宮古島の東海岸、一周道路の真ん中に位置する小さなアメリカンな食堂、「みやちゃん食堂」で、お店の名物料理らしい「宮古牛丼」を食べてみた。
IMG_5950
IMG_5957
最近にオープンしたお店みたい。
吉野海岸や、はたまた新城海岸からの帰り道に車の中からよく見かけていて、ときには水着姿の若い女性がお店から出てくるのを目撃し、なんとおおらかな食堂なのだろうと、すごく興味をもっていた。

それと、やはり宮古島に来たからには宮古牛というものも、一度は食べておきたいなと思っていた。

大神島を散策して、カフェ カラカラで宮古島カレーを食べたあと、東平安名崎近くにある「宮古島まもる君」の顔はめパネルを見に行こうということになり、ちょっと探したけど無事に見つけて、それから「すくばりテラス」にマンゴージュースを飲みに行こう、という道中に、またもや「みやちゃん食堂」を通りがかったわけで、ここまで目にするということは何かの縁かもしれない、ということで、念願の「宮古牛丼」を食してみることに相成った次第。

店内は以外にもシンプルな感じで、壁に古き良きアメリカを象徴するオブジェが飾られていたり、たしかに、アメリカン食堂とも言えなくはない内装。 

奥に個室もあって、店長には「どうですか」と薦められたけど、窓もなくて寂しいので、普通のテーブル席で。

そしてやってきた「宮古牛丼」。
IMG_5954

やや具が少ないようにも見えるけれど、案外そうでもない。
牛肉が柔らかくて、プレミアム感も漂ったり漂わなかったり。

ともかく、ファストフードの牛丼とは、明らかに質が違うと思われ、これなら1480円(税別)という値段も納得。
さらに、「宮古牛丼」を注文した人のみ、アイスコーヒーがサービスで付くという。
IMG_5956
なかなか粋なことをするお店だった。

いろんな意味で、オススメのお店かもしれない。


みやちゃん食堂
沖縄県宮古島市城辺長間2203
0980-77-8641



沖縄の宮古島100の素顔―もうひとつのガイドブック