久しぶりのロードバイク耐久レース、「もてぎ」は超楽しい!ドローンにラブ、やばいぞ、私の物欲(笑)

2018年05月19日

遂にしまなみ海道、人生観が変わるほど楽しかった(笑)

 自転車仲間の皆さんと「しまなみ海道」を走ってきました。美しい瀬戸内の島影と近代的なつり橋、そして地元の皆さんのおもてなしの心にすっかり感動してしまい、人生観も少し変わりました(笑)

P5113874
20_n
P5113876
P5113879
IMG_0528
 しまなみ海道を訪ねたのは先週末です。5月11日の金曜日に休暇を取り、成田からLCCのジェットスターで愛媛県の松山へ、そこから今治に移動し、クロスバイクを借りてしまなみ海道へGO。ご一緒したのはsprit隊長、まっちさん、はんぞうさん、ワンチャンです。

 初日はまず小さな馬島(上の集合写真がそれ)に上陸した後、大島に渡り、さらに伯方島まで一泊というスケジュール。大島の道の駅で昼食をとり、私が一番楽しみにしていた博物館に向かいました。

P5113902
P5113905
P5113908
P5113921
 大島の「水上水軍博物館」です。水上水軍と言えば戦国時代に織田勢の水軍と激闘を繰り広げた瀬戸内海の支配者。歴史オタクの私には堪えらない施設です。

 いやぁ、学べました。能島村上家、因島村上家、来島村上家らの歴史がすっかり頭にインプットできました。これでまだ未読の小説『水上海賊の娘』が楽しめそうです(笑)。ちなみに、上の写真に写っている島が能島村上家の本拠地の能島で、島が丸ごと城だったそうです。

IMG_3041
IMG_3049
48_n
IMG_3052
IMG_0513
 この日の宿は伯方島の光藤旅館。とにかく食事が凄いことで評判の宿だそうです。鯛の刺身と車エビぐらいしか写真を撮りませんでしたが、このほか鯛の焼き物、カレイの煮つけ、タコの天ぷら、おにぎり、スイカ(←これ、私は食べられません)など物凄い量が出てきます。

 写真の車エビはおどり食いと焼きを合わせて十数尾を頂きました。超美味でしたが、お腹一杯でもう食べられません。これで1泊7000円ですから驚きです。翌朝、調理前の鯛を拝見しましたが、丸々と太って美味そうです(笑)

2_n
P5123984
68_n
 二日目も良い天気、サイクリング日和です。この日は宿のある伯方島から大三島に渡り(ここまでが今治市)、さらに広島県尾道市側の生口島から因島を目指しました。

P5123956
P5123961
P5123964
P5123969
P5123970
P5123976-001
 この日、最初に向かったのは大三島に鎮座する伊予国一宮、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)です。祭神は日本書紀や古事記でお馴染みのオオヤマツミ。境内の楠の森が見事です。

 この神社には紫陽殿と国宝館があり、武将たちが奉納した鎧や太刀などが展示され見応えありです。なんせ国宝が8点、重要文化財が70点以上とのことなので(驚)

IMG_0532
P5123978
 昼食は大山祇神社のすぐそばの大漁。超人気店のようで、開店前の10時から店の前に名前を書く紙が出されますが、その紙に名前を書くために客が行列を作るほど。我々も10時過ぎに書き込みましたが、既に10組以上の名前がありました。

 注文したのは、海鮮丼の中でも一番安い480円のもの。なんせ前日に大量に食べたものだから、この日は控えめに(笑)。これに80円の味噌汁を付けました。最初、下のご飯も見えているので「値段相応の盛りだな」と思ったのですが、中にイカなどが隠れており、予想以上のボリュームでした。もちろん美味かったです。

P5123980
P5123979
 昼食の後は「伯方の塩」の大三島工場を見学。伯方の塩は、塩専売法により廃止されることになっていた昔ながらの塩田製法を残すために誕生したとのこと。売店で塩入りコーヒーを買ってみましたが、コーヒーの味わいが深くなり、なかなかイケました(これ、ホント)

P5123992
P5123991
P5123999
 大三島から生口島へ。ここから尾道市です。生口島はレモンの生産量日本一だそうで、至るところにレモン畑があります。木にぶら下がるレモンとその花を初めて見ました。

IMG_0539
P5124003
 生口島で訪ねたのは人気アイスクリーム店のドルチェ本店だけ(笑)。ここでは塩とレモンに敬意を表して(笑)、「伯方の塩」と「瀬戸内のレモン」をダブルで美味しく頂きました。

 店でくつろいでいたら、「げっ!時間が無いじゃん」ということが発覚し、この後、隣の因島まで全力疾走することに…。

P5124015
P5124023
P5124027
 実は、16時に因島の港から芸予汽船の船で今治まで戻ることになっていたのです。この船に乗り遅れると、自転車を乗せられる船がもうありませんので、かなり焦りました。でも全力疾走の甲斐あって、余裕でセーフ。後は快適な船旅でした。

IMG_0549
P5124013
IMG_3057
 今治に戻り、この日の宿はサンライズ糸山。実は、自転車を借りたのもここです。公共施設ですが、それなりにオシャレなレストランもあり、夕食はここ。というわけで、しまなみ海道サイクリングはこれにて終了、翌日は今治、松山観光です。

IMG_0554
 最終日の日曜日、この日は朝からの雨。雨が1日早ければ悲惨な事になっていましたので、本当にラッキーでした。

IMG_0563
IMG_0562
 宿を出て、まずは朝食。今治で朝9時からやっている創業120年のレトロなかねと食堂で、オムレツを注文。いやぁ、魚ばかり食べていたので、むちゃくちゃオムレツが食べたくなったようです(笑)。当然、美味かったです。

P5134057
P5134062
P5134068
 で、今治城を見学。戦国時代の築城の名手、藤堂高虎が築いた城ですが、当時のものは内堀と主郭部の石垣を残すのみです。ちなみに今治城は海城で、内堀は海水です。ボランティアの解説員の方のお話には“今治城愛”にあふれており、聴いていて楽しかったです。

P5134111
P5134115-001
 まっちさんの運転するレンタカーで松山に。松山は路面電車が走っているのですね。しまなみ海道、今治から松山にやって来たので、松山が物凄い大都会に感じます。

P5134073
P5134077
 昼食は鍋焼きうどんの店アサヒ。松山の鍋焼きうどんは甘いと聞いていましたが、本当に甘い。甘辛い味を想像していたのですが、本当に単に甘いのです(笑)。かなり驚きましたが、美味しかったですよ。

P5134082
P5134085
P5134088
P5134099
P5134092
 そして松山城を見学。こちらは、やはり戦国武将の加藤嘉明が築城したもの。今治城と違い、こちらは天守などの構造物が現存しており、その多くが重要文化財に指定されているそうです。ただ、今回は外から眺めるだけにしました。帰りの飛行機の前に、もう1つ訪ねたい場所があるからです。

IMG_0576
IMG_0580
IMG_0582
IMG_0585
 松山と言えば道後温泉、道後温泉と言えば道後温泉本館です。ここで温泉に入り、くつろぐのが旅の最後の楽しみです。明治に建てられたもので、こちらも重要文化財です。そんなことはともかく、いい湯でした。松山に来て、ここに来ない選択肢はないですね。

 これにて、しまなみ海道ツアーはすべて終了。この後、土砂降りの雨の中、松山空港から帰路へ。いやぁ、楽しかった。ご一緒した皆さん、そして現地の皆さん、本当にお世話になりました。ぜひ、また来たいです。ちなみに、どう人生観が変わったかは秘密です(笑)

toukatsujin at 11:36│Comments(14)

この記事へのコメント

1. Posted by ワンチャン   2018年05月20日 21:52
東葛人さん、こんばんは!

しまなみ満喫しましたねー。

でも半分、、見所としては2割も見てないような、、
いきたいところをメモしておかないと忘れそうです。

さすがまとめられましたねー。
僕は小学生の日記パターンでいきます(笑)

ほんとに人生観が変わってしまいますね。
いつかは島に住みたくなってしまいました!

また、いきましょう!!
2. Posted by まっち   2018年05月20日 23:14
ところで、あの塩石鹸の評価はどうでしたか?
3. Posted by 東葛人   2018年05月21日 07:21
ワンチャン、おはようございます
本当に楽しかったですね。
そうですね。見所の2割も見ていない感じですね。
何度行っても発見がありそうです。

本当は1回でまとめる内容ではないのですが、分割して書こうとすると挫折しそうなので(苦笑)、無理やり1回にまとめました。
ワンチャンのブログの方は大作ですね。
さすがです。

>いつかは島に住みたくなってしまいました
確かに、その通り。
伊豆の下田、沖縄・慶良間、小笠原に続き、さらに住みたい所が増えてしまいました(苦笑)
ぜひぜひ、また行きましょう!
4. Posted by 東葛人   2018年05月21日 07:23
まっちさん、おはようございます
しまなみ海道、楽しかったですね。
あの塩石鹸の評判はボチボチですね(笑)
香料無しを評価するか、「香りがねぇ」となるかで決まりそうです。
5. Posted by はんぞう   2018年05月22日 09:00
東葛人さんが八朔好きと知って、何故か親近感が倍増しました。こましゃくれた西洋フルーツなんかダメですよね。
うん?人生観って何?仕事はもう適当で年休満喫するとか⁉️
6. Posted by 東葛人   2018年05月23日 08:48
はんぞうさん、おはようございます。
やはりミカンと言えば八朔ですよね。
ただ私はグレープフルーツも好きです(笑)
さすがに「仕事は適当」になるほどまで、人生観は変わっていませんよ(爆)
7. Posted by kincyan   2018年05月25日 06:10
しまなみ海道と今治、松山をフルセットで楽しまれましたね。格安ジェットで行き、自転車は借りる、帰りは船というのは良いセレクションです。優秀なツアーコンダクターがいたのでしょう^^;。

しまなみ海道が、自転車野郎の聖地と言うのもわかるような気がします。私もまた格安ジェットで行ってみたいです。
8. Posted by 東葛人   2018年05月28日 07:31
kincyanさん、おはようございます
はい、堪能して帰って来ました。
私以外の皆さんが優秀なツアコンで、もう感謝感謝です。
しまなみ海道は確かに自転車乗りにとっては聖地ですが、自転車乗りでない人もクルマより自転車のほうがおススメですね。
クルマだと素通りしてしまう島々の風景や人情にこそが、しまなみの大きな価値だと思います。
自転車に乗り慣れていない人は坂道が大変でしょうけど、今は電動アシスト自転車もレンタルしていますしね(笑)
私も再度訪れてみたいです。
9. Posted by メタ男   2018年06月04日 22:56
5 東葛人さん、今晩は。
 最初に残念なお知らせです。南柏のイオンのはす向かいのラーメン店の屏の裏(ややこしいですね)の野馬土手の樹が伐採されていました。失われるかも知れません。隣の部分はレクサスが敷地内に移動して保存してくれているのですが。

 さて、いつもながら、空気の感じがわかる写真、良いですね。全力疾走ってどれくらいの速さだったのでしょう?

 御存知かと思いますが、藤堂家の墓、上野動物園の中にあったと記憶しています。ちょっと撮影しにくいと思いますが。
10. Posted by 東葛人   2018年06月06日 07:43
メタ男さん、おはようございます
ご無沙汰しております。
「南柏のイオンのはす向かいのラーメン店の屏の裏」←近くなのでよく分かります。
あの野馬土手がピンチなのですか。
壊されるはずがないと思っていたのですが、もし失われるのだとしたら残念です。

しまなみ海道はゆっくり走りました。
せいぜい20キロ程度です。
あそこはゆっくり走ってこそ価値がある気がします。

藤堂家の墓所は確かに上野動物園の中だったですね。
ただ、私には藤堂高虎がイマイチなもので、訪れたことはありません。
11. Posted by IWA   2018年06月06日 07:53
天気にめぐまれて最高でしたね。3年前くらいにTCRさんと亀丸さんがしまなみ海道を走られたときは大雨で視界が全くなかったと言われていました。。。。私も一度は走ってみたいと思っています。人生観がどのように変わったのかについて教えてもらえるとありがたいのですが。。。
12. Posted by 東葛人   2018年06月06日 07:57
IWAさん、おはようございます
IWAさんから頂いたコメントが別の記事のところに入っておりましたので、こちらにコピーしておきました(笑)

それにしても、天候に恵まれて本当に良かったです。
土日の予定で来られた他の自転車乗りの皆さんはお気の毒でした。
TCRさんと亀丸さんが走った時も悪天候だったのですね。
ただ、こればかりはどうしようもありませんね。
人生観がどのように変わったか…これはIWAさんもしまなみを走れば分かると思いますよ(笑)
13. Posted by やじ   2018年06月07日 17:59
ご無沙汰してます
やじ@やじばば です
ワンチャンさんの所からたどって来ました
私らの直前に行かれたんですね〜〜〜
空の感じがほとんど同じで 自分たちの走行を思い出しました

光藤旅館 コスパ良いですね〜〜 私らの宿の直ぐ近く!
ここにしとけばよかったと後悔です
それに 松山も回られて羨ましい限りです
私らも行きたかった!
14. Posted by 東葛人   2018年07月09日 07:39
やじさん
ごめんなさい!
頂いたコメントを見落としておりました。

やじさんもしまなみ海道に行かれたのですね。
光藤旅館はコスパ、良すぎです。
もう本当に食べきれませんでした。
しまなみ海道は何回でも行きたくなりますので、やじさんも次回は光藤旅館にお泊まりください。

今回の豪雨でしまなみ海道も随分被害が出たようですね。
少し心配です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
久しぶりのロードバイク耐久レース、「もてぎ」は超楽しい!ドローンにラブ、やばいぞ、私の物欲(笑)