秘密兵器の解像度をチェック(笑)、再び手賀沼を歩きました千葉県からみた秘境(笑)へ、猛禽とは四度目の正直か?

2012年10月18日

土木遺産調査に野馬土手の写真で協力させていただきました

 少し前に、岡山大学大学院の馬場俊介教授からメールを頂きました。東葛人的サイトのコンテンツ「野馬土手 〜小金牧の残光」に掲載した野馬土手の写真を、馬場教授が作成されている「近世以前の土木遺産の全国調査」に使いたいとのことでした。

 なんでも、この近世以前の土木遺産の全国調査は、全国の古代〜江戸期までに造られた交通、産業、 防災、生活、行政、軍事関連の遺産群の全貌を調査し、その情報を公開しようという遠大なものです。学術研究目的で、野馬土手の保存の一助となる可能性もあるとのことなので、私も協力させてただくことにしました。

松ヶ丘の土手鎌ケ谷総合病院の土手
梅郷のゴルフ場に残る土手江戸川台の土手
豊住の土手豊四季駅の東に残る土手
野田市役所前の土手(上新宿の土手)
大青田の森の二重土手(元)初富小学校の裏の小道に残る土手
篠籠田の森の土手下野牧の野馬土手(二和小学校の南側の土手)
 馬場教授の依頼で私が提供させていただいた野馬土手の写真は、この12枚です。野馬土手に関心を持って以来、自転車で見て回った際に撮った写真です。

 いわば“素人の資料”ですが、こうした形で立派な学術研究目的に使っていただけるのは嬉しい限りです。それに馬場教授がおっしゃるように、いろんな方の目に留まり、野馬土手保存の機運が高まることの一助になれば、これにまさる喜びはありません。

 この近世以前の土木遺産の全国調査は製作途中とはいえ、千葉県については既にかなりの情報が掲載されており、特に庚申塔など道標の情報が充実しています。私のような歴史オタクが史跡巡りをする際にも役立つサイトになりそうです(笑)

toukatsujin at 08:55│Comments(18)TrackBack(0) 東葛地域ネタ | 自転車とちゃいます

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by NOB   2012年10月18日 09:14
どうもです〜!
それにしてもすごいですね!
野間土手の権威の東葛人さんは
大学教授から声がかかるんですから
ところで、種々の資料が公表される時は
ハンドルネーム?それとも本名?

写真提供 東葛人

と資料に書いてあると、うけますね(笑)
2. Posted by IWA   2012年10月18日 14:00
学術的資料として取り上げられるとは素晴らしいですね。一般のブログも検索して探しているということにも驚きました。
「写真提供 東葛人(ひがし かつひと)」となるのでしょうか?
3. Posted by roadrunner   2012年10月19日 04:46
皇室でさえ相続税の対象になり物納している事に驚いています。仕方なく土地を物納している地主さんも多い事でしょう。土木遺産の最大の敵は相続税だと思います。すでに国が指定した遺産について補修が必要になっても予算がつかず、傷が深くなっているものもあります。多くの歴史的遺産に関心が払われ保護されるといいですね。
4. Posted by たすけ   2012年10月19日 10:19
これは嬉しいことですね!
私自身も、東葛人さんやIKAWAさんのブログに出会わなければ
故郷の「開拓の歴史=野馬土手」を深く知ろうとせずにいただろうと思います。
あらためて、ありがとうございます!

...って。IKAWAさん生きてたの?(笑)
相変わらずの、ボケ&ツッコミがとても嬉しいです(^-^)
5. Posted by メタ男   2012年10月19日 18:59
5 東葛人さん、おめでとうございます。
土手マニア(マキアートファン)として、我がことのようにうれしい限りです。
写真提供 東葛人 に一票投じさせて下さい。
土手の保存に尽力されている持ち主の方々にも、頭が下がる思いです。
6. Posted by dadashin   2012年10月19日 21:29
東葛人さんの自転車で巡った偉業がこんなことに!おめでとうございます。学術的な野間土手のフィールドワーク、被写体としての土手は消滅しているものもありますけど記録を残すということはとても大切なことだと思います。御隠居されて暇になりましたら是非貴重な写真の数々を書籍化してくださいね。
7. Posted by 東葛人   2012年10月20日 20:54
NOBさん、こんばんわ
亀レスですみません。
野馬土手の権威なんて、とんでもないです。
私は単に野馬土手を見に自転車で走り回っただけですよ。
「写真提供 東葛人」は馬場先生にお願いして、本名ではなくハンドル名にしてもらいました(笑)
8. Posted by 東葛人   2012年10月20日 20:57
IWAさん、こんばんわ
亀レスですみません。
なにぶん大規模プロジェクトですので、いろんな人や組織に協力を要請していらっしゃるようです。
「写真提供 東葛人」でも、東葛人は「ひがし かつひと」ではなく「とうかつじん」です(笑)
9. Posted by 東葛人   2012年10月20日 21:04
roadrunnerさん、こんばんわ
おっしゃる通りで、相続税が土木遺産存続に対する最大の障害になっているみたいですね。
以前聞いた「森を持っていて良い事など、一つも無い」との地主の方の言葉が、今でも耳に残っております。
そう言えば、茅葺の家屋の存続には消防法が、大きな障害になっているようです。
相続税も消防法もとても重要な法制度ですが、貴重な遺産を後世に伝えるため、もっと柔軟さが必要ですね。
10. Posted by 東葛人   2012年10月20日 21:08
たすけさん、こんばんわ
はい、私も嬉しいです。
確かに野馬土手探しは、IKAWAさんとの“総合作用”によって、ここまで来ました。
そう言えば、IKAWAさんは生きてらっしゃるみたいですね(笑)
また、IKAWAさんや皆さんと例のディープな処に行きたいですね。
11. Posted by 東葛人   2012年10月20日 21:12
メタ男さん、こんばんわ
ありがとうございます。
メタ男さんにいろいろとご紹介いただいたお陰で、野馬土手の貴重な写真を多数残すことができました。
「野馬土手=マキアート」、これはいい表現です(笑)
野馬土手を守ってこられた地主の方々には、ぜひ行政から支援をしてほしいですね。
12. Posted by 東葛人   2012年10月20日 21:16
dadashinさん、こんばんわ
やはり、継続は力なり、ですね。
自転車で巡ったときに撮った写真にすぎませんが、数多く集積すると、いろいろと役に立つ資料になるのですね。
ご依頼の話をいただいたときは、かなり嬉しかったです。
確かに、消滅しつつある野馬土手を写真という記録にとどめるのは重要ですね。
ただ、これから先も隠居できるかどうかは微妙ですので、書籍化は???です(苦笑)
13. Posted by たすけ   2012年10月21日 03:42
あ!また早とちりやってもうた!!
IWAさんのコメントをIKAWAさんのコメントと勘違いしてました。

だって、あのツッコミは、昔IKAWAさんがよく使っていたので(言い訳^^;)
14. Posted by 東葛人   2012年10月21日 06:41
たすけさん、おはようございます
やはり、そうでしたか(笑)
確かに、ツッコミは似てますね。
そう言えば少し前、たすけさんのブログにIKAWAさんがコメントしていましたね。
15. Posted by ABianchi   2012年10月21日 23:46
東葛人さんこんばんわ
東葛人さんの野馬土手への想いと現実の悲痛さが天に届いたのですね。おめでとうございます。
先日、レイソルの柏グランドの交差点の脇のちょっとある土手もそうかな?って走り去りながら思いました。
これを機会に広く「東葛人的道楽」グループ(?)の愛読者以外にも認知されることを祈願します。
ところで、ブログで教えていただいた西輪寺のそば16号沿いに「小金牧の牧士資料一括」ってあったんですけど「牧士川上家」ってご存知ですか?
16. Posted by 東葛人   2012年10月22日 09:05
ABianchiさん、おはようございます
このプロジェクトにご協力できたことで、野馬土手がいろんな方々の目に触れる機会になりますので、私もとても喜んでおります。
柏グランドの交差点脇の土手は、日本一有名な野馬土手と言えます。
なんせ、ロケーション面から最も多くの人の目に留まりますので(笑)
目に留めるだけでなく、レイソルサポーターの皆さんが野馬土手にも関心をもっていただけたらと思います。
牧士川上家には、小金牧で牧士が実際に使用したいろんな品々が残っていると記憶しています。
ただ一般公開をしていないので、私もまだ実物を見たことがありませんが。
17. Posted by かえるるるるん。   2012年10月24日 21:14
東葛人さん、こんばんは。

「近世以前の土木遺産の全国調査」のHPを見ました。
全国!という広さをデータにするとは気が長くなるような調査でしょうが
あまり知られていない遺産をこのように
わかるのは素晴らしいことだなぁと思いました。
東葛人さんが自転車でコツコツと巡って写した野馬土手が
学術的研究目的になり知らない方たちが
興味を持ってくれると嬉しいですね。
HPには下野牧の写真はないけれど(泣)掲載されて
「比較的良好に保存/樹林中に放置されているが堀はよく残る」と
書かれていて良かったです(喜)
このHPから削除されないよういつまでも残っていて
ほしいなぁと改めて思いました。
では。
18. Posted by 東葛人   2012年10月26日 04:56
かえるるるるん。さん、おはようございます
いつもコメントありがとうございます。
全国の土木遺産を調査するのですから、それこそ気の遠くなるような時間と、多くの人の協力が必要でしょうね。
学術目的とはいえ、歴史オタクにも有用なものになりそうです(笑)
このサイトを見た人が野馬土手に関心を持ってくれたら、本当に嬉しいです。
下野牧の土手は保存状況が厳しいですが、土木遺産として認定され、ほかの牧の土手と同様、後世に残るとよいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秘密兵器の解像度をチェック(笑)、再び手賀沼を歩きました千葉県からみた秘境(笑)へ、猛禽とは四度目の正直か?