街地でひときわ目立つロマネスク様式の興風会館(左の写真)とアール・デコ様式の旧・野田商誘銀行の建物です。これもキッコーマンのゆかり。「商誘」なんて「醤油」の駄洒落だそうですから、もう笑ってしまいます。野田市ってキッコーマンの完璧な城下町かもですね。

野田ポタ野田ポタ

 野田市はキッコーマンの城下町と思っていたら、ちょっと間違いでした。野田市にはキノエネ醤油という個性的な醤油会社もありました。白醤油では全国で30%のシェアを持つ最大手とのこと。なんでも、野田の醤油醸造家が現在のキッコーマンへと合同していく中、唯一独立を守った会社だそうです。

 ところで、このキノエネ醤油の工場の黒壁、見事です。確認できませんでしたが、明治30年に建てられた社屋もあるそうです。やはり野田はキッコーマンの城下町ではなく、醤油の町と言った方が正しいのでしょうね。

 ちなみにキノエネ醤油を訪れたのは日曜日。雨で路面が濡れていたので、ママチャリの鉄下駄君で、30km以上走って往復しました。いずれにせよ、野田再発見のポタでした。

 そう言えば、私は市街地を自転車で走るのがどうも苦手で、東葛地域でも市街地はほとんど走ることはありませんでした。ただ、最近は流山の旧市街地関宿の古い町並みを訪ね、「少し良いかも」と思っています(笑)

 流山、関宿、そして野田は江戸時代には独自の発展を遂げ、明治以降は常磐線沿線の開発から取り残されていたので、三者三様の町の雰囲気が残っていますね。そのことにようやく気付きました(恥)。これからは市街地も嫌がらずに訪ねて見ることにします。題して『東葛三都物語』、なんちゃって(爆)。

toukatsujin at 20:52│Comments(14)TrackBack(0) ポタリング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はんぞう   2008年05月30日 22:25
東葛人さん、歴史からみで「茂木本家美術館・MOMOA」は如何でしょうか。
私以前から気になってまして、是非行ってみたいと思っています。
予約制で入場料700円、食事も予約制で1300円、浮世絵の素晴らしいコレクションがあるようです。
チーム東葛は、酒飲んで騒いでるだけではないと知らしめたいんですが・・・
2. Posted by たすけ   2008年05月30日 22:46
東葛人さん はんぞうさん こんばんわ

歴史絡みポタいいですねー^^
もし、流山旧市街地で実施する時はディープな企画を
考えましょう。実は先日は黙していましたが、先日行
った、杜のアトリエ黎明や近藤勇陣跡は私の小〜高の
同級生の親戚や実家であったりします^^;

明日、中学の同窓会の打ち合わせで、また会います
のでなにか通常は一般公開していないお宝とかないか
聞いておきますねー(笑)
3. Posted by タルヴィス・プレスリーン   2008年05月31日 00:25
ええ?!、柏駅事件の現場にいたのに覚えてないっすかぁ?!(笑)。
あの夜、一番酔っていたのはQ太郎ですが、鉄人もベロンベロンだったのには驚きましたぁ。
日曜にみんな顔会わせるのがちょっと恥ずかしいですなぁ(笑)。
4. Posted by 横山   2008年05月31日 00:37
東葛人さん おばんです。

 なるほど、醤油の東葛三都ですね。醤油の近世・近代遺産の建造物、重厚で素晴らしいー。
 その昔は、上方(畿内)からの物産が「下りもの」と珍重され、関東の物資は「下らないもの」とされていたんですが、江戸期のある段階で上方と江戸物の品質が逆転したとされています(「醤油づけ寿司」を発明した華屋与兵衛説が有力)。
 古い醤油蔵の中には、江戸時代いらいの麹菌が棲んでいると言われています。東葛三都、心身に余裕のある時期に訪れてみたい景色です。今夜もほろ酔い気分で、失礼
5. Posted by spirit   2008年05月31日 10:34
東葛人おはようございます。
ええっ、東葛人さんは野田市民会館を知らなかったんですか。
お役に立てて良かったです。
野田のあのあたりは板壁や煉瓦などで独特の雰囲気があっていいところですね。
6. Posted by 東葛人   2008年05月31日 21:02
はんぞうさん、こんばんわ
私も「茂木本家美術館・MOMOA」はすごく気になっています。
実は日曜日に訪れてみましたが、門がとざされていて、一般人は入れないのかと思っておりました。
「予約制で入場料700円、食事も予約制で1300円、浮世絵の素晴らしいコレクション」ですか、素晴らしいですねぇ。
ぜひ行ってみたいです。
ご一緒しましょう!
7. Posted by 東葛人   2008年05月31日 21:07
たすけさん、こんばんわ
おお! やはり地元の人ですねぇ(笑)
まさに地縁血縁ですね。
是非そのネットワークを活用して、誰も知らないお宝を探り当ててください。
楽しみにしております。
8. Posted by 東葛人   2008年05月31日 21:19
タルさん、こんばんわ
柏駅での大騒ぎは、かすかに記憶があります。
誰か駅から落ちそうにならなかったですか。
ほかの客に笑われていたような記憶も・・・いかんいかん、どうやら思い出さないほうがよさそうです(笑)
9. Posted by 東葛人   2008年05月31日 21:20
横山さん、こんばんわ
おっしゃる通り、野田は醤油の歴史が染み込んだ重厚な町ですね。
今回はその素晴らしさを再認識しました。
華屋与兵衛の話や江戸時代以来の麹菌の話、いいですねぇ。
だんだん、野田がすごい町に思えてきました(笑)
10. Posted by 東葛人   2008年05月31日 21:20
spiritさん、こんばんわ
そうなんです、うかつにも野田市市民会館を知りませんでした。
なんせ交通量の多い街中が嫌いなもので、全く意思の外でした。
よい気付きを与えていただき、ありがとうございます。
野田のあの辺りを「葉山に工場があるみたい」と言った人がいますが、まさにそんな感じですね。
11. Posted by roadrunner   2008年06月01日 00:35
東葛人さん、こんばんは。
私も幹線道路など騒々しいところが苦手なので頑張っても幹線道路を横切るくらいです。野田の市街地へは野田橋付近から交通量の少ない道を走ります。時期によってはお祭りがあるようです。
かつては醤油樽の生産も盛んだったそうで現在も醤油樽を作る職人さんがいますが高齢化が進んでいるそうです。
醤油樽の他に醤油樽型のの醤油差しを作っている職人さんもおられるようです。
もし、職人さんから話を聞く事ができたら面白そうです。

http://www.meikoukai.com/contents/town/16/16_7/
12. Posted by 東葛人   2008年06月01日 08:34
roadrunnerさん、おはようございます
情報ありがとうございます。
醤油樽の職人さんがまだ現役でいらっしゃるのですね。
是非お会いしてみたいものです。
お話をお聞きできれば、きっと素晴らしいことでしょう。
それにしても、野田はやはりディープですね。
13. Posted by x24   2008年06月05日 20:07
東葛人さん、こんばんは。
第三回東葛ポタに参加させていただき楽しい一日を過ごさせていたき厚く御礼申し上げます。
今回「PhotoMap」画像と地図を組み合わせたガイドを提案させていただき皆様のご協力を得て、たたき台を作って見ました、まだ、十分なものになっていませんが雰囲気を感じ取っていただければと思います。

お忙しい人に手を煩わせるのは恐縮なので既にお伝えしている件についてはお気遣いなさらないでください。再び東葛ポタに参加できることを期待しています、長くお付き合いが出来ますように。

追伸 掲載いただいているルート地図ですが、私のマシンが古いようで動作しないようです、そのうち機会がありましたら何か別の方法で参照できればと思います、また、東葛人さんに手間を取らせそう。
14. Posted by 東葛人   2008年06月06日 00:14
x24さん、こんばんわ
返事ができずに、すみません。
まとまった時間がなかなかとれず、時間が経ってしまいました。

x24さんのご提案、ポタの時も言いました通り、私は大賛成です。
地図を拝見しましたが、なかなか良さげですね。
是非、充実させていきましょう!
と言いながら、画像を提供できずに、またまたすみません。
ルート地図はFlashのデータ形式だったと思いますので、お試しください。
あとブラウザの設定も関係あるのかもしれません。

こちらこそ、末永いお付き合いをよろしくお願いします。
そうそう、チューブをお譲りいただき助かりました。
本当にありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「第3回東葛ポタ」の詳細、こんなんでどうでしょう?第3回東葛ポタ、お疲れさまでした(完成版、トホホ・バージョンです、苦笑)