上野の博物館と歴史的建造物めぐりでアートな気分と驚き吉見町のさくら堤公園、圧倒的存在感の桜が素晴らしい

2019年02月17日

丸善創業150周年記念の「檸檬」を入手、光りモノは楽し!

1
2
 丸善創業150周年記念の「檸檬」(レモン)を買いました。立派なケースに入っていますが、さて中身は何でしょう(笑)

3
 中身は万年筆。「檸檬万年筆」と言います。梶井基次郎の小説『檸檬』(限定復刻カバー版)も同梱されています。

 この檸檬万年筆は限定1000本。昨年末に予約を受け付けましたが、光りモノ(万年筆やレンズ)にからっきし弱い私は、入れ食い状態で予約してしまいました(笑)。ちなみにこの万年筆はもちろん小説にちなんだものです。

 そう言えば、小説の『檸檬』も好きだったですね。主人公が丸善旧京都店の店内に置いた檸檬のイメージは鮮烈だったです。

7
 早期予約の特典として、こんなブックカバーも付いていました。そうそう、小説の中で置かれた檸檬はまさにこんな感じだったですね。

5
4
 檸檬万年筆のペン先には14金の中字で、「LEMON」「150」「MARUZEN」と刻印されています。限定感があってとても良いです。

 実は檸檬万年筆は140周年の際にも発売されていますが、150周年版は小説で登場するカルフォルニア産のレモンの色に近づけたそうです。万年筆の製造はパイロットで、パイロットの「カスタムヘリテイジ912」がベースとのこと。

6
8
 万年筆にインクには、パイロットの「深緑(シンリョク)」を選びました。丸善から万年筆に合わせて「檸檬」インク、つまり黄色のインクも発売されましたが、ちょっとそれはない感じ(笑)。で、檸檬の木の葉をイメージして緑のインクにしてみました。

 いやぁ、光りモノはやはり楽しい! 入手した喜びを存分に味わっています(笑)

toukatsujin at 17:18│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by NOB   2019年02月17日 17:41
どうもです。
みどり字とは乙なものですね。
それにしても、檸檬という難しい字が
かなりのうまさ、すごいです
2. Posted by 東葛人   2019年02月18日 07:50
NOBさん、おはようございます。
緑のインクは使うシチュエーションに乏しくあまり種類がないのですが、たまに使ってみると良い感じです。
「檸檬」の字はまだまだ下手です。
褒められると何だかこそばゆいです(笑)
3. Posted by はんぞう   2019年02月18日 21:04
ははー、これが前に聞いていた檸檬万年筆ですね。私のペントレーのアクセントに欲しいです😁
ちなみに私は緑のインクで、新幹線、飛行機、ホテルの予約を手帳に。予約を入れたら直ぐに書き、忘れ防止としております⁉️
4. Posted by 東葛人   2019年02月25日 07:00
はんぞうさん、おはようございます
亀レスで申し訳ありません。
まさにペントレーのアクセントにピッタリです(笑)
緑のインクで書くシチュエーションが見当たらないと思っていましたが、なるほど備忘メモ用に使うのはアリですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
上野の博物館と歴史的建造物めぐりでアートな気分と驚き吉見町のさくら堤公園、圧倒的存在感の桜が素晴らしい