もてぎ7時間エンデューロに参加、今年も楽しんできました!自爆沈没した北朝鮮工作船を見学、いろいろと考えさせられました

2019年05月20日

天皇だけが着用する「黄櫨染御袍」を拝見、はたして本物?

P5190348
 昨日の日曜日、天皇だけが着用することができる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を観てきました。実は少し前に、私の住処の近くにある麗澤大学で展示されているとテレビで紹介されたのを観て、自転車仲間の皆さんと出かけてきたのです。

unnamed
 この展示会は「天皇御即位 奉祝記念特別展」と題するもので、麗澤大学のキャンパスにある廣池千九郎記念館で開催されています。spirit隊長、まっちさん、ワンチャンと大学正門で待ち合わせして会場に向かいました。

P5190352
 この黄櫨染御袍はもちろん今の天皇陛下や上皇陛下が着用されたものではありません。ただし単なるレプリカでもないようです。

 黄櫨染御袍は宮内庁御用達の業者さんから調達するのですが、宮内庁も役所ですから入札で調達しなければなりません。ただし、業者さんは落札してから作るのでは間に合いませんから、入札前から制作を始めるそうです。展示されてある黄櫨染御袍はどうやら入札で選外となった1着のようです。

 それにしても“実物”はさすがに素晴らしい。写真で観るよりも金色により近い感じです。文字通り黄櫨(ハゼの木)の樹皮などで染めるそうです。

 ただ不思議なんですよね。ハゼの木が日本で栽培されるようになったのは江戸時代に入ってからです。何でも琉球王国から持ち込まれたとのこと。一方、黄櫨染御袍は平安時代初期から天皇が着用する服とされてきましたら、それまではどうしていたんでしょう。ハゼの樹皮を中国から輸入していたのでしょうか。

P5190370
 こちらは説明の必要もありませんね。十二単(じゅうにひとえ)です。

P5190358
P5190360
 ほかの展示は期待していなかったのですが、予想以上に見応えがありました。これは大正天皇の即位の礼を再現したもの。庭にぽつんと立っているのは大隈重信だそうです。

P5190374
P5190376
P5190375
 こちらは江戸時代初期の東山天皇の即位の礼を屏風絵から再現したもの。驚くのは中国風のいでたち。東山天皇の姿は中国の皇帝のようです。即位の礼も時代により流行り廃りがあるんですね。

 いやぁ、普段は目にできないものばかりでしたので興味深く、それほど大きくない会場でしたが1時間(?)ほど滞在してしまいました。

P5190381
P5190389
unnamed3
 しばし、麗澤大学のキャンパスを散策。緑の多いキャンパスですね。特にバラ園が見事でした。

P5190393
P5190391
 昼食は麗澤大学から少し離れた、柏市高柳の「かつ美食堂」です。ワンチャンが見つけてくれました。私の自宅から麗澤大学までは自転車であっと言う間ですから、麗澤大学からの移動で初めて自転車で走ったような気がしました(笑)

 それにしても大繁盛店ですね。次から次へとお客さんが入ってきてビックリしました。私が注文したのは大衆食堂の王道、レバニラ炒め定食ですが、レバーがたっぷり入っていて堪能いたしました。ご主人らの接客も素晴らしく、繁盛している理由が分かりました。


toukatsujin at 07:31│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by ワンチャン   2019年05月21日 21:57
東葛人さん、こんばんは!

日曜日は思ったより楽しめましたね!
嫁さんも行きたいといってましたので
連れて行ってみます。

入札の話は「そうだよね〜」ですが、
入札前に作ったものがちゃんと活躍している
のがいいですね。

宮内庁ではなく神社本庁(パンフレット作った)が
買い取って展示に使っているのかもしれませんね。

2. Posted by 東葛人   2019年05月23日 07:42
ワンチャン、おはようございます
ホント思っていた以上に興味深くて楽しかったですね。
きっと奥様も楽しめると思います。

そう言えば、宮内庁の「政府調達(WTO対象の一般競争入札及び指名競争入札)の公告について」のページを見たら、ネットワーク機器と並んで、饗宴の儀の料理や唐衣まで一般競争入札の対象になっており、ちょっと驚きました(笑)
3. Posted by NOB   2019年05月23日 19:10
どうもです。
すごい、よくこのような企画を見過ごすことなく行かれましたね。
すごすぎです、行きたいのだぁ

http://nobjitensya.blog.so-net.ne.jp/
4. Posted by kincyan   2019年05月24日 06:55
近くに天皇即位の様式や服などが展示されているとは思いませんでした。黄色い染料の不思議、興味がありますね。先週平城京を見てきたのですが、復元された太極殿に奈良期の高御座が復刻されて鎮座していましたが、残念ながら服はなかったです。佐倉の歴博にいけば、染料の秘密が解けるのかもしれませんね。
5. Posted by 東葛人   2019年05月27日 06:56
NOBさん、おはようございます
亀レスで申し訳ありません。
いやぁ、日テレのズムサタを観ていて、偶然この情報に出くわしただけですよ(笑)
以前から黄櫨染御袍には関心がありましたので、出かけてみることにした次第です。
一見の価値ありです。
NOBさんもぜひ!
6. Posted by 東葛人   2019年05月27日 07:01
kincyanさん、おはようございます。
亀レスで申し訳ありません。
そうなんですよ。
テレビを観ていると「千葉県柏市で展示中」とアナウンサーが言ったので「えっ、どこ」と思ったら、麗澤大学でした。
黄色い染料のナゾ、ぜひ解きたいですね。
ただ、研究者がいなさそうな感じです。
歴博か奈良文化財研究所あたりで分かるかどうかでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
もてぎ7時間エンデューロに参加、今年も楽しんできました!自爆沈没した北朝鮮工作船を見学、いろいろと考えさせられました