2011年05月29日

東葛歴史オタ話(笑)、忠犬小金丸と八木郷の伝説(前編)

 この土日は雨ですね。土曜日のイベントも中止になり自転車に乗れないので、久しぶりに歴史オタ話を書きます。長くなると思いますので(苦笑)、これまでの歴史オタ話と同様、「よし、読んでやらあ」という物好きな方以外は無視してください (^_^;)

DSC03862
 流山市思井に熊野神社があります。この熊野神社は1681年に再建とありますから、相当に歴史ある神社です。名称の通り、世界遺産になった紀伊の熊野三山を総本社とする全国数多の熊野神社の一つですね。

 今回の震災で石塔が倒れるなど、この熊野神社も相当被害があったようですが、深い鎮守の森の中に佇む社殿はなかなかの趣です。現在の流山は旧・流山町と新川村、八木村が合併して誕生しましたが、熊野神社はその八木村の中心とも言える存在です。

 実は、この神社には八木郷伝説が伝わっています。6村の総鎮守なのに、8村の鎮守だったと強弁する極めて嘘くさい伝承ですが(笑)、その理由を調べたり考えたりすると結構面白い。

 ただ、その話をする前に、八木神社のすぐ近くにある犬塚にまつわる伝説の話を書きます。この話も虚構そのものですが、八木郷伝説と関連しており歴史オタクにはたまらない魅力があります。

 この犬塚は民家の敷地にあり、今は見ることができませんが、その犬塚にまつわる伝説は「忠犬小金丸」というもので、次のような話です。

 昔、小金城の殿様、高城下野守が思井あたりに狩に出て、疲れて大木の下で眠ってしまいました。犬の鳴き声で目を覚ますと、愛犬の小金丸が凄い形相で下野守に向かって吠えていました。

 「きさま、誰に向かって吠えているんじゃ」と追い払おうとしましたが、小金丸は今にも飛び掛らんとする勢い。怒った下野守は、「主人に仇なすとは、とんでもない奴だ」と抜刀し、小金丸の首を刎ねました。そうすると、首は木の梢に飛び、大蛇の咽に噛み付いたそうな。

 真相を知り、「わしを助けんがためか」と小金丸の真心を悟った下野守は涙し、僧侶を呼び小金丸を手厚く葬り、塚を立てて永く供養したとのこと。哀しき忠犬のお話でした。


 この高城下野守というのは、戦国時代に北条氏の傘下で東葛地域を支配した小金城主のことです。思わず、「ええ話や」と言いたくなるのですが、人(しかも武将)を襲う大蛇という設定で作り話であることが確定です。ただ、この話はオリジナルだと思っていました。ところが・・・。

DSC03866
 実は最近、文庫になった宮城谷昌光の『新三河物語』を読んで驚きました。この小説は、徳川家康の家臣にして徳川幕府成立に向け獅子奮迅の働きをした大久保一族を描いたものです。その中で、大久保一族の遠祖が「大木の下で眠ってしまい・・・」と忠犬小金丸と全く同じストーリーが語られていたのです。

 最初は、「おお、大久保一族も東葛地域と縁があったのか」なんて思いましたが、そんな史実はありません。小説の中で書かれていた犬頭(けんとう)神社をネットで調べてみると、愛知県岡崎市に「糟目犬頭神社」として現存しており、この神社に関するすべての解説に、この伝説が紹介されていました。

 そして、この種の伝説を「義犬伝説」というそうです。さらに分かったことは、忠犬小金丸のオリジナルはどうやら「犬鳴山伝説」のようなのです。では、この伝説をネタ元に、全国各地で本当にあった話としてでっち上げた人は誰なのか。

 そのヒントは糟目犬頭神社にありました。なんとこの神社は、熊野の神様を合祀している熊野系の神社とのこと。つまり、熊野神社の近くに犬塚のある忠犬小金丸の伝説は、犬頭神社の伝説と同じ文脈になります。おそらく忠犬小金丸の伝説も、熊野詣をした人によって作られたのでしょう。

 では、何のために。実は八木郷伝説も熊野詣にかかわるものです。これを書き出すとさらに長くなりますので、次のエントリーで改めて書くことにします。

toukatsujin at 13:14│Comments(4)TrackBack(0) 東葛地域ネタ | 自転車とちゃいます

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まっち   2011年05月30日 12:48
熊野神社はMTBの朝練コースです。
こんな伝承があったんですね。
続きもよろしく。
2. Posted by メタ男   2011年05月30日 18:23
東葛人さん、今晩は。
歴史通が自称できるほどの知識はありませんが、物好きではありますので…で、やっぱり、読んで良かったです。
子供の頃、絵本で見た話が地元の話と知ってびっくり、裏話を教えていただき、またびっくりです。
下野牧の捕込ですが、国土地理院の空中写真、1966年に写ってますので、周りの土手も含めて位置の特定ができます。この頃まで、中野牧と二つの捕込が残っていたんですねえ。
3. Posted by 東葛人   2011年05月31日 23:34
まっちさん、こんばんわ
熊野神社辺りは、確かにMTBで走ると良さげですね。
熊野神社にまつわる伝承は結構面白いです。
「続きもよろしく」と言われると、図に乗って書いちゃいますよ(笑)
4. Posted by 東葛人   2011年05月31日 23:41
メタ男さん、こんばんわ
私も歴史通ではない、単なる歴史オタクです(笑)
忠犬小金丸伝説(もしくは義犬伝説?)って絵本になっていたのですか(驚)
結構有名な話なんですね。
国土地理院の空中写真の情報、ありがとうございます。
下野牧の捕込、これからじっくりと眺めてみます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字