→2日目・午前からの続き

2日目-⑦~滝原宮参拝(前編)~
DSC00039
滝原宮(たきはらのみや)は皇大神宮(伊勢神宮・内宮)の別宮です。
ここに来るまで、ずっと滝原宮=「たきはらぐう」と読むと思っていましたが違いました。

DSC00040
そういうわけで伊勢神宮と同じ灯籠があり、

DSC00041
参道の砂利や橋も似た造りになっています。

DSC00042
一番の似た特徴として、「御手洗場(みたらしば)」が挙げられます。

DSC00043
坂道を下りていくと・・・、

DSC00045
透明度の高いキレイな川が流れています。

DSC00046
真冬なので一瞬、躊躇しましたが・・・、
伊勢神宮(内宮)と同じなので、川で手を清めないといけません。

DSC00048
軽く叫び声をあげ、ガマンして手を川に突っ込み、撮影しました。(笑)

DSC00049
手を清めた後は参道を歩き、参拝します。


2日目-⑧~滝原宮参拝(後編)~
DSC00050
奥へ進んでいくと立て札がありました。
鎮座される位置順に左から書かれていますが、回る順番は滝原宮から
・・・という事らしいです。

DSC00051
そういうわけで手前から2番めの滝原宮へ、旅の無事を祈願します。

DSC00052
続いて手前の滝原竝宮(ならびのみや)。
隣にあるから、そういう名前なのでしょうが、伊勢神宮(内宮)の皇大神宮に
天照大神を、荒祭宮に天照大神の荒御魂を祀ったのと同様に、
ここでも2つの宮としたそうです。

DSC00053
3番目に少し坂を上ったところにある若宮神社。

DSC00054
最後に再び坂を下った場所にある、長由介(ながゆけ)神社。
各神社でも旅の無事を祈願しました。
・・・これで十中八九どころか、間違いなく今回の旅は無事に過ごせるでしょう。

DSC00055
伊勢神宮の際は撮影禁止でしたが、ここでは禁止の立て札が
なかったので、滝原宮を撮影。

DSC00056
続いて、少し離れて滝原宮と竝宮(ならびのみや)を撮影。
初詣用の赤いパイロンが無ければ、もっといい雰囲気でしたが・・・。(笑)

DSC00057
(PM13:25)滝原宮参拝後は国道沿いの道の駅「木つつ木館」へ。
予定ではこのあたりを正午頃に通過する予定でしたが、多岐原神社や
滝原宮に立ち寄ったせいか、大幅に遅れています。

DSC00058
しかし、これから先の方が結構な距離を歩くので、ここで軽めの昼食にします。
ここではせっかく伊勢地方へ来たので・・・、

DSC00059
「伊勢うどん:450円」
結局麺類ですが、やはり熊野古道歩きには「伊勢うどん」です。
相変わらずの麺の「ゆるさ」とモチモチした食感はお腹にやさしく溜まります。

ここの道の駅ではつゆが少なく、「まぜそば」並みの量でした。
寒いので、つゆも飲みたかった・・・。(笑)


2日目-⑨~熊野古道・滝原~梅ヶ谷コース(滝原→阿曽)~
この先は滝原から梅ヶ谷まで、約18kmを歩きます。
・・・というか、そういう計画でしたが既に午後2時前です。

map_misedani-umegadani
国道だけ歩く分には道が一本道なので問題ありませんが、
真冬なので日没後の午後5時くらいまででないと旧道も見つけられません。
そう考えると約3時間しかありません。

map_takihara-syoukouenn
<くまどこネットのHP地図より抜粋>
コース案内の目安時間は「約5時間30分」です。
そこまでは時間がかからないと思いますが、さすがに3時間では無理です。

ひとまず最初のチェックポイント「小公園」へ向かいます。

DSC00060
そういうわけで携帯で列車の時間も再調査し、行けるところまで行きます。
PM13時50分頃、道の駅を出発。
10分ほど歩くと、旧道(右側)があったのでそちらへ向かいます。

DSC00061
地元の大宮小学校前を通過。
国道沿いを歩けば最短距離になりますが、できるだけ旧道を歩きます。

DSC00062
旧道のせいか昔の案内看板も残っていました。
「JR」でなく「国鉄」の駅での案内です。(・・・少なくとも30年は経過しています)

DSC00063
しばらく歩くと、宮川の上流の支流である大内山川沿いを歩きます。

DSC00064
(PM14:30)旧道区間が終わると再び国道42号線へ。
結構ガンガン歩いているので、「この先の信号、左折スグ」で
阿曽地区の温泉スポットのようです。

DSC00065
しかしあくまで車の案内なので、「この先の信号」までなかなか時間がかかります。

DSC00066
「この先の信号」まで5分ほどかかり、ここで左側へ向かいます。
旧道沿いに温泉はあるようです。

DSC00067
(PM14:35)道の駅「木つつ木館」から旧道経由で約5km、阿曽湯の里前を通過。
天然温泉がリーズナブルな500円で入浴でき、道の駅のような
レストランや直売所もあります。

近くに阿曽駅もあるので今日はここでストップして、次回このあたりから
歩いてもいいかも??
・・・とか一瞬だけ魔が差しましたが、列車も夕方まで無いので
雑念を振り払い先を目指します。(笑)


2日目-⑩~熊野古道・滝原~梅ヶ谷コース(阿曽→柏野・小公園)~
DSC00068
旧道は阿曽地区の集落内を通るので、観音堂があったり・・・、

DSC00069
昔ながらの住居があったりと、見どころがありました。

DSC00070
(PM14:45)阿曽駅と思われる駅舎を撮影。
この先は見どころがなく・・・、

DSC00071
再び国道を歩きます。
国道を歩くのが、一番面白くない。(笑)

DSC00074
(PM14:55)国道を歩いていましたが、大内山川の上流になってきたようで
河原には大きな石というか岩石が点在する光景です。
この先で再び川沿いに旧道があり・・・、

DSC00075
集落内を歩きます。
まさかここに立派な案内看板があるとは思いませんでしたが・・・。

DSC00076
(PM15:05)しばらく歩くと、再び国道へ合流。
この先はしばらく国道を歩き・・・、

DSC00077
(PM15:15)最初のチェックポイント「小公園」に到着。
公園なのでもっと大きいかと思っていましたが、あずまやとトイレがあるだけ。
しかしこの区間は途中コンビニすらないので、トイレがあって助かりました。(笑)

DSC00078
ここでしばらく休憩。
道の駅「木つつ木館」を出たのが13時50分頃なので、
ここまで約1時間半ほどガンガン歩きっぱなし。

旅行って楽しむものですが、熊野古道歩きに関しては
修験者(しゅげんじゃ)と同じく「目指す場所」へ向かうことが優先されます。


2日目-⑪~熊野古道・滝原~梅ヶ谷コース(柏野・小公園→伊勢柏崎)~
map_syoukouen-umegadani
<くまどこネットのHPより地図を抜粋>
小公園まで来ましたが、休憩したので時刻は午後3時半頃。
この先は「一里塚跡」を目指しますが、推奨時間は120分。

・・・このあたりには少し早く5時頃に通過できそうですが、
日没なのでここで打ち止め。
幸い近くに大内山駅と17時39分発の列車があるので、
これに間に合うように向かいます。

DSC00080
再び大内山川沿いの国道を歩きます。
峠越えに比べると歩きやすいのですが、そろそろ足が痛くなってきました。
久々の古道歩きにも関わらず、今思えば最初から飛ばし過ぎでした。

DSC00081
再び左側に旧道への道が見えます。
このあたりから「旧道を歩いても距離と時間がかかるだけじゃーないの?」とか
思い始めましたが、雑念を振り切り向かいます。

DSC00082
無駄に遠回りして、再び国道へ。(笑)

DSC00083
そして旧道(左)へ。
このあたりから「足が痛い」とか「旧道は遠回り」とか何も考えず、
ひたすらに歩くようになります。(笑)

DSC00084
(PM16:00)道の駅「山海の郷・紀勢」。
ここは再び旧道への入口だったので写真だけ撮影して、あっさり通過。

DSC00085
ここで大内山川を渡り、対岸沿いを歩きます。

DSC00086
JR紀勢線の線路も渡り、国道と離れる大回りな旧道ですが、
今は「無」の境地です。(笑)

DSC00087
(PM16:10)伊勢柏崎駅前を通過。
古道ルート沿いで「これほど便利な駅」はありませんし、ここで中断しても
良かったのですが、駅でいうと一つ先の「大内山」まで向かう事を
決めていたので、更に先へ歩きます。


2日目-⑫~熊野古道・滝原~梅ヶ谷コース(伊勢柏崎→大内山)~
だんだんと「ストイックな旅行記」になってきましたが、熊野古道を歩くこと自体が
過去は修行に近い行為だったので仕方ありません。

DSC00088
伊勢柏崎駅を過ぎ、しばらくは大内山川沿いを歩き・・・、

DSC00089
紀勢自動車道の下を歩きます。
ここでさらに旧道の旧道?へ向かうため、右側へ。

DSC00090
西日に照らされた新しい高速道路は美しいですが、周囲の風景と
余りのアンバランスさに、ここでも何だかな~と思いました。

DSC00091
(PM16:45)この先は国道から大きく迂回(遠回り)して
養豚場の前を通過したりしました。

DSC00092
(PM17:00)2つ目のチェックポイント「一里塚跡」に到着。
ここから向かって正面の舗装されていない遊歩道方面が
熊野古道らしいので向かいたかったのですが・・・、

DSC00093
どうやら林の中を歩くコースのようで、既に日も落ちたので真っ暗な道かと・・・。。
次回はここから「やり直し」をすることにします。

DSC00094
そういうわけで国道へ出て、大内山駅へ向かう道を歩きながら探します。
大内山牛乳の直売所がありましたが、酪農農業組合というものがあり、
大内山の・・・と言うわけではなく、「三重県の牛乳」というブランドのようです。

DSC00096
さて、とりあえず駅までは歩かないといけません。
持参した地図を見ると、この先の国道からは駅方面へ
向かう道が無さそうなので、直感(?)で右へ向かいます。

DSC00097
(PM17:20)直感が見事に的中し、無事に大内山駅に到着です。
列車の時間が17時39分発なので20分前に到着、タイミング的には良かったです。


2日目-⑬~大内山から熊野市へ~
DSC00098
今日は朝10時過ぎから夕方5時過ぎまで、ほぼ7時間も歩き続けました。
最終目的地の梅ヶ谷駅までは歩けませんでしたが、今日の古道歩きは終わりです。

map_outiyama-kumanosi
17時39分発の普通列車で熊野市へ向かいます。
予定よりも1時間遅い列車、しかも梅ヶ谷までも歩けませんでした。

DSC00099
大内山からコトコト揺られて約2時間、19時半頃に熊野市駅に到着。

DSC00100
熊野市駅前では恒例のイルミネーションが今年も行われていました。
一昨年、昨年と来ましたが、毎年少しづつ変えているようで・・・、

DSC00101
広場の階段は、今年はグリーン一色で「ようこそくまのへ」。
シンプルでしたが、熊野の野山の色をイメージしたような幻想的な光景でした。

DSC08391
(PM20:05)夜も遅くなりましたが、近所で買い出しをしてホテルへ。
このホテルもかれこれ3回目(3年連続)で泊まります。
今年は今日・明日の連泊になります。

本日の歩行距離:約25km、ちなみに左足の人差し指に血豆ができました。(笑)


→3日目へ続く。