2週続けて週末は雨模様(涙)、でも先週は普段行かない処に・・・日曜日は“沼南の秘境”へ、あの道を通ると案の定(笑)

2010年03月14日

土曜日、鳥見神社まで走りたくなりました

 先週の水曜日に、ちょっと有り得ないような腹痛に襲われてダウンしてしまいました。と言っても、仕事を休めなかったので、今の仕事に就いてから二十数年間、病欠無しの記録を更新中です(苦笑)

 ストレスに睡眠不足、それに暴飲という日頃の不摂生が災いしたのでしょうけど、いやぁ本当に参りました。木曜日と金曜日は絶食状態でしたが、土曜日から少しずつ食事ができるようになりました。

 そんなこんなの土曜日でしたが、一応体は動くのでMTBのAttitude Vに乗り、春の突風が吹く中を出掛けてきました。鳥見神社をどうしてもまた訪れてみたいと思ったからです。

DSC01670DSC01672
DSC01678DSC01684
DSC01685DSC01686
 鳥見神社は、手賀沼と印旛沼の間に20社ほどが建立されています。今回訪れたのは、柏市(旧・沼南町)布施の神社(上段の写真)、印西市浦部の神社(中段の写真)、そして白井市戸塚にある神社(下段の写真)です。

 鳥見神社の祀神はニギハヤヒ。蘇我馬子の滅ぼされた物部氏が祖神として仰いだ神です。そのニギハヤヒを祀る神社がなぜか印旛地域や東葛地域南部に密集して存在する。その面白さに、歴史オタクの私はいろんな妄想を書きました。

 そんな楽しい妄想を触発していただいたのが、自転車つながりで知り合ったある方です。実は、鳥見神社の探索を始めたのも、その方のブログを読んだのがきっかけです。そして「鳥見神社を一緒に回りましょう」という話になったのですが、ポタ企画は雨で中止となってしまいました。

 鳥見神社ポタは機会を改めて・・・そう思っていたのですが、二度とその機会は訪れませんでした。土曜日に鳥見神社を一人で巡りながら、その方の明るく穏やかな人柄を何度も思い出していました。

 神社は祈りの場です。その方も、そして古より多くの人々が、いろんな思いを込めて祈りを捧げたことでしょう。そうした人々が去ってしまっても、神社はずっとそこにある。そう思うと、神社がこの上なく大切なものに思えてきました。帰り道、少し元気になりました。

toukatsujin at 11:32│Comments(6)TrackBack(0) 自転車以外 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 103   2010年03月14日 18:16
東葛人さん、こんにちは。
ボクも今日(14日)思わずKAKAPOさんと2人で浦部の鳥見神社へ行ってきました。

東葛人さんと同じような気持ちになり、ボクもちょっとだけ元気になりました。
2. Posted by いく   2010年03月15日 12:58
東葛人様
こんにちは、いくです。

私は14日、西白井からマルエイの裏道を通って
富塚の鳥見神社経由の金山落とし、で久しぶり
にその方を偲び手賀沼に行ってきました。
しかし、神社の横の道に立ってるあの木があり
ません。
聞くと、風の強い日に倒れたと言います。
木が植えている謂れや、ご神木だったのですかと
お伺いしましたが、その方は分からないと。
しかしながら、鶴岡八幡の大銀杏といい、これと
いい、大きな方がお倒れになりましたね。
残念でなりません。
3. Posted by 東葛人   2010年03月16日 23:07
103さん、こんばんわ
やはり皆さん、思いは同じなのですね。
鳥見神社へ向かう時はちょっと切なかったのですが、帰りは前を向いて走れました。
4. Posted by 東葛人   2010年03月16日 23:12
いくさん、こんばんわ
富塚の鳥見神社の木も倒れてしまったのですか。
自然の摂理とはいえ、人よりはるかな命を持ち、変わらぬものだと思っいた木が倒れてしまうのは、本当に残念です。
喪失感は大きいですね。
5. Posted by 諸人   2010年03月22日 22:22
 おばんです。

 その鳥見神社なのですが、冨塚という地名でもわかるように「とりみ」と「とみ」は同じものでしょう。そして十三塚も「とおみづか」と呼ばれていたのではないでしょうか?
 十三湊を見下ろす鳥海山、実は「とりみやま」だったといわれており、十三湊も「とおみみなと」だったのではないでしょうか?
 結論を言えば、大彦や安東氏の祖先である長髓彦(登美彦)と関係があるように思うのですが・・
6. Posted by 東葛人   2010年03月22日 23:39
諸人さん、こんばんわ
おっしゃる通りで、鳥見神社は場所により「とみじんじゃ」とも言うそうです。
まさに大和の鳥見山西麓の等彌神社から分社したものでしょう。
だから、長髓彦とはばっちり関係します。
ところで、十三塚が「とおみづか」と呼ばれていたという説、興味深いです。
鳥海山の話も知らなかったので、いろいろと新たな妄想をかきたてられます(笑)
情報ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2週続けて週末は雨模様(涙)、でも先週は普段行かない処に・・・日曜日は“沼南の秘境”へ、あの道を通ると案の定(笑)