ニッポン・トラベル~日本人の歩き方~

風光明媚な日本にはいいところがいっぱい。
だから日本人は旅と温泉が大好き。
さて、来月はどこに行こうかな。。

はとバスの、秋保温泉と松島観光のツアー。

どちらも、昔に行ったことはあるけれど、 どちらも、もう一度行ってみたかった場所。
とくに秋保温泉は、雑誌の取材で急遽泊まることになって、仙台放送のアナウンサーさんに教えてもらった温泉に行ったものの、ほとんど泊まるだけで、かろうじて温泉が素晴らしかった思い出があるくらいだったので。

ニッカ宮城峡蒸溜所でウイスキーの飲み比べ。
hato19
ニッカウイスキーの宮城峡蒸留所を見学、そしてウイスキーの飲み比べをしたあとは、いざ宿泊地でもある秋保温泉へ。

秋保グランドホテル。
hato22
なかなかいい感じのフォルムだよね。

本館と別館があって、本日の泊まりは別館ということで。
それぞれの地下1階に大浴場があるのだけど、地下では繋がっていない。

この秋保温泉、じつは近所にあるスーパー「さいち」で売られている「おはぎ」が抜群に美味しいとのウワサ。
日テレの「ケンミンSHOW」でも紹介されていたよね。
朝の営業開始時から大量の客が並んで、彼らがみな一様に「おはぎ」を買い求めていたけれど、あれが真実なのかどうか、それは別にして。

せっかく秋保温泉に来て、そのスーパーに行かないとか、考えられない。

念のため、ホテルの部屋にチェックインする前に、スーパーを目指してみた。
とてもローカルな道をひたすら歩く。
hato27
途中に日本一美味しいナポリタンの店の看板があり。
秋保里センターに併設されているレストランのメニューらしい。
お客もけっこう入っている様子。

ナポリタン好きとしては非常に惹かれる。
これから買う予定の「おはぎ」、さらには夕食のバイキング、それらのことが無かったとしたら、たぶん食べてしまったに違いない^^;

しかし、なんとか誘惑を振りきってスーパーを目指す。
そして到着。
hato25
混んでいる感じはまったくしないけど、どうなんだろう。
「おはぎは」あるのか?
hato24
あった。

隅っこに少量の「おはぎ」。
これは危なかった。
あと5分、来るのが遅かったら、たぶん売り切れになっていたに違いない。

ちなみに、添乗員さんも後から買いに行ったらしいけど、その時にはすでに売り切れていたとのこと。
hato35
上品な甘さで、美味しかった。

ホテルに戻る途中には、磊々峡なる場所が。
hato28
hato29
hato30
滝が何箇所かにあって、マイナスイオンたっぷり。

夜には一部がライトアップされるらしい。
というか、夕食後に見に行ったけど。

要するに、秋保グランドホテルの後全体が、この磊々峡になっていて、そのやや険しい遊歩道を歩いて行ったら、ホテルの裏側に着いた。

さて、夕食のバイキング。
hato32
1階の陽だまりというレストランにて。

よくあるメニューはもちろんのこと、牛タン、蟹、寿司なども食べ放題。
かなり魅力的なメニューだよね。
hato31
案の定、食べ過ぎてしまう。
こればかりは、もう仕方がないよね。
たとえすべてのメニューを少量ずつ食べたとしても、それだけでけっこうな量になってしまう、という言い訳…

せめてビールは1杯にとどめた。

さっきの磊々峡のライトアップを見に行ってから、地下の大浴場へ。
ちょうどタイミングが良かったのか、あるいは悪かったのか、誰一人入っていなかった。
hato33
hato34
露天風呂は何だか妙な形をしている。
長細いというか。

ひとりでのんびり、温泉を満喫。
いい湯だな。

久々の秋保温泉の夜は更けて。。


みやぎ日帰り温泉178湯(2016年版)
S-style編集部
2015-09-05


はとバスの、秋保温泉と松島観光のツアーに参加してきた。

どちらも、昔に行ったことはあるけれど、 どちらも、もう一度行ってみたかった場所。
とくに秋保温泉は、雑誌の取材で急遽泊まることになって、仙台放送のアナウンサーさんに教えてもらった温泉に行ったものの、ほとんど泊まるだけで、かろうじて温泉が素晴らしかった思い出があるくらいだったので。

浜松町のバスターミナルを出発。
hato001
とてもキレイな車内。
スマホの充電が出来るUSBポート付き。

途中の栃木の佐野サービスエリアでトイレ休憩。
hato01
さらに福島にある安達太良サービスエリアで食事休憩。
hato07
大きいのか大きくないのか、よくわからない施設だね。

珍しいメニューの伊達鶏の麻辣麺を食べてみた。
hato03
hato06

思ったほど美味しくはなかったので、ずんだ団子も食べてみた。
こちらは美味しい。


で、程なくしてニッカウイスキーの宮城峡蒸溜所に到着。

ここでは、工場内の見学とウイスキーの試飲が出来るとのこと。
とっても楽しみ。
hato09
hato12
hato14
NHKの朝ドラ「マッサン」でも有名になったニッカ。

普段あまりウイスキーは飲まないけれど、キライなわけじゃない。
ましてやシングルモルトなんて、とても美味しいとは思うのだけど、如何せん高すぎて飲めない^^;

21年ものだと5万円くらいするというウワサだし。

ニッカといえば、竹鶴がとても有名だけど、シングルモルトではない。
ニッカには宮城峡というシングルモルトのウイスキーがある。

工場内の見学が終わった後は、ゲストルームでのウイスキーの飲み比べタイム。
hato20
hato19
スーパーニッカと竹鶴と、なぜかアップルワイン。
アップルワインもニッカの名物ではあるらしい。

スーパーニッカも竹鶴も、いかにもウイスキーらしくて、なかなか美味しい感じではあるけど、せっかくだったらシングルモルトが飲みたいな、と思ったら、有料の試飲コーナーがあった。

宮城峡の21年ものがあったから、飲んでみた。
hato18
hato21
500円。
ウイスキーの種類によって、値段は300円から。

でも、21年もののシングルモルトが、少しだけとはいえ500円で味わえるのは、かなりのお値打ちのような気がするけど、どうなのだろう。
まさか瓶ごと買うわけもないし、どこかのバーで飲んでもたぶん1500円くらいはかかりそうだし。

味も、本当に美味しかったな。
多くの人が、シングルモルトにハマるのもわかるというもの。

そんなニッカ宮城峡蒸溜所での思い出。。




 

ランチタイムに溜池山王の西安刀削麺酒楼で大好物の麻辣刀削麺を食す。

溜池山王の西安刀削麺酒楼で麻辣刀削麺
0911k
0911n
初めての店だけど、予想通りの美味しさ。
奇跡的に待ち時間ゼロだった。

食後は日枝神社を散策してみる。
首相官邸を右手に眺めながら向かう。
0911j
昨日から今日にかけては、茨城周辺で鬼怒川の堤防が決壊したことによる大水害の件もあるから、対応する政府も大変だろうな。

茨城・鬼怒川で堤防決壊 広い範囲に大きな被害

なんにしろ、今が自民党政権、それも安倍政権で良かったことは言うまでもない。
とっても多くの国民もそう実感しているとか。
当たり前だよね。
もしもそうでなかったら、と考えるだけでも怖ろしい。

やがて大きな鳥居が見えてきた。
0911i
そして大きくて広々とした階段の両脇には、エスカレーターが設置してある。
さすがの配慮だね。
0911h
もちろん、階段で上がる。

そして日枝神社。
0911g
0911e
0911f
0911d
キレイで厳かだね。
日枝神社(ひえじんじゃ)は、東京都千代田区永田町二丁目にある神社。江戸三大祭の一つ、山王祭が行われる。旧社格は准勅祭社(東京十社)、官幣大社。
大山咋神(おほやまくひのかみ)を主祭神とし、相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祀る。 
もうすぐお祭りがあるみたい。
街は準備に大わらわの様子。
江戸時代から徳川将軍家の産土神として創祀され、“山王さん”と呼ばれる日枝神社。皇居・旧江戸城を巡幸する日本唯一のお祭り“山王祭”は、日本三大祭のひとつに数えられている。日枝神社の神様の使いは猿と伝えられており、神門と拝殿前には、夫婦猿の像“神猿像”を安置。“猿(えん)”=“縁”に通じることから、縁結び、夫婦円満などにご神徳があると言われている。主神は大山咋神(おほやまくひのかみ)。万物の成長発展、産業全般の守護、商売繁盛などにもご利益あり。
0911b
境内には不思議な碁盤もあったり。
履物を脱いでください、との注意書きあり。
0911c
七五三の時期、神社の中には「碁盤の儀」「深曽木の儀」と呼ばれる碁盤の上から吉の方位南に元気よく飛び降りることで、健やかな成長を祝うとともに、自立・開運の祈願する儀式用の碁盤が境内に置くところがあります。
儀式に関しての詳しい説明の看板や立て札を用意してくれている神社もあります。
七五三の定番の出し物として、この碁盤が設置される神社での境内では、碁盤の上に乗ったり、その上で記念写真を撮るお子様とご家族で順番待ちになります。
ここで碁を打ってもいいのかな^^;
そういえば、弟が好きだったっけ。


0911a
日枝神社には何度か来たこともあるし、映画の撮影の安全祈願でも御参りしたことがあるけど、じつはゆったりと見学したのは初めて。

大都会のど真ん中に、こんな荘厳な場所があるというのも、とってもいいものだよね。。



日本の神社 28号 (日枝神社・神田明神) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2014-08-11


昔、塩尻に住んでいたころは、新年の初詣といえば、諏訪にある諏訪大社によく行っていた。
下諏訪駅からほど近い下社秋宮。
それは4箇所の境内のうちのひとつで、全国的にもいちばん認知度がある。
たぶん、諏訪大社に行こうと言われたら、誰もがこの下社秋宮をイメージするはず、と思っている。

諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社です。
信濃國一之宮。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も古い神社の一つとされております。
諏訪大社の歴史は大変古く古事記の中では出雲を舞台に国譲りに反対して諏訪までやってきて、そこに国を築いたとあり、また日本書紀には持統天皇が勅使を派遣したと書かれています。
諏訪大社の特徴は、諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がありません。代りに秋宮は一位の木を春宮は杉の木を御神木とし、上社は御山を御神体として拝しております。
古代の神社には社殿がなかったとも言われています。つまり、諏訪大社はその古くからの姿を残しております。
諏訪明神は古くは風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神。また武勇の神として広く信迎され、現在は生命の根源・生活の源を守る神として御神徳は広大無辺で、多くの方が参拝に訪れます。 

塩尻の山形村で美味しい蕎麦を食べた後、帰京の電車の時間までまだ余裕があったので、久しぶりに諏訪大社にを訪ねてみることにした。

雨の中央道に塩尻インターから乗り、塩嶺トンネルを出たらすぐの岡谷インターで降りる。
湖北トンネルのほうから20号線にアプローチし、中山道へ。

日曜日だけど、雨のせいなのか、さほど混雑は見られなかった。

そして諏訪大社に到着。

下社秋宮:長野県諏訪郡下諏訪町5828
suwa08

ここから境内と続く参道。

なんと御神湯が熱湯。
suwa17
それは予想以上に熱かった。
うっかり火傷しそうなくらい^^;
小さな子供は気を付けないとね。

suwa01
suwa02
ものすごく太いしめ縄。
suwa03
諏訪の神: 封印された縄文の血祭り
戸矢 学
河出書房新社
2014-12-08


つぎは下社春宮へ行ってみることに。
クルマで5分ほどの場所にある。

下社春宮:長野県諏訪郡下諏訪町193
suwa09
suwa10
秋宮と較べると、驚くほど閑散としている。
まわりにはお土産物屋すら見当たらない。

鳥居をくぐり、そのまま突き進むと、神楽殿の奥には、秋宮のと瓜二つな本殿が。
suwa11
いずれにしても、非常に厳かな雰囲気だよね。

諏訪大社にはパワースポットもいろいろあるらしい。

諏訪大社のパワースポット

いかにも、そんな佇まい。
せっかくなので、、来年に行われる御柱祭の開催地も見に行ってみることにした。

下社春宮からさらにクルマで5分。
木落し坂という場所らしい。
suwa14
なんと、模擬御柱まで展示(?)してあった。
先端がはみ出ている。
suwa12
suwa13
suwa15
たしかに、えらく急な坂だよね。
傾斜が45度なのだとか。
しかも坂自体の距離が短い。
これなら、あっという間に坂下に到達してしまうね。

というか、ここを御柱とともに下るなんて、想像しただけでも恐怖。

御柱祭って、スゴいお祭りなんだね。。



御柱祭ガイドブック
信濃毎日新聞社広告局
信濃毎日新聞社
2010-01


御柱祭と諏訪大社
上田 正昭
筑摩書房
1987-07


そんなわけで、ちょうど帰りの電車の時間が近づいてきた。
下諏訪駅に移動して、こんどは普通の特急あずさに乗って帰路に就く。。
suwa16
信州のみなさん、お世話になりました!


ちなみに、諏訪といえば、中山道。
中山道といえば、将軍徳川家茂の正室であり、仁孝天皇の第八皇女でもあった和宮 親子内親王のご下向を思い出す。
和宮 親子内親王(かずのみや ちかこないしんのう、弘化3年閏5月10日(1846年7月3日) - 明治10年(1877年)9月2日)は、仁孝天皇の第八皇女。孝明天皇の異母妹。明治天皇は甥にあたる。江戸幕府第14代将軍・徳川家茂の正室。品位は二品、薨後贈一品。
「和宮」は誕生時に賜わった幼名で、「親子」(ちかこ)は文久元年(1861年)の内親王宣下に際して賜わった諱である。家茂死後には落飾し、静寛院宮(せいかんいんのみや)と名乗った。
そして、皇女和宮といえば、やはり堀北真希さんになるのかな。
天璋院篤姫での演技が記憶に新しいよね(?)
kazu02
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]
宮崎あおい
ジェネオン エンタテインメント
2008-12-19


高校の同窓会に参加するために訪れた信州は塩尻市。
昨日は会えなかった友人とランチをすることに。

塩尻の市街地からクルマで15分ほど離れたところ、東筑摩郡の山形村に最近ものすごく気になる蕎麦屋があるという。
0906e
長野県松本市東筑摩郡山形村小坂2926

昔ながらの蔵もある、けっこう広い敷地に建つ一軒家を改装したようなお店。
0906f
店内がかなり暗かったため、ちょっとピンぼけ。
土間から靴を脱いで上がり、左に進むと、意外や意外、いくつかのテーブル席。

まさかテーブル席があるとは思わなかった。

しかもほぼ満席。
基本的にはすべて予約客で埋まってしまうのだとか。

もちろん予約していなかったけど、幸いにも1席だけ空いていたので、恐縮しながら席につく。
しかし、忙しいのか店主のおじさんが一人で切り盛りしているからか、一向にオーダーを取りにくる気配もない。
10分ほどして、ようやく注文。
おそらくは蕎麦が出てくるのも時間がかかるだろうと、ビールなども飲んでみた。
0906d
ちょっと贅沢にヱビスビール。
というか、ビールの選択肢は他にはない。

ひとしきり、昨日の同窓会についての報告をしていると、ようやく鴨せいろが運ばれてきた。
0906b
シンプルだよね。
つけ汁には鴨肉がたくさん入っていて、なかなか美味しかった。

聞けば、この頃は山形村も、そば処としての認知アップ作戦に励んでいるらしい。

塩尻はようやくワインの街としての認知が高まってきたところ。
五一ワインとか、井筒ワインなどが有名。

あと、桔梗ヶ原にある城戸ワイナリーのワインなんて、素人には手に入れられないほど人気だものね。
予約を受け付けるや否や即完売だとか。
一度だけ赤ワインを飲ませてもらったことがあるけど、たしかに驚くほどに美味しかった記憶がある。 
0906h
あまりに美味しかったので、ワイナリーを見に行ったほど^^;

山形村もそんな風に蕎麦が美味しい村としての認知を高めていきたいのだろうな。。



ちなみに、庭はこんな感じで、これも風情があるね。
0906g

高校時代の同窓会に参加するために信州へやって来た。

せっかくなので、松本市美術館で草間彌生展および篠山紀信展を鑑賞。

0905n
 0905o
山口百恵 激写/篠山紀信 [DVD]
Sony Music Direct
2004-06-23

ヴィーナス誕生
筧 美和子
篠山紀信 
幻冬舎
2014-04-04

山口百恵さんや、筧美和子さんらの大きな写真パネルを堪能したあとは、そこからほど近いあがたの森へ。
0905k
ノスタルジックな気分に浸り、旧制高等学校の歴史も学んだので、あとは、松本に来たらお約束の、松本城散策へと向かう。

あがたの森へは松本駅からまっすぐ一本の大きな道路で結ばれているけれど、そのひとつ北側の道を歩くことにした。
その道が、やがては蔵の街中町へと繋がる。
matu01
matu02
0905i
まるで、旧制高等学校どころではないノスタルジックぶり。
けっこう、骨董品屋みたいな、それでいてお土産物屋みたいなお店が軒を連ねる。
そして、そういう趣味のある年配の方々が嬉しそうに一軒一軒眺めて廻る。

じつに観光地らしい、微笑ましい景色だよね。

しばらく歩いて、途中を右に曲がると、遠く向こうに四柱神社が見えた。
松本城と同じく、松本に来たからにはちゃんとお参りしないと。
なにせ、全国屈指のパワースポットなのだから。

著名な洋食屋さんのおきな堂を左に見ながら進む。
matu03
ここは本格的な洋食が食べられるお店として、地元でも、まtあ観光客にも大人気のお店。
本当においしく作れる洋食 (きちんと定番COOKING)
大宮 勝雄
世界文化社


あの、ナポリタンが美味しいと老若男女問わず根強いファンを持つ翁堂駅前喫茶とは、とくに関係はないのかもしれない。
0620c
当人に確認したわけではないので定かではない。
それにしても、あのナポリタンは美味しい。
今回の旅では食べられないけれど…

そして、四柱神社。
matu04
matu05
佇まいがいいよね。
縁結びの松も、いかにもご利益がありそう。

しっかりと願をかけたら、いざ松本城。
ものの3分も歩けば到着。
0905h
0905b
1/150 国宝 松本城
ウッディージョー


いつも厳かな姿を見せてくれる松本城、残念ながら今回ばかりは一部を修復工事している様子。
完璧なフォルムを撮すことは出来なかった…

というか、松本を訪れる度に来ているのだから、松本城を撮った画像も数えきれないほど。
そんなに姿を変えるものではないよね。

むしろ、いつもと違う姿が見られたことはラッキーだったのかもしれない。。



高校時代の同窓会に参加するために、松本にやってきた。
今回は新宿からスーパーあずさに揺られて。

特急スーパーあずさにて信州・松本への旅。
0905r
バスと比較すると、やはりスゴく速く感じる。
クルマだったら急げば3時間くらいかもしれないけど、その代わりにかなり体力を消耗する。
なにしろノンストップで、常に気持ちを張り詰めているから。

今回は、だから途中、本を読んだり、iPhone6plusを使ってアップルミュージックで好きな曲を楽しんだり、いろいろ楽しめた。
遂に上陸! 驚異のサービス アップルミュージックの魅力と新機能
国際情勢研究会
ゴマブックス株式会社
2015-08-05

アップルミュージックは本当に優れものだと思う。
LTEのパケット料とバッテリーの消耗さえ気にしなければ、いつまでもずっと楽しめる。
とくに、ある程度の大人にとっては、かなり感傷に浸れること間違いなしだと思う。

そんなこんなで、あっという間に松本に到着。
0905q
駅前では共産党のメンバーだろうか、拡声器を使って安保法案反対を大声で訴えていたけど、誰も耳を傾ける人はいなかった。
こういう観光地のような場所でそういう運動をするのはマナー違反だと言う声すら聞こえたほど。

駅前をまっすぐ東に向かって歩くと、やがて松本市美術館が見えてきた。
来年まで草間彌生展をやっていて、しかも今は篠山紀信展が開催されているとのことで、ぜひとも両方を見てみたいと思っていた。
美術館の前には草間彌生作と思われるオブジェも飾ってある。
0905p
0905n
0905o
ヴィーナス誕生
筧 美和子
篠山紀信 
幻冬舎 


どちらの展覧会も、とても素晴らしかった。
生きる希望を与えてくれるというか、ヒントを提示してくれるというか、人として前向きに生きていくためのエネルギーに満ちあふれていた。

二人とも、やはり天才だと改めて感じさせられた。
(筧 美和子の巨大な写真パネルも良かった^^;)

せっかくここまで足を運んだのだから、ついでにあがたの森公園まで歩いてみる。
さほどの距離ではない。
ゆったりと歩いても5分程度。

旧制松本高等学校の建物のまわりには、なにやら大人や子供がたくさんたむろしている。
何かの催しでもあるのだろう。
0905m
自転車の数も多いよね。
彼らが映り込まないようにカメラを向ける。

ということで、久しぶりに校舎内に入ってみた。
もちろん古いのだけど、隅々までキレイに保存してある。
当たり前か。
agata01
agata02
agata03
agata04
2階の復元という教室を覗いてみたら、そこには昔の給食がいくつもいくつも並べられていて、それを子どもたちが嬉しそうに眺めている。
agata05
0905l

長野県内の色んな地方のそれぞれの給食なども展示されていて、とても興味深い。

こういう展示は古くからあったのかな。
子どもや学生のころに一度や二度は来ているはずだけど全く記憶にない^^;

一通り見学したあと、隣の建物にも入ってみた。
agata06
agata07

旧制高等学校記念館。

バンカラだったころの学生の像がお出迎え。
0905j

階上の展示室では、ここ松本のみならず、全国のいわゆる旧制高等学校の歴史や文化を伝えている。
あまりに昔過ぎて懐かしくはないのだけど、それでもノスタルジックな気分には浸れるかもしれない。

旧制高等学校に纏わるお土産物もけっこう充実していた。
なかなかいい感じの施設だったな。。



塩尻での高校時代の同窓会のために、またもや信州は松本へ。

前回の高速バス大渋滞事件での反省を教訓として、今回は新宿駅から特急あずさ、それもスーパーあずさにて。
0905r

電車に乗って長野へ行くなんて、いったいいつ以来なのだろう。
けっこうクルマで行くことも多いし、しかもバスという選択肢だってあるから、なかなか電車は利用してこなかったけど、久々に乗ってみると、これはこれでなかなか快適。

2時間半くらいで松本まで到達するし。
バスよりも座席が広いから、ゆったりと寝られるし。
0905s
最後の国鉄直流特急型電車 (キャンブックス)
梅原 淳
ジェイティビィパブリッシング
2015-04-17

たかしかに、正規で購入すると片道で6700円もするのだけど、ウワサによれば、いまどき正規で購入する人はいないらしい。
松本の公的機関で働く友人も、東京に出張に行くときも交通費は往復で1万円以下しか支給されないと言っていた。

そんなものなのだね。
どういうことなのかな?

そういえば、最近になってスーパーあずさの後継車両E353系もお披露目された様子。

空気ばねで「揺れない」スーパーあずさ後継車両E353系
large-55b8a0505def3
maxresdefault
あまり電車のことに詳しくないから、あまり知らなかったのだけど、気付かないうちに電車も随分と進化しているのだね。
新幹線とはフォルムの根本が違うような感じだけど、これもカッコいい。
より快適になっているのだろう。

電源コンセントも各座席に装備されているのかな…
利用客の要望に合わせ、全座席に電源コンセントを設置し、空気清浄機も全車両に完備。室内照明を全てLEDにすることで4割減の省エネを実現し、各デッキに防犯カメラも取り付けた。
それは素晴らしい。

ぜひとも、乗ってみたいね。

信州山歩き地図Ⅲ 里山編〈北信・東信〉
中嶋豊
信濃毎日新聞社
2015-07-28


帰国は午後のフライトだから、午前中は銅鑼灣近辺をブラブラして過ごそうと思っていたのに、朝からあいにくの雨模様。
IMG_5820
IMG_5822
仕方ないから、10時くらいまでは部屋で日本のテレビを見たりして過ごす。

それなら最後に最高の粉麺を食べてから帰ろう、ということで、最新式の商業ビルHysan Place(ハイサンプレイス)の12階に入っている何洪記粥麺専家に行くことに。
土日は11時からのオープンなので、それまでは地下の食品街を散歩しながら。
IMG_5826
IMG_5827
広くてキレイなスペースだね。
いかにも香港の最新式らしい。

トイレも最新式?
IMG_5824
実用性があるのかないのか。
カッコよければいいのかな。

階上の本屋をブラブラしたりしつつ、目的の店へと向かう。
IMG_5084
IMG_5841
まだ準備中だったので、とりあえず並んでみた、というか店の前に立ってみた。
すると、あれよあれよという間に後ろに人が並び始める。
気づけば先頭で開店待ちをしている状態に^^;
なんだか気恥ずかしいものだね。

やがて、11時ピッタリに開店。
入口近くの席に通される。
まだ真新しいだけあって、本当にキレイな店内だった。

オーダーしたのは、もちろん名物の蝦雲呑麺…は友人が。
IMG_5858
6つの雲呑はなぜか麺の下に隠されている。
どんな意味があるのかな。

で、自分は珍しい豚足麺。
あと、野菜とビール。
IMG_5857
テーブルに添えてあるスパイス的なものをスープに混ぜると美味しいらしい。
そしてこれこそが、この店の特徴だったりもするみたい。
IMG_5847
たしかに、ちょっとピリッとして美味しかったかもしれない。

しかし、じつはこの麺、予想以上に小さくて、なんとなく物足りない気もしていたので、かた焼きそばも注文していた。
IMG_5861
友人の大好物らしい。
なるほど、なかなか美味しかった。
ビネガーを足してみたら、もっと美味しくなった。

超人気店だけあって、オープンしてまもなくに満席。
外には長蛇の列…

客の多くがトラベラーのようだった。
国内外問わず。
ガイドブックにも載っている店だから、当たり前だよね。。

香港粉麺飯―めんとご飯
謝 華顕
柴田書店



香港・マカオ 1000円でできること
山下マヌー
KADOKAWA/メディアファクトリー



今回香港に来るにあたって、是が非でも食べてみたかったのが火鍋。
火鍋は好きだし、日本では時々食べるのだけど、もしかしたら本場の火鍋はもっと美味しのかもしれない、なんて思ってみたりして。

しかし、じっさいどこの店の火鍋が美味しいかなんて、自分にわかるワケもなく、ましてや辛いものにまったく興味を示さない友人にもわかる術がない。 

と思い悩んでいたら、共通の知人が美味しいところを案内してくれると言う。
しかも高くない店。
香港って、高い店は際限なく高いからね。
気をつけないと(?)

そんなわけで、土曜の夜に旺角に来てみた。
旺角というか、むしろ太子駅に近い辺りにある旺角砵蘭街正冬火鍋料理という火鍋屋。
IMG_5779
店内はかなり熱気を帯びてる。
ガンガン火を使うからね。
当たり前か。
IMG_5791
なんと、上半身が裸の男もいたり。
香港は何でもありなのか。

そして、これが本場の火鍋というものか。
IMG_5786
よく見かける鍋と違うよね。
IMG_5788
牛肉も美味しかったけど、羊肉はもっと美味しかった。

やはり肉は羊に限るね…

とはいえ、他にもアレコレ食べ尽くした感じ。
IMG_5794
とにかく辛いために、ハイネケンのビールもたくさん飲んだような気がする。
3人で大瓶10本。
別に多くないかな^^;

で、〆の麺も食べること無くお会計したら、HK$83。
まぁ、そのくらいはするよね。
高くはないけど、安くもないといったところか。
充分に美味しかったし。。