木戸川-桑納川ルートを開拓しましたシュールな歴史のミステリー(笑)、完全に残る十三塚を訪ねました

2010年02月06日

またまた印旛ポタ、鷲神社と本佐倉城址の素晴らしさに驚愕です

DSC01621
 また遅いアップですが、この前の日曜日、“印旛の達人”こと愚兵衛さんのお誘いで、印旛地域を走ってきました。ということで、さて、これは何でしょう?

 盾のような板に書かれた文様は・・・そうです。平安時代から続く大豪族にして守護大名・戦国大名として活躍した下総国の名族、千葉氏の家紋「月星紋」です。そして、ここは千葉氏最後の居城があった本佐倉城址です。

 この本佐倉城址は今回のポタのメインイベントですが、愚兵衛さんのご案内ですから、ビッグサプライズだらけ。本当に楽しいポタでした(この日のルート地図は最後に載せました)。

DSC01521DSC01522
 で、まずはウォーミングアップのネタです(笑)。手賀沼の蓮の群生地で待ち合わせして、まずは白井方面に南下。この白井市名内に小さな鳥居のある神社が鎮座するとのことで、最初にその粟嶋神社を訪ねました。

 うーん、本当に小さい(笑)。なんでも、この鳥居は「潜り抜け鳥居」というらしく、うまく潜り抜けられると無病息災でいられるとのこと。私もチャレンジしてみましたが、愚兵衛さん共々、難なくクリア。これで健康間違いないしです。

 ・・・でも、考えてみれば、この鳥居はスリムでなくては潜り抜けられません。つまり、潜り抜けられる人は生活習慣病のリスクが少ないということで、ある意味、当たり前かもしれません。

 見ての通り、この鳥居は最近造られたものです。それで、私は「誰だか知らないけど、こんなアトラクションをよく造るなぁ」と半分呆れていました。

 でも、住処に帰って粟嶋神社で検索して、もうビックリです。他の地方の粟嶋神社に、やはりミニ鳥居がありました。小さな神、少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀る神社だからでしょうか。ちなみに粟嶋神社の総本社である和歌山の淡嶋神社は、あの恐怖のお菊人形が安置されているとのことです。

DSC01533
 次に訪れたのが佐倉市先崎の鷲神社です。鷲神社と言えば以前、白井市の鷲神社に行ったことがあります。あの神社もなかなかでしたが、こちらの鷲神社はもっとすごい。

 なんせ本殿の透かし彫りが素晴らしいのです。我孫子の葺不合神社に匹敵する素晴らしさです。葺不合神社は厳重に囲われていましたが、鷲神社の本殿は近寄って見ることができます。しかも本殿だけでなく、ケヤキの古木のある境内もまた素晴らしいのです。

DSC01525DSC01523
DSC01544DSC01529
DSC01531DSC01551DSC01542DSC01535
 見ての通り、本当に味わい深い神社です。この神社が鎮座したのは、なんと937年だそうです。現在の鳥居は1673年に建立された石造りの見事なもので、佐倉市指定文化財です。

 ちなみに本殿は1844年の建立で、同じく佐倉市の文化財に指定されています。その台座には資金を奉納した人の名前が刻まれ、「天保15年」(1844年)との記述も読み取れます(サムネールをクリックしてみてください)。

 鷲神社ですから、祀神は当然、天日鷲命(あめのひわしのみこと)です。天日鷲命を祀る鷲神社が佐倉や白井にある意味は凄く興味深いのですが、これを書くと長くなるので、やはりまたの機会にします。本殿の透かし彫りは、「大江山鬼退治」の話を題材にしているとのことです。

 ところで境内には、おそろしく立派なケヤキの木があります。この古木は鷲神社が建立された時に植えられたものだそうで、樹齢は1000年を超えます(驚)。1400年ごろには神社の火災で被害に遭い、その痕跡が今も残るそうです(私はその痕跡を発見できませんでしたが)。

DSC01559
DSC01563DSC01554
 さて、昼食ですが、これまた愚兵衛さんお薦めの秀じい農場直売所の四街道店です。野菜や果実の直売所ですが、うどん・蕎麦処が併設されており、特にうどんが美味しいそうです。

 直売所の中を通って、お店に入ると、まず目の前にトッピングの天ぷら類が置かれており、私はたらの芽天ぷらとむき海老天ぷらをチョイス。そして、かけうどんの大盛を注文しました。

 うどんは、北海道産と九州産の小麦粉を使った讃岐うどんだそうで、これは美味いです。麺はコシがあり、ダシもなかなか。大盛だと十分に食べごたえがあり、大満足でした。そして、たらの芽天ぷらが最高。ほのかな苦味に、一足早い春を満喫です(喜)

DSC01564DSC01620
DSC01570DSC01569
DSC01577DSC01580
DSC01582DSC01589
DSC01606DSC01613
 で、今回のメインイベントの本佐倉城址です。いやぁ、本当に素晴らしいです、ここ。奇跡のように、土塁や空堀がほぼ完全な形で残っているんです。城や建物の失われた城址で、これほど見事なものを今まで見たことがありませんでした。

 敵襲に備えた構えがよく分かります。「ここから敵が攻め上ったとしても、両側から矢を射かければ簡単に撃退できますね」と、愚兵衛さんと話しながら見て回りました。

 それにしても、これだけ素晴らしい城址なのに、一時間ほど歩き回っても、散策している人は私たち以外はほとんどいらっしゃいませんでした。やはりマイナーな存在なのでしょうか。なんかもったいないですねぇ。でも、この静けさが良いとも言えますが。

 佐倉の城と言えば、普通は佐倉城址を思い浮かべます。幕末の老中、堀田正睦を輩出した佐倉藩の城で、今は国立歴史民俗博物になっています。私も佐倉城址は気になっていましたが、元佐倉城址はノーマークでした。愚兵衛さんにお誘いいただかなければ訪れることは無かったと思います。

P1310018P1310017
 本佐倉城址に行く手前に、こんな道祖神がありました。二人仲睦まじい様子で、なかなか可愛らしいですね。なんでも、双体道祖神と言うらしいです。

 ところで、この日はロードレーサーで走りましたが、愚兵衛さんにご案内いただいたコースは未舗装道が結構ありました。愚兵衛さんもロードレーサーでしたが、「そんなの関係ねぇ」(古!)とばかりに、未舗装道をバリバリ走ります(笑)。なんか私も、どこでも走れるような気がしてきました(爆)

 それにしても、印旛地域はまだまだ知らないところばかりですね。この日のポタで、印旛地域の魅力をまた知ることができました。愚兵衛さん、本当にありがとうございました。では最後に、この日のルート地図です。「続きを読む」からどうぞ。



toukatsujin at 13:14│Comments(11)TrackBack(0) ポタリング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 愚兵衛   2010年02月06日 17:28
東葛人さん、こんにちは。
日曜日はお疲れ様でした。鷲神社と本佐倉城ご堪能いただけた様で幸いです。
またご一緒しましょう。

2. Posted by 103   2010年02月06日 22:36
東葛人さん、こんばんは。

歴史オタクではありませんが、鷲神社の彫刻はすばらしいですね〜。葺不合神社の雰囲気もなかなかですが、これはその上をいってそうですね。

>なんか私も、どこでも走れるような気がしてきました
そうそう、走っちゃえば結構走れるモンです。パリ〜ルーベなどの過酷なレースだってアリなんですから、ロードで未舗装路もありですよね!ボクもMTBに乗ったカミさんと結構どこでも走っちゃいます。こないだ土手を急降下したときはさすがに怖かったですが(爆)
3. Posted by T   2010年02月08日 02:59
本佐倉城跡は、来週の13日(土)にガイドさんの案内付きの現地見学会がありますよ。
4. Posted by 東葛人   2010年02月09日 23:52
愚兵衛さん、こんばんわ
日曜日は楽しいポタ、ありがとうございます。
感謝、感謝です。
鷲神社と本佐倉城は最高でした。
特に本佐倉城は1日中いてもいいなと思うほどの素晴らしさでした。
こちらこそ、これからもご一緒ください。
5. Posted by 東葛人   2010年02月09日 23:56
103さん、こんばんわ
鷲神社と葺不合神社の透かし彫りは甲乙つけがたいです。
鷲神社の境内は、葺不合神社の境内とは違った趣ですが、これはこれで素晴らしかったです。
>ロードで未舗装路もあり
全くその通りですね。
新たな可能性に目ざめてしまいました(笑)
6. Posted by 東葛人   2010年02月09日 23:58
Tさん、こんばんわ
本佐倉城址では、ガイド見学会をやっているのですか!
13日は別件で行けませんが、ぜひ一度参加してみたいです。
有益な情報ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
7. Posted by 断腸亭髭爺   2010年02月10日 04:43
佐倉城趾には行ったことがあるんですが、本佐倉城趾はまだです。
こんな素晴らしい所だとは、知りませんでした。
佐倉は、銚子に行く途上にあるので、今度、行ってみます。
8. Posted by 東葛人   2010年02月11日 22:53
断腸亭髭爺さん、こんばんわ
私も本佐倉城址がこんなに素晴らしいとは思いませんでした。
ここに行くためだけに遠乗りしても十分価値がある、そんな処です。
銚子へ行く際の寄り道にぴったりだと思いますので、是非お訪ねください。
9. Posted by IKAWA   2010年02月11日 22:54
東葛人さん、こんばんは。

増尾城址も土塁などが素晴らしく残っていると思いましたが、本佐倉城址は写真を見るだけでも、それ以上に残っているようですね。散策される方のことを考えて、面影を残したまま整備している様子も伺えます。なのに、訪ねる方が少ないのは残念ですね。

ところで、いつの間にかPowerPC版SilverLightがリリースされていたらしく、ルートマップが見えるようになりました(喜)。印旛沼からの帰りは、私の馴染みの神崎川沿いのルートで白井市を突っ切って帰ってこられたようですね。あれ?でも折立の辺り、思い返しても舗装道路は無かったようなところを走られていますね。もしかして舗装されたのかな?だったら距離が短縮できるかも知れません。そのうち確認に行かなきゃです(汗)。
10. Posted by 東葛人   2010年02月11日 23:09
IKAWAさん、こんばんわ
増尾城址も素晴らしいのですが、この本佐倉城址ははるかに上を行く素晴らしさです。
散策していると、戦国の合戦の怒号が聞こえてきそうな錯覚にさえとらわれます。
もう少しメジャーになってほしいとも思うのですが、静かな風情もまた格別ですよ。
PowerPC版SilverLightのリリース、おめでとうございます(笑)
折立の辺りですが、ここまで愚兵衛さんに送っていただきました。
だから、「そんなの関係ねぇ」です(笑)
でも、未舗装区間は思いのほか少なかったですよ。
11. Posted by Darrinsr   2015年02月05日 03:29
2 Good day!
I hope you like it

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
木戸川-桑納川ルートを開拓しましたシュールな歴史のミステリー(笑)、完全に残る十三塚を訪ねました