2011年10月10日

鮮魚道ポタでご案内できなかった処を再訪しました

 この三連休は、前週の鮮魚道ポタで皆さんをお連れできなかった処、あるいは企画中に気になっていたところに出かけてきました。まずは平塚分校のそばにある八幡大神宮です。

DSC00605
DSC00602
DSC00601
DSC00594
DSC00591
DSC00592-2
 以前もブログに書いたことがありますが、このモノノケが棲んでいそうな雰囲気が最高です。私は「何かがいる」と感じられるところが大好きなのです。それが神様であろうが、怨霊であろうが、一向に構いません。「呪怨」 にでてくる怨霊のようなアホでもOKです(笑)

 で、八幡大神宮のモノノケ感は本当にいいです。この前に訪ねた市川の赤レンガのモノノケ感も素晴らしかったのですが、この神社の独特の雰囲気は本当によいです。鮮魚道ポタでもご案内したかったのですが、時間が無く残念でした。


 ということで、八幡大神宮の参道の入り口から本殿までの動画を撮ってみました。実際には、もっといい感じですが、私の好きなモノノケ感を少しでも感じていただければ幸いです(笑)

DSC04321
DSC04323
 そして、これが昭和の懐かしい香りとしては平塚分校と双璧をなす永治簡易郵便局です。鉄ポタさんからもご指摘いただいたのですが、この建物は皆さんにご案内すべきでした。コースから外れているという思い込みがあったために、ご案内しそびれてしまいました。またまた反省です(苦笑)

DSC04375
DSC04377
DSC00539
 で、これは天台宗のお寺、西輪寺です。ここも鮮魚道ポタで時間があれば訪ねる予定でしたが、時間が押したのでパスしました。

 このお寺には白井市の文化財、木造聖徳太子立像があり、真ん中の写真の右側の御堂がその立像を安置した太子堂です。まあ立像は見ることができないのですが、このお寺の境内の佇まいが素晴らしい。心が静まる静けさです。

 これらが鮮魚道ポタで皆さんをお連れできなかった処です。企画中に気になった処を訪ねた話については、長くなりますのでエントリーを改めて書きたいと思います。

toukatsujin at 21:35│Comments(8)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たすけ   2011年10月11日 00:55
あらま!?...というより、やはり...(笑)
行っているんじゃないかと思ってましたよ。

私は午前中に流山本町でちょっと用件があり、富士川ルートで松戸から向かいました。

藤ヶ谷十三塚だとか寄り道多すぎで、平塚分校着が16時半。八幡大神宮は日没間際でもののけ感たっぷりでした(爆)

まだあと4〜5回は今井・平塚方面に行くつもりです^^;
2. Posted by 東葛人   2011年10月11日 08:00
たすけさん、おはようございます
私も、たすけさんがまた行くのでは、と予想しておりました(笑)
平塚分校に16時半着ならば、きっと八幡大神宮はモノノケだらけで素晴らしかったことでしょう。
でも、帰りは完全にナイトランですね。
ちなみに私は、下手賀沼から平塚、浦部方面を通って神埼川へ向かう何本ものルートを走って楽しんでおります。
3. Posted by ワンチャン   2011年10月12日 01:08
東葛人さん、こんばんは!
八幡大神宮怖すぎです(笑)
僕にはみなさんのように夕方に入っていく勇気がありません
「でそう」なのは好きですが、「でる」のは嫌いです(爆)
娘つれていくと泣くかもしれないので、息子だけ連れてチャレンジしてみますね。
4. Posted by 東葛人   2011年10月12日 07:36
ワンチャンさん、おはようございます
八幡大神宮の杜はモノノケ感に満ちていますが、そんなに怖くはありませんよ。
「でる」はないと思います。
でも、肝試しをやるには最高の場所でしょうね。
やっぱり怖いかな(笑)

そう言えば、モノノケ感たっぷりの処で一番怖かったのは、開業直後の流山セントラルパーク駅の周辺でした。
駅の周りがまだ森だけの頃です。
もう絶対に何かいる、って感じでした。
5. Posted by 断腸亭   2011年10月12日 20:35
参りました!
こんもりと木が茂っている入山口(参道口)もいいですね。
異界への入口に相応しい雰囲気。

私の田舎にも、子供の頃はこういう場所があったのですが、今が、宅地化が進んで、モノノケどころか、痴漢も出なくなりました。

是非、近い内に行ってみます。
6. Posted by メタ男   2011年10月12日 21:00
東葛人さん、今晩は。
実は古い郵便局も好物?の一つです。よろしくお願いします。野馬土手以外で私が太刀打ちできるものはなさそうです。
で、強引に土手情報です。
「野馬土手は…」の地図で市立習志野の前(南)に土手の分岐があります。習志野・船橋の境だと思いますが、その先、少し南の所の市境をストリートビューで…。
画像だけでは、それっぽい、という程度ですが、青木先生の本にある土手の先なので期待して良いかなと思います。
7. Posted by 東葛人   2011年10月13日 08:58
断腸亭さん、おはようございます
そうなんです。
この入山口は異界への入り口、一度入ったら二度と出てこれないのでは、と妄想するくらい良い感じです(笑)
是非お訪ねください。
私の故郷の山にも、こんな場所がたくさんありました。
モノノケがいる場所は、痴漢などよこしまな輩は怖くて居られないでしょうから、女性や子供には安全な場所ですね。
8. Posted by 東葛人   2011年10月13日 09:05
メタ男さん、おはようございます
古い郵便局は、多くの皆さんの好物ですね(笑)
東葛地域にもたくさん残っていると思いますので、見つけたらまたご報告しますね。
ところで、強引な野馬土手情報ありがとうございます(爆)
実籾自然公園のところですね。
あそこには茅葺の民家が保存されていて、以前見に行ったのですが、土手には気が付きませんでした。
いろいろと情報をいただいておりますので、秋が深まり草が枯れて野馬土手の観察シーズン(?)になったら、一気に見て回りたいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字