2008年09月20日

「西より来たりし人々」、東葛歴史オタ話です(笑)

 最近、やたら忙しい日々が続いています。今日も仕事。自転車に乗れませんでした(涙)。忙しい時には物欲が爆発して・・・。その話はまた後ほどということにして、このエントリーでは近頃の私の関心事を書きます。

 実は以前書いた相馬重胤の話と同じく、東葛地域に絡む歴史オタ話です。というわけで、またまた「よし、読んでやらあ」という物好きな方以外は無視してください (^_^;) 。やはり今回も長文です。

 皆さんは高市皇子(たけちのみこ)という人物をご存知でしょうか。天武・持統の両王朝で活躍した人です。“翼ある虎”と言われた当時の大海皇子(のちの天武天皇)が大友皇子を滅ぼした壬申の乱の時、大海皇子側の総司令官を務めました。そして、その子が悲劇の宰相、長屋王(ながやおう)です。まあ、あの時代の主役とでも言うべき人です。

 で、なんでこの人が東葛地域に関係があるかと言うと、その子孫(おそらく、ひ孫の世代)が建立したのが「おすわさま」、つまり流山の駒木にある諏訪神社なのです。そして、私の住処のある流山の名都借、同じく流山の三輪野山の茂侶神社も、高市皇子の一族と深い縁があり、平将門から相馬重胤、徳川幕府へとつながる小金牧の歴史もここに源流があります。

名都借三輪野山

 歴史オタクとしては、ごはん三杯どころか、三十杯、いや三百杯はいける話なのです(笑)。実は夏休み、流山市立図書館にこもり、市立博物館刊行の『流山市史研究』や諏訪神社社務所刊行の『駒木のおすわさま』などの文献を読み漁っていました。そうしたら、とても興味深い大和と東葛のつながりが見えてきました。それが今回の話です。

 さて高市皇子ですが、この人は天武天皇の長男です。天武天皇のお后と言えば、のちの持統天皇ですが、高市皇子は持統天皇の子供ではありません。母親は福岡に基盤を置く宗像氏の娘です。そして、大和(=奈良)の高市地域の豪族、三輪氏の世話になり成長しました。

 で、壬申の乱を迎えます。父親から軍の全権を任され、三輪氏の全面協力を得て大友皇子軍に勝利。その後、血なまぐさい権力闘争の続く天武・持統の両王朝時代を泳ぎ切り、名声と富を一身に集めた後に亡くなります。そして、その子の長屋王は、台頭する藤原氏を抑え込み、事実上の宰相として朝廷の実権を握ります。

 ところが、その栄華は長くは続きません。陰険な藤原4兄弟の陰謀により、長屋王は無実の罪を着せられ、妻子ともども滅ぼされてしまいます。これが世に言う「長屋王の変」です。ただ、高市皇子・長屋王の一族が根絶やしになったわけではありません。長屋王の祟りとして都の人々を震え上がらせた、疫病による藤原4兄弟全滅事件などもあり、高市皇子・長屋王の一族は後の世も生きながらえます。

 で、その一族の一部が、理由は定かではありませんが、東国を目指しました。そして、やってきたのが東葛の地。その際に信濃の諏訪氏に頼み込み、彼らが祀る神を分祀してもらいました。そして流山の駒木の地に鎮座させたのが、おすわさまです。時に807年。高市正照という人が初代神官になり、以降連綿と続き今日に至ります。

おすわさまおすわさま

 この話、まだまだ続きます(苦笑)。実は、高市皇子の母方の宗像氏、高市皇子が世話になった三輪氏、そして諏訪氏は共通点があります。いずれも出雲系の神の子孫と称している点です。宗像氏のご先祖は天孫(天皇の先祖)に国を譲ったオオクニヌシ、三輪氏もオオクニヌシと同一のオオモノヌシ、そして諏訪氏はオオクニヌシの子であるタケミナカタです。

 これはちょっとした驚きです。当時の有力豪族のほとんどが、自分たちを歴代天皇の子孫、あるいは天孫降臨の際に一緒に降りてきた神々(天津神)の子孫とするなかで、高市一族ゆかりの宗像、三輪、諏訪の3氏だけは 天津神 に征服された出雲系の神々の子孫を称しているのです。そして、東葛地域にやってきた高市一族が担いだ神は、 国譲りに最後まで抵抗した諏訪氏の先祖、タケミナカタなのです。

 うーん、予想以上に長くなりました(苦笑)。この後、「高市一族がなぜ東葛地域にやってきたのか」、「そもそも彼らは本当に高市皇子の子孫なのか」、そして「名都借や小金牧などとの関係は?」といった、東葛地域の古代に迫る話を書きたいと思います。ただ、あまりに長くなりましたので、その話はいずれ別エントリーで書くことにします。お粗末さまでした。

【PS】ついでに蛇足ながら、面白い話を一つ書いておきます。日本書紀では、三輪氏の先祖であるオオモノヌシ(=オオクニヌシ)の妻(=巫女)の墓は、今話題の箸墓古墳だとしています。箸墓古墳がなぜ話題になっているかと言うと、考古学調査の積み重ねの結果、邪馬台国の卑弥呼の墓である可能性が高くなったからです。どうです! 面白いでしょう(笑)

続きはこちらのエントリーでお読み下さい。

toukatsujin at 23:17│Comments(18)TrackBack(0) 東葛地域ネタ | 自転車とちゃいます

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by NOB   2008年09月21日 15:59
なかなかの歴史的な解説ですね・・・・
天武だとかあのあたりの年代は非常に難しいので、大河的にはほとんど放送される機会がありませんね〜〜!
なるほど、あの時代のからみも東葛地区の歴史で関連づいてくるのですか〜〜〜!?
今度、東葛歴史ポタでも是非企画してください〜〜〜!
2. Posted by NOB   2008年09月21日 16:03
東葛人さん
どうもでございます。(先行にいれるの忘れました〜〜〜m(__)m )

ところで、全然関係ないコメントですが、
最近東葛人さんのブログを読んでいると・・・すんごい左よりなんです。画面の一番左端がブログの文字の左端・・・・

ところが、コメントをだそうと、該当の日記だけを取り出すと、左部分にブルーの余白があって、肌色の余白部分があって・・文字の左端が出てくるんですが・・・・

僕だけでしょうか?
3. Posted by 103   2008年09月21日 16:24
東葛人さん、こんにちは。
ボクは歴史オタでもなんでもありません。というか歴史はあまり得意ではないのですが(笑)分かりやすいお話を聞くのは好きです。
次回エントリーも東葛人さんお得意の明快な解説、期待しています。

ところで、NOBさんと同じように、トップページを表示させると左寄りになります。ここ1ヶ月くらいのことのような気がしますが・・・
4. Posted by spirit   2008年09月21日 20:54
東葛人さんこんばんは。
いやぁー面白いですね。
私もとても自分で古文書を調べられませんが、判りやすい解説は大好きです。
諏訪神社は上の娘のお宮参りにいった神社でした。

関係ないかもしれませんが、宗像氏は九州の宗像大社と関係がありますか?
印西のあたりに宗像という地名があったり、宗像神社が多かったのが気になったもので。

みなさんが言っている左よりは、私には良くわかりませんが、なにか変ですか?
5. Posted by 東葛人   2008年09月21日 21:05
NOBさん、こんばんわ
東葛地域を含めた関東は、大和王家とのつながりがディープなんです。
一番分かりやすいのは、埼玉のさきたま古墳群から出てきた鉄剣です。
5世紀後半のヲワケという人の墓から出てきた、その剣には、中国の史書にも名を残す大王武(=雄略天皇)を補佐したとの文字が刻まれていました。
これが、古代史を塗り替える世紀の大発見にして国宝の「金錯銘鉄剣」です。
ありゃりゃ、また語り始めてしまいました(苦笑)
東葛歴史ポタですか、私は楽しいですが、参加してくれる人がいるでしょうか(爆)
6. Posted by 東葛人   2008年09月21日 21:12
103さん、こんばんわ
私は大阪と奈良との県境で育ったため、遠足とかは必ず「大和」でした。
大学で美術史を学んだ時も(恥)、国内の美術史はいわゆる「奈良学」でした。
で、歴史は都側から知ることばかりでしたが、東葛地域という地方から眺めるとバツグンに面白いのです。
こんなに楽しいとは思わなかったです。ということで、次回もご期待ください。
ご迷惑でなければ(笑)
7. Posted by 東葛人   2008年09月21日 21:23
spiritさん、こんばんわ
面白がっていただき、ありがとうございます。
「おすわさま」には東葛地域の多くの子供たちが、お宮参りでお世話になっていますね。
ところで九州の宗像氏は、おっしゃる通り宗像大社の神官の家です。
こちらでは印西だけでなく、印旛沼の周辺に宗像神社が数多く分布しているみたいですね。
昔は印旛沼や手賀沼などは海とダイレクトにつながっていましたから、海と船つながりでしょうか。
その辺りの話も面白いですね。
8. Posted by 東葛人   2008年09月21日 21:29
NOBさん、103さん、spiritさん、ブラウザでの表示問題ですが、原因がよく分かりません。
私はFirefoxを愛用しているため、今まで気付かなかったのですが、IEを使うと確かにそんな症状が現れます。
どうやら右のツールバーを完全に表示しようという設定にIEが反応しているのかもしれません。
ですから、ブラウザを横に広げておいた状態では普通に表示されます。
ただ、この辺りはライブドアにお任せなんで、何とも言えません。
でも、ちょっとだけ鬱陶しいですね。
長年使ってきた愛着あるデザインですが、そろそろ替え時かもしれません。
9. Posted by 千歳飴   2008年09月21日 21:43
はじめまして、千歳飴と申します。神社オタクです。大好きな神社は奈良の大神神社です。吉川の三輪神社のそばに住んでいまして、三輪神社を調べるうちに茂呂神社とのつながりを発見しました。実は学生時代小金原の茂呂神社のそばに住んでいました。3丁目なので、昔神社の敷地だったと思われますびっくりです!!なぜ流山に三輪山があるのか調べていてこちらのブログにたどり着きました。よく調べていらっしゃいますね。また寄らせてくださいね。
10. Posted by 東葛人   2008年09月21日 22:47
千歳飴さん、はじめまして!
奈良の大神神社、私も大好きです。
御神体が三輪山であることや、大神を「おおみわ」と読むことを初めて知ったときは、本当に驚きました。
確か吉川の三輪神社は、茂呂神社から分社したんでしたよね。
両神社のそばにお住まいになるとは、まさに奇縁ですね。
これを機に情報交換させてください。
よろしくお願いします。
11. Posted by EAST   2008年09月22日 00:22
家では、毎年初詣は、おすわさまにお参りするのですが、神様の由来は気にしたことがありませんでした。そうですか、新興大和勢力に追われた古い土着の神様なのですね。微妙だなあ〜。
12. Posted by 東葛人   2008年09月22日 08:59
EASTさん、おはようございます
高市一族も三輪氏も、地方から見れば「大和」そのものですよね。
「だったら出雲系の神々とは何なんだ」という別の面白い話が出てくるんですが、それは横に置いておいて(笑)
あの八幡太郎義家が立ち寄るなど、おすわさまは軍神・開発神として圧倒的な支持を集めていましたから、初詣にはぴったりだと思いますよ。
13. Posted by x24   2008年09月22日 09:47
5 東葛人さん、こんにちは。

歴史は得意ではないので分かりやすい解説を読むことが出来感謝いたします。
怪しげな記憶ですが「高市」は近鉄南大阪腺に駅が存在していたように思いますが。
このあたり畝傍・二上山・当麻寺・香具山などハイキングしたことがあります、この地域と東葛地域の古代が関連していることなどまったく知りませんでした。
これからも東葛人さんの解説を期待しています。

余計なお世話
>NOBさん、103さん、spiritさん、ブラウザでの表示問題ですが、原因がよく分かりません。
原因の一つに「XSL スタイル シートを使用した XML 入力が表示できないようです」
IEのばあい「終了タグ 'div' が開始タグ 'br'」 とが一致していないと、チェックが厳しく実行時エラーになるようです。
ライン 111、カラム 188 に問題があるようです。
「該当個所の記事」---->【PS】ついでに蛇足ながら、面白い話を一つ書いておきます。
ブラウザは好みがありますがIEをお使いの方は、一度、FirefoxあるいはOperaをご利用になれば問題なく表示できると思います。
私もFirefoxを愛用しています、だが、古いマシンを使用しているので「天気予報」「ブログマップ」を読み込むのに時間がかかりすぎ困りもんだと感じています。
これこそ余計な話。
14. Posted by はんぞう   2008年09月22日 09:56
前の歴史大作よりかは文章短くて最後まで読めました。
個人的にはこれくらいにして頂くとありがたいのですが(笑)・・

ブラウザーですが、私のIE7では全く問題ありませんが・・
15. Posted by 東葛人   2008年09月23日 00:11
x24さん、こんばんわ
まさにx24さんがハイキングされた香具山が東葛地域の歴史に直結です。
確か高市皇子は香具山西麓に宮を構えていたと思います。
ただ、近鉄南大阪線には「高市」という名の駅はなかったと記憶しております。

ところでブラウザの表示の件、ありがとうございます。
brは改行タグなので、divタグとは直接関係がないかと思うのですが、いかがですか。
そうそうブラウザは、最近話題のグーグルのChromeも良いかもしれませんね(笑)
16. Posted by 東葛人   2008年09月23日 00:16
はんぞうさん、こんばんわ
この前の歴史オタ話では失礼しました。
自分でも、ちと長すぎたと思っております (^_^;)
長くなりそうな時は、分割エントリーが基本ですね。
ただ、続きを書くモチベーションを作るのが大変そうです(苦笑)
この続きは近くアップしたいのですが・・・。
17. Posted by IKAWA   2008年09月23日 01:00
東葛人さん、こんばんは。「やたら忙しい日々が続いてい」る理由が分かっちゃいました(笑)。あと、一・二週間続きそうですね。

この記事、深いですねぇー、と言いながらも、全く理解できておりません。どうも、私の頭は「何とかのミコ」とかいうのがすっと入ってこない構造になっていうるようでございます(苦笑)。

ブラウザでの表示問題の件ですが、8月27日のエントリーの写真を二枚で一行に表示する(二枚ごとに改行する)ようにすれば、回避できると思います。つまり、いま写真を
■■■■
と表示されるよう設定しているのを
■■
■■
と設定すればいいような....言いたいこと、分かります?
18. Posted by 東葛人   2008年09月24日 09:26
IKAWAさん、おはようございます
あの話をお読みになりましたか!
まさか名前が出ているとは思っていませんでしたし、まさかそれをIKAWAさんに読まれるとは思ってもいませんでした(笑)
そんな仕事が来ても、通常の仕事が全く減らないのが怖ろしいところです。
忙しいのは今週いっぱいです。
げっ、時間がない(苦笑)

頭に入らないものって、どう頑張っても無理ですね。
私も最近、頭に入らないものだらけです(爆)
ところで、
■■■■
から
■■
■■
に変える件、理解しました。
やってみます。ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字